スクリーンショット 2021-07-19 12.11.01

スポンサード リンク




救世主は突然に――

 東京五輪で悲願の金メダル獲得を期す、選ばれし22人。全世界注目の戦いに挑む彼らは、この大舞台に辿り着くまでどんなキャリアを歩んできたのか。

 7月8日発売の『サッカーダイジェスト』では、「ルーツ探訪」と題した特集を企画。恩師らの証言から読み解く、一人ひとりの成長物語を掲載している。

 今回ピックアップするのは、東京五輪で「10番」を背負うレフティだ。

 幼少期から不思議と周囲の人を惹きつける魅力があった少年は、どのチームにいっても輪の中心にいた。いまやA代表の常連。オランダやドイツのクラブでも存在感を放ち、根っからのスター気質である堂安律の「ルーツ」を紹介していく。

――◆――◆――

「まさに救世主でした」

 西宮少年サッカースクール(以下西宮SS)を率いていた早野潤は、教え子のひとりを懐かしそうに振り返る。

 西宮SSは毎年、全国大会出場を目指してチーム作りを進めていた。最大の目標は6年生が主体となって出場する全日本少年サッカー大会だ。しかし当時3年生のチームに衝撃が走る。FW、MF、DFのセンターライン3人が一気に退団してしまったのだ。「来る者拒まず、去る者追わず」のスタンスだった早野も、さすがにチームの屋台骨を抜かれる事態に頭を抱えていた。

 そんなチームを救ったのが、彗星の如く現れたひとりの少年だった。

 2007年、宝塚市主催の小さな大会でのこと。抜けた3人と同じく3年生だった少年は、チームに初めて参加するとあって少し緊張気味だった。その少年に、早野は声をかけた。

「スパイクは持ってきているね」
「はい」
「いきなりフルで出てもうらうけど、いけるかな」
「大丈夫です」

 大会当日にメンバーを追加し、出場できる手筈を整えた。以前は隣町のチームに在籍していたその子の噂を耳にしたことがあったから、果たしてその実力はいかほどなのか、早野はその目で確かめたかった。

 しかしその少年は、早野の予想を遥かに上回るプレーを見せる。

「いやはや驚きましたね。他の子たちとはフットワークやドリブルのテクニックがまるで違いました。ボールを持てば、あっという間に3人、4人とかわしていってゴールを奪ってしまう。初参加のその大会でいきなりMVPと得点王になったんです。これは凄い子が来たぞと」

   ◆   ◆   ◆

 誰もが口を揃えて言う。

「とにかく負けん気が強い。でも明るくて、人を惹きつける魅力がある」

 兵庫県尼崎市で生を受けた堂安律は、8歳上の・麿(まろ)、3歳上の憂(ゆう)に次ぐ3兄弟の末っ子として生まれ、厳格な両親の下で育てられた。

「あの負けず嫌いは元からですね。ご両親がすごくパワフルでしたし、兄ふたりにも色々と叩き込まれたから勝気に育ったんでしょう。兄弟喧嘩をして泣かされると、逆に兄を泣かし返しに行くような子でした」

 そう笑いながら話すのは、3兄弟が幼少期に在籍した浦風FCで当時コーチを務めていた田村将行(現・代表)だ。

 堂安がサッカーに触れたのは3歳の時。兄ふたりの練習について行くのが大好きだった。田村は続けて記憶を呼び起こす。

「いつも母親に連れられてふたりの兄と一緒に来ましてね。練習場の隅でよくボールを蹴って遊んでいたんですよ。年上のお兄ちゃんたちが構ってくれるから楽しかったんでしょう。みんなが『上手だね』って褒めてくれるしね。でも当時から本当に上手かったですよ。インサイドキックを綺麗に蹴れていましたから。たいていの子は足を開けなくてできないんですけどね。そう考えると当時から何か違う感じはありましたね」

 4歳から浦風FCの練習に参加すると、小学校入学と同時にメンバーに正式に登録された頃には、その上手さはすでに際立っていた。

「当時はフォワードをやらせていて、2年生か3年生かの大会でディフェンダーを全員抜いて最後はゴールキーパーもあっさりかわしてゴールを決めてしまった。足も速いし、ドリブルも上手い。まるでマラドーナみたいでした」(田村)

 堂安の才能が伸び伸びと育っていったのは、浦風FC独自の練習環境がある。

「うちはあまり素走りをさせず、ゲーム中心のメニューでした。律くんがボールを持った時には自由にやらせていましたね。高学年に混ざっても、ドリブルとパスを上手く使い分けて、子ども離れしたプレーをしていました。あと身体は小さいけど当たり負けしなかった。兄貴によく鍛えられたんじゃないですかね」

 練習時間以外でも、兄ふたりと近所の小田南公園に行っては、ボールを追いかけていた。とにかくサッカー漬けの毎日だった。

相棒との息の合った連係でゴールを量産していった

 サッカーに魅了された堂安がよりレベルの高い環境を求めたのは、必然だったかもしれない。小学3年の終わり頃に門を叩いたのが、兵庫県屈指の強豪である西宮SSだった。

『考えて走る』がモットーの西宮SSで堂安は技術に磨きをかけつつ、チームとはなんたるかを学んでいく。

 当時監督だった早野は言う。

「味方がパスを止められなかった時に、律くんはその子を『お前のミスだ』と責めたんです。その時には私は『それはちゃうやろ。仲間がおるからサッカーができるんや。言うんだったら、もっと手前にいてくれたら出しやすいよと教えてあげなさい』と叱った記憶があります。でも怒ったのはそのことくらいですね」

 その後のキャリアでも何度か味方に強く当たることはあったが、すぐに平静を取り戻せたのは、早野のこの教えが根源にあったからだろう。

 チームワークの重要性を知った堂安は、すぐに輪の中心になった。2時間ひたすらドリブルを繰り返したり、練習試合でパスを禁じたりと、風変わりな指導メニューを課す早野も、その存在を頼もしく感じていた。

「私の練習は本当に変わっていましてね。他の指導者にはよく驚かれました。でも律くんがお手本になってくれて、凄いプレーを見せると、周りの子もそれを真似しだすんですよ。3人が抜けた時はどうなるかと思いましたが、次第に彼と一緒にやりたいという子がいっぱい増えて、チームは律くんとともに強くなっていきました」

 堂安に惹かれたひとりが西田一翔(現MIOびわこ滋賀)だ。のちに中高時代もともにプレーし、10年以上の付き合いとなる親友である。ヴィッセル神戸のスクールにも通っていたふたりは、初めて会った時から意気投合。別のチームにいた西田が、堂安を追ってすぐに西宮SSに加入を決めたのは小4の時だった。

 それから堂安と西田は息の合ったコンビネーションでゴールを量産していった。チームの二枚看板を早野は誇らしげに述懐する。

「相棒の西田くんも足が速くてドリブルが上手く、凄い子でした。律くんが中盤で西田くんがフォワードでね。今でも覚えているのは5年生の時のフジパンカップですね。決勝戦では、西田くんのアシストから律くんが2点を決めて勝つんです。ふたりがおったら怖いものなしでした」

 関西のチームが一斉に集うフジパンカップで優勝に導いたゴールデンコンビ。その阿吽の呼吸は、当の西田も感じていた。

「もう負ける気がまったくしなかったです。僕の調子が悪くても律がなんとかしてくれるし、逆に律が調子悪い時は僕を頼ってくれた。フジパンカップでは決勝で得点した律ばかりテレビに映って、アシストをした僕は全然映してもらえなかったのが心残りですけどね(笑)。まあ小さい時から、アイツはそういうスターになる素質があったと思いますよ。試合で負けたあとは手に負えないくらい泣きじゃくっていました。今思い返せば、そのくらいの強い気持ちがあったからこそ、ここぞという時に活躍できたんだろうなって」

 小6の全日本少年サッカー大会では県予選で惜しくも敗れ、全国行きを逃してしまった。それでも計8ゴールを挙げたフジパンカップでの活躍は鮮烈で、翌日の新聞には「怪物MF堂安が2ゴール」の見出しが躍った。そしてその頃には、関西ナンバーワンの小学生とも言われるほどのプレーヤーとなっていたのである。

G大阪アカデミーは最高の環境だった

「こんなに凄い選手がおるんか」

 10年3月、山下令雄(現・FC琉球)はテレビの前で度肝を抜かれた。画面にはフジパンカップの決勝で鮮烈な活躍をして優勝カップを高々と突き上げる同い年の少年が映っていた。

「初めて観た時は衝撃でしたね。それから小6の時には関西トレセンで初めて一緒にプレーして、改めて上手いなって。でも、まさか中学から同じチームになるなんて」

 関西で一目置かれていた堂安の下には、中学に上がる際に様々なクラブからオファーが届く。ガンバ大阪、名古屋グランパス、セレッソ大阪、JFAアカデミー福島……。そのなかから堂安はG大阪ジュニアユースを選んだ。山下や西田らも入団を決めたそのアカデミーは、家長昭博(現・川崎)、宇佐美貴史(現G大阪)を輩出した、言わずと知れた全国でも指折りの育成機関である。

 当時ジュニアユースを率いていた鴨川幸司(現FCティアモ枚方コーチ)は数々の逸材を育成し、肥えた目を持っていた。そんな熟練の指導者にとって堂安は当時、圧倒的な素材ではなかった。

「その年代では堂安が一番良いという噂は聞いていました。確かに技術は図抜けていました。でも第一印象は『まあまあだな』というくらい。少しぽっちゃりしていてスピードはそこまでなかった。正直今までいろんな選手を見てきて、消えていった選手もいっぱいいましたからね。その時点でこの子は絶対にプロになるなという確信はなかったです」

 また堂安の加入直前までU-13の指導を担当し、ユースでは監督として指導した梅津博徳(現・横浜ジュニアユースコーチ)も、スカウトの際に同様の第一印象を抱いていた。

「小6の頃はまるで指導者みたいなプレーヤーでした。ドリブルもできたはずなのに、中盤の底であまり動かずパスを捌いていた。同年代では抜群に上手かったけど、点をよく決める西田のほうが目立っていましたね」

 ところが、そこから堂安はメキメキと力をつけていく。関西全土から有数のタレントが集まるG大阪アカデミーは、負けず嫌いの堂安には最高の環境だったのだ。

 鴨川は語る。

「アイツの場合はすごくラッキーでした。レベルの高い先輩のなかで練習していたので、甘えが許されなかった。同学年にも食野(亮太郎/現リオ・アベ)とかガツガツやり合える選手たちがいた。あの学年はとにかく激しかったんです。練習から『おいおい、怪我させるなよ』と僕が止めに入るくらいの雰囲気でした」

 ひとつ上の世代は特に強烈だった。市丸瑞希(現・琉球)、高木彰人(現・群馬)、初瀬亮(現・神戸)、林大地(現・鳥栖)、田中駿汰(現・札幌)らは、12年にU-15年代で3冠(JFAプレミアカップ、全日本クラブユース選手権、高円宮杯全日本ユース選手権)を達成する時の最高学年だったのだ。さらにふたつ上には井手口陽介(現G大阪)、鎌田大地(現フランクフルト)という俊英が揃っていた。そんな環境で堂安は持ち前の負けん気を生かして必死で食らいついた。その姿勢にはさすがの鴨川も感心せざるを得なかった。

「サッカーへの追求心はやっぱり人一倍強かったです。プロになるということに対して迷いがなかったですね。中1の終わりから中2の初めくらいまでドリブルが通用せんくなって、その時は僕も厳しいことを言いましてね。でもアイツは人の話を素直に聞くんですよ。それからドリブルだけじゃなくて、周りを使えるようになったり、相手を外す動きを覚えたり。それでひと皮剥けましたね」

 この時期から選ばれるようになったU-16代表では、不慣れなSBで起用されたが、鴨川によれば、何ひとつ文句を洩らさなかったという。

「世代別代表では最初は評価が高くなかったと思うんです。吉武監督(博文/現アローズナガサキゼネラルマネージャー)にサイドバックにさせられて。でも律は『認められるように頑張ります』と言って、高1の時のU-16アジア選手権ではキャプテンを任されるまでになりましたからね。その腐らずにやり続けられるバイタリティこそが律の強みやし、そこはホンマに凄いなと思いましたね」

トップ昇格後は瞬く間にステップアップを遂げる

 14年にユースに昇格し、高1の終わりには、トップチームのキャンプへとついに招集される。さらに15年の5月、FCソウル戦でクラブ史上2番目の若さ(16歳11か月11日)でデビューすると、さらに6月の鹿島戦では宇佐美の記録を塗り替え、クラブ史上最年少(16歳11か月18日)でJ1出場を果たした。プロの舞台で実戦経験を積んだ堂安は、より加速度的に成長を遂げていく。

 梅津はその高校時代を回想する。

「トップのキャンプに行って、そこから本人のなかでは意識がまた変わったんでしょうね。トップチームでは(長谷川)健太さんやU-23チームの實好(礼忠)さんにも丁寧に育ててもらって」

 正式にトップチームに昇格した16年、高3になる頃には、同学年の誰もが驚くほどの逞しさを身につけていた。ユースに在籍していた山下はその頃を強烈に覚えている。

「律は高2の時にACLでデビューしたくらいから、プロにスイッチが切り替わった感じがしましたね。僕らユースチームと律がいるU-23チームが週1くらいでゲームをやっていて、僕は左サイドバックで、右サイドハーフの律とよくマッチアップしていました。僕がボールを奪いに行っても簡単に右手1本で抑えられて簡単にキープされたんですよ。それ以外にも律が自陣からドリブルで4、5人をごぼう抜きしてゴールを決めてしまった時もありました。身体の強さが全然違って、スピードも高校生とはかけ離れていた。ユースで一緒にやっていた時とは、もう別人みたいで、『こんなに成長してんねや』ってビックリしました」

 そこから堂安は一段飛ばしどころか、もはや二段、三段飛ばしでステップアップを遂げていく。17年にはトップチームで存在感を高めると、5月に韓国で開かれたU-20ワールドカップでの4試合・3得点という活躍を機に6月にオランダのフローニンヘンへと移籍。海外挑戦1年目から9得点・4アシストの成績を残し、サポーターが選ぶ年間最優秀選手に輝いた。19年にはオランダの強豪PSVへと活躍の場を移し、昨季はドイツのビーレフェルトでチームトップタイの5得点。その間、18年8月からはA代表でも常連となった。

 どこへ行ってもチームの中心となり、瞬く間に飛躍を遂げられたのは元来の性格のおかげだ。オランダでの1年目を終えた堂安は言っていた。

「最初は日本人だというだけで見下されていましたけど、そんな逆境も撥ね返してやろうと力に変えました。もともとの負けず嫌いの性格は、より強くなった気がしますね。やっぱり点を取ってからは周囲に認められてきて、チームを勝たせたことでみんなが僕を必要としてくれた。その後もまた決定的な仕事を重ねるうちに、チームに『律がなんとかしてくれる』という雰囲気が出てきました」

 今も昔も変わらない鼻っ柱の強さこそが、スター気質の根源だ。幼少期からずっと近くで見てきた西田は、「今でもライバルだと思っている」という親友を以下のように評する。

「アイツは自分のことを不安症だって言うんです。だから努力ができるんだって。おそらく人の知らないところで悩んだり苦しんだりもしているはずだけど、そういうのを力に変えられるメンタルを持っているのがアイツの一番凄いところなんです。だからこそ一緒にプレーしている僕らは思えるんですよ、相手がどんなに強くても律がいれば大丈夫だって」

 金メダルを目指して臨む東京五輪では、苦しい展開が必ず待っているだろう。それでもどんな苦境も乗り越えられる。なぜなら、「律がなんとかしてくれる」はずだから。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)



2021/07/19(月) 
向上心こそが才能なんでしょうね。
フル代表に久保選手が呼ばれ始めたころ、何故久保選手でなく堂安選手や南野選手が先発なのかと監督批判するファンが多かったが、技術は久保選手も優れていたが、攻守で有効に効いていたのは堂安選手や南野選手だった。
久保選手もこのまま成長を続ければ、攻撃の中心選手になれると思うけど、現時点ではまだまだだと思う。

2021/07/19(月) 
本田選手の言葉を借りるが、やはり『伸びしろ』なんだろう。毎年、各地に天才サッカー少年は現れるが、堂安選手や久保選手のようなキャリアを築けるのは本当に稀。消えていった選手は本人の努力不足ではなく、持って生まれた才能の上限が来てしまったのだろう。どこまで伸びるのか、伸び代があるのか、オリンピック代表各選手の今後に期待したい。

2021/07/19(月)  
4種のコーチを10年以上やっていましたが、
やっぱり第一は持って生まれた才能がポイント。この記事にも小学校低学年時代のことを書いてるけど運動神経、才能的なところって努力だけでは埋められない。
このベースがあって本人の努力、周囲の環境、堂安の場合もともと強いメンタル部分なんでしょうね。

2021/07/19(月)  
サッカーの才能と努力できる才能と
一流プレーヤーはみんな両方持ってるよね。

自分を高めることにエネルギーを使えるって素晴らしい。

2021/07/19(月) 
久保、久保とメディアはもてはやすが、このチームの中心は完全に堂安だわ











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ