スクリーンショット 2021-07-11 6.57.12

スポンサード リンク




2020-21シーズンを終え、移籍市場を専門に取り扱うポータルサイトとして有名な「トランスファーマルクト」が市場価格を更新した。同サイトで日本人選手のデータ・アナリストを務めるトビアス・ドライマン氏に依頼し、2020-21シーズン全体を通して評価が最も上がった上位3選手と、評価を大きく下げてしまった3選手について、今夏の動向を含めて解説してもらった。

※評価は、2020-21シーズン開幕前の2020年7月時点での市場価格と、シーズン終了後の2021年6月の最新の市場価格の「差額」を基準に行なっている。

◆ ◆ ◆

<評価を上げたトップ3>

1位 鎌田大地(フランクフルト)市場価格2500万ユーロ(約32億7500万円)上昇額1300万ユーロ(約17億300万円)

 鎌田大地の市場価格の上昇ぶりは、目を見張るものがある。この上昇を上回るのは、日本人では2010年から12年にかけてドルトムントにいた当時の香川真司だけだ。2020-21シーズン、24歳になる鎌田は1200万ユーロの市場価格からスタートした。そして、2019-20シーズン後半から見せていたポジティブな成長傾向が、確かなものであることを示したのだった。

 ブンデスリーガ32試合で、5ゴール15アシストでチームに貢献。アシスト数では、バイエルンのトーマス・ミュラー(21アシスト)、同僚のフィリップ・コスティッチ(17アシスト)につづく、リーグ3番目と強烈なインパクトを残した。6月中旬の日本代表の記者会見の席では、移籍に関しての持論をコメントする一幕もあった。

 2500万ユーロの移籍金を計算できるクラブは、限られている。すでにフランクフルトで欠かせない選手となった鎌田の動向には、クラブのファンたちも気が気でない様子だ。

2位 遠藤航(シュツットガルト)市場価格1000万ユーロ(約13億1000万円)上昇額840万ユーロ(約11億40万円)

 28歳という比較的高い年齢から考えれば、遠藤航の市場価格の上昇ぶりは例外的なものだ。Jリーグでプレーしていたころから、遠藤のクオリティを見て取ることはできた。だが、過去の日本の契約条件や移籍金の傾向から、現在ほどの市場価格をつけるのは難しかった。

 現在、Jリーグでプレーしている選手たちの市場価格も、同じ理由から抑制されている傾向がある。それだけに、Jリーグをあまり見ていない欧州のニュートラルなファンたちが、ベルギーのシント・トロイデンで初めて見る遠藤の能力の高さに驚かされたのも無理はない。

 遠藤は、シュツットガルトの中盤を司る"心臓"として不可欠な存在となった。これまでよく知られていた守備のパフォーマンスの高さだけではなく、素早い守備から攻撃へのトランジションの起点としても存在感を発揮。昨シーズンでさらに評価を高めた。

 年齢に関わらず、成長ぶりをピッチ上に反映させることで市場での評価を上げられるのを、証明してみせたのだ。

3位 冨安健洋(ボローニャ)市場価格2000万ユーロ(約26億2000万円)上昇額650万ユーロ(約8億5150万円)

 コロナ禍で、トランスファーマルクトも2020年4月に市場価格に自動修正をかけた。これにより、大半の選手の評価が下がり、その傾向はいまだにつづいている。欧州サッカー界では、その影響はまだ目立ったものではないが、全体としては市場の成長に支障が出ているのが見て取れる。

 この傾向を顕著に示しているのが、冨安健洋だ。2020年3月の時点で1500万ユーロの市場価格がつけられ、日本人DFとして歴代最高値を更新した(それまでは長友佑都の1400万ユーロ)。しかし、その評価額の高さゆえにコロナ禍での移籍市場の傾向が明確に反映されることとなった。修正後は1350万ユーロまで下落した。

 ところが、冨安はここから真価を発揮する。中断後のシーズン終盤でさらなる活躍を見せ、2000万ユーロまで市場価格を上昇させたのだ。イタリアでの評価を確立させ、そのまま安定した成長を見せつづけている。

◆「冨安健洋移籍」情報の舞台裏。現地記者が明かす一筋縄ではいかない交渉>>

 直近では、アタランタとトッテナムが移籍先候補として挙がっており、チャンピオンズリーグ(CL)でプレーする可能性も小さくはない。冨安の22歳という年齢で、CLの舞台で活躍できれば、評価はさらに上昇するはずだ。

<評価を下げたワースト3>

1位 中島翔哉(ポルト)市場価格350万ユーロ(約4億5850万円)下降額1250万ユーロ(約16億3750万円)

 2018年の時点では、中島翔哉は海外でプレーする日本人として最も興味深い選手になると見られていた。ポルティモネンセでの評価の急上昇により、一時は最も市場価格の高い日本代表選手にまでなっていた。

 ところが、この後のカタールのアル・ドゥハイルへの移籍が急ブレーキとなる。この移籍は、サッカー選手としてのキャリアが停滞するだけではなかった。

 アル・ドゥハイルの後はポルトへ移籍したが、この時ポルトから別のチームへ中島が移籍する際、移籍金の50%がアル・ドゥハイルに入るようになっていた。当時設定された移籍金は8000万ユーロ。だが、このカタールのクラブにとって、このバイアウトの条項は、結果的に大損をもたらす投資となった。中島の市場価格は落ち、見込んでいた4000万ユーロが入ってくる様子はない。

 結果的に、中島はカタールで贅沢な生活がしたかっただけではないか、という評価がつきまとった。さらに、ポルティモネンセ時代に見せていたゴール前の危険なプレーも鳴りを潜め、ポルトからUAEのアル・アインにレンタル移籍で放出されてしまう。

 そのアル・アインでは、2試合に出場した後、大きな怪我でシーズンを棒に振ってしまった。これらの条件を考慮に入れると、かつてのフォームに戻るまでの時間は予測がつかない。そのため、他の海外日本人選手と比べて、大きく差をつけて市場価格を下げることとなった。

位 武藤嘉紀(ニューカッスル)市場価格250万ユーロ(約3億2750万円)下降額300万ユーロ(約3億9300万円)

 武藤嘉紀は、大きな期待を背負ってブンデスリーガのマインツからプレミアリーグのニューカッスルへと移籍した。ところが、この元FC東京のストライカーは、プレミアリーグで苦しみ、定位置を確保できなかった。

 プレースタイルが異なるスペインのラ・リーガへのレンタル移籍によって、復調が期待されていた。ところが、エイバルはシーズンを通して残留争いに飲み込まれてしまい、最終的に最下位で降格。

 移籍した武藤は、望みどおりに出場時間を与えられた。ところが、時間が経つにつれて、FWとして不可欠なゴール前での決定力に欠けていることが露呈する。結局、パートナーを組んでいた主将のキケ・ガルシアが、12得点でチームのトップスコアラーとして牽引する姿の陰に隠れてしまった。

 エイバルで試みた武藤のアプローチは良かったものの、不調を引きずるチーム全体を上向かせるには不十分だった。ニューカッスルに戻ったとしても、武藤の居場所には疑問符がつけられる。カラム・ウィルソンと24歳のジョエリントンの2人が、センターフォワードのポジションを確保しているからだ。

 現在の状況でニューカッスルが考えるとすれば、今夏のうちに武藤を売却し、できるだけ多くの移籍金を得ることだろう。

3位 大迫勇也(ブレーメン)市場価格100万ユーロ(約1億3100万円)下降額250万ユーロ(約3億2750万円)

 日本代表では押しも押されもせぬ存在感を発揮する大迫勇也だが、ブンデスリーガではその価値を示すのに苦しんでいる。この31歳のアタッカーは、十分なクオリティを備えているが、昨季のブレーメンでその能力を示すことができなかった。

 シーズンを通して無得点、1アシストでは物足りない。たとえ2列目での起用だとしても、アタッカーとして評価を上げるのは難しい。

 ブレーメンが2部に降格した責任は、当然ながら大迫だけにあるわけではない。だが、昨季も時折見せたような輝くプレーは、来季の2部で見られそうにない。ブレーメンとの契約は2021-22シーズンまでだが、クラブが大迫を放出したがっているのは、すでに公然のこととなっている。

 大迫がポジションを確保する日本代表とは違い、ブレーメンでは大迫を中心にチームが動くわけではない。そして、それは他のクラブでも同じだ。ブレーメンが希望どおりの移籍金を支払う放出先を見つけるのは、難しい仕事となるだろう。

<トランスファーマルクトが発表している日本人選手の市場価格(上位10人)>

1位/鎌田大地(フランクフルト)/2500万ユーロ 2位/冨安健洋(ボローニャ)/2000万ユーロ 3位/久保建英(レアル・マドリード)/1500万ユーロ 4位/南野拓実(リバプール)/1200万ユーロ 5位/遠藤航(シュツットガルト)/1000万ユーロ 6位/伊東純也(ゲンク)/800万ユーロ 7位/堂安律(PSV)700万ユーロ 8位/酒井宏樹(浦和)/400万ユーロ 9位/中島翔哉(ポルト)/350万ユーロ 9位/鈴木優磨(シント・トロイデン)/350万ユーロ 9位/板倉滉(マンチェスター・シティ)/350万ユーロ

鈴木達朗●文 text by Suzuki Tatsuro



2021/07/11(日)
鎌田は怪我にも強いし、チーム状況にも左右されない継続的な活躍をみせているので、CL出場資格のあるチームで活躍できればまだまだ評価は上がりそう。

2021/07/11(日) 
鎌田は移籍するならチーム選びきちんとして欲しいなぁ。
香川みたいに移籍したら肝心の監督が退任してそこからズルズル下り坂、なんてことないように。

遠藤、富安は変なとこじゃ無ければそれなり以上には成功しそう。

2021/07/11(日)
鎌田も遠藤航も今年に入って、より活躍した。
冨安は変わらず今年も活躍して、この上昇額。
いやはや末恐ろしい。

2021/07/11(日) 
まだ皆将来にわたってクラブのファンに記憶されるほどではない。
1つのクラブで長く君臨するか、タイトルに貢献するか。
中田、中村、香川、長谷部、岡崎・・・そんなレベルになってほしい。

2021/07/11(日)
ダントツで評価下がったの久保では?と思ったけど、久保の評価額が1350万から3000万に更新されたの2020/7/23だから、今1500万に下がっててもこの記事の算出方法だと評価額アップ扱いなのか
数字のマジック的なものを見せつけられた気分になった

2021/07/11(日)
フランクフルトはチーム得点王のアンドレ・シウバを放出したし、移籍の噂が絶えないコスティッチも出すなら鎌田も売り時のような気がするけどな。

2021/07/11(日)
中島の落ちぶりがヒドイ。
適正価格ではなかったかもしれないけど、一時40億くらいまでいかなかったっけ。

2021/07/11(日)
遠藤なら強豪チームでも主力張れるよ。安いし、買いじゃないかな。

2021/07/11(日)
大迫はあまり心配してない 代表ではやってくれるだろう
武藤はもともと海外ではあんまりだろうなと思ってた。キャラは好きなので頑張って欲しいけど。

2021/07/11(日)
遠藤安すぎでしょ。まだあと2、3年はフィジカルも衰えないだろうし、ブンデスデュエルランキング1位の選手をこの値段で取れるなら引くて数多のはず。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ