スクリーンショット 2021-07-25 12.44.34

スポンサード リンク




 試合終了を告げるホイッスルが鳴り響くまで、勝利どころかゴールを奪う予感すら無観客の札幌ドームのピッチからは伝わってこなかった。グループリーグ突破へ向けて、日本女子代表「なでしこジャパン」が崖っぷちに追い込まれた。
 
 東京五輪の競技が本格的にスタートした24日に行われた、イギリス女子代表とのグループリーグ第2戦。1-1でかろうじて引き分けたカナダ女子代表との初戦から、先発メンバーを5人も入れ替えたなでしこは0-1で敗れ、グループEの3位に後退した状況で27日のチリ女子代表との最終戦(宮城スタジアム)へ臨むことになった。

エース岩渕は怪我でスタメン出場できず
 
 なでしこの絶対的なエースはベンチでキックオフを迎えた。カナダ戦の後半39分に起死回生の同点ゴールを決め、あわや黒星スタートの危機からチームを救ったFW岩渕真奈(アーセナル)は、イギリス戦では一転してリザーブに名を連ねた。
 
 右ひざにテーピングが厳重に施されている姿から、先発フル出場したカナダ戦で何らかのアクシデントが発生したと見ていい。中2日という過密日程もあって十分に回復しなかったのか。試合後の高倉麻子監督は岩渕の状態に対して言葉を濁した。
 
「ちょっと万全というところではないんですけど、まあプレーできるので、また次へ向かってやっていきたい」
 
 岩渕がFW田中美南(INAC神戸レオネッサ)に変わっただけではない。カナダ戦の先発からゴールキーパーが山下杏也加(神戸)、左サイドバックが宮川麻都(日テレ・東京ベレーザ)、ボランチが林穂之香(AIKフットボール)、左サイドハーフが杉田妃和(神戸)に入れ替わったなでしこは、前半をスコアレスで折り返した。
 
 開始6分で先制されたカナダ戦のように、立ち上がりに不安定さが顔をのぞかせる場面はなかった。放ったシュートは8本とイギリスの倍を数えた。しかし、後半は一気にペースダウンし、イギリスに主導権を握られ続けた。日本女子代表の初代専任監督で現在は解説者を務める鈴木良平氏は、原因はハーフタイムにあると推察する。
 
「前半はやってやるという気持ちが前面に押し出され、アグレッシブに前からボールを奪いにいく連動性を含めて、ベクトルが前へ向けられたサッカーができていた。ただ、ハーフタイムがいい休養になるかといえば、逆にグタッとなってしまうケースが多い。疲れてはいるけれども、だからといってスタミナが切れたわけでもない。ハーフタイムを境に前半の勢いが失われがちになる試合は、決して珍しいケースではない」

 通算成績で1勝2分け5敗と圧倒され、しかも高倉体制下では3連敗と一度も勝っていない難敵イングランド女子代表を中心に構成されるイギリスと前半を0-0で終えた。迎えたハーフタイム。ロッカールームへ戻り、ベンチに腰かけた瞬間に途切れがちになる緊張感を持続させるのは、監督に求められる重要な仕事のひとつだと鈴木氏は指摘する。
 
「格上の相手に奮闘してきた選手たちの士気を、さらに高めるような雰囲気を監督は作らなければいけない。モチベーターと呼ばれる監督は、言葉やしゃべり方などを介して選手たちを鼓舞する術に長けている。想像の域を出ないが、後半開始からのなでしこの選手たちの動きを見ていると、前半の気持ちが消えてしまった感は拭えない」
 
 つまり高倉監督はモチベーターにはなれなかった。ハーフタイムにおける指揮官のチームマネジメントで後手を踏んだからか。後半になでしこが放ったシュートはわずか1本に終わり、一気に波状攻撃を仕掛けてきたイギリスの7本に圧倒された。
 
 迎えた29分。そのうちの1本を、これまでの五輪や女子ワールドカップでなでしこ相手に3ゴールをマークしている天敵、FWエレン・ホワイトに決められた。なでしこから見て左サイドから、DFルーシー・ブロンズがクロスを上げた直後だった。
 
 山下が果敢に飛び出すも、クリアに入ったMF中島依美(神戸)と交錯。その前に飛び込んできたホワイトの頭でコースを変えられたボールは、緩やかな軌道を描きながら無人のゴールに吸い込まれた。初戦からキーパーを変えた高倉監督の選手起用を「勇気の必要な決断」と評価する鈴木氏は、一方で失点は山下のミスだと厳しく指摘した。
 
「クロスに対して飛び出したゴールキーパーは、絶対にボールに触らなければいけないという大原則がある。味方であれ敵であれ、誰がどこにいるのかがわかっている状況で、自分の前のさらに前で相手に触られた時点でミスだと言わざるをえない」
 
 ビハインドを背負ったなでしこは、残り10分の段階で岩渕を投入する。代わりにベンチへ下がったのが、ボランチの中島だった交代策にも鈴木氏は疑問を呈する。
 
「私ならば中島ではなく宮川を下げる。ディフェンダーを一枚削ってアタッカーを増やすという考え方だけではなく、宮川がチームのなかでちょっとレベルが落ちると考えれば、たとえば左サイドハーフで非常にいいプレーを見せていた杉田を一列下げるなど、あの状況では左サイドバックを宮川以外の誰が務めてもいい。杉田と右サイドバックの清水(梨沙=日テレ)もどんどん前へ出ていって、極端な話、センターバックの2人で守るぐらいの、失点を恐れずにイチかバチかの総攻撃を仕掛けるしかない展開だったので」

 カナダ戦の再現を託された岩渕も、放ったシュートはゼロに終わった。というよりも、岩渕がピッチに入った後もチャンスすら作れずに試合終了を迎えた。キャプテンのDF熊谷紗希(バイエルン・ミュンヘン)は「正直、最低でも勝ち点1を取りたかった」と悔しさが入り混じった本音を漏らしながらも、必死に前を向いた。
 
「これで終わりじゃないので、次へ向けていい準備をしたい。次は勝たなければいけないので、チームとしてスコアにつながるプレーをどんどん出していきたい」
 
 参加12ヵ国が3グループに分かれてグループリーグを戦う女子サッカーは、各グループの上位2位と3位のなかで成績上位の2ヵ国が準々決勝へ進む。イギリスに敗れた時点で1位突破が消滅したものの、なでしこは27日のチリ戦に勝てば無条件でグループリーグ突破が決まり、なおかつイギリス対カナダの結果次第では2位突破もありうる。
 
 一転して引き分けならば、グループFの結果次第となる。具体的には中国と対戦するオランダ、ザンビアと対戦するブラジルがともに引き分け以上ならば3位での突破が決まる。グループFの力関係を考えれば、こちらも可能性が高いだろう。
 
 しかし、チリに負ければその時点で東京五輪からの敗退が決まる。最新のFIFA女子ランキングで10位のなでしこに対して、イギリス、カナダに連敗しているチリは37位。力関係から「チリから勝ち点3を取ることは十分に可能」と予想する鈴木氏は、同時にカギを握る存在となる岩渕の先発復帰は難しいのではないかと危惧する。
 
「ゴールを奪えるかどうかは、現状の攻撃陣では岩渕頼みになる。けがの詳しい状態はわからないが、リードされるまで使わなかったイギリス戦の起用法を見る限りでは、いくら岩渕本人が出たいと志願したとしても、私が監督の立場ならば先発では使わない」
 
 イギリス戦の前後半でまったく別の顔を見せた不安定感。自力突破には勝利が必須となる重圧。頼れる「10番」が利き足の右ひざに故障を抱えている不安。有観客で開催され、ファンの存在が後押ししてくれる宮城スタジアムでなでしこを待つ、天国と地獄とを分け隔てるグループリーグ最終戦は27日午後8時にキックオフを迎える。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)



2021/07/25(日)
高倉監督は、代表監督としての資質に欠ける人物と断言できます。
選手のモチベーションなんて考えていないでしょう。
感情が先行し、論理のない監督なので、選手も困っているでしょう。
3年前から分かっていたのに、
高倉を放置したサッカー協会も無能と言えます。
せっかくの東京五輪で地元開催なのに、
こんなダメ監督で戦わないといけないとは、
選手ならびにOGは、無念でしょうね。

2021/07/25(日)
初戦のカナダ戦は岩淵の奮戦で同点になったことを褒めろべき処を高倉監督はあれだけ序盤の失点には気を付けろと言ったのにとネガティブなことを言った。一軍の将の器ではないことは遠の昔に分かっていたこと。高倉の責任ではない。高倉を5年も放置した協会の責任だ。

2021/07/25(日) 
気持ち云々の問題ではなく、テクニック、スピード、アジリティ、フィジカルなど全ての面でイギリス、オーストラリアと歴然たる実力差がある。アジア以外の国とは同様の実力差があると思われ、予選リーグ突破は絶望的。
海外リーグに挑戦して実力を伸ばしている選手がいる中、監督は意固地に不可解な人選、チグハグな戦術で5年も無駄遣い。過去の栄光に胡座をかいたサッカー協会の代償はあまりにも重過ぎる。

2021/07/25(日)
英国とレベルの差がはっきり分かりました。
チームとしてもだけど個人のレベルの差もあったと思います。
1対1が弱いから簡単にボール奪われる場面が多々あった。

2021/07/25(日)
勝てた時の要因を捨て去り、補強が無いのに勝てるわけが無い。澤がボール取って、宮間がパス出して、丸山、永里が決めたと思う。否定するなら勝たないと、今は皆それぞれネームばかりで仕事を譲り合ってる感じ。
予選落ちだと思う。
新しい世代責任まで新しくなり、こだわりも新しくなった。
やはり、高倉を放置した協会の罪。
価値にこだわらない、高倉の罪。
死ぬほど重い。

2021/07/25(日)
監督自身に戦術論が無いから、コーチや選手に対してチームとしてのスタイルが構築できない。試合になると、戦術を落とし込むことや修正する戦術眼が無く、選手の状態を見極める観察力が不足しているので、具体的な指示や選手の交代ができない。何年も掛けて、無駄な時間と予算を掛けてきた協会と自分の能力を理解できていなかった監督の責任は重い。やはり、澤や宮間のように戦術眼を持った人を監督にしなければ、今後のなでしこは衰退するばかりだろう。

2021/07/25(日)
どう見たって監督の責任ですよ。
まず、ここに来るまでの選手の指導に始まり、代表選考、そして選手起用。更には今まで試したこともない選手の配置。何をどういうイメージの戦術だったのか?
特に腹立たしいのは、主力の岩渕を外したこと。コンディションと濁しているが、普通に走っていたところを見ると大した故障でもないのだろう。せめて後半からでも出すべきだったのに点を取られたら慌てて出した意味不明采配。
トドメは、このチームでは宮間的な存在の長谷川をトップにしたら誰が前線に供給するんだ?そんなのは誰が見たって分かるチーム状況だ。
このチーム戦力で金メダルを狙うと言っていたことが空虚に見える。

2021/07/25(日)
監督の力量不足もあるけど、圧倒的に選手の力不足。澤、宮間のような技術、精神的支柱がいないことに加え、川澄、大野のように走る選手もいない。あと1番は阪口のようにボール奪取、安定させる選手がいないこと。これだけレベルダウンは本当にひどい。さらに澤のコメントにあった勝ちたいという気持ちが感じられなかった。東京開催なのに残念。

2021/07/25(日)
試合に対するアグレッシブさがない。昔のなでしこは、意地でもボールに食らいつき、ハードなDFをしていた。

何で、なでしこが人気なくなったかは、そこでしょ?金もない環境も悪い中で、ひたむきにボールを追い、あきらめない気持ちで、オリンピック2位、W杯優勝だよ。そりゃ、応援したくなる。

今のなでしこじゃね…

そして、監督も酷すぎる…

2021/07/25(日)
ボールキープ率が58%対42%辺りで推移していたが、それ以上に相手にキープされていた感がありましたね。
こぼれ球はほぼ英国、偶にキープしても出しどころに悩んで後ろにパス、スルーパス出せる様な出し所に走り込む選手はいない、前線で奪い返すシーンも僅かしか無く、逆に奪われてもペナルティーエリア付近に攻め込まれるまでスライディングタックルもしない。
観客はいないにしても暑さへの慣れなどのホームの利点は日本に有利な筈なのに、1失点で済んだのが不思議なくらいだ。

2021/07/25(日)
ワールドカップの栄光から何年も止まってしまった時計の針
やっと動き出したら派閥争いが露見する特定チームに偏った選手選考
原因は選手じゃなく腐った組織だ

2021/07/25(日)
やはり鮫島を外した影響が出てきた気がする
親善試合じゃなく本番の試合には世界大会に数多く出ているベテランが必要だ 結局その穴をつかれ 2戦共 失点は最悪だ 鮫島は
澤穂希等と一緒に世界で闘って来た数少ない現役選手なのに 若い選手は彼女達の背中を
見て 闘ってくれるはずなのに、、、
監督は若手起用にこだわったのか 知れないが一発勝負の試合にはそんな余裕は無い

2021/07/25(日)
「走らなければサッカーにならない」(中田英寿)
「走れ、走れ、走って死んだ奴はいない」(イビチャ・オシム)

サッカーは格闘技だから、フィジカルができていないとゲームができない。
代表デビューした頃の岩淵はすぐペタペタ倒されていたのが、いつしか強くなってなかなか倒れなくなった。以前の男子サッカーも同様だった。

久保建英は、サイドを抜くときユニフォームを掴んだ相手選手を後ろに引きずり倒しながら突進したのは、かつての中田英寿を彷彿とさせた。

だから、走ること、倒れない体幹を鍛えること、そこからやっと格闘する気迫が生まれサッカーが始まる。

組織的サッカーの戦いなど語れるレベルではない。

2021/07/25(日)
高倉さん 敗退すれば二度と浮いてくることはないでしょう。協会の理事なんかに残してはダメです。
何の戦術も機能しない。これって
W杯の呪縛? プライドを捨て出直しだね。
経験のないレベルの低い時代の監督では
所詮通用しないことが路程しましたね。

2021/07/25(日)
他の方も仰っていますが、高倉監督を選び5年間続けた協会の責任ですね。
ジュニアの育成から一貫した教育で建て直さないと、毎回同じ事になる。

2021/07/25(日)
普段、なでしこリーグ観てた多くの人も大して応援してなかったんじゃないかな。ほらねって思っている、選ばれなかった選手達も多いのでは。特定のチーム、選手に偏った選考じゃモチベーションも上がらなかっただろう。WEリーグ始まる前の結果としては最悪だが、この監督か続けるよりはましだ。

2021/07/25(日)
試合前の片膝付きを思いつきで真似して、肝心の試合はグダグダ。走れない、蹴れない。ボールを止める、ボールを蹴るって根本のレベルが低すぎます。以前、なでしこ最盛期でも男子高校生に歯が立たなかったが今は中学生にも勝てなそうですね。

2021/07/25(日)
リーダーの資質に欠ける監督、それを放置した協会、ということのようですが、何やら日本の政治の現状とよく似ている印象です。
その結果、いつの間にか他国に大きくビハインドしてしまうが、プライドだけはある。スポーツに限りませんね!

2021/07/25(日)
欧州の女子リーグにはすでに
男子と同じように各国リーグの代表が争う
チャンピオンズリーグがある。

そして欧州代表クラブと米国代表クラブが世界一を争う
インターナショナルチャンピオンズカップがある。

男子と同じように世界一の頂点を目指して
お互いにレベルを高め合う環境が揃ってる。

かたや日本は今年の秋から初のプロリーグが発足。
海外も全部がプロチームかは知らんけど
環境面からして10年も20年も遅れているんだわ。

負けても良しとは言わないけど
澤世代の強さが異常だっただけで
日本の女子サッカーはこれからだって事も
ちゃんと理解しような。

2021/07/25(日)
国内やアジアと同じ様なやり方で勝てると思ったら世界を舐めすぎ。
フィジカルで勝てないのだから監督がちゃんと戦略を考えそれに合う選手選考をすべき。
今日のメンバーを見てなんとか通用するのは長谷川と岩渕と杉田くらいじゃないでしょうか。アンダーの世代でW杯取ったのにみんなどこ行ったの?もっといい選手いた様に思うけど。
あとベテランをもっと入れるべきだった。あのアメリカさえ2011年当時のメンバーがまだかなりいるし。若い選手だけでは世界大会は無理でしょ。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ