95117_ext_04_0

スポンサード リンク




 東京五輪の男子サッカーは7月28日、グループステージ最終節の8試合を各地で開催。決勝トーナメントへ進出する8か国が決定した。

 日本の入るグループAは、1位の日本が4-0でフランスを下し首位堅持。2位のメキシコも3-0で南アフリカを下し、日本とともに次ステージへ駒を進めた。日本はグループステージ唯一の3連勝を達成している。

 4か国全てが勝点3を得ていたグループBは、大量6得点でホンジュラスを下した韓国が1位通過。2位には、スコアレスドローに持ち込んだニュージーランドが得失点差でルーマニアに競り勝ち滑り込んだ。

 グループCは1位のスペインが3位のアルゼンチンと引き分け、首位通過を決めた。一方で、最下位のエジプトがオーストラリアを2-0で下し2位に浮上。得失点差でアルゼンチンをかわし逆転で決勝トーナメント進出を決めた。

 3チームが三つ巴の争いとなっていたグループDは、首位のブラジルが3-1でサウジアラビアを突き放し1位をキープ。勝点1差で直接対決となったドイツとコートジボワールはオウンゴールで後者が先制。ドイツが1点を返し猛攻をしかけるが、一歩及ばず。1-1の引き分けに終わり、コートジボワールが2位を死守し決勝トーナメントへ進出した。

 A組を1位で通過した日本は、グループB初戦で韓国を下したニュージーランドと対戦する。

東京五輪グループステージ最終節の結果および、今後の対戦カードは以下の通り。

●グループA:
日本4-0フランス
南アフリカ0-3メキシコ

●グループB:韓国、ニュージーランドが突破
ルーマニア0-0ニュージーランド
韓国6-0ホンジュラス

●グループC:
オーストラリア0-2エジプト
スペイン1-1アルゼンチン

●グループD:
サウジアラビア1-3ブラジル
ドイツ1-1コートジボワール

●準々決勝/7月31日開催
韓国(B組1位)×メキシコ(A組2位)[1]
ブラジル(D組1位)×エジプト(C組2位)[2]

日本(A組1位)×ニュージーランド(B組2位)[3]
スペイン(C組1位)×コートジボワール(D組2位)[4]

●準決勝/8月3日
[1]×[2]
[3]×[4]

●3位決定戦/8月6日

●決勝/8月7日

サッカーダイジェストWeb編集部










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ