スクリーンショット 2021-07-19 10.42.52

スポンサード リンク




才能だけで成功は掴めない

どんなアスリートにとっても、“食”との向き合い方は大切だ。どれだけ一度の試合でカロリーを消費するといっても、食生活に気を遣っていない選手が成功を掴むのは難しい。

ひとり例を挙げるとすれば、かつてセリエAで活躍したMFフランセリーノ・マツザレムあたりか。現役時代には中盤から局面を打開するパスや、ファンタジスタを支える見事なポジショニングが光った彼だが、キャリア初期の乱れた食生活は未だに後悔している様子。昨年4月には「ナポリで食べ続けたモッツァレラチーズは僕にとって神のような食材だったが、アレが僕を助けたことは一度もなかった。チーズを食べすぎなければセレソンにだってなれていたかもしれない。本当に恥ずかしい思い出だよ……」と語っている。その後はラツィオなどで活躍したものの、食生活のせいで自分は本来の力を出しきれなかったと考えているようだ。

そして、残念ながらマツザレムのように“好きな食べ物”のせいでキャリアが狂ってしまった選手がほかにも。現在イスタンブール・バシャクシェヒルに所属する元ブラジル代表DFラファエルが挙げるのは、マンチェスター・ユナイテッド時代の同僚だ。

「高速道路でサービスエリアへ寄るたびに、アンデルソンは『マクドナルド、マクドナルド!』って叫んでたよ。本当にクレイジーだと思ったね。でも、僕は彼のフットボールにおける才能が大好きだった。プレイをしているうちはまだ大丈夫だったんだ。ただ、怪我をしても彼はハンバーガーを食べ続けていた。食生活が彼に大きな影響を及ぼしていたのは明らかだったね」

「アンデルソンが多くの試合に出場していたときに好調だったのはそのせいだ。出場数が増えていたときはあまりハンバーガーを食べていなかったからね。もし彼がハンバーガーに魅了されていなかったら、もしかすると世界一の選手になっていたかもしれない」(英『Daily Mail』より)

2005年に開催されたU-17W杯でブラジル代表として準優勝を果たし、最優秀選手賞も受賞したアンデルソン。その後ポルトを経て2007年にマンUへ加入し、移籍初年度からチームのリーグ優勝とチャンピオンズリーグ制覇に貢献した男を覚えている人は多いだろう。しかし、そこからキャリアは下降線を辿り続け、彼は結局2019年に31歳の若さで現役を引退することに。どうやら、彼が消えてしまった大きな理由は、無類の“ハンバーガー好き”だったことが大きく関係していたようだ。

備えている才能は間違いなく規格外だったものの、食生活に気を遣うことができなかったために長期間活躍できなかったアンデルソン。はたして、彼がハンバーガーを食べすぎなければ今頃どんな選手として人々に認識されていたのだろうか。「たられば」を言っても仕方はないが、気になるのは間違いない。

構成/ザ・ワールド編集部



2021/07/19(月)
あのメッシだってデビュー後数年間、アサード大好きで食生活偏りまくって筋肉系の故障がかなり多かったのが、ペップ時代に食事改善されてからはほとんど怪我知らずになった
食生活は本当に大切

2021/07/19(月) 
ジーコがアントラーズの前身のチームに入った時に、チームメイトの乱れた食生活を見て激怒してやめさせた
というのは有名な話

ただ文中に出てたチーズが悪いってあまり聞いたことが無い
食いすぎてたって事なのかな?

2021/07/19(月) 
ユナイテッドにとって痛かったのはアンデルソンではなくハーグリーブスが壊れたこと。食事に気をつけていても壊れるパターンもある。

2021/07/19(月) 
昔のプロ野球選手は居酒屋で飲んでからナイターゲーム、試合後クラブに直行、徹マン、毎日焼肉、今から考えたら凄かった。

2021/07/19(月) 
ファーストフードや炭酸飲料が悪者にされているけど、結局は付き合い方だと思う。
たまに飲食する分なら全く問題ないと思うよ。
たまに…では済まなくなるんだろうね。食欲は本能だから。

2021/07/19(月) 
技術、体力に加えて、嗜好品、食べ物にまで気を配り、それでも怪我や故障のリスクを常もっている、、、一流のアスリートになることって本当に大変だよね。

2021/07/19(月)
サッカーに限らず、一般の人でも食事の重要性ってそれが目に見えて影響するようになってからしか気づかないことがほとんどだもんね。
本当に勿体ないことなんだけど。
中澤佑二さんほどストイックでないにしても、後悔しないくらいの自制は必要だよね。

2021/07/19(月) 
食生活はめちゃくちゃ大事。
好きに食べてたら一般人でも体調悪くするんだからアスリートなら尚更。
選手生命を少しでも長くしたいなら食への努力は惜しまない方が良い。

2021/07/19(月)
ルーカス、ジエゴ、パト、アンデルソンと同年代で期待されて若くしてビッグクラブに所属したブラジル人が4人とも早熟で枯れるとは思わなかった。

2021/07/19(月)
中田ヒデやイチローも極度な野菜嫌いの偏食家として有名だが、どちらも一流のアスリート。
何を食べるかじゃなくて節度の問題。

2021/07/19(月) 
中田英はお菓子とカップラーメン大好きでしたが活躍しましたね。
サプリやプロテインは飲んでいたんじゃないでしょうか。

必要な栄養を欠かさない事が一番大切だと思います。

2021/07/19(月) 
そういう意味ではマクドナルドで1度も食事をしなかったゼ・ロベルトは完璧なプロフェッショナルやね。

2021/07/19(月)偉そうに周り(自分も含めて)は言いがちだけど、好きな物我慢して一つの事に打ち込むって簡単な事じゃないよね。
ちゃんと節制して長年体型維持したり活躍する選手は凄いよ。
だから同じプロからみたらキングカズって異常なんだろうな笑

2021/07/19(月)
「昔チムメンだった選手が成功しなかったのはハンバーガーばかり食べてたから」って栄養士でも研究者でもないサッカー選手が言ってるだけの分析を、別の検証もせずにそのまま受け入れてさもそれが真実のように記事を閉めるって…プロの仕事ってそれでいいのか? ほんとに他の要因はないのか? ハンバーガー会社に怒られても知らないよ。せめて栄養士にもインタビューするくらいしろよ

2021/07/19(月) 
クリロナやメッシとロナウジーニョやこの文章のアンデルセンの相違はなによりそういう生活習慣のせいだと思いますよ。最高の才能をできるだけ維持するには節制が必要なんだと思います。

2021/07/19(月) 
アンデルソン懐かしい…。
ウイイレの2011年2012年辺りでは出せばめっちゃ成長してくれてた記憶ある。
食生活はアスリートにとってホンマに大事なんやろうな。

2021/07/19(月) 
努力(節制)する才能がなかったのか。
せっかくサッカーの才能があったのにもったいない。
と思うが、大抵の人がある程度活躍できたらそれ以上の努力はしないと思う。
ま、自分がそうだからそう思うんだけど。
センスと努力、あとは運、すべてを兼ね備えるのは奇跡的な確率なのかもしれないな。

2021/07/19(月) 
よく考えるとそんだけ金もらっていいもん食える身分になってもうまいと感じるほどマクドナルドってすごいんだな。なら俺が頻繁に食いたくなるのも自然なことだな。

2021/07/19(月)
ロナウドは説明不要でメッシやベンゼマも身体絞って数字を上げてるからなあ

アザールも自己管理してほしかった

2021/07/19(月)
あの中田も野菜は一切食べない。スナック菓子大好きだと公言してたね。ストイックな姿勢から、そこを指摘された話を聞いたことがないけど、影響はあったのかもな。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ