スクリーンショット 2021-08-01 19.43.10

スポンサード リンク




 日本が準決勝に進出した。7月31日の準々決勝で、ニュージーランドをPKの末に下した。0対0のまま突入した“11メートルの心理戦”で、日本のGK谷晃生が勝利につながるセーブを見せた。

 苦戦の要因はひとつではないだろう。ニュージーランドが戦術的に洗練されたチームだったことも、結末までの時間を長くした。

 川崎フロンターレをJリーグのトップクラブへ押し上げ、日本代表としてW杯のピッチに立った中村憲剛氏は、この試合をどのように見たのだろう。好評連載の第4弾も、さすがの着眼点でゲームの真相を解き明かしてくれた。サッカー批評Webでは、東京五輪の日本代表の全試合を中村さんの解説でお届けする。


 苦しみました。追い詰められました。

 だからこそ、ここで勝ち上がったことは大きい。

 4試合で大会を終えるのと、あと2試合できるのでは、まったく違います。メダルを賭けた試合ができるのは、実際に戦っている選手たちはもちろん、日本サッカー界全体にとっても価値ある経験になります。そういう意味でも、昨日の勝利は大きな分岐点になりましたね。

 PK戦までもつれたニュージーランドとの準々決勝を振り返るにあたり、僕がまず初めにポイントとして考えたのはキックオフ時間でした。中2日で20時、20時、20時半開始の試合を消化してきて、この日は初めて18時のキックオフでした。現役当時の経験から言えば、この2時間の違いは見逃せません。

 起床から食事、ミーティングや会場入りなど、すべてのサイクルが2時間前倒しになる。20時から20時半への変更なら微調整で済みますが、2時間は小さくない変化です。

 キックオフ時の温度や湿度も、2時間違うと多少変わってきます。もちろん、気にし過ぎだという声もあるでしょうし、それは関係ないという選手のほうが多いかもしれませんが、決定的な要因とまでは言わなくても、多少なりとも試合に影響をしたのではないかと思いました。「いつもどおり」な感じを受けなかった要因のひとつとして。

 フランス戦後の原稿で、「ニュージーランド戦は、ひょっとすると一番危険かもしれない」と書きました。ひとつ山を越えた日本のメンタリティと、相手との力関係を考えると、難しい戦いになる可能性があると考えたのですが、試合後の吉田麻也が「普通にやれば勝てるという雰囲気を危惧していた」と話したのは印象的でした。

 彼も、彼以外の選手も、決して気を緩めてはいなかったでしょう。それはピッチ上からも感じられました。ただ、準々決勝の相手がブラジルやスペインなら、この種類の危惧はそもそも抱かない。そして、口にしているということは、「普通にやれば勝てる」という思いが、僕含めて大勢の方に深層心理としてあったのでは。他でもない僕も、「普通にやれば勝てる」と思っていたから書いたわけで、彼らを責めることはできません。

■「日本選手の距離感の分断」と「ニュージーランドの潔さ」に苦しめられた
 では、日本が苦戦したのはどこに理由があったのか。

 今回のポイントは、ニュージーランドによる「日本選手の距離感の分断」だったと思います。

 日本がコンパクトな陣形でボールを動かし、流動的にポジションも崩しながら相手を攻略するスタイルなのに対して、ニュージーランドは3・3・2・2(ときに5・3・2)のポジションを守り、陣形を崩さずに戦います。マイボールをつなげるときはつなぐけれど、つなげなければ無理をすることなく2トップに放り込む。

 森保監督は林大地と相馬勇紀を先発に戻しました。メキシコ戦で前プレスの良いイメージを残したユニットを選択したのです。ニュージーランドがそこまで技術的に優れていない、という分析もあったかもしれません。また、3バックの相手に対してメキシコ戦のように前からボールを奪いにいき、ショートカウンターで守備陣形が整わないうちにゴールへ、という考えもあったと思います。

 ところが、3バックへの守備は徐々にハマらなくなっていきます。

 ひとつ目の理由が、プレスの形が定まらなかったことです。メキシコ戦のように林と久保がタテ関係になり、堂安と相馬が左右の選手にプレッシングにいくのか。それとも、相手の3バックを林と久保で見るのかが、時間が経つにつれて曖昧になっていきました。

 ふたつ目はニュージーランドの潔さでした。

 ニュージーランドは後ろでつなげないと判断したら、ちゅうちょなく前線または対角のサイドへのロングボールを選択して、日本のディフェンスラインを下げ、日本の陣形を間延びさせようとしました。プレスにいく攻撃の選手たちからすると、「前からいっても蹴られる。いったらまたプレスバックをしに戻らなければならない」という思いに駆られても不思議ではありません。試合の序盤はそういったこともあって、メキシコ戦のように「うまく取れた」というシーンは限られ、前線のプレスの迫力が徐々に削がれていきました。

 ニュージーランドはプレスを回避するために、蹴ってきたあとも明確な狙いを持っていました。3・3・2・2のシステムで2トップと2シャドーにして、蹴り出したボールを回収しようとしてきたのです。日本の2CBに対して2トップ、ダブルボランチに対して2シャドーと、人数を合わせてきました。

 また、林と久保がプレスへいった局面でロングボールを蹴られると、久保が最終ラインへプレスにいっているので、本来彼がマークすべきアンカーの選手が一時的にフリーになります。そのアンカーの選手がロングボールの回収に加勢することで、瞬間的にピッチの中央で4対5の数的不利にされていました。前からいっては蹴られ、広げられ、拾われる。ここの人数合わせには、終始苦労させられていた印象です。

■プレスに行けないときはあえて日本のSBにボールを持たせてきた
 システムの構造上空きがちな日本の両SBの橋岡大樹と旗手怜央に対しても、ウイングバックが縦ズレをして、3バックの左右のCBと連携して挟み込むシーンがありました。そういうハメかたをしつつ、中ではしっかりやらせないことを徹底していました。守備ブロックの真ん中へ入り込んで得意のコンビネーションを発揮したい日本の狙いを、阻害してきたのです。

 グループリーグの第3戦で対戦したフランスも、ダブルボランチの遠藤航と田中碧を警戒してきました。ニュージーランドの警戒レベルはさらに高く、自分たちのポジションを多少捨てでも彼らにマンツーマンでついてきました。

 そうなると、マイボールの局面で時間を持てるのは、必然的に両SBになります。前述したようなハメかたをされることもありましたが、ダブルボランチとふたりのCBよりはボールを持つ時間があったと思います。SBにボールをもたせる──実はそれこそが、ニュージーランドの目的だったのです。

 SBがうまく敵陣へ入っていかないと、日本は数的優位を作れません。ここまでの3試合は相手システムの構造的にSBにもプレスがきて、酒井宏樹や中山雄太が周りと連動してそれを剥がすことで前進し、相手の守備陣を人数的に薄めることができていました。

 ニュージーランドはSBへプレスにいけるときには、連動していっていました。一方、プレスにいけないときはSBにあえてボールを持たせて時間をかけさせ、SBがパスを出す先を警戒する形に変えていました。橋岡と旗手のプレーの選択肢を限定しつつ、流れやリズムを作れる中央の選手やスペースに穴を開けないようにしていったのです。

 日本もそれを逆手に取り、ニュージーランドのマンツーマンをダブルボランチが剥がす場面もありました。前半9分、遠藤が自陣からドリブルで持ち運び、堂安律が際どいシュートを放った。直後の右ショートコーナーでは、大外でフリーになった遠藤が決定的なシュートシーンを迎えました。遠藤は34分に相手ゴール前へ出ていき、相馬とのワンツーを成立させて堂安のシュートをお膳立てした。

 日本も相手の対策を上回ってチャンスは作っていましたが、ここ前3試合ほどの連動感や躍動感は見られなかった。こういった場面で先制できていれば、相手のプランも変わり、これまでと同じ試合展開になったかもしれません。逆に言えば、ここまでの3試合はそういうところで得点をしたことで、流れを持ってくることに成功していた。当たり前のことですが、チャンスを生かして得点を取ることは大事です。

(構成/戸塚啓)

なかむら・けんご  1980年10月31日東京都生まれ。中央大学を卒業後03年に川崎フロンターレに入団。以来18年間川崎一筋でプレーし「川崎のバンディエラ」の尊称で親しまれ、20年シーズンをもって現役を引退した。17年のリーグ初優勝に始まり、18年、20年に3度のリーグ優勝、さらに19年のJリーグYBCルヴァンカップ、20年の天皇杯優勝とチームとともに、その歴史に名を刻んだ。また8度のベストイレブン、JリーグMVP(16年)にも輝いた。現在は、育成年代への指導や解説活動等を通じて、サッカー界の発展に精力を注いでいる。

中村憲剛,戸塚啓



2021/08/02(月)
凄く興味深く読ませていただきました。
さすが元日本代表を背負っていただけのことがありますね。
NZのチームとしての堅守がビタっと嵌められて、日本チームは打開策を見つけにくいというところだったんでしょうかね。
ここをなんとか乗り越えられたことが大きい。
次戦スペインでは逆にやりやすいような気がします。
頑張れニッポン!

2021/08/02(月)
グループリーグ快進撃でいいポジションを得た決勝トーナメント初戦はいつも鬼門ですね。
本当に勝てて良かった。結果が全てのサッカー。夢の金へ向かってもうチャレンジする相手しか残ってないのは好都合。仕事でどうしても大一番を見れないけど決勝まで残ってくれたら、と思う。頑張れ!

2021/08/02(月) 
ニュージーランドは特に立ち上がり、日本のキープが堂安と久保が流れる自分達の右サイドに網を張ってそこでボールを奪うと、吉田、冨安が構える中央を避け素早く逆サイドの対角に長いボールを送り、旗手や相馬など比較的小柄な選手がいるところを突いてポイントを作ろうとしていました。そのように狙いのハッキリした戦い方を整理して遂行出来る好チームでしたね。

確かに戦前、シドニーでのアメリカ戦や2002の時のトルコ戦のような…『ニュージーランド組み易し』的な雰囲気がありました。だからこそ、ひとつ間違えれば敗退となったここを乗り切れたのはホントに大きい。

どんな大会でも、目標を達成するまで全て順調にいけることってまず無いと思います。勝って兜の緒を締めるような試合が大抵どこかであるもの。このこ ニュージーランド戦がそういう位置付けになる…とポジティブに考えたいですね。

2021/08/02(月) 
準決勝のスペイン戦を考えたら、このニュージーランド戦の苦戦はプラスに働くのかも。
スペイン陣営は、今の日本代表チームをしっかりと研究して監督&選手が然るべき対応
で試合をすれば、負けるはずはないと内心?思っているはずです。それはある意味当然の
力関係でしょう。
それゆえ、今回ニュージーランド代表が取った潔い戦術は、スペイン戦に向けて、日本
チームが取るべき戦術の参考になる可能性があります。
正直スペインチームが65%~70%はボール支配&展開を有利に試合が進むと思われますが、
サッカーは1対0とか、2対1とか、PK戦での勝利だってあります。

日本代表の粘り強い戦いの結果、決勝戦進出を期待しています。

2021/08/02(月)
さすがは憲剛。最もテクニカルな分析が出来る。
川崎が強くなったのも頷けます。

将来、出来るだけ早くS級ライセンスを取得してほしいですね。コーチ・監督として早く見たいです。

日本代表に関わってほしいです。

2021/08/02(月) 
体格のすぐれたNZが逆に緻密だったということがよく分かった。
遠藤が決めていたら、相馬のクロスが1メートル前だったら、ということはあるが、
取れないこともよくあるしね。
日本にその場でプランBを作れる策士が首脳陣に欲しいが。。。
川崎セットを試して欲しかったよ。。。
延長でNZが絶好機にこけてしまった「運」を日本は活かして欲しい。

2021/08/02(月) 
相変わらず読み応えある内容。試合を自らの眼から状況を拾い頭に集めた情報を正しい言語化でアウトプットしている。急いで録画見直したら、まさにSBからの動き出しを制限しに来ていた。この分析力は〝空中分解〟し惨敗したなでしこジャパンの再構築にアドバイザーとして招聘してみるのも良いのでは⁈

2021/08/02(月)
メキシコ戦は見ていないので分からないが、日本代表って3バックやアンカーが相手のビルドアップに苦戦する印象がある。2枚でプレスで3枚のビルドアップで1枚余り運ばれるのをよく見かける
ハリルの時のオーストラリア戦は上手く対応していたけど

SBに持たされるは今後も課題となりそう
SBからビルドアップと言えば内田篤人を思い出す
SBから1トップにグランダーで縦パスが素晴らしかった

2021/08/02(月)
憲剛さすがですね~難しい試合だった。
気になるのは三笘がJでは無双でもまだ何も出来てないことかな?
出場時間が短いとはいえ、今の状態ではスタメンは難しいので
あと2試合、スペイン戦にチャンスあれば奮起を期待してます。

2021/08/02(月)
ニュージーランドが日本を研究して対策を練ってきたのはよくわかった。
ただ、それに対する日本の対応はどうだったのだろうか。
また、どうすべきだったのだろうか。
そして肝心な、チーム戦術を束ねるはずの森保監督は、果たしてその解決策を持ち合わせていたのだろうか???

2021/08/02(月)
ボランチのダイナミズムも欠けてたし林と久保のプレッシングもスピード感なく周りとのタイミングも悪かった。疲れが大きい。でもボランチは変えられない。疲れから前田欲しくなるのはわかるけど前田が代表でそこまで良いパフォーマンス見せたことないんだよな。スタートは上田でいいと思うけど。

2021/08/02(月)
さすが憲剛氏、試合全体を俯瞰した分析がとても分かりやすかった。NZの前線からの激しいプレスはいつもの日本かとも思ったが、相当に練られた対策の結果だったとは。NZに気づかせてもらった弱点を、森保ジャパンは次でどう改善してくるか、興味深い

2021/08/02(月) 
苦戦したものの勝ち上がることができて本当に良かった!決して油断したわけではないと思うが今回の苦戦を教訓にして、もう一度気持ちを入れなおして準決勝に臨めばメダルも見えてくると思う。頑張れ!

2021/08/02(月)
ロングボールで日本の強度とプレスを回避するのと同時に、大柄のフォワードのポストプレーにつなげる。日本の天敵みたいなチームだね。厄介なわけだ。
ただ、それを完封し、勝ち切ることが出来る現在の日本代表に成長を感じたね。

2021/08/02(月) 
潔いNZの守備、無理にビルドアップせず、時には対角に大きく蹴って相手のプレスを無駄にさせる、これは日本もここからの2試合で求められることではないでしょうか。

2021/08/02(月) 
私の大好きな中村憲剛さん。

久しぶりの登場でも、やっぱり的確なコメントと言うか解説。
納得出来ました。

今後の指導者への道を西日本から熱望します。

2021/08/02(月) 
さすが憲剛さんわかり易い解説。ここで攻めたいです取りたいです守りたいです気持ちですの願望の連呼はノイズ。
チームの戦術戦略ってほんと大事。

2021/08/02(月)
チャンスに決めていたら… もあるが
両サイド特に右サイドが問題だった。

酒井選手の存在を再認識した。
富安を右SBにセンターに板倉を見てみたかった。

2021/08/02(月)
ニュージーランドが後半フォーメーションを変えてきた事で日本はさらに混乱を招いたのに、それに対する森保のリアクションが遅すぎる。既存の選手に指示を出すでもなく選手交代をするでもなく、いつも通り後ろ手を組んで、時折メモするだけ。

2021/08/02(月)
非常にわかりやすい。オブラートというか、協会に気を遣って敢えて言及しないのでしょうが、要は日本は何も対応しなかったってことですよね。NZの試合へのアプローチや対応、対策について細かく解説してくれていますが、日本側の戦術について殆どふれていない。
それはなぜか?何もしてないから。いくら中村憲剛さんでも、何もしていないことについて解説することはできない。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ