スクリーンショット 2021-08-01 7.25.26

スポンサード リンク




U-24日本代表を率いる森保一監督が、U-24ニュージーランド代表戦でPKを蹴った選手たちを称えている。31日の試合後会見で語った。

日本は31日、東京オリンピック(五輪)2020の準々決勝でニュージーランドと対戦して延長戦までをスコアレスで終え、PK戦の末に4-2で勝利。GK谷晃生が2人目のシュートをストップし、ニュージーランドの3人目がキックを外すと、日本はキッカーを担当した上田綺世、板倉滉、中山雄太、吉田麻也が順に全員決めてベスト4進出を決めた。

森保監督は試合について、まずは「オリンピックで結果を出すという強い気持ちを持って戦い抜いてくれて、PKで勝てたことをまずは、勝つことが大切だと思いますので選手たちの頑張りを称えたい」と選手たちに労いの言葉を伝える。

そして、PK戦については「スタッフで見て順番を決めることも少し考えていましたが、やはり選手たちの疲労度等々、あとはPKのキッカーとしての思いもあると思いましたので、挙手で(キッカーを募った)」ことを明かす。キッカーを務めた選手それぞれについて語った。

「(上田)綺世は2017年のチームの立ち上がりの時にタイで行われた大会でPKを蹴って外していました。このチームで俺は決めてやる、というところをもってまた先陣を切って決めてくれたことは素晴らしかったなと思います」

また、「(板倉)滉、(中山)雄太はずっとこのオリンピックチームで自分たちがチームを支えてきて、今につながっているということ、そしてもう2試合に繋げていくということ、非常に強い思いを持って彼らが決めてくれて、駒を進めることになったのはすごく、これまでの選手たちの活動を振り返っても嬉しい」と胸中を明かす。

結果を決めた選手がピッチ内外で若い選手を牽引する役割を託されているオーバーエイジ(OA)の吉田だということについても、特別な思いがあるようだ。

「最後にオーバーエイジとしてチームに加わってくれて、チームを支えてくれた麻也が最後に決めてくれるという。みんなで繋げてPK戦も勝って次に進んだというふうに思っています」

勝てば銀メダル以上を確定させることができる8月3日の準決勝で、日本は大会屈指の強豪であるU-24スペイン代表と激突。ニュージーランド戦では攻撃陣が不発に終わったが、森保監督は「スペイン戦ではチャンスを作って得点するということを目指したい」と意気込んだ。



2021/08/01(日)
挙手制いいと思う。

やっぱりPKは不安が1ミリでもよぎると厳しいから、その時の選手自身のコンディションで選手が決めれるのがベストな気がする。

2021/08/01(日) 
ここで一番手として挙手できる上田のメンタルは、今後の彼の成長を期待させるものだ。

2021/08/01(日) 
キッカーに立候補出来る選手は凄い。とてつもないプレッシャーで決めて当たり前、外したら戦犯として叩かれる可能性もあるのに。

2021/08/01(日)
面白かったのは、志願した選手がDF寄りの選手が多かったこと。

みんな素晴らしいコースに飛ばしてた。

とにかく後2試合がんばってください!

2021/08/01(日) 
上田の試合を見てない人によく勘違いされること

上田って顔色とか挙動のせいで自信ないとか思われやすいけど、メンタルはストライカー向き。

2021/08/01(日)
PK本当にシビレました(ᗒᗩᗕ)
見ているだけでも心臓が飛び出そうだったのに、選手たちはもっともっと大変でしたてしょうね!
本当に今の男子サッカー観ていて楽しいです!もう少し期待しちゃっててもいいんですか?楽しませてもらっちゃっていいですか?次の試合楽しみです!

2021/08/01(日)
挙手制で1番に手を上げる上田のメンタル!!
ストライカーとして今後が楽しみ。

まぁもうここまで来れば勝てばなんだっていい!!
少し疲労が心配だけどそれはどのチームも一緒なので
なんとか後2試合頑張って欲しい!!

2021/08/01(日) 
みんな相手GKと駆け引きをしながら堂々とPKを蹴っていたのが印象的
自ら自信をもって立候補した選手だからこそ成功したのかな。

2021/08/01(日)
PK戦、NZは初手中心的プレイヤーのウッドがしっかり決めて精神的プレッシャーをかけてきた。難しかったけどこれを上田がしっかり決めた。そして谷がストップして繋いでくれた。板倉中山素晴らしいPKだった。4番手キャプテン吉田がとどめの一発。
みんなかっこよすぎた・・・。
もっと楽に戦えたとかあるかもしれないけどこの激闘を勝ち抜いた日本は一つ正しい選択をしたんだと思う

2021/08/01(日)
挙手制は良いですね!
高校時に自分は苦手と言ってるのにPK戦の最初に選ばれて蹴って外して大事な試合で負けたことある。
オリンピックのトーナメントで外せないプレッシャーの中で自ら蹴ってシッカリ決めて勝ち進んで痺れました。
次戦も期待してます!

2021/08/01(日) 
決定機を一度外して
落ち込むようではストライカーは
難しい。

一番に挙手して挽回の機会を
自ら作った上田選手には
期待感を持ちますね。

板倉、中山は冷静ながら
キャプテンシーもある選手。
派手さはありませんが
非常に頼りになりますね。

こういう若手が増えた事も
心強い。

2021/08/01(日) 
この記事を読んで、
「PKを外すことができるのは、PK蹴る勇気を持った者だけだ」
ロベルト・バッジョの言葉を思い出した。
いろいろなものを背負ってPKを蹴る勇気を持つって凄いな。

2021/08/01(日)
自分がもし仮に同じ立場なら手を挙げれるだろうか?
躊躇なく手を挙げたこの選手達は、自分がまた1つ上のステージに行くための願ってもないチャンスだと捉えているということか。

国を代表する選手達、当たり前だと言われればそうだけど、凡人とは違うのだと思わされた。そして力も与えられたよ。

2021/08/01(日)
あのPKは挙手制だったのですね。
「やらされる」のではなく「やる」という決断を当事者に下させるというのは選択肢として良い状況だと思いました。

そういった決断が1人1人の意識を高め、良い緊張感も生んでいくのではないかと感じています。

次戦はスペイン戦。
酒井選手も戻ってくるので思いっきり暴れてこい!

2021/08/01(日) 
いいね。
失敗しても積極的にチャレンジしたい人に
蹴らせてあげたい。
PKは技術もあるけど、
120分戦った後のPK戦は気持ちの強さが
何より大事。
イングランドがユーロで
試合にほとんど入れてない選手に
蹴らせたのは気持ちが相手キーパーに
負けてたからだと思う。
しかし、この世代は個々各々に
「俺がやってやる」感があるからイイね!

2021/08/01(日)
上田が決めて流れを作ったと思う。すごいプレッシャーの中でよく決めてくれました。あと、板倉選手はキーパー動いてから蹴れるのはすごい。相当、練習してきましたね。

2021/08/01(日) 
今回は男子サッカーは女子と違って楽しみながら試合に臨んでいるように見えますね。
それとキャプテンの経験値に加えて若手選手の海外での経験値が重なって強さや頼もしさを感じました。
また決して楽な組み合わせではなかった予選グループを全勝で勝ち抜いのも自信に繋がっているのかもしれません。
とにかく次は優勝候補のスペインですが全力でぶつかっていってほしいと思いました。

2021/08/01(日)
やったことある人ならわかると思うけど、蹴りたくないなとか不安だなという気持ちが少しでもある中でキッカーが回ってくると必ずと言っていいほど外す。自信を持って蹴れる選手が一番いい。
ただ、それよりキーパーの動きを見るところとコースも全員が完璧でした。

2021/08/01(日)
凄い決め方だなー。
でも良いと思う、実際素晴らしい結果でした。
準決前に苦しみを味わい勝ち抜いたのは大きい
次は大会前のスペインとは訳が違う、時差ボケもないし
ガンガン攻めて来るが、決して引かないで攻め続けて欲しい!期待してます!

2021/08/01(日)
この勝利は大きい。あと2試合出来る。そして更にベスト4にあの国はいない。いい試合が見れることへの期待しかない。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ