スクリーンショット 2021-07-24 21.23.46

スポンサード リンク





絶体絶命

イギリスに敗れたなでしこジャパン(C)Getty Images

なでしこジャパン(女子日本代表)は24日、東京五輪のグループE第2節でイギリス代表と対戦し、0-1で敗れた。

自国開催で悲願の金メダルを狙うなでしこジャパンは、岩渕真奈の終盤のゴールで初戦のカナダ代表戦を辛くもドロー。過去ベスト8が最高成績のイギリスとの負けられない第2戦、なでしこジャパンは岩渕をベンチスタートとし、初戦から先発5選手の変更で試合に臨んだ。

試合は序盤から一進一退の好勝負に。なでしこジャパンは高さ勝負を避けながらサイド攻撃で活路を見いだそうとする。一方のイギリスはエースのエレン・ホワイトにボールを集めつつシュートまで持ち込むが、なでしこジャパン守備陣も最後の部分で身体を張って決定機を許さない。

ハーフタイムにかけては縦に速く仕掛けるなでしこジャパンがチャンスをつくる。32分にはカウンターから塩越柚歩のパスをペナルティアークで受けた田中美南が右足を振る。鋭いミドルシュートを飛ばしたが、これはわずかに枠の左へはずれた。

0-0で迎えた後半、なでしこジャパンは攻撃の活性化を狙って55分に塩越を下げて同じ右サイドに籾木結花を投入する。徐々に押し込まれると、高倉監督は67分に林穂之香と田中美南に代えて遠藤純と三浦成美を送り出す。

しかし、74分にはブロンズにクロスを入れられると、ニアサイドに入られたエレン・ホワイトにヘディングシュートを決められて失点してしまう。

その後、80分に岩渕を投入したなでしこジャパンはリスクを冒して前に出るも、同点弾を挙げることができず、0-1で敗戦。この結果、最終節を前に勝ち点6としたイギリスのグループ2位以上が確定し、2位は勝ち点4のカナダに。勝ち点1のなでしこジャパンの自力でのグループステージ突破の可能性はついえた。

なでしこジャパンは、27日のチリ戦で勝利した上で、カナダがイギリスに敗れるのを待つことになる。









スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ