スクリーンショット 2021-07-28 7.09.10

スポンサード リンク




 深刻さを増す決定力不足に焦燥感を募らせ、相手の反撃に冷や汗をかかされながらも、日本女子代表「なでしこジャパン」がグループリーグ突破を決めた。
 
 東京五輪5日目の27日に行われた、女子サッカーのグループリーグ最終戦。有観客の宮城スタジアムでチリ女子代表と対戦したなでしこは、後半32分にFW田中美南(INAC神戸レオネッサ)があげた先制点を死守。3戦目にして大会初勝利をあげた。
 
 1勝1分け1敗で勝ち点を「4」に伸ばしたなでしこはグループEの3位ながら、グループFの3位・ザンビア女子代表を勝ち点で、グループGの3位・オーストラリア女子代表を得失点差でそれぞれ上回ってベスト8へ進出。舞台を埼玉スタジアムに変えて30日に行われる準々決勝で、スウェーデン女子代表と対戦する。

「今まで感じたことのないプレッシャー」
 
 エースの目にはうっすらと涙がにじんでいた。自力で決勝トーナメント進出を決めた直後のフラッシュインタビュー。FW岩渕真奈(アーセナル)は本音を打ち明けた。
 
「正直、いままで感じたことのないプレッシャーがありました。ここで終わるわけにはいかなかったし、その意味で不安がありましたけど、みんなの力で勝ててよかった」
 
 チリに勝てば無条件で、引き分ければ他のグループの結果次第で決まる決勝トーナメントへの道は、一転して負ければ閉ざされる。試合を圧倒的に支配し、チリの5倍以上となる21本ものシュートを放ちながらもゴールは遠く、ともに無得点で迎えた後半24分には相手の決定的なシュートがクロスバーに弾かれる幸運にも救われた。
 
 時間の経過とともに色濃く漂ってきた、重苦しい雰囲気を振り払ったのも岩渕だった。MF杉田妃和(神戸)の縦パスをペナルティーエリア内で受け、相手のプレッシャーを背中越しに受けながら巧みにキープ。FW菅澤優衣香(三菱重工浦和レッズレディース)に代わり、後半開始から投入されていた田中による待望の先制点をアシストした。
 
 カナダ女子代表との初戦でPKを失敗した田中にとっては汚名返上のゴール。試合後には「みんなのおかげで取り返すことができた」と、岩渕をはじめとするチームメイトに感謝したが、日本女子代表の初代専任監督で現在は解説者を務める鈴木良平氏は、菅澤と田中へ「フォワードとして役不足です」と厳しい評価を下した。
 
「自分が点を取れない状況で岩渕のように味方のためにスペースを作る、アシストをするといった仕事をしているのかと言われれば、前半の菅澤も得点した場面以外の田中も残念ながら何もしていない。菅澤に関しては春先からの強化試合を通して常に難しいと感じていたし、田中に至ってはなでしこリーグで確固たる結果を残しても長く招集されていなかった。それでも最終的に東京五輪代表に菅澤と田中を選ばなければいけなかった点で、問題は日本の女子サッカー界全体におけるフォワード陣の人材不足に行き着く」

 高倉麻子監督の選手起用にも鈴木氏は首を傾げる。1-1と引き分けたカナダ戦から、高倉監督はイギリス女子代表との第2戦で先発5人を変更。イギリスに0-1で屈し、グループEの3位に後退して迎えたチリ戦でも再び5人を入れ替えている。
 
 先発したカナダ戦でほとんど仕事を果たせないまま前半だけでベンチへ下がり、イギリス戦では出番がなかった菅澤が再び先発。センターバックの宝田沙織(ワシントン・スピリット)が3戦目にして初めて起用され、さらに5つを数えた強化試合では1試合しか先発していない杉田がイギリス戦に続いて前半のピッチへ送り出された。
 
 対照的にカナダ戦とイギリス戦で先発したDF南萌華とMF塩越柚歩(ともに浦和)が、勝利が求められるチリ戦ではリザーブにも名を連ねていない采配に、鈴木氏は「なぜだろうとあれこれ考えても、ちょっと理解できない部分がある」と疑問を投げかける。
 
「イギリス戦を見た限りでは、2人ともけがをした感じはなかった。ただ単に中2日でコンディション的に厳しいから、ローテーションで回すという考え方もあるが、異なる見方をすれば、このチームのベストメンバーがまだ定っていないとも受け取れる。五輪に代表される大きな大会に臨むにあたっては、どの国でもまずベストのチームを作る。ベストの11人ありきで、状況に応じて選手を交代させて大会を乗り切っていくはずなので」
 
 再び中2日で迎えるスウェーデン戦でも、またもや先発メンバーを大幅に入れ替えるのではと勘繰りたくなる。グループリーグ初戦で女王・アメリカ女子代表を3-0で撃破したスウェーデンは、日本サッカー協会の田嶋幸三会長をして「今大会で最も評価の高いチーム」と言わしめるなど、一気に金メダル候補へ浮上している。
 
 負ければ終わりの一発勝負に突入するからこそ、鈴木氏も「現状におけるベストメンバーで、高倉監督には臨んでほしい」と一貫した戦い方を望んでいる。
 
 開幕直前に行われたオーストラリア女子代表との強化試合からチリ戦までの流れを踏まえれば、キーパーは山下杏也加(神戸)、4バックで組む最終ラインは右から清水梨沙(日テレ・東京ベレーザ)、キャプテンの熊谷紗希(バイエルン・ミュンヘン)、南、カナダ戦とチリ戦で先発した北村菜々美(日テレ)で固めるべきだと鈴木氏は言う。

 ボランチはイギリス戦、チリ戦で出色のプレーを演じている林穂之香(AIKフットボール)を軸に、現状では三浦成美(日テレ)をパートナーとして先発させる。サイドハーフは左に杉田、右には塩越の起用を推す。鈴木氏は特に杉田を「前を向いて勝負するドリブルが、相手の脅威になっている」と今後のキープレーヤーの一人にあげる。
 
 問題はフル出場したチリ戦で右ひざの不安を一掃した、岩渕とコンビを組むもう一人のフォワードとなる。グループリーグで先発させた菅澤と田中に対して、鈴木氏は「先発として起用するのは、もうあきらめてほしい」とした上で、長谷川唯(ACミラン)か、あるいはレフティーの遠藤純(日テレ)を抜擢するのもありだと指摘する。
 
「同じ2トップでも横関係ではなく縦関係でもいいと考えれば、長谷川を岩渕に絡ませる形で後ろに置き、お互いに上手く動き、ポジションをずらしながらプレーさせる手はありだと思う。まずは長谷川を先発させて、遠藤はチリ戦のように左サイドハーフではなくフォワードで、左足でシュートを打つことに専念できるポジションに置いた方が生きる」
 
 チリ戦後のフラッシュインタビューで、高倉監督は「迷い」という言葉を使った。
 
「勝ったことでいろいろな迷いが飛ぶと思うので。ここからは別の戦いに、一発勝負になるので、相手を十分に研究しつつ、自分たちのサッカーをもう一度やり続けたい」
 
 決勝トーナメントへ臨むからには、もう迷ってはいられない。ベスト8に駒を進めた国のなかでは最少となる、3試合で2ゴールしかあげられていない現実を真正面から受け止めた上で、勝利につながるゴールへの筋道を再構築するしかない。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)



2021/07/28(水) 
監督交代後にチームを作るときから、私的な好き嫌いと思われる選手選考を行い、チームの統一感が感じられないままズルズルきた。
システムだけで戦術らしいものが感じられないし、これでは選手のモチベーションも上がらないでしょう。
監督の実力云々よりも、男子も含めサッカー協会の監督選考に問題があるのでしょう。

2021/07/28(水)  
例えば、昨日のスタートのボランチ2枚は
記憶の限り、初めて組んだと思う。

数年費やした準備期間で一回も試さなかった組み合わせを大事な試合でぶつけるあたり
まだこの監督はメンバー選考中なのかな?

他には、塩越をシンデレラにしたいのか、
日テレ組と心中したいのか、疑問ばかりで
正直、力のある監督とは思えない。

2021/07/28(水) 
w杯優勝時が女子サッカーと言うならば、今のなでしこは女の子サッカー。
体のぶつかり合いとか汚れるのが嫌なのかな?
強いチーム程体現してますが…
何試合も前から何も変わって無く、監督の采配?と思う程。

1度、日本ソフトボール女子の試合を見て欲しいな。
強くメダル候補のチームですら初回から泥んこになって大声出してますよ。

2021/07/28(水)  
ワンタッチパスで展開の速さが今までの日本のスタイルだったが、今のチームにはまったくそれが見えない。
カウンターなど切り替えも遅く、これでは体型の大きい相手には勝てない。
まあ監督の戦略・ビジョンのなさに尽きる。

2021/07/28(水)  
体調万全とは言えない様子の岩渕除いたら、何処のユニットも固定出来て無い。
この期に及んで、お試し期間かよ?と言いたくなる。特に菅沢、中島への執着は異常。
人選、育成指導、戦略 どれも及第点以下の監督も珍しい。
ユース世代の実績云々は、日本が部活動による組織規律に於ける大きなアドバンテージを有している事を無視している。極論すればあの世代は誰が監督でも、それなりの結果は出せるし、選手の年齢の手前、酷評される事は無い。
協会は真面目に強化育成に努めるべし。

2021/07/28(水) 
感動のソフトボールの試合を観ながら、サッカーの監督との違いを想う。
宇津木さんと高倉さんの違いはもとより、監督を依頼した協会の差。
次期大会には消えてしまう、五輪種目として不安定な事実にも関わらず、
長期的な視野、ベクトルでチームを創り上げた宇津木ジャパンは素晴らしい。
サッカー協会、まずは人事刷新に着手してはどうでしょう?

2021/07/28(水) 
田嶋会長が男女サッカー共に、自分の意向に異を唱えない森保、高倉を重宝している。ハリルで懲りたのだろうが、それでは強くならない。会長は負けても責任を取らず自分の言うことを聞く監督に首をすげ替えるだけ。政治家向きだと思うので、早く会長辞めて自民党から出馬してみては。

2021/07/28(水)  
高倉がやったのは佐々木時代の遺産を全て食い潰すことだけだからな
チームとしてのスタイルが無い

菅澤をいつまでも重用したり、田中美南を最後の最後まで干したりと選手起用にも偏りがあり、仲良しグループを作るのに躍起になっている感じ
多分、本来監督が気にすべきところと違うところにばかり気を回すタイプの監督なのだと思う

おそらく次で敗退だけど、これで日本の女子サッカー文化は何も遺産を残せないまま完全に終わるな

2021/07/28(水) 
高倉監督は色々批判されまくるけど、なぜかって、説明が足りなさ過ぎるんだよな。なぜ長谷川を交代させたのか、なぜ菅沢を使い続けるのか、なぜ毎試合メンバーが変わりまくるのか、そういうところにきちんと明快な説明をしていれば、ファンもここまで批判しないと思う。ちゃんとした説明であれば納得に至るファンもいるだろうし、だから少なくとももう少しマシになるはず。でもこの5年間殆ど説明してないんだよな。どんなサッカーを目指すのか、なぜこのメンバーなのか、なぜ永里を呼ばないのか、なぜ菅沢なのか、なぜ田中を外したのか、これら疑問にたいして高倉監督は何1つとして明快に説明していない。いつもモヤッとした漠然とした言葉で煙に巻いてそれで終わりだった。だからサポも理解できないし、理解できないのに続投するのでストレスもたまる。言語化能力が低いのかサポに理解してもらう気がそもそもないのか。どちらにせよ問題だと思うけど

2021/07/28(水)  
昔、男子サッカーの(西)ドイツの話だが、監督のシェーンという人が無能でどうしようもなかったなか、選手にベッケンバウアーというリーダーがいて、実質監督として選手を掌握してフィールドを統率し、自国開催のW杯で優勝したことがあった。

1人優れた投手がいればかなり試合をコントロールできるソフトボールや野球と異なり、集団でフィールドを動き回る団体競技だから、1人の力だけでは決定的なことはしずらいし、女子の集団だからメンタル面や人間関係にいろいろあって男子とは違う難しさもあろうが、

キャプテンの熊谷選手になんとか(監督の采配に逆らってでも)頑張ってもらいたい。

スウェーデン戦は漫然といまのまま試合に入ってしまうと、結果は惨憺たる結末になる可能性が高い。

2021/07/28(水)  
リーダータイプの選手がいない。
熊谷、岩渕は背中で見せるタイプ。
澤穂希、長谷部、吉田麻也のようなずっと喋って、指示出して、拍手して、周りを鼓舞し続ける選手が見当たらない。
全員が寡黙にプレーしすぎ。足りないのは言葉であり、闘将タイプ。

高倉が戦術家かモチベーターか知らないけど、キャプテンを育成出来なかったということだろう。

2021/07/28(水)  
菅澤は何も出来てないがなんで重用するのか?ゴールが決まらないのは試合展開によっては仕方が無いが、ポストとしても機能していないし、チェイシングもしていない。カウンター時にもジョギング。戻るのも遅く、せっかくシュートしても枠にも飛ばない。まるで相手チームのディフェンダーみたいだった。

鈴木さん遠藤純に期待しているようだが、地面から2センチ浮いてるみたいなガチガチのプレーでこの人は大舞台はだめな人なんだと思う。

たらればだが、まだ現役なんだし、永里を連れてくれば良かったのにと思わざるを得ない。

2021/07/28(水)  
沢が監督やったほうがいいと思う。
ほぼ全員レベルが低い。当たりが弱すぎるし、最後、いい体勢でシュートまで行くためのアイデアがなさすぎる。

2021/07/28(水)  
それじゃ世界一の監督が受けてくれたとしても、選手の力が悲劇的に足りませんがな!少年少女サッカーから見つめ直さないといつになってもボールを取りに行かない・ゴール前で消えるフォワードのジャパンサッカーのままです。若くてもいい、海外サッカー経験者を協会幹部に登用するべき。

2021/07/28(水)  
まだベスト布陣を探してる、みたいだよね。
本番なのにな。
定められないのは、選手がだらしないのか、首脳陣にビジョンがないのか。
たぶんどっちもなんだけど、ターンオーバー以外で選手がコロコロ変わるチームが安定の強さを発揮するとは思えないけどな。

2021/07/28(水)  
今の選手は確実に進化しフィジカルもテクニカルも歴史を築いた歴代の選手より数段上に感じる。昭和の『精神論』での押しつけより、『理論的』且つ『戦略的』に戦う事を諭した方が今の選手は活き活きプレーすると思う。昭和世代の我々とは得ている情報量が格段に違い、それを使い短時間で発想が働くのが今の世代のアスリートの特徴。生かすも殺すもマネジメントする側の昭和世代だが...

2021/07/28(水)  
皆さんの仰る通り.チームの問題は監督の問題.監督の問題は協会の問題.今までなら,これだけ結果のでない監督は,もうとっくに交替させてたはず.それはそうとして,杉田妃和が良いですよね.五輪終わったら海外流出かなあ.

2021/07/28(水)  
ここまで来たので、御の字だと思います。桃香ちゃん投入後のチームの期待感が半端なかったので、是非最初から使ってパリに向けての準備をして欲しい。菅沢や美南はパリにはいないと思うので、大胆な作戦欲しい

2021/07/28(水)  
采配ってより、選手の自信がないように見える。イージーミスも多いし、球際の強度もない。原因は、選手自身にもあるけど、コーチ陣がモチベーターになれてないと思う。

2021/07/28(水) 
高倉監督は勝ち点4が目標だったとのこと、カナダ戦やイングランド戦は勝つ気がなかったということらしい

ソフトの宇津木監督は、「批判されたら私が背負う」と言った
バスケット女子のトム・ホーバス監督はランキング10位の日本の目標が優勝だと再三コメントしている

この監督は、責任逃れのコメントをしている











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ