スクリーンショット 2021-06-12 12.28.13

スポンサード リンク




 J1の浦和レッズは10日、今夏の東京五輪に臨むU-24日本代表へオーバーエイジ候補の一人として招集されている日本代表DF酒井宏樹(31)が、フランス・リーグアンの強豪オリンピック・マルセイユから完全移籍で加入すると発表した。
 
 中学生年代のジュニアユースから柏レイソルで育った酒井は、柏からドイツ・ブンデスリーガのハノーファー96を経て、2016年夏からマルセイユでプレー。来年夏まで契約を残している状況で、9年ぶりとなるJリーグへの復帰を決めた。
 
 酒井は2020-21シーズンのリーグアンでも、26回の先発を含めて29試合に出場。自身が初めて臨んだUEFAチャンピオンズリーグでも、グループリーグの全6試合で先発フル出場していたが、5月24日に更新した自身のインスタグラム(@hiroki.sakai_19)でマルセイユ退団だけでなく、ヨーロッパでのプレーも最後になると表明した。
 
 すべてフランス語で綴られたメッセージは「親愛なるマルセイユのファンの皆様へ」で始まり、マルセイユおよびヨーロッパを去る理由がこう説明されていた。
 
「今シーズンの終わりをもって僕はヨーロッパを離れ、マルセイユでの夢に終止符を打つことを決めました。マルセイユに来たときに、ここが僕の最後のヨーロッパのクラブになると決めていましたし、いまでもその考えは変わっていません」
 
 2020-21シーズンを終えて帰国し、ミャンマー代表とのカタールワールドカップ・アジア2次予選に臨む日本代表に合流した酒井は、選手たちが日替わりで臨むオンライン会見のなかで、マルセイユを退団した理由をあらためてこう語っていた。
 
「本当に素晴らしい5年間であり、自分のすべてを捧げてきた、すごく大事な場所でもありましたけど、すべてを含めて今回がベストのタイミングだと思い、自分のなかで決断しました。なので、まったく悔いはありません。この決断が自分にとって正しいものだったのか、というのは自分自身でしか証明できないと思っています」
 
 地中海に面したフランス最大の港町での日々を、酒井は「家族は本当に愛していて、子どもたちも楽しんでいた」と振り返る。それでも退団・帰国を決断した理由は、ヨーロッパでプレーしてきた過程で、胸中に強く抱くようになった思いにある。
 
 それはマルセイユの主力としてまだまだ十分にプレーできると、周囲から思われている間に「自分のキャリアを日本サッカー界へ還元する」だった。

 ミャンマー戦後に合流したU-24代表で、酒井のプレーをピッチ上で目の当たりにしたMF久保建英(ヘタフェ)が、身長183cm体重70kgの堂々たるボディに宿る能力にあらためて驚嘆したときの言葉を聞けば、酒井の現在地がおのずと伝わってくる。
 
「身体の使い方や相手への当たり方、アジリティーなどがちょっと抜けているというか。何ならフランス代表の右サイドバックとやっていても、まったく遜色ないと思いました」
 
 ロシアワールドカップを制した王者フランス代表の右サイドバックと、一緒にプレーしているような思いに駆られたと久保は言いたかったのだろう。そして、サイドバックに求められるパワーとスピード、テクニック、判断力のすべてをトップレベルで搭載する酒井の動向や希望を察知し、今夏の加入へ向けてオファーを出したのが浦和だった。
 
 今シーズンの浦和の右サイドバックは、オフにシントトロイデン(ベルギー)へ期限付き移籍したU-24代表の橋岡大樹に代わり、ヴィッセル神戸から加入した西大伍が担っている。ただ、8月に34歳になるベテランの西には、攻撃力をさらに生かす意味でボランチや、あるいは一列上げたサイドハーフで起用する青写真も描かれている。
 
 日本代表として65試合に出場し、ブラジル、ロシア両ワールドカップにも出場した酒井の加入はその構想を具現化させるだけではない。マルセイユでは左サイドバックやセンターバックとしてもプレーし、高い評価を得ているポリバレントぶりは、主戦場となる右サイドバックを中心に浦和のチーム力そのものを力強く押し上げる。
 
 今シーズンから浦和を率いるスペイン出身のリカルド・ロドリゲス監督は、徳島ヴォルティス時代から4バックと3バックを併用してきた。浦和では4バックを基本布陣とするなかで、先にデンマークのミッティランから加入が発表された189cmの長身DFアレクサンダー・ショルツ、そして酒井の存在は戦い方の幅を大きく広げる。
 
 たとえば昨年10月のカメルーン代表との国際親善試合で、日本は後半開始からそれまでの4バックを3バックにスイッチ。結果は引き分けだったものの、相手を零封した要因のひとつはほとんど練習していなかったにもかかわらず、右サイドバックから3バックの右ストッパーへのポジション変更に、臨機応変に対応できた酒井の存在だった。
 
 もともとはセンターバックだったが、規格外の高速クロスを放てる身体能力の高さにネルシーニョ監督が惚れ込み、右サイドバックとして2011年4月にJ1リーグ戦でデビューした。日本、ドイツ、フランスで、それぞれ順応し、結果を残してきた自負があるからか、酒井はこんな言葉も残している。
 
「すべての国でサッカーが違うので、それぞれへ適応していく過程で自分のプレースタイルも変えてきた。その意味で自分を見ている方々に成長したと判断していただけるのであれば、本当に嬉しいことだと思っています」

 あらためて振り返ってみれば、9年ぶりにプレーするJリーグへ、そして新天地の浦和へもすぐに順応できる――という自信が込められた言葉だと思えてならない。
 
 マルセイユとの契約を残す酒井の獲得には移籍金も発生して、フランスメディアは150万ユーロ(約2億円)だと報じている。昨年から続く新型コロナウイルス禍で大幅な減収を余儀なくされ、2020年度決算で約6億1200万円の赤字を計上した浦和が支払う、決して低くはない額の移籍金には酒井にかける期待の大きさも反映されている。
 
 浦和での背番号は、マルセイユに続いて「2」に決まった。Jリーグの夏の登録期間は7月16日にスタートするため、同10日の大分トリニータ戦をもって東京五輪開催に伴う中断期間に入る浦和でのデビューは、最も早くてJ1リーグ戦が再開される8月9日の北海道コンサドーレ札幌戦(札幌ドーム)となる。
 
 新天地デビューの前に、浦和の一員として臨む東京五輪が待つ。22歳で出場し、4位に入った2012年のロンドン五輪に続き、今度はオーバーエイジ候補として招集されたことに「正直、驚きました」と振り返った酒井は、浦和加入が発表される直前に対応した10日のオンライン取材で、自身の経験を踏まえながら覚悟と決意を語っている。
 
「僕がロンドン五輪を目指していたときも、オーバーエイジの選手が入ってくることを100%歓迎していたかと言われればちょっと違っていた。今回もそういう選手たちが少なからずいると思うので、その意味ではすごくプレッシャーを感じています」
 
 同じくオーバーエイジ候補で招集されたDF吉田麻也(サンプドリア)、MF遠藤航(シュツットガルト)も抱く思いは変わらない。だからこそ、24歳以下の若い選手たちと積極的にコミュニケーションを取り、濃密な経験を伝える作業も欠かさない。
 
 母国開催のヒノキ舞台でメダル獲りを目指すU-24代表を、ピッチの内外でけん引する存在だと証明する意味でも、代表メンバー発表前で最後の一戦となる12日のジャマイカ代表との国際親善試合(豊田スタジアム)にすべての神経を集中させる。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)



2021/06/12(土)
古巣でなくとも5大リーグましてやマルセイユで5年戦った選手がJに帰ってきてくれることは素晴らしいことだよ。
またJリーグが面白くなるな

2021/06/12(土)
浦和はコロナ禍のマーケットを上手く活用してるね。ホーム最終戦、天皇杯の準決あたりは満員のスタジアムで最高の試合になることを願ってます。

2021/06/12(土)
年俸と合わせたらかるく4~5億円以上の支出か。j1在籍時のトゥーリオ、俊輔、ヤット、中澤ら辺でさえ年俸1億5千万程度だから日本人選手としては現役日本代表とはいえ金が無い浦和レッズとしてはかなり奮発したと思う。クラブの社運を賭けた補強だと思う。

2021/06/12(土)
やっぱ子供とか家族のことも考えるよなー
双方にとって良い契約なら良かった

2021/06/12(土)
2億は安いでしょう。現役の代表で油の乗ってるベテランですよね。ヨーロッパで戦って来た実績を加味したら、浦和のタイトル取る本気度が伝わって来ますね更に夏の市場でサプライズが有ったら凄いですね。いずれにしても他チームのサポーターが、「レッズ強い」と言われるチームになって欲しい。埼スタが赤く染まる光景をこの移籍メンバーに早く見せてあげたいですね。絶対離れていたファンも戻って来る位のメンバーですよね

2021/06/12(土)
子供の就学を考えると移籍先は日本国内限定。手を上げたうち一番高額の提示をくれたのが浦和だった、ということなのでしょう。それが今の酒井クラスでも移籍金が2億というのは、コロナ禍で各クラブがどれだけ疲弊しているかというバロメーターでもありますな…。

2021/06/12(土)
レオの引き抜き金を満遍なく使ってこんなに補強できるんだなぁ…浦和の補強の本気度が伺える。
サイドアタッカーもう1枚取るって噂もあるし(たぶん左?)、来季までの優勝に向けて本腰入れてるかな。
健勇出してFWもう1枚とかもありえる…?

2021/06/12(土)
久保のコメントが、本当にそのままな気がする
ロシアW杯を観ていても、世界レベルの相手と戦っていて右サイドは慣れない原口とのコンビでもオレが何とかするから良いよという感じで安心して観ていられた。

個人的には最後にプレミアの中堅クラスでもいけるのねというのを観たかったけど、コロナやら世の中のご時世もあるからの決断ですかね。

2021/06/12(土)
レッズとしては個人の成績や能力はもとより、周りの選手への影響力を兼ねて獲得したんだと思います!

あと、酒井選手もまだバリバリの頃にJに戻って来てくれて、これによるJリーグの更なるレベルアップに繋がる事を期待してます。

日本サッカー界全体の為にも、こういう選手が海外から戻って来てくれる事も非常に良い事だと個人的には思います。

2021/06/12(土)
海外でプレーする日本人選手はここ近年本当に増えました。メディアでは何かと久保選手や南野選手だといいますがその中でも酒井選手はマルセイユで一流選手と渡り合い不動のレギュラーを掴んだ数少ないワールドクラスの選手だと思います。代表に選ばれ出した頃は大丈夫?と思うこともありましたが経験を経て安定感のあるすごい選手になられたな思います。
まだバリバリやれる状態で、さらに日本のサッカーやJリーグを知っている代表選手が加入してくれるなら2億の価値はあるし下手な外国人を獲るよりもたらす影響力は大きい。
サッカーファンとしてはヨーロッパでできるところまでという思いもありますがレッズでの活躍に期待してます。

2021/06/12(土)
みんな酒井が日本人やから勘違いしてるけど
言うたらヨーロッパでしかも5大リーグのCL常連のトップチームから現役バリバリの選手が来るってことだからな?
イニエスタまでは行かなくともそれくらいはフィーバーすべきことよ

2021/06/12(土)
金額だけではなく、浦和がかなり早い段階から調査を入れていたのも事実。
浦和も財政か厳しい中、レオの移籍金、柏木の年俸に加え、外国人はデン以外は全てレンタルに出して、補強はJ2の若い選手中心。
ユンカーしかり、しっかりとした選手を取れるだけの財務体力が有った。
酒井についても移籍金2億なら想定内だし、回収して余りある選手と見ての事。

柏は古巣だが、オルンガマネーをよく分からないブラジル人選手複数人に使ってしまい、酒井に必要な金額は用意出来なかったのだろう。

2021/06/12(土)
広島と新潟から移籍させる
ってイメージが定着し過ぎて酷かった。
あの時の強化担当は酷過ぎた。

西野努氏は骨がある感じが伝わってくる。
今のところ、リカルドと共に
未来志向で良い感じだ。

2021/06/12(土)
仮定になってしまうけど、人数制限が無かったら今のレッズは埼スタで平均4~5万人集めてた頃の魅力が戻ってると思う。
今は地方在住で無理だし、人数制限が厳しくてチケット入手も困難だけど埼スタに行けるなら見に行きたい。

2021/06/12(土)
レオナルドが残してくれた移籍金は大きいね。そしてクラブ経営が厳しい時でもこうやって投資をする浦和の判断は素晴らしい。今シーズンの補強は監督も選手も満点以上だよね。酒井は戦力としてだけじゃなく人間性も含めて影響が大きいと思う。
後は五輪でケガをしない事を願うしかない。

2021/06/12(土)
こんなにしびれるような補強は興梠以来かな
これでFW以外の陣容は整った
あとはユンカー興梠ともう一人得点力のある選手が出てきてくれたら完璧だ!

2021/06/12(土)
これは本当にいい補強だと思う。
酒井も素晴らしい志を持ってくれていて嬉しい。

実質今年が契約更新の年ですし、
たしか、お子さんもそろそろ小学生くらいでしたか。
フランスでは、アジア系に対する人種差別もけっこうあると聞きます。
日本であと数年バリバリにプレーすることや、環境面も含め考えたら、
ベストなタイミングなのかもしれません。

スタジアムで酒井のプレーを見たいな。
わが町のチームはJ2だし・・・頑張って来季昇格してほしいな。

2021/06/12(土)
マルセイユの現役サイドバックをJが獲得って歴代でも指折りの補強だと思う。しかも日本人でプレー以上の影響力も人気もあるときたら浦和は良い補強したもんだ。

2021/06/12(土)
浦和のここ数年の低迷の原因は、ディフェンスである。
得失点差においても、失点が上回り、ディフェンスの
強化が不可欠である。
過去にも、ザルのディフェンスをブッフバルト選手の獲得で
立て直した歴史もある。
その観点からも、酒井選手の獲得により、失点を減らす。
更には、DFからの攻撃の厚みを増やすために、
妥当な選択である。王者復活を期待する。

2021/06/12(土)
なんだかんだこう言うニュースにはレッズが絡んでいることが多いなと思います。別に悪い意味ではなく、今回の件と共にもう一人のOA,遠藤航はレッズ出身、日本代表の主将を長年勤めてきた長谷部も浦和、最近はあまり記事にならない原口元気も浦和、チーム自体はここ2,3年冴えないが個人の才能・希望をいかに組みながらチームを作っていくのかという目でみてしまう











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ