スクリーンショット 2021-08-01 8.23.12

スポンサード リンク




 苦しい試合をPK戦で勝ち切りメダルが視界に入る4強に進んだことが、何よりの最高の価値。しかし、その試合内容には問題点が残った。シュートを決めるところで決めておかないと「こうなる」という典型的な試合になった。ハッキリ言ってミスによる自滅で日本が120分に及ぶ0-0スコアの苦闘にしてしまったのである。
 
 得点を刻む決定機が少なくとも2度あった。前半10分に遠藤が林の右からのクロスをフリーになって受けたがゴールの外にふかした。これはクロスが速かったため、遠藤のタイミングが遅れたもので、まだ理由はわかるが、後半36分の上田のミスは論外。ペナルティエリア内で勝負した堂安がグラウンダーのクロスをゴールの正面でフリーになっている上田に通したが、キーパーに向かって打って弾かれた。
 
 ニュージーランド(以下NZ)はプレミアで活躍しているOA枠のウッドがエースとして存在していたが、少しプレスをかけるとミスをするなど組織力も個の力も日本より数段下のチーム。快勝できた相手である。前半は「5-3-2」の守備的システムで入ったNZに対して再三にわたってゴールを脅かし、一方のNZのシュートはわずかに2本。おそらく日本は「行けるんじゃないか」「決めようよ。楽になるよ」という軽い気持ちでいたと思う。
 
 だが、後半になってNZがシステムを「4-1-3―2」に変えてくると対応できなくなった。4バックの前にアンカーを置き、中盤を「菱形」に形成され、ディフェンスの間、間を抜かれた。この場合、堂安と久保の2人が、相手をどうマークするかが重要になるのだが、堂安はワイドに開き、久保は前を意識しすぎていたため、スペースを与えることになり、前半とは一転してボールを持てなくなった。遠藤ー田中はハードワークをしていたが、その前のスペースを使われた。ある意味、攻守でパニック状態にあったと言っていい。ボランチのポジショニングやサイドを絞って相手の動きに制限をかけるなどの対策はできたはずだが、ベンチからの具体的な指示も見えなかった。
 
 終始、NZディフェンスは”中”が強固で、日本としてはサイドから揺さぶる必要があったが、そこを切り崩すこともできない。イエロー累積で出場できなかった酒井の穴も響いた。
 
 林、そして後半24分から投入された上田が、NZのディフェンスラインの間に顔を出せないので、堂安ー久保のコンビも予選で見せていたようにワンタッチで縦にボールを運ぶことができない。苦しまぎれに久保、堂安が、強引に個人技で単発シュートを狙わざるを得なくなった。ワントップが起点を作り壁になることができなければ2列目は機能しない。

 決定機を逃すミスが続き、時間が経過、しかも、相手に主導権を握られる展開になると、チームメンタルはたちまち“負のサイクル”に突入していく。その流れを断ち切る手段として選手交代があるのが、その効果はなかった。
 
 森保監督は、後半24分に中山と相馬、林と上田の2枚替えのカードを切り、サイドバックの旗手を相馬のいた2列目に上げるというポジション変更を行った。
 
 旗手は前半からパスがズレるなどのミスが目立っていた。ここは相馬を残して中山と旗手の交代で良かったのではないか。サイドから突破口を開くしかない展開だっただけに、そこで勝負できる選手を残すべきだったと思う。延長戦に入り、旗手に替え三笘、田中に替え板倉を投入したが、Jリーグで敵なしの川崎フロンターレを引っ張る三笘はまだコンディションがベストではなく、膠着状態を打破する救世主とはなれなかった。
 
 チームは中2日で予選リーグを3試合戦ってきた。当然、疲れもあり、そこからパスの精度が落ちリズムをつかめずミスが生まれたのかもしれないが、延長戦を含む120分間の中で、なんとか対応、修正して、そのミスの“ツケ”を回収することはできなかった。
 
 PK戦ではキーパーの谷が殊勲を立てた。非常に落ち着いていた。NZ2人目のカカーチェが左足でゴール左を狙ってきたコースを見事に読み切りセーブした。実は、短い助走の選手は止めやすい。変化をつけにくいからだ。しかもカカーチェは1、2、3のタイミングで打ってきた。そこに谷も息を合わせた。この谷の好セーブが4人目のルイスにプレッシャーを与えた。左足で蹴った彼のシュートはゴールポストの右上を越えていったが、谷はしっかりとコースに飛んでいた。もし枠内にシュートが入っていても止めていただろう。ルイスの助走はゆっくりだった。谷は、体の向き、膝の動きなどを最後まで観察して右に動いた。当然、その谷の動きはキッカーの視界に入る。右への動きが目に入ったルイスはゴールの上を狙うしかなくなりふかしてしまったのである。谷のファインプレーだ。
 
 報道によると、パーフェクトに決めた日本の上田、板倉、中山、吉田の4人のキッカー選択は、立候補で決めたそうだが、全員がPKを得意にしていた選手。彼らは重圧と責任を冷静さという力に変えることができていた。
 
 さて銀メダル以上を確定させる8月3日の準決勝の相手はスペインである。コートジボワール戦では、アディショナルタイムに勝ちこされながらもワンチャンスで同点に持ち込み延長戦で一気に決着をつけ、終わってみれば5-2のスコアで底力を見せつけた。
 
 おそらく主導権を握ることのできない厳しい試合になるだろう。7月17日の五輪直前のトレーニングマッチでは日本が先制してドローに持ち込んだが、あのスペインと同じチームだと考えていると痛い目に合う。あの試合以上の圧力がかかってくると覚悟した方がいい。”前哨戦”では後半23分から投入されていたエースのペドリは、ユーロの直後で体調は万全ではなかったが、今回は全開で出てくるだろう。まず中盤で簡単にボールは奪えない。驚異の縦パスにも対処しなければならない。相当なハードワークが必要となる。
 
 ブロックを固める守備的布陣で前半を耐えきり、ショートカウンターのワンチャンス、あるいはセットプレーでの得点を狙うしかない。今まで以上に先制点が重要になってくるが、点を与えなければ負けないのだ。PK戦を勝ち切った、こういう苦しい試合の後には逆にチームがしまることがある。「こんなんじゃダメだ」と団結する可能性に賭けたい。
 
(文責・城彰二/元日本代表FW)



2021/08/01(日)
城彰二選手にふかすな・・と言われても説得力が(笑)
それはさておき、延長が始まった時点で前田大然選手が入ってくるかなと思ったら入ってこなかった。タイプ的には入れるべき選手なんだが、入れないって事は信頼がないんだろうな。

準決勝は死闘になる。特に久保、堂安、遠藤、吉田選手の疲労が心配だが、酒井選手が休みをとれたという利点もあるので、しっかり守って取るべき時に点を取って勝ちたいね!

2021/08/01(日) 
相手のシステム変更に対応できなかったというより、対応しようとせずにただ傍観した監督が問題。
やはり森保監督には不安がある。

2021/08/01(日) 
この前メキシコ戦の前はメキシコ強いから日本代表では歯が立たないから引き分け狙いでとか言っていて。昨日のNZ戦は楽勝みたいなコメントしてホントにいい加減だよね。サッカーの解説よりダイエット企画でもやっていた方が説得力あるんじゃない

2021/08/01(日)
個人的には上田はきちんとミートしたけどコースが甘く、論外とバッサリいかれるほどではなかった気がした。どちらかと言うと遠藤の方がと思ったが城さんからみたら逆なんだな。

2021/08/01(日) 
点を入れられてもおかしくないばめんがった。
絶対にいれなきゃならないシーンも2度あった。
あれでは、優勝はできない。期待はしているが、弱い部分がかなりあった。pkで勝てたのはラッキー。

2021/08/01(日)
後半頭からNZが仕掛けてきて、明らかに久保と堂安が空回りするようになった。久保と堂安自身の意識の問題もあるが、外から見ている監督から明確な指示を出さないと。そうじゃないなら変えないと。
そして、まだ後半はNZが前がかりだったからスペースもあったのにその時には三笘を入れず、延長になってNZもバテてスペースなんてできなくなってから三笘を投入。正直ハテナしか出てこない采配だった。

前半は良かった。後半以降は監督にイライラしっぱなしでした。
勝てて良かったが、選手達にとってもただ体力を消耗した酷な試合だった。

2021/08/01(日)
戦術の仕込みや対策は短期間でも十分出来る事をニュージーランドが示したがこれが普通なんだよ。森保には何もない。U23世代の試合は殆どみているが、この試合では3バックで中央を固める事もしなければ、ビルドアップで詰まった時橋岡に当てる事もない、相馬、旗手はただ走り回るだけで、久保堂安は目の前の敵の事にしか頭にない。今まで試してきた事が全く何一つ活かされてない

2021/08/01(日)
酒井を欠いたチームは全体的にバランスを取ることが出来ていなかったように思う。
酒井のポジションをカバーできる人材がこの世代にはいない。まぁだからOAなんだから当たり前ですけど。両サイドバック共に出来が悪かった。というより力不足。サイドバックが上がった場面でスピードダウンしてしまう事が多く、結局相手のブロックがしっかり出来上がってからの攻撃。高さとフィジカルでかなわないから地上戦しか選択肢がない中でがっちり固められた守備陣形を崩すことは困難。結果、スコアレス。当然の結果ですね。よくPK戦まで持ち込めたなという感じですね。

2021/08/01(日) 
アジア予選のバージョンアップ版って感じの試合だった。固く守られると手が出ないといういつものパターン。NLは怪我で選手交代→フォーメーション変更が成功したのではなく、日本にペースを握られたので、怪我人無くても変更してきたはず。相手のフォーメーションに対応できていないのに、何の指示も出ないというのが森保に信用がおけないところ。無観客で声は届くはずだし、交代選手に伝令で変更を伝えるなどもできるはず。それをしないというのが策が無いんだろうなと思ってしまう。

2021/08/01(日) 
久保の圧倒的な得点力以外はやはり決定力不足。
堂安も一時期のトラップしながら仕掛けるスピード感が消え、止めてフェイントをかける一般的な選手と同じ動きになっているように思う。
植田はよく動くが決定力は論外。

2021/08/01(日)
アジア予選のバージョンアップ版って感じの試合だった。固く守られると手が出ないといういつものパターン。NLは怪我で選手交代→フォーメーション変更が成功したのではなく、日本にペースを握られたので、怪我人無くても変更してきたはず。相手のフォーメーションに対応できていないのに、何の指示も出ないというのが森保に信用がおけないところ。無観客で声は届くはずだし、交代選手に伝令で変更を伝えるなどもできるはず。それをしないというのが策が無いんだろうなと思ってしまう。

2021/08/01(日)
久保の圧倒的な得点力以外はやはり決定力不足。
堂安も一時期のトラップしながら仕掛けるスピード感が消え、止めてフェイントをかける一般的な選手と同じ動きになっているように思う。
植田はよく動くが決定力は論外。

2021/08/01(日)
三苫はジョーカーになれる匂いが全くない。もともと職人芸のドリブル突破だが、性格なのか
周囲を見計らってタイミング良く仕掛けるタイプなので、ネイマールのように見え見えでも
抜きにかかることは全くないし、得意ではない。
だが、ジョーカーで限られた時間で勝負するには強引に抜きにかからないとチャンスがないことと、自分が動くことで、周囲に穴があくことを誘発するが、彼にはそのIQがない。

2021/08/01(日)
ニュージーランドは前線からのプレスも厳しかったし、守りが固く日本のこともよく研究してて強いチームだと思いました。PKで勝てて本当に良かったです!

2021/08/01(日) 
決定的な場面は18番が決めれなかったのと、久保も強引過ぎた。
ニュージランドに走り負けていた、13番のヘディングが相手チームへの配球ばかり。
技術・体力・キック力・走力全てにニュージランドの方が上だった。PKは運。

2021/08/01(日)
いつもの日本やぞw
対策を打たれると対応できずにボロボロになるw
PKで勝てたのは相手が格下だったから
こういう時に監督の采配が勝負を分けるが森安にそれを期待するのは
素人にプロになれっていうほどのもんだからなあw

2021/08/01(日)
ブーメラン記事かよ笑笑
上田はあと二つはやらかしてたからなあ、まあそういう時はあるのかもしれんが、ノックアウト方式のこのタイミングにそれがこないようにするのが一流スポーツ選手だな。
あと、三苫がある意味やばいな、やっぱ国内しか無理やろ。

2021/08/01(日)
確かに日本の出来は良くなかった。
がニュージーランドをなめすぎ。後ろに人数かけてきて苦戦は分かっていた。
たしか南アフリカワールドカップでも予選突破できなかったが3戦全部引分け
だったりと、決して侮れる国ではない。イタリア戦の引分けは特に印象深い。

2021/08/01(日)
シュートがワク行かないのが多すぎた。
日本は21本中4本しかワク行っていない。
(スペインはコートジボワール戦で14本中8本だ。)
ゴール目前でワク行かずにふかすのも見てしまった。
ただニュージーランド選手の、ゴール目前でフリーなのにシュートが打てず、勝手にコケていたのに救われた。
あの選手も眠れなかっただろうなあ。

2021/08/01(日) 
そうなのかなぁ…。
私的には上田のいたポジションからしてボールの速さとGK、D Fの位置からしてあんなものじゃないかと思うけど、むしろ論外なのは遠藤の方だと思う。インサイドで触るだけだったようにも見えたけどなぁ。
とにかく、現役を見てたけどあの城が言えたことか(笑)











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ