スクリーンショット 2021-04-27 6.49.32

スポンサード リンク




トップ下を任せてみるのは面白い

森保ジャパンの発足以降、中盤のゲームメイカーとして絶対的な存在となっていたのがMF柴崎岳だ。広い視野と類稀なるパスセンスを武器として、前線のアタッカーたちを巧みに操っていた同選手。しかし、今年3月の代表ウィークで、そんな柴崎の日本代表における地位を脅かすボランチが現れた。

その選手とは、ポルトガルのサンタ・クララでプレイするMF守田英正。昨季J1を圧倒的な強さで制した川崎フロンターレの中盤を司っていた男は、3月の韓国戦とモンゴル戦で見事なパフォーマンスを披露してみせた。持ち前の高いパス精度はもちろんのこと、守田はディフェンスの局面でも献身的な働きを披露。MF遠藤航の相棒として、彼のパフォーマンスは十分に合格点と言える出来だった。

このまま守田が活躍を続けることとなれば、柴崎の立場は危うい。最悪、このまま日本代表からフェードアウトしてしまう可能性も否定できない。3月の2試合を見て、そう感じた人は多かったことだろう。だが、仮にボランチのポジションを奪われたとしても、柴崎には別の道で生き残る方法が残されているのかもしない。

その別の道とは、ボランチより前のポジションにおけるプレイだ。日本代表における柴崎は中盤の深い位置から試合を組み立てる選手というイメージが強いものの、今季所属するレガネスではトップ下やサイドハーフなど、比較的高い位置で起用されることも多くなっている。

加えて、そのプレイぶりは悪くなく、この位置を経験し始めて中盤からの飛び出しは増えた印象だ。現地時間25日に行われたリーグ戦第34節のアルコンコン戦でも、果敢なオーバーラップから得点を記録。パスの受け手としても機能するだけの能力は、レガネスで示していると言っていいだろう。

日本代表におけるトップ下のポジション争いは、もしかするとボランチ以上に激しいかもしれない。しかし、パスの出し手としても受け手としても機能するようになった柴崎を、このポジションで試してみるのはアリか。森保ジャパンに提案したい柴崎のコンバート。28歳のテクニシャンは活躍の場を移すことで、もう一段階上のレベルへ到達する可能性を秘めている。

構成/ザ・ワールド編集部



2021/04/27(火)
日本フル代表もオリンピック代表も
優秀な選手層が激増
どこにもコンバートできる薄い層はなく、
もはやベテラン組の柴崎はクラブでの結果、実績で実力で勝ち取るしかない。

2021/04/27(火) 
中盤からの飛び出しが増えた、と書いてるけどそれこそ鹿島時代から飛び出しからのゴールはいくつも決めているし
自陣PAから相手のPAまで走りきってカウンターを完結させられる様な走力のある選手ですよ、ずっと
パサーのイメージで捉えられがちだけど全く違う
ただヘタフェ移籍辺りからは代表でも主軸を担う様になった事でバランスを意識したプレーが多くなった印象

2021/04/27(火)
守備時は3センター気味にして、攻撃時にハーフレーンを突く動きを任せるのは面白いかもしれない。

ただ大迫と南野は相互補完がいいし、柴崎以上に鎌田の存在感が大きいので、安全第一の森保さんが冒険する可能性は低いだろうな。
田中碧がA代表でリンクマンとして機能し出したら柴崎はベンチすら危うい。

2021/04/27(火)
まだまだ守田は、メンバーレベルが低かった韓国とモンゴル戦しか出場していない、あくまで日本代表ボランチ候補の一人にしか過ぎず、ボランチ確定した仮定の話自体が今ひとつ盛り上がらない記事なのが残念。

2021/04/27(火)
トップ下できる選手だけど、前向いてプレーするためにボランチにポジション下げましたと思う。

年齢考えても今更代表でトップ下試す必要は感じない。
強力な2トップでもいればハマるかもしれないけど。

2021/04/27(火)
今の代表のボランチは、遠藤とバランスが一番取れるのは誰かで選ぶべきだろう。柴崎のトップ下は一度試してみることもありかと思うが、センターラインの選手としてはフィジカルの強度に欠けるので、正直厳しいかと思う。

2021/04/27(火) 
もっとトップレベルの相手と対戦した上で記事にして欲しい。アジアレベルの相手で判断するのは時期尚早です。
ドイツでの実績のある遠藤は別ですが。

2021/04/27(火)
強度低い代表の試合で選手持ち上げて、厳しい試合で掌返し
その繰り返し
どうして韓国戦の強度で持ち上げて、昨年の強豪相手にバリバリやりあってた柴崎や原口の序列下げれるんだ?

2021/04/27(火)
現状だと鎌田が適任だと思うけど…運動量も多いし、攻守のバランスがいい。今の代表の懸念材料はサイドバックでしょ。ボランチは遠藤と田中碧で組み合わせ見てみたい。南野はチームのプレースタイルに左右されるしコンスタントに出れてないからスタメンでなくてもいいかな。ま、柴崎のトップ下、試す価値はあると思う。

2021/04/27(火) 
柴崎のポジションを奪ってるのは、守田ではなく、遠藤。
遠藤が本格化したことで、柴崎の守備のお守りさせるより、遠藤メインの方が良いんじゃね?
となって、結果遠藤の相方が今の所守田が最有力。

2021/04/27(火)
特に縦へのパスは素敵だけどそれも自分の周りにスペースがあっての話し。元来ガツガツ出来ないから強い相手には難しいかな。

2021/04/27(火)
ただ単にスペインでボランチをやるには強度が足りなくて、前目のポジションをさせられたってとこじゃない?
まぁそれでも結果を出しつつあるのはさすがだし、もっとゴールやアシストの結果を出してほしいな。

2021/04/27(火)
大舞台にめちゃ強いしここぞの得点力も豊富な経験もある
レギュラーではなくても代表召集したくなる選手だ
ポジションはボランチかトップ下のどちらかだろう

2021/04/27(火)
一時代前ならいざ知らず今はトップ下もアシストだけじゃなく点を取ることが求められるし、フィジカルが強く、スピードもないと。ビッククラブや強豪国の代表チームでトップ下やってる選手を軽く調べたらだけでわかるじゃん。
フィジカルがあまり強く無い、スピードもない柴崎だけど、パサーとしての能力が高いのでボランチで使っているのだよ。
なぜならボランチは比較的スペースのある場所で前を向いてボール受けられるし、相手のプレスもトップ下ほど激しくないから。

2021/04/27(火)
守田が遠藤の相棒筆頭格で
その次点に田中橋本柴崎等がいるよね
田中は国内にいるままじゃ守田より上になる事はないだろうね
守田はサンタクララで出場機会得られてるからこのまま絶対的になる可能性はかなり高い
田中は招集はされるだろうけど出場して圧倒的な存在感出さないと1番手になる事は限りなく低い

2021/04/27(火)
鹿島時代から、攻撃に絡むと怖い選手。
レアルマドリーからあんなに得点取ってるんだから、決定力半端ないだろう。
前目のポジションの方が躍動すると思う。アリだね。

2021/04/27(火)
鎌田や南野など、優秀なトップ下が2人もいるのに、柴崎をコンバートする意味が分からない。そのままボランチで良いと思うし、このポジションも優秀な選手がいるので、柴崎スタメンに拘る理由もない。

2021/04/27(火)
アタッカーのポジションでは少し物足りないな
しかし日本も4-1-2-3にして2のところで使えば面白い

2021/04/27(火)
確かにトップ下でも見てみない。けど、世界の強靭なDF相手にボールキープできるのだろうか、前を向けるのだろうか。

2021/04/27(火)
申し訳ないけど
ボランチですらプレッシャーかかると何も出来なくなる場面多いのに
今よりプレッシャー増える前目のポジションで機能するのは難しいと思う











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ