スクリーンショット 2021-07-24 6.32.48

スポンサード リンク




今も変わらず活躍中

2014年のワールドカップ・ブラジル大会で1番のサプライズといえば、コスタリカ代表の大躍進だったのではないか。

コスタリカは当時のワールドカップでグループEに入ったのだが、ここは死の組と話題だった。イングランド代表、イタリア代表、ウルグアイ代表が同居しており、この3チームによる戦いになると予想されていたのだ。

ところが、このグループをリードしたのはコスタリカだった。初戦でウルグアイを3-1のスコアで撃破すると、第2戦目ではイタリアをも1-0で撃破。最終戦でもイングランドと引き分け、死の組を2勝1分で突破した。これを予想していた人はほとんどいなかったはずだ。

当時のチームを引っ張っていたのは、GKケイロル・ナバス、MFクリスティアン・ボラーニョス、ブライアン・ルイス、FWジョエル・キャンベルといった選手たちだったが、このうちボラーニョスを除く3名は今もコスタリカ代表でプレイを続けているのだ。

ゴールドカップでベテランが躍動

ナバスは招集されていないが、コスタリカ代表は現在行われているゴールドカップにてグループステージを3連勝で突破。26日に準々決勝でカナダ代表と対戦する予定になっている。この大会でブライアン・ルイス、キャンベルはそれぞれ得点を記録しており、今もコスタリカの主軸は変わっていない。

代表キャップ数が128に達したブライアン・ルイスも35歳となったが、このまま来年のワールドカップ・カタール大会を目指せるだろう。現チームには他にも当時のワールドカップを経験していたDFオスカル・ドゥアルテ、ジャンカルロ・ゴンサレス、イェルツィン・テハダ、セルソ・ボルヘスといったベテラン選手たちが残っている。

コスタリカは2014年のワールドカップで同国最高となるベスト8の成績を収めており、やはりこの世代は特別なのだろう。世代交代はあまり進んでいないようだが、来年のワールドカップが集大成となるのか。7年前に奇跡を起こしたメンバーによる最後の輝きに期待がかかる。

構成/ザ・ワールド編集部



2021/07/24(土) 
当時はオランダで定期的に活躍してたブライアン・ルイスとリーガで活躍してたナバス、期待の若手でアーセナルに居たキャンベルしか知らなかった気がする。

2021/07/24(土) 
組み合わせ抽選が行われた段階で、誰もが「コスタリカは可哀そうだがノーチャンス」って思ったよな。
実際、掲示板もみんなそんな感じで書いてた。
・・・俺も。

2021/07/24(土) 
ブラジルW杯の時はグループD
ロシアW杯の時がグループE

ブラジルW杯で2連勝して早々とグループリーグ突破したのは驚きだった

ロシアW杯で初戦セルビア戦に負けるとは思わなかった

2021/07/24(土) 
ベスト4をかけたオランダとの120分死闘は本当に見応えあったし、全員でゴールを守るコスタリカ代表に感動した。

2021/07/24(土)  
コスタリカはワンチョペがいる国なので弱小国とは思わなかったけど、まさか死の組で、一位通過するとは思わなかった。

2021/07/24(土) 
ルイスいたなー

ナバスは今でもワールドクラスだしな

2021/07/24(土)  
ナバスはクルトワよりはるかに良いGKだ

2021/07/24(土) 
ブライアン・ルイスは男前だったな

2021/07/24(土)  
コスタリカはカタール大会でギリって感じやろうな。

2021/07/24(土) 
どう考えてもスアレスの噛み付きだろjk
噛み付いたくせに自らも痛がって倒れこんでたんだぞwwww
14年じゃなくて10年だったっけ?











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ