スクリーンショット 2021-06-18 10.26.22

スポンサード リンク




今大会も特大のインパクトに期待

1960年よりスタートしたEURO(欧州選手権)。今回のEURO2020が16回目の開催となるわけだが、歴代の最強優勝チームを選ぶとするならばどこになるのか。

1.フランス代表(2000)

今大会では2018年のワールドカップ・ロシア大会王者としてEURO制覇を狙ってくるフランス代表に注目が集まっているが、フランスは過去に1998年のワールドカップ・フランス大会、EURO2000の連続優勝を果たしている。今回は再びその偉業に挑むことになり、当時のフランス代表と今のフランス代表は何度か比較されてきた。

EURO2000を制した当時のフランスには、MFジネディーヌ・ジダン、MFパトリック・ヴィエラ、DFリリアン・テュラム、DFマルセル・デサイー、FWティエリ・アンリ、そして主将を務めた現フランス代表監督ディディエ・デシャンらがおり、彼らは決勝のイタリア戦でもスタメンに入っていた。

さらに凄かったのは、控えにFWダビド・トレゼゲ、FWシルヴァン・ヴィルトール、MFロベール・ピレスらがいたことで、決勝ではトレゼゲとヴィルトールが途中出場から得点を挙げてチームを優勝へ導いている。層の厚さを見ても、当時のフランスも大会の歴史に残る最強チーム候補の1つなのは間違いない。

今回のフランスもFWキリアン・ムバッペ、復帰したFWカリム・ベンゼマ、バロンドール候補にも名前が挙がるMFエンゴロ・カンテ、EURO2016得点王のFWアントワーヌ・グリーズマンなどタレントが揃っており、優勝した場合には当時のフランスと比較されるだろう。果たして彼らは偉大なる2000年のフランス代表を超えられるか。

2.スペイン代表(2012)

スペインは2008年大会も優勝しているが、完成度では2012年大会のチームが上か。グループステージ初戦のイタリア戦こそ1-1と苦戦したが、大会を通じて許した失点はこの1点のみ。準々決勝ではフランスを2-0で粉砕し、準決勝のポルトガル戦はスコアレスからのPK戦で勝利をもぎ取った。

そして圧巻は決勝のイタリア戦で、ダビド・シルバやフェルナンド・トーレスの得点で4-0の快勝を収めている。決勝で4点も奪ったのは、歴代の優勝チームでスペインのみだ。シャビ、イニエスタ、ブスケッツの黄金トリオに加え、最終ラインを束ねるジェラール・ピケとセルヒオ・ラモスのコンビなど、穴は見当たらない。EURO史上最強チームと言って問題ないだろう。

豪華すぎるタレント軍団の歴史

3.オランダ代表(1988)

オランダといえば世界を代表する強豪国の1つとのイメージがついているが、メジャートーナメントを制したのはEURO1988の1回のみ。ワールドカップではタイトルを獲得したことがないのだが、それでも強豪国と呼ばれるのはEURO1988の印象が強いからかもしれない。

現在バルセロナを指揮するDFロナルド・クーマン、MFルート・フリット、MFフランク・ライカールト、大会得点王となったFWマルコ・ファン・バステンなど圧倒的な個の力が揃い、1984年大会で予選敗退に終わっていたチームを一気に頂点へと導いた。個の力で勝負するならば、当時のオランダもEUROの歴史に残る最強候補の1つか。

4.西ドイツ代表(1972)

タレント軍団で言うならば、1972年大会から3大会続けて決勝へ進出した当時の西ドイツ代表も強烈だ。FWゲルト・ミュラー、FWユップ・ハインケス、FWウリ・ヘーネス、GKゼップ・マイアー、DFパウル・ブライトナー、DFフランツ・ベッケンバウアーなど、レジェンドだらけの陣容で1972年大会を制している。

果たして今大会で過去の優勝チームをも超える強烈なインパクトを残すチームは出てくるのか。タレント力ではワールドカップ・ロシア大会を制しているフランスが最も期待できるが、サッカーファンの度肝を抜くパフォーマンスに期待したい。

構成/ザ・ワールド編集部



2021/06/18(金)
リアルタイムで見始めたのがEURO2000からなのでそこからの印象だとやっぱり12年のスペインになるかなぁ…
ただ全く最強論争には加わらないけど04年のギリシャが印象深い!セットプレー1発にかけてあとはギリギリまで耐え忍ぶっていう潔さというか意志の強さ!最強ではないけど最もしぶといチームならギリシャを挙げたいな

2021/06/18(金) 
12年はイタリアがチームとして強くてノッていてこれならスペイン戦も分からないぞって所で粉々にされた、本当に強かった。08ユーロ、10w杯と常勝ドイツは強かったのにことごとく粉砕されてスペインには勝てなかった。あの世代のスペインは別次元だったと思います。

2021/06/18(金) 
個人的には2000年のフランスが印象深いです。決勝トーナメントは苦戦続きで、スコア的には圧倒的というわけではなかった。ただ、なんか主人公感があったかな。

ジダンというシンボリックな選手を中心に、個性豊かなタレントが集まり、王者の風格が漂っていた。それに、準決勝、決勝ともに逆転勝ち。特に決勝は、後半ロスタイムに同点に追いつき、延長でトレゼゲの豪快なボレーがネットに突き刺さってゴールデンゴール決着。まるでマンガでした。

青いユニフォームを着た選手たちを包み込むように金色の紙吹雪が舞うシーンは、これぞフィナーレという感じでしたね。

2021/06/18(金)
1988年のオランダは強いね。ファンバステン、ライカールト、フリットのオランダトライアングルがチームを代表しているけど、当時欧州トップクラスのPSVの主力のクーマンやファンブロイケレンなど各ポジションに良い選手がいたよね。フォワードの控えにPSVのキーフトがいて、層も厚かったね。

そもそもオランダのGLの初戦が決勝の相手だったソ連に敗戦でスタートしてからの優勝。開催地がライバル国の西ドイツでの優勝だから、価値がある優勝だった。あとオランダチームとしては初めてのタイトル。色々な意味で印象的な優勝だった。

2021/06/18(金) 
2008のスペインが衝撃的でした。フランス、イタリアを大量得点で粉砕したオランダをロシアが撃破、そのロシアに何もさせず圧倒、決勝でもドイツを圧倒・・・ここまで他のチームがノーチャンスに感じたチームはこの時のスペイン代表のみでした。
2000のフランスもかなり強かったけど一回戦のスペイン戦もラウルがPKを決めていたら・・・とか決勝のイタリア戦もデルピエロがチャンスをものにしていたら・・・とか、圧倒的な試合運びというよりドラマチックな試合が多かったです。準決勝のイタリア-オランダが凄すぎてそっちの印象が強かったです。デルボスケ率いるスペインはイタリア戦こそPKだったものの、そのイタリア戦でさえ圧倒してましたから・・・
南アフリカでパラグアイのプレスに苦労し、スイスを攻めあぐねてるスペイン代表をみて2008のチームだったら・・・と感じていました

2021/06/18(金)
2012スペインは次元が違う
負けることが想像できないし
何より唯一無二のプレースタイル

最強と最高は必ずしもイコールではないけど
スペインは例外だった

2021/06/18(金) 
1992年大会のデンマークは勢いがあり、面白いチームでした。
ダニッシュ・ダイナマイトと呼ばれた何処からも得点が出来るチームでまとまりと一体感の有るチームで良かったです。

2021/06/18(金) 
自分がユーロを見始めたのは84年で、ダイヤモンドサッカーで決勝を含めた数試合、海外のPAL方式のビデオを取り寄せてその他数試合を見ただけですが、フランスの華麗さと強さ、準決勝でフランスを苦しめたポルトガル、同じく準決勝で散ったダニッシュ・ダイナマイトの印象は強いです。
最“強”というくくりですと、当然優勝したチームの中から選ばなければならないのでしょうから、88年のオランダ、2000年のフランス、2008年のスペインは挙げなければならないですね。他の記事にもコメントしましが、2012年のスペインは“守備のためのポゼッション”とも揶揄されたとおり2008年>2010年>2012年の印象です。それでもスペインらしく素晴らしかったのですが。2012年以降、なんだかんだスペインは9年もビッグトーナメントでは失敗(?)しているんですよね。皮肉的に「無敵艦隊」と呼ばれた頃に戻らないよう期待したいです。

2021/06/18(金)
こないだYouTubeでみてはじめて知ったのだが、1988のオランダは決勝のスーパーボレーを筆頭にファン・バステンの活躍のイメージで大会を圧勝したのかと思ってたが、実はとんでもない好運に恵まれての戴冠だった。
それはGL最終のアイルランド戦でオランダは勝たなきゃ敗退だったのだが、ようやく82分に決まった決勝点が誰かがテレパシーでも使ってゴールさせたんじゃないかと思わせる様なラッキーヘッドw
あれがなかったらオランダはGL敗退だった訳だから、もしかしたら最も好運なチャンピオンかもと思わせる様なラッキーゴールだった。

2021/06/18(金)
選手の名前だけで言うと、ベッカム、ランパード、スコールズ、ジェラード、アシュリー=コール、オーウェン、ルーニーとちょっと前のイングランドは超豪華メンバーだったけどなんか勝てなかったよね。

スペインもイタリアも超豪華メンバーだった。

2021/06/18(金) 
晴れるのに雨みたいな映像の1988年のオランダのフリットとライカールにバステンは強烈な見た目とでめちゃめちゃ印象に残ってるだよね

2021/06/18(金) 
記事内のスペインしかり14年W杯優勝時のドイツしかりクラブチームベースのチームは強い。完成度が違う。
クラブチームは完成度と組織力が高い。代表は選手の個人能力と強度が反映されやすい。

2021/06/18(金)
72年の西ドイツはネッツアーも入れといた方が良い。
2000年のサッカーをしたと言われるほど革新的なサッカーだったとか。

2021/06/18(金)
改めて当時のフランス代表の面々みるとマジでチートでしかないよなぁ....
今のフランスもバカみたいに強いけど、再現なるかどうかは楽しみ。

2021/06/18(金) 
スペインが、とは言わないが、時代的には世界サッカーは
2008~2012あたりが総合的には一番の熟成期だろう

まだ、その頃では今よりもスピード感、戦術ポジションなどの意識レベルは
低い面もあるかもしれないが、サッカーセンス、フィジカル、成長意識的なのが、
2008~2012あたりがピークだったろう

メッシやロナウドのような偉大な選手が出てきた頃
日本なんかも、そのあたりから本田や香川のような欧州やW杯で一番、結果を出すような選手が出てきた頃
Jリーグも一番の成長期だったかもしれない

昔は昔で、2000年代よりも偉大なファンタジスタは多かったが、チーム総合力、全体的な内容、スピード感やフィジカル的には、対峙するにぬるい時代ではあった
守備なんかも1980年代、1990年代では、まだまだ世界的にとろいレベル

2016ユーロから、ちょっと華麗なプレーぶりが落ちた時代になった

2021/06/18(金) 
04のギリシャは印象に残ってる。最強といえば12のスペインかな〜。

2021/06/18(金) 
フリット、ライカールト、ファンバステンだよね。

2021/06/18(金)
オランダ

2021/06/18(金)
あの時のスペインはチート











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ