スクリーンショット 2021-07-26 21.02.46

スポンサード リンク




 53年ぶりとなるメダル、それも金色に輝くそれを獲得すると公言しているU-24日本代表が難敵U-24メキシコ代表を2-1で撃破。目指す場所へまた一歩近づいた。
 
 東京五輪男子サッカーのグループリーグ第2戦が25日に行われ、埼玉スタジアムでメキシコと対峙した日本は開始わずか6分にMF久保建英(レアル・マドリード)が、5分後にはMF堂安律(PSVアイントホーフェン)が立て続けにゴールをゲット。メキシコの反撃を後半40分の1点に抑えて、U-24南アフリカ代表戦に続く連勝をマークした。
 
 グループAの首位に立った日本は、28日に横浜国際総合競技場で行われるU-24フランス代表とのグループリーグ最終戦で、引き分け以上で1位突破が決まる。

 電光石火の先制弾は「10番」の右手が呼び水となった。開始6分。右タッチライン際からDF酒井宏樹(浦和レッズ)が放った縦パスへ反応した堂安が、内側のレーンを一直線にスプリント。右前方にいたMFエリク・アギーレをかわした直後だった。
 
 追い抜きざまに右手でアギーレを抑え、さらに前へと抜け出した堂安の一挙手一投足を見ていた久保は、以心伝心で自らがゴールを決めるまでの青写真を共有した。
 
「堂安選手が左手で相手を抑えたときに、自分のところにボールを出してくれると思ったので。走り込んでいって、あとは落ち着いて決めるだけでした」
 
 とっさの出来事ゆえに、久保が右手と左手とを記憶違いしていたのはご愛敬だ。その堂安はアギーレとの間合いを保ち、十分な体勢を取りながら利き足とは逆の右足で、ペナルティーエリアの右外からややマイナスの方向へグラウンダーのパスを送った。
 
 パスの目的地であるペナルティーエリア内の真ん中には、FW林大地(サガン鳥栖)が囮になって左側へ走った産物としてポッカリとスペースが生じていた。ゴールの匂いを嗅ぎ取っていた久保は、左後方から迫ってくるDFホルヘ・サンチェスの気配を察知。タックルが届く前に利き足の左足、それもアウトサイドをヒットさせた。
 
 ゴール左隅へとコースを変えたボールは、オーバーエイジで参戦しているメキシコのレジェンドで、ワールドカップ代表に4度も選出されている36歳の守護神、ギジェルモ・オチョアの牙城に風穴を開けた。完璧にして美しい先制ゴールだった。
 
 久保の技術と状況判断力もさることながら、ゴールが決まるまでの過程で見逃せないのは縦へ全力で走る体勢で、自身の左側に生まれていた状況をしっかりと把握していた堂安の視野の広さとなる。その源泉となる背筋がピンと伸びたランニングフォームこそが、ガンバ大阪に所属していたころから堂安が追い求めていた武器だった。
 
 走っているうちに前傾姿勢が強まってくる癖を、どうにかして直したいと堂安は模索していた。極度な前傾姿勢がプレーに及ぼす悪影響を、堂安はこう説明したことがある。

「前傾姿勢になってくると視野が狭くなって、周囲の味方を上手く使えずにボールを失うシーンがすごく多かった」
 
 思い悩む堂安に当時の長谷川健太監督はバルセロナ五輪の陸上短距離代表で、清水エスパルスでフィジカルコーチを務めた実績を持つ杉本龍勇氏を紹介した。主戦場がヨーロッパへ変わったいまも、杉本氏による走り方改革は続いている。
 
「僕の場合は、背中の肩甲骨周りや腰周りの筋肉が硬かったんですね。なので、そこを柔らかくほぐしたりすることで前傾姿勢が少しずつ立つように変わる、というところからアプローチをはじめて、少しずつですけど形になってきているのかな、と」
 
 こう振り返る堂安が4年以上もの歳月をかけて肉体を改造してきた成果が、東京五輪の大一番でも久保への絶妙のアシストとなって発揮された。杉本氏を引き合わせてくれた長谷川監督へ、堂安はいまでも感謝の思いを忘れていない。
 
 視野の広がりはプレーに余裕を持たせ、もともと抱いていた自信をさらに膨らませる相乗効果をもたらした。今年3月まではMF三好康児(ロイヤル・アントワープ)が背負ってきた「10番」を6月の招集時から託され、待ち焦がれてきた東京五輪へも臨んでいるのは、U-24代表に関わる全員から大黒柱にふさわしいと認められた何よりの証となる。
 
「僕に対して常に緊張感を与えてくれる背番号だし、僕の成長をさらに手助けしてくれれば、とも思っている。ただ、僕自身が理想とする『10番』像にはまだまだほど遠いし、東京五輪の期間中に少しでも僕の『10番』像に近づきたい」
 
 背番号の変更をポジティブに受け止めていた堂安が、理想へ近づくために掲げる条件がチームの勝利へ貢献し続ける自分の姿となる。だからこそ、VARの介入をへて日本にPKが与えられた前半11分の場面では、堂安はボールを抱えて離さなかった。
 
 果たして、左へダイブしたオチョアに対して、堂安はど真ん中のコースを撃ち抜いた。満点の度胸に導かれた東京五輪での初ゴールは、メキシコのエンジンがかかる前にリードを広げ、終わってみれば決勝点となる貴重な一撃となった。
 
 後半23分にはMF田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)の縦パスに反応し、一直線に相手ゴールへと迫った。必死に追走してくるDFヨハン・バスケスのプレッシャーにも動じず、最後はファウルで止めたバスケスに一発退場が宣告された。走り方を変えてきた努力が、日本を数的優位に立たせる意味でも花開いた。
 
 東京五輪前で最後の強化試合となった17日のU-24スペイン代表戦では、久保のアシストから左足で豪快なゴールを優勝候補に見舞った。メキシコ戦では逆の形でチームに勢いをもたらした堂安は、試合を重ねるたびにまばゆい輝きを放つ久保とのゴールデンコンビを「お互いに特に話さずとも、共通認識ができている」と説明したことがある。
 
「タケに預ければボールが帰ってくるというか、タケに預ければチームのプラスになるプレーをしてくれると信頼しているし、逆にそういう信頼をタケから僕自身も感じている」

 A代表を兼任するU-24代表の森保一監督は、攻撃陣にオーバーエイジを招集しなかった。24歳以下の選手だけで構成される攻撃陣の顔ぶれが、何を意味しているのか。東京五輪を前にして、堂安と「一緒に引っ張っていこう」と誓い合った久保は、初戦に続くゴールを決めたメキシコ戦後に、表情をほとんど変えずにこう語っている。
 
「ずっと言っていることですけど、はじめじゃなくて終わりが大事だと思うので」
 
 連勝でグループAの首位に立った。準々決勝進出にも王手をかけた。フランスとの最終戦で引き分け以上の結果を残せば1位突破が決まるが、対照的に負けた場合にはメキシコを含めて得失点差の争いになり、2点差以上をつけられての敗戦ならば一転して3位となって敗退する可能性もある。まだ何も約束されていない。
 
 ましてや初戦でメキシコに1-4と惨敗を喫し、手負いになったフランスは南アフリカを壮絶なゴール合戦の末に4-3で撃破し、望みをつないで挑んでくる。中2日で迎える最終戦でも久保と、貫禄すら漂わせる堂安のホットラインが日本の生命線になる。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)



2021/07/26(月)
技術もそうだが、堂安は身体強いし、久保君もなんだかんだでスプリント結構速い。
172cmや173cmでこのパフォーマンスは日本にとっての希望でしかない。
日々の精進で世界と互角以上にやれるんよね。

2021/07/26(月) 
遠藤選手の存在大き過ぎますね。デュエルデュエル言われてますけど、潰しからの右足アウトスルーパスとかレベルが違い過ぎて…。
彼がいるからこそ堂安選手久保選手が輝くな、と。

2021/07/26(月) 
この活躍で堂安も久保も所属元からの評価が高まりそうでよかった。2人とも所属先では安泰の立場ではないですからね。良いアピールになってると思う。

決勝まで頑張れ!

2021/07/26(月)
感じたのは、やはり普段から海外の選手とやり慣れてるってのはすごい大事だなと。久保、堂安、吉田、酒井、遠藤に限らず、なんだかんだで板倉や中山もあれだけ個で仕掛けてくる相手によく対応出来てた。
それに比べて途中交代で入ったJの選手はほとんど個のレベルで通用してなかった。数的有利な状況でも相手ペースになったのは間違いなくこの辺の差。

2021/07/26(月) 
代表では久保は
オフザボールの動きとかリズムとか
まわりとなかなか噛み合わない印象が強かったけど
このチームでは少なくとも前線では際立っている。
トラップの精度、キックのテクニックと精度、視野の広さ、ゴールへのイメージのレベルが違う。
前半頑張りすぎて後半はさすがに落ちてきたので
フランス戦への影響が心配。
あと、林もこのチームにはフィットしていると思う。
シュートミスとかオフサイドもあったけど
林がいることで相手の守備を下げさせて、ゲームが安定している気がする。

フランス戦で心配なのは、
久保、林、遠藤、田中の消耗と
主要メンバーのイエローカード
あと交代メンバーが活躍しきれないところ。

相手10人でフレッシュなメンバーを前線に出したのに
バランス悪くなって逆に攻め込まれていたからなー

2021/07/26(月) 
U-20W杯からのコンビ

この頃から培われたものも大きいね
久保、堂安の二人に得点力がついてきたのも頼もしい限り

2021/07/26(月) 
うっちーが言ってましたが自分も遠藤選手が一番良かったと思います!あと林選手!体強い。一皮剥けたら海外でも全然通用する気がするので、ポストプレー+α身につけて欲しいですね

2021/07/26(月)
勝手な想像ですが、あの腕の使い方は欧州で強靭なdfと闘っているから身に付いた技術だと感じました。堂安は守備もサボらないし攻守で献身的でもある。

2021/07/26(月) 
若い頃から海外で戦ってるので、体の使い方がわかっとるんやないかな。
あと、自信をもってプレーしとる。ここら辺が、5年前の日本代表とは違う感じがする。この世代だけなのか、それとも日本サッカーのベースがアップしたのか…後者だと信じたい

2021/07/26(月)
サッカーは連携のスポーツなので、チーム練習等で培った阿吽の呼吸が重要。

昨日の後半、上田、前田、三苫の3人は機能不全に陥っていたけど、能力がない訳ではない。

ホットラインが機能したのは、この2人が共に戦ったこれまでの試合の成果だと思う。

2021/07/26(月) 
この二人は元々高いレベルで意思が合っていたと思うよ。
堂安の肉体改造の効果が出ているのは確かだろうけど、かなり昔から取り組んでいた事で、それで意思が合った訳ではないと思う。
どちらも上昇志向が強く、高いレベルでの環境に苦闘しながらも成長につなげているという共通点の方が大きいのでは?
若い内から、ワールドスタンダードに触れているのは大きいと思う。

2021/07/26(月)
久保選手は3年後のパリオリンピックも出れる年齢だけど3年後には所属チームから収集拒否されるくらいの選手になっていて欲しいですね!
とりあえず、今回のオリンピックは準決勝までに余力を残して勝ち上がれるかが勝負の分かれ目ですね!
ロンドンオリンピックの時は準決勝と3位決定戦は選手層が薄く疲弊していて負けてしまいました。
準決勝までに冨安選手の怪我の回復と上田選手と三笘選手が復調してくれるかがポイントですかね?

2021/07/26(月)
前線の林、堂安、久保のトリオは機能しまくりなんだが、後輩入ってくる攻撃的な選手が全く機能してないのは大きな問題。
誰もキープも突破も出来ない上に、マークも適当で良いから相手に人数掛けられて危ない場面が増えてる。
このままでは決勝トーナメントで早々に消えそう。

2021/07/26(月)
先制ゴール以外でも、久保と堂安のコンビネーションは随所で見られた。
日本の強みの一つだね。
これからも、2人のコンビネーションは鍵を握りそう。

2021/07/26(月) 
先制点、約束事を決めてたんでしょう。綺麗な形でシュートまでいくのは練習の賜物。当然だけど意思の疏通があるから二人、いや三人には見えたのかも。久々にいいの見せてもらった。

2021/07/26(月)
この二人は昔から代表で一緒にやってるし、早くから海外で苦労しながら戦っている同士。試合に出れる事の有り難みを噛み締めている気すらする。

2021/07/26(月)
堂安も久保ももちろんだし、A代表だと南野あたりもそうですが、上背はなくても強い選手が次々と出てきてますね。昔は力負けしていてフィジカルで勝てる選手なんてほぼいませんでしたが、今や互角以上の選手まで出てきていてすごいです。
強くて速い選手がこんなに出てくるなんて30年以上サッカーみてますが思いもしなかったです。
センターバックもいい選手が出始めてますし。
あとは永遠の課題点取屋のセンターフォワードが出ればW杯ベスト8もいけそうな気します。
林くんに是非頑張ってほしいです。林くんにには今までのセンタフォワードみたいに点さえ取れればなぁの選手にはならないでほしいです。

2021/07/26(月)
今の五輪代表世代の選手達、その他の高校生らは、足元の技術や視野の確保の仕方、デュエル、、、世界に通用してきていると感じます。やはり岡田監督が言っていたように小学生から中学生の期間に既にプロ意識を持たせて出来るだけ能力を伸ばす、幼少期から体に叩き込む事をしてきたんだと思います。アンダー世代がこれから海外でどんどん活躍し、日本サッカーを引っ張って、フル代表でも世界と身体能力の差を感じさせないプレーを見せてくれると信じています!

2021/07/26(月)
昨日1失点以外はほぼ完璧。
堂安のフィジカルを見直した。
久保の技術は分かってるけど、突破のスピードを見直した。競走したアギーレがそのプレーで負傷までした。
林もよく体張って守備。

でもあの失点は本当にダメ!

2021/07/26(月)
堂安選手は以前はカットインからのシュートかクロスしかほぼ選択肢がなかったけど、最近は縦に抜けての右足クロスも出来るようになって成長が伺えます。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ