スクリーンショット 2021-08-01 9.34.10

スポンサード リンク




 U-24日本代表は7月31日に東京五輪の準々決勝に臨み、PK戦の末、U-24ニュージーランド代表に勝利して準決勝進出を果たした。

 序盤から相手の戦い方は徹底していた。システムを今大会初の5-3-2にし、日本の4-2-3-1に対して選手配置で各所に優位な状況を作ろうと試みた。


 DF吉田麻也とDF冨安健洋のセンターバックからのビルドアップを2トップがけん制。日本のダブルボランチとトップ下には中盤の3人がマンツーマンでマークにつき、両ウィングと1トップには3バック+両ウィングバックで対抗する。

 この“日本対策”とも言える戦術は見事に機能し、互いにゴールを奪えないまま延長戦までもつれこんだ。最後まで運動量が落ちず、負傷者が出たあとに4-3-1-2へシステムを変更しても守備網に大きな穴が生まれることもなく、簡単に引かずにディフェンスラインを押し上げる強気のニュージーランドの組織力は驚異的だった。

 中盤で相手にずっとマンマークを受けていたMF田中碧は「あんなに自分に対して、立ち位置をズラしてもマンツーマンでくることがなかったので、正直面倒くさかったです」と語る。

 普段ほどボールに触る回数を増やせず、なかなか前を向かせてもらえなかった。それでも「自分が触らなくてもいいのかなという気持ちではありました」と、あえて味方のためにマークマンを引き連れて動き続ける時間帯も作った。田中には「自分がボールを受けることも大事ですけど、自分にくるということは誰かが空くので、しっかりそこを見極めながらボールを運ぼう」という考えもあった。

「あの中でもシュートを打ったシーンもありますし、あそこで決め切れればもっと楽にゲームが進められたと思うので、こういう展開で難しかったですけど、いい勉強というか、もっともっとやれることを増やさなければいけないなと思います」

 中盤で田中とMF遠藤航、そしてMF久保建英の3人をマンツーマンマークで消されると、なかなか思うように攻撃が機能しない現実が浮かび上がってきた。準決勝進出で目標とする金メダル獲得には近づいたが、まだまだ改善すべき課題は残っている。

「本当に金メダルを獲りたくてこのメンバーでやっているので、全員で力を合わせて、史上最強のチームと言われるくらいの結果を、このみんなで残したい」

 あと1つ勝てばメダル獲得が確定する。しかし、田中に言わせれば「銀メダルも、今日(準々決勝で)負けるのも一緒」。まずは準決勝のU-24スペイン代表戦で、苦しみながらも勝利をつかんだ日本のポテンシャルを見せつけたい。

(取材・文:舩木渉)

フットボールチャンネル編集部



2021/08/01(日)
NZは日本を研究し尽くして完璧な戦い方をしていた。しかも今は真冬のNZがあの気温と湿度の中で120分間足が止まらず本当に尊敬するし強かった。

逆に日本はこのNZ戦に勝ち抜いたことが大きな自信と経験になったはず。

スペインは強敵だけど田中と遠藤はこの試合を糧に違いを見せてくれるだろう。
がんばれ!

2021/08/01(日)
CB2枚、ボランチ2枚に対してのチェックが異様に速かったからね。
ボールの出所潰しは狙いだったんだろう。
結果それにうまくハメられてしまった。
ボランチからしたら「面倒臭かった」というのは本当に正直な感想だろうね。

2021/08/01(日)
ニュージーランドは日本を格上として対策をとった。
記事の通り遠藤、田中、久保のマンツーマンマークは日本の攻撃機能を低下させた。
日本はそれ以上に運動量でかく乱させれば崩せたと思うが
中2日の4試合目ということもあってこれまでで最小の運動量だった。
スローインでマークを外す動きをしないので投げる選手がいない。
パスを出す相手も止まっていることが多く攻撃につなげられなかった。
技術も戦術も経験も格上のスペインに勝つには運動量を上げなければなりません。

2021/08/01(日) 
ニュージーランドは普通に強かったですよ、普通に90分間で負けててもおかしくなかった試合だった。
面倒くさかった、って思ってたならニュージーランド側の作戦・戦略がぴったりハマった証拠でしょうね。

2021/08/01(日) 
日本対策という意味では、ほぼ満点だった
3バックの中央の選手がケガで退場してなければ、たぶん、4バックにはしなかったんじゃないかな。
中盤はマンマークでパスの出所を、最終ラインは5バックでスペースを埋め、パスの出所を抑えているから、ドン引きでは無くラインを上げて圧をかけられる、5バックとはいえ、これでカウンターにも出やすくなる。いざとなればシンプルなハイボールを送りこむし、正直、見ていて、日本は厳しいな、と。
チーム戦術としては、上回られた。NZから見れば、勝ちに等しい引き分けだった。先に進めなかったが、素晴らしいチームだった
この素晴らしいチームをPKで退けたのだから、それも背負って、次の試合に臨んでほしい

2021/08/01(日)
2004年ユーロカップのギリシャとニュージーランドが被ってしょうがなかった。
特段目立った選手もいない、絶対的な攻撃能力があったわけでもない、だけど組織的でめちゃくちゃ守備が固かった。
PKまで行った時負けるんじゃないかと思ったけど谷のセーブがチームを救ったな。
いい試合だった。

2021/08/01(日)
NZが戦略的にうまかったですね。
前半は「5-3-2」のときはまだしも、
後半「4-1-3―2」に変えてくると対応できなかった。

本来であれば、そこで日本もどう対応すればよいのか、
ベンチから指示あればいいのですが、今の監督ではそこまではできないのが現実・・・

2021/08/01(日)
日本の攻撃封じ対策として、特にアジア圏内の国は模倣しそうな感じがしますよね。今回のニュージーランドはチームとしてそこそこまとまっていましたし、体力もかなり有りましたから、全部のチームが同じ様な事を出来る保証は無いですけどね。

2021/08/01(日)
反則で独走とカウンターを封じるのは、小さな体の日本には有効です。
コーナーも背が高いので、上からのボールは打てませんでした。
直線的にゴール方向へのパスと、無駄な球回しを狭い所で繰り返す日本に対し、広くサイドを切り替えるNZは、本来日本がやるべきことをやっていました。
試合には勝ちましたが、消耗を強いられ、嫌な感じが残りました。

2021/08/01(日)
最終ラインからボランチへのフィードがことごとくプレッシャーを受けて繋がらずその先の攻撃陣が前線で孤立。逆にショートカウンターを何度も食らって相手に決定的シーンも何度か作られていた。頼みの久保も消えている時間が長かった。この辺は相手の戦術が見事だった。
あと、やはり酒井の欠場も響いた気もする。困ったときに酒井に預ければ仕掛けてファールもらったりサイドで溜めて起点を作ったりして時間を作ることができる。橋岡も突破で切り崩してクロスを上げるなどよく頑張っていたがプレーの幅という点では現時点では酒井に軍配が上がると感じた。

次のスペインがどう出てくるかわからないが田中の言うとおりもっと色んな攻撃のパターン、型を持ってやれること、選択肢を増やす必要があるね。そのためにももっともっと連携の精度を上げてほしい。ミスを減らすことでカウンターを食らう確率を少しでも下げることが大事だと思う。

2021/08/01(日)
堂安と旗手の決定的チャンスが決まってればもっと楽に勝てたとは思うが、大きな大会だと全てがうなくいかない日になることもある
悪いなりに崩れずPKではあったが勝ち切れたのは大きい

2021/08/01(日) 
ニュージーランドはよく走ってたし守備がオーガナイズされてて日本対策が見事にハマってた。
流れで言えばPKも持っていきそうな流れだったし。
とは言え日本も決定機が3回あったわけで、特に前半最初のを決めきれなかったことがそういう流れも作ってしまったかな。
酒井も帰ってくるし、次に向けてまずはしっかり回復ですね。

2021/08/01(日)
正直こういった対策をされた際にシステムを可変にしたり手を打つ采配をするのが監督の仕事だと思うんだけどなぁ。
NZの選手が怪我で交代後にシステム変えてプレスが全くハマらなくなったのにそのままずーっと試合が進んでいった(交代もそのポジションの選手を代えるだけだった)し、難しい相手だったにせよ90分で勝つような有効な手を監督が打ってたかというと疑問。

2021/08/01(日)
格上と判断すれば、その対策をする。堅守で相手を完封すれば点取れば勝つ。なのでサッカーは番狂わせが起き得るのだと思います。
昨日のニュージーランドがまさにその典型ですね。日本のストロングポイントを研究されてましたね。
もっとも何度かあった決定機を逃したため、相手の術中に嵌まった感がありますが、勝ったのは何よりでしたね。
あと2試合ですので、疲労もピークでしょうがメダル獲得に向けて頑張って欲しいです。

2021/08/01(日)
個人では優っていたのにNZのチーム力は素晴らしかった。監督の差が出ましたね。
NZの戦略では早い目に先取点をとることがあったと見える。日本がゴール前で呑気に回しているところへのチャージが本気だった。もしも一つやられていたら逆転はできなかっただろう。選手が相手を甘く見ていたのにベンチは指導できていなかった。堂安はイエローを一枚貰ってから精彩を欠いている。トーナメントになればそんなことは気にせずにベストを尽くして欲しい。

2021/08/01(日)
田中碧は日本を引っ張ってくれるボランチとして
長く日本代表の座に就くだろう。

彼が入ったVSアルゼンチン戦は完勝したが、
田中の溜めが全てだった。ボールキープが上手だ。
準決スペイン戦は田中と遠藤の両ボランチの活躍で決勝へ進む。

2021/08/01(日)
グループステージで上位2チーム(※)に入って決勝トーナメントに勝ち上がってくるということは、しっかりとした強さがあって結果につながったからチームとしての戦い方や強さはあるということです。

徹底した戦い方で120分間一貫していたこと、勝ち上がりを決めるために「PK戦」による勝敗になったたけで、素晴らしいチームでした。

A代表の話ですがW杯2010の南アフリカ大会では「3分けで敗退」というのもありました。「勝ちきれない、負けなかった」結果かもしれませんが、今後伸びてきそうですね。


(※)3位の上位とかはレギュレーションの話であってチームとして強いと思っていない考え方です。

2021/08/01(日)
負けなくて良かった、決定的チャンスが前後半ともあり、それを決めきれないと相手にワンチャン決められて負けるのが勝負事、それでも勝てるくらいの力の差があった、スペイン戦はこの試合の逆のパターンになるかも、チャンスは確実に決めて勝って欲しい。

2021/08/01(日)
碧はいつも通り適切な判断をベースに最善を尽くしていた。

ただ、次のスペイン戦への消耗も念頭に90分で試合を終わらせようという意志がベンチになく、わざわざ受けるようなサッカーを選択肢し、逆にもっとも危険なウッドにチャンスを与えるような試合運びをしていた。
さらに川崎で言えば、碧や旗手らが適切に下支えして戦術三笘を機能させているが、三笘を裸で投入させてしまっては何もならない。
強豪に跳ね返されて苦戦したというならわかるが、昨日はそういう試合ではない。

久保にしても堂安にしてもわざわざ厚く守る相手に単独突破を繰り返したり、高さでは分が悪いのに安易なハイクロスを橋岡が入れ続けるなど、せっかくレーンやマークを空けて碧に託された選手の工夫の欠如や、雑な落としで常に味方の時間を削り続けた堂安など、課題しかない試合だった。

ただ、勝てば良い大会なのは確かなので、しっかり回復して準決に挑んで欲しい。

2021/08/01(日)
ニュージーランド、いいチームでしたよね。身体が強いし、イメージに反して引き出しも多かった。

やたら森保監督批判が沸くけど、日本人が抱く理想の上司像みたいにバシバシ指示しまくって采配がハマる監督像を期待してるのかな?みんな。リーダー像って一つじゃないと思うんだけど。


マネジメントとして結果は出ているし、自分は擁護派です。その為に横内さんもサブで入っていて、A代表と上手く連動出来ていると思います。

やたら森保クビにしろって言ってる人って、学生か?って思う。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ