スクリーンショット 2021-07-28 8.32.20

スポンサード リンク




世界との距離は想像より遠いか

自国開催の五輪で夢の金メダルへ。なでしこジャパンにはそんな期待もかかっていたが、早くも追い詰められてしまった。

グループステージ第1戦ではカナダ代表と何とか1-1で引き分け、第2戦ではイギリス代表に0-1で敗れてしまった。2試合を消化して未勝利は厳しく、早くも絶望感が広がっている。

なでしこジャパンといえば2011年のワールドカップを制するなど、女子サッカー界の中でもトップレベルの力を持っていると考えられていた。当時のイメージを引きずっていた人もいたはずだが、その評価も今回の五輪で大きく変わってしまったのではないか。

当時から沢穂希、宮間あや、岩清水梓、阪口夢穂らほとんどのメンバーが代表を離れていることもそうだが、この10年ほどで海外のレベルが一段上がったように見える。元より日本の選手はフィジカル面で苦戦する傾向にあったが、今は他国の女子サッカーもフィジカルだけに頼ったものではなくなっている。足下の技術も確実にレベルアップしており、細かく繋ぐパスサッカーはなでしこジャパンだけの武器というわけではなくなった。他国はフィジカルも技術も日本を上回っている。

今回の東京五輪で見えたのは希望ではなく、課題だ。もう一度ワールドカップの頂点を目指すには、育成年代から大きく変えていくしかないだろう。10年前は世界がなでしこを追いかけていたかもしれないが、すっかり逆転してしまった印象だ。

なでしこジャパンも大幅に技術が落ちたわけではないが、得点を奪うための明確なアイディアが不足している。セーフティなパスは回るものの、対戦相手は日本にボールを支配されることを恐れていないのかもしれない。

10年前に比べるとチームのスタイルが明確になっていないのは明らかだが、これから世界との距離をどう詰めていくのか。世界はレベルアップしており、日本も何かを変えていかなければ国際トーナメントで頂点を目指すのは難しいか。

構成/ザ・ワールド編集部



2021/07/28(水)
監督の能力が疑問だね。なでしこリーグにはもっといい選手も居たと思う。自国オリンピックで強化費用も今までよりもあったはず。

2021/07/28(水) 
技術面、体力面、精神面。
今のなでしこジャパンは、全てにおいて、劣ってしまた。
高倉監督は、東京五輪に向けて何をやってきたのだろう。
五輪前に「課題」は出尽くしていたはず。
五輪中に「課題」を見つけてどうするんだって話。
このままでは、なでしこジャパンの長期低迷は確定ですね。
テクニックも、フィジカルも、戦術戦略も何もないなでしこジャパン。
スポンサーからも見放されて、暗黒時代に逆戻りするでしょう。

2021/07/28(水)
イングランド等は男子のノウハウをしっかりと継承して強化されている印象だが、なでしこはJリーグの強化ノウハウが共有されている感じがしないのは確か。今回、メキシコともJリーグレベルの選手がある程度対抗できていたのでJリーグは間違いなくレベルアップしているが、なでしこは明らかにレベルアップに失敗しバブル崩壊して「失われた10年」になってしまった印象。それから、今回は澤さん・宮間さんとかリーダーシップのある選手が不在でチームが空中分解して阿吽の呼吸も無い感じだったので、その辺の起用も監督含めて失敗したな、と思った。

2021/07/28(水) 
日本サッカー協会の田嶋氏と高倉ちゃんの怠慢な選手選考や強化の表れ…大半のなでしこファンは…この不甲斐ない結果は予想出来ています。5年間も無駄な強化費を費やし…どうする
責任は重大だよ!プロ化しても、この様なレベルでは観客は集まらないよ!

2021/07/28(水) 
フィジカルの差を技術で埋めてたが今や技術すら見劣りしてる。
せめて他国よりもたくさん走らないと勝てないのに。
育成やスカウティングから見直して、もう少し背の高いフィジカルの強い選手を育てないと益々差が開く一方だと思う。

2021/07/28(水)
まずは監督を変える事だね。好き嫌い人事は組織そのものをダメにする。
とくに今の監督は何をしたいのかどうすれば局面を打開できるのかが全く分からないと言ってもいいような監督資質のない人がやっている。
今後は指導者もそうだが全世代を通じて人材を発掘できる体制をもっと強化しないとダメでしょう。沢選手が言っていた通り勝たないと興味すら持って貰えない厳しい冬の時代に逆戻りする可能性すらある。

2021/07/28(水) 
指導者のための指導者が必要かもね。海外から招聘したらどうだろう。選手が自立して自分の課題に向き合うようになるために。そういう実績のある指導者の方が今時の子には説得力がある。

2021/07/28(水) 
10年前に比べると前線でボールが落ち着かない、中盤のポゼッション率で勝てない、故に、サイドバックも攻撃参加できない。夏の暑い時期で走れないということもあるかもしれないけど、近賀も鮫島の攻撃参加に比べると、明らかに少ない。

一方、10年前小さい相手にポゼッションで負けていた相手達は、今や強くて正確なインサイドキックを用いて、しっかりボールをつなげるようになっている。

2021/07/28(水)
なでしこのW杯優勝は世界のサッカー界に衝撃を与え、各国がこぞって強化するようになった。女子の人権が世界中で重視され大きな力をもつようになっている潮流も女子サッカー興隆に影響を与えているように思う。世界中で女子サッカーのレベルアップが急速に進む中で、日本は足踏みが続いている印象が強い。なでしこに大規模なテコ入れする必要がある。まずは技術的にも興行的にもなでしこリーグはJリーグと一体的に運営されるべきだろう。もっと対外試合を増やす必要もあると思う。

2021/07/28(水) 
もう数年前から凋落は分かっていたこと。
強豪国との差や日本に足りないものを素直に認め、勝つために必要なことを粛々と築き上げて行って欲しい。

フィジカル、パススピード、トラップ技術、短い距離でのスピード、判断の速さ、気持ちの強さ、戦術、コンビネーション、決定力。

いろいろあるだろうが、劣っているものを克服し、日本独自のストロングポイントも身につけないと、以前の様な活躍は見られないだろう。

応援しています。

2021/07/28(水)
イギリス戦を見たけど、フィジカルで劣る上に攻撃にアイディアも感じない。前線との連動もない。点は取れる気がしない。
よく1失点でおさまったと思ったほうが良い。

2021/07/28(水)
アジリティー、敏捷性、パスワーク、チーム戦術、、、
本当に進化できず退化した「なでしこ」
男子サッカーはそれなりに進化し続けている現実を見るにつけあらためて女子サッカーの後退は印象的でほんと残念でならない
無能な監督、そこを放置し続けた協会含め、それぞれに責任問題は大会後に明確にしないといけないだろうけど、しかし、女子サッカープロ化などこのタイミングに来てのなでしこの現状は取り返しのつかない大失態で本当に残念過ぎる

2021/07/28(水) 
他国もレベルアップしているのだろうけど、監督の戦術や采配に問題があるのだと思う。
過去にはAFC女子年間最優秀監督に3年連続で選ばれたりした実績はあるのだろうけど、世界の進歩に対応できていないのだと思う。
実際、佐々木監督から高倉に交代してから弱くなった印象が否めない。

2021/07/28(水) 
選手の育成・強化も含めて指導者の力不足は否めない印象です。代謝を促す前に調子の良い体制と状況を変えるべきではなかったですね。継承されるべきスピリットすら感じません。

2021/07/28(水)
先の2戦を見る限り、次のチリ戦勝ってかろうじて決勝トーナメント行ったとしてもそこで決勝まで勝ち抜く力はとてもあるようには思えない。 負けてるのに前線からボールを追わない。まあ真夏の暑さもあるが、ほんと勝つ気あるの?!と問いたい。 10年前とそこまで個人の能力が落ちたとも思わない。強いて言えば精神的な支柱がいないかなって感じ。監督、戦術がダメだと思う。

2021/07/28(水)
無理やり世代交代とか言ったのがなぁ、ベテランを実力で上回れない選手を高倉氏が世代交代の名目で選んじゃったから技術や精神の継承ができないまま、仲良し集団のままここまで来ちゃった感じ
W杯で1勝しかできなかった責任もとらずに、東京を任されたんだから選手選考含めて全責任は高倉氏にあるわけで。
W杯をフランスで開催したこともあってヨーロッパ勢のレベルアップがすごくて、Wでベスト16にアジアは日本だけという惨状、一時期は女子サッカーと言えばアジアだったのに今は面影もなくなっている。
日本の選手も岩淵選手、長谷川選手、熊谷選手みたいにヨーロッパで活躍している選手もいるし、大儀見選手や川渕選手みたいにアメリカ現役でやれている選手がいるんだから、メンバーと戦術がきっちりしていればここまでのことにはならないと思うんだけどね

2021/07/28(水) 
パススピードの遅さに尽きると思います。相手に届く前に止まりそうな遅いインサイドキック、上空でハエがとまりそうな緩いインフロントキックが目に余る酷さです。意識の改善と内転筋のトレーニング。これだけで大きく変わる気がしますけどね。
このオリンピックの試合では、フリーの選手やサイドの選手にパスしてもパススピードが遅いので、すぐ寄せられて潰されるか1対2の状況を作られてます。選手間で三角形を作る基本も出来てません。
もしかしたら、女子サッカーはフルコートよりも少し狭くした方がスピード感が出て面白いかもしれませんね。

2021/07/28(水)
っていうか最近はあの時代がなんかバグってたんじゃないかと思えてならない。
レジェンド澤姉貴に、両足を等しく使い状況に応じたゲームメークをする宮間さん。その二人だけでも凄いのに、阪口さん川澄さん大野さん大儀見さん宇津木さん等挙げればキリがないほど凄いのがいて、互いにレベルを高めあっていた。
怖いくらい才能が揃っていたあの時代がちょっとおかしかったんだと今は思う。

2021/07/28(水) 
日本人女性の運動能力では今が限界だよ。テクニック面なら澤の時代より確実に上だし。日本のリレーのように決勝に残れる選手はいなくてもバトン渡しを完璧にすることで世界と戦ってるのを見習わなくてはいけないと思うよ。そのためには、適材適所に選手を配置して90分のゲームメイクをみんなが共通意識を持って高い意識で遂行する。これで、ようやく世界と勝つか負けるかの勝負になれるのが日本の女子サッカーのレベルだから。W杯優勝したときも、そうだったよ。決して実力で圧倒したわけじゃない、むしろ下だったけど、澤のボランチとか適材適所に配置して佐々木監督がいじられていい空気感を作って、耐えて耐えて最後は澤の勝負強さで奇跡的に勝っていったんだから。日本の女子サッカーは強いなんて勘違い早く捨てて、弱いなりにどう戦ったら勝負になるかを考えないと。高倉監督には厳しいかなとは思うけど

2021/07/28(水)
足遅い、パススピード遅い、高さない、フィジカル弱い。
基本的な身体能力が低い。もちろんこれはアジア特有のものだから彼女たちの努力でどうにかなるものでもないからかわいそうだとは思うけど。
もはやこれらの差はテクニックでどうこうできる話ではない。
なでしこの世界一から学んでテクニック、戦術面を重視するようになって着実に強化してきた海外にはもう勝てない。また暗黒時代に戻っちゃうんだろうな。
そして監督は謎人選と謎采配、フル代表の監督には向いていないというか...課題、課題って今まで何をしてたんだよ。前回のワールドカップから何も変わってない。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ