スクリーンショット 2021-04-22 20.30.17

スポンサード リンク




 今夏に開催される東京五輪の男女サッカー競技のグループリーグ組み合わせ抽選会が21日、スイス・チューリヒにある国際サッカー連盟(FIFA)本部で行われ、24歳以下で争われる男子の日本代表はグループAで南アフリカ、メキシコ、フランスと対戦することが決まった。
 
 3大会連続12回目の出場となるメキシコは2012年のロンドン五輪を制するなど、ワールドカップと並んで五輪にも注力する伝統をもつ強豪国。6大会ぶり13度目の出場となるフランスは、東京五輪世代となる1997年1月1日以降に生まれた若手がヨーロッパ各国で数多く活躍している。
 
 いわゆる「死のグループ」へ入った組み合わせ結果に、東京・文京区の日本サッカー協会で抽選を見守った森保一監督は、終了後に対応したオンライン取材で偽らざる心境を明かした。
 
「厳しいグループだと思う。グループリーグを突破するのも大変だし、非常に力のあるチームと同じグループに入ったなかで一戦一戦、私たちの持つ力をすべてぶつけていかないといけない。ただ、目標とする金メダルへ向けて戦っていく意味では、どの国と同じグループになっても気持ちは変わらない」
 
 抽選は過去5回の五輪における成績などをもとに、出場16ヵ国を4つのポットに分類。開催国日本はブラジル、アルゼンチン、韓国とともにポット1に入った一方で、直近の五輪における実績がないフランスはルーマニア、サウジアラビア、オーストラリアとともにポット4に入った。
 
 同一大陸の国とはグループリーグで対戦しないため、必然的に日本はフランスかルーマニアと同組となり、さらにポット2のドイツおよびスペインとは対戦しない。ポット2は北中米カリブ海予選で優勝したメキシコと2位のホンジュラスのどちらかとなり、抽選でメキシコがグループAに入った。
 
「どのような展開にも対応できる個人能力や経験値がある、試合の流れを上手くつかみ取れる試合巧者という印象をもっている。日本の五輪世代の選手たちには、フル代表での経験も数多く積んできてもらったし、昨年11月にはオーストリアでフル代表の一員としてメキシコ代表戦を戦っている。そうした経験値を最大限に活かすことができると考えている」
 
 メキシコへの印象をこう語った森保監督は、エジプト、コートジボワール、南アフリカ、ニュージーランドで構成されたポット3からグループAに入った南アフリカをこう位置づけた。

「個々の能力的には、アフリカ特有の身体能力が高い選手が多い。加えて、アフリカ予選をスカウティングしても、非常に組織的な戦いをしてくるチームだと認識している」
 
 最後のポット4からはフランスがグループAに入った。ロシアワールドカップ制覇に貢献した、22歳のFWキリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)はフル代表のエースとして、東京五輪の開幕直前に決勝が行われるユーロ2021に専念するため不参加が濃厚と伝えられている。
 
 それでも、22歳のGKアルバン・ラフォン(ナント)や21歳のDFジュール・グンデ(セビージャ)、18歳のMFエドゥアルド・カマビンカ(レンヌ)、22歳のMFマテオ・ゲンドゥージ(ヘルタ・ベルリン)らが集う東京五輪世代に、森保監督も「タレントぞろいのチーム」とこう続ける。
 
「世界のサッカーをスカウティングしているときに、東京五輪年代の若い選手たちが世界のトップトップのサッカー大国に数多く輩出されていて、選手層が非常に厚い国という印象をもった。ユーロとの兼ね合いで東京五輪に出てくるチームもメンバーが変わってくるかもしれないので、これからスカウティングを進めて、どのようなチーム作りをしてくるのかを把握していきたい」
 
 五輪のサッカー競技は、7月23日の開会式前にスタートする。日本は同22日に東京スタジアムで南アフリカ、25日に埼玉スタジアムでメキシコ、28日には横浜国際総合競技場でフランスとグループリーグを戦い、各グループの上位2位までの8ヵ国が決勝トーナメントに進出する。
 
 対戦相手も決まり、チーム編成が大詰めを迎えるなかで注目されるのが、年齢制限に関係なく最大3人を招集できるオーバーエイジの存在となる。オーバーエイジ枠を行使するのか、と問われた森保監督は「チームがより安定して戦うために、オーバーエイジの力は必要になってくる」と構想に入れていると認めた上で、フル代表も率いる立場から招集する選手の条件にまで具体的に言及した。
 
「まずは絶対的な戦力になりうる選手だと思っている。つまりはフル代表でコアなメンバーとして戦っている、より経験値の高い選手を、と考えている。東京五輪世代の選手たちが思い切ってプレーできるような、チームの支えになるような選手をオーバーエイジとして考えていきたい」
 
 チームを支えるという意味では、センターラインに強力な一本の芯が生まれる人選が理想となる。真っ先に名前が思い浮かぶのは、3月シリーズの韓国代表戦でワントップとして存在感を放ち、周囲を生かす術が衰えていないと証明した30歳のFW大迫勇也(ヴェルダー・ブレーメン)となる。

 日本の2列目には久保建英(ヘタフェ)や堂安律(ビーレフェルト)、三笘薫(川崎フロンターレ)らのタレントが集う。ボールキープ術に長け、時間を作れる大迫は彼らの攻撃力をさらに引き出せるし、出場資格があったロンドン五輪の代表入りを逃している大迫本人にも期する思いがある。
 
 ボランチとして代役のきかない存在感を放つ28歳の遠藤航(シュツットガルト)もチームに安定感を、周囲には安心感を与える大黒柱として、森保監督が掲げる条件を完璧に満たす。U-23代表のキャプテンとして、前回リオデジャネイロ五輪を戦った経験もチームにはプラスに働く。
 
 終盤戦を迎えたブンデスリーガ1部で、デュエルにおける勝利が「418」を数える遠藤はリーグ全体で堂々の1位を快走している。遠藤自身も絶対的な武器だと自負する1対1での強さと、意識して取り組んでいる縦へ速いパスをつけるプレーは攻守両面をパワーアップさせる。
 
 センターラインで考えていけばフル代表のキャプテンで、東京五輪世代の冨安健洋(ボローニャ)とセンターバックコンビを組む32歳の吉田麻也(サンプドリア)が浮上してくる。
 
 守備の国イタリアで円熟味を増したプレーを見せている吉田は、19歳で出場した2008年の北京五輪でグループリーグ敗退を、オーバーエイジとして招集され、キャプテンを務めたロンドン五輪では準決勝でメキシコに、メダルをかけた3位決定戦では韓国代表に続けて負けた。五輪で勝つ喜びや負けた悔しさを含めたすべてを知る、プレーだけでなくメンタル面でも頼れる兄貴分となる。
 
 ワールドカップなどFIFAが主催する国際大会の「23」枠と異なり、五輪の代表選手枠は「18」と5人も少ない。そこへオーバーエイジ枠をフル活用すれば、本来の東京五輪世代は15人しか参加できない計算となる。それでも森保監督は、チームを立ち上げた2017年12月から東京五輪世代の選手たちへ言い続けてきた言葉を、オンライン対応のなかでもあらためて繰り返した。
 
「オーバーエイジを含めて18人の選考になると、東京五輪世代の選手たちには話してきた。オーバーエイジに関しては、現段階でははっきりと名前を言うことはできない。チームの状況を見ながら、最終的に決めていきたい」
 
南アフリカとの初戦まで、組み合わせ抽選から一夜明けた22日でちょうど3ヵ月となった。日本が獲得した唯一のメダル、1968年のメキシコ五輪の銅メダルを超える戦いへ。対戦相手のさらに詳細な情報を収集し、オーバーエイジを含めたヨーロッパ組の所属クラブとのコミュニケーションもより密に取りながら、まずは「死のグループ」を突破するためのベストのシナリオを練り上げていく。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)



2021/04/22(木)
目標がベスト8であればアンラッキーな組み分けかもしれないですが、金メダルであれば逆に理想的にも思います。金メダルを獲得するには遅かれ早かれ大会最強の相手と戦うことになる。大会の中で力を付けて行くと言うことは日本のような国には大事な要素になりますし、大会での躍進には気運も必要。もともと気候などコンディション面などでは有利なので、6試合のはじめと終わりでは見違えるチームになっているぐらいじゃないと、金メダルには届かないと思います。大会のピーキングにはいろいろあると思いますが、日本の場合は100ではない状態から入って最後100に持って行くと言うより、その時点の100で入って、成長分で最初より良くなっていると言う流れが理想的かなと思います。オーバーエイジは助っ人と言うより”森保ファミリー”としてコパ・アメリカやE-1から融合をはかっているので、実力が見合う選手であれば入るのは当然かなと思います。

2021/04/22(木)
日本のA組が「死の組」とは思いませんが、一方で日本が開催国としてポット1に入り、様々な規定でドイツやスペインと同組になる可能性が最初から無かったこと等を踏まえれば、クジ運はやや悪かったのかなと第一印象では感じます。

ただし、決勝トーナメント初戦は楽な組み合わせと見られるB組との対戦なので、これは好材料。もう一つは対戦順も大切で、最初に南アフリカに勝てば、勝ち点3を先行し、メキシコやフランスとの試合を引き分けに持ち込むなどリーグ戦を柔軟に考えられます。
それが非常に有利であることは、ロシアW杯のA代表でも実感したばかり。対戦順は恵まれています。もちろん、南アフリカを侮るわけにはいきませんが、コートジボワールやエジプトよりはいい。
総じては、「パッと見は悪い。でもよく見ると、意外と悪くないクジ運」という印象でした。

OAの理想は記事に同意します。あとはクラブ交渉で招集できるか否か。

2021/04/22(木)
死の組とか気軽に使うけど、基本的にアジアの国はどこに入っても半数以上は格上なんだからほぼほぼ死の組って表現しなきゃいけなくなるでしょ。
翻ってメキシコ、フランスから見たら開催国ではあるものの格下の日本、南アが同居するこのグループは死の組なんかでは決してない。
基本的に死の組って表現は強豪国からみて突破の確率が低くなる様なグループに対してのみ使うものなんじゃない?マスコミの皆さん。

2021/04/22(木) 
わりかしマシなグループだと思う
上のレベルに行くなら南アフリカには勝てるチームではいけないし、メキシコにも互角以上でないといけない。フランス戦はまさに今の実力を知るには一番良い相手。ベストメンバー、コンディションではなかったが、アルゼンチン五輪代表に勝った実績もあるのだからビビらないで戦ってほしい。そして監督は是非とも横内さんにしてもらいたい!

2021/04/22(木)
世界相手に「死の組」も「楽な組」もない。逆に言えば、予選突破出来ないようなら、最初から「金」を狙うなどとビックマウスはするべきでない。あとは18人のメンバーで中2日をどう乗り切るかですね。

2021/04/22(木) 
ガチで横内昭展監督(53)が本大会も指揮するべきだと思う。
森保だと選手が伸び伸びとプレーできていない。アルゼンチン戦2戦目のような試合は森保指揮下では皆無だった。

2021/04/22(木)
「死の組」の使い方が間違ってるから。
順当に行けばGLを突破できるチームが3~4集まったとろこを指すのが「死の組」
単純に自分たちと同等以上のチームが2~3集まった場合に言うことじゃないから。

スペインやブラジルの様な強いチームが言うなら分かるけど、日本のレベルで言うことではない。そもそも日本は順当にいったらGL敗退のチーム。

2021/04/22(木)
日本が厳しいグループであることには変わりないし、予選敗退の可能性は高い。気になるのは韓国の「おいしい組」「楽な相手」という論評。監督さんは気を引き締めていたがルーマニア、ホンジュラス、ニュージーランドに対して失礼でしょ。

日本だってドイツW杯で「オーストラリアに勝って、クロアチアに勝つか引き分け、ブラジルになんとか引き分ければ突破」などとメディアがしょうもない皮算用をしたが、ふたを開けたらコテンパンにやられた。
ロンドン五輪では初戦スペインに当たって砕けろで臨んで勝ったり、ロシアW杯で(レッドカードはあったが)明らかな格上コロンビアを破ったこともある。

何が起きるかわからない。
常に準備をし、相手をリスペクトして臨むことが重要。

2021/04/22(木)
そもそも”死の組”というのは、”主にスポーツ競技で、次ラウンドへの進出を懸けて行われるグループリーグ戦や予選において、その配分を決める抽選の結果、特定のグループに、有力候補に数えられている強豪チーム(国、クラブ)が次ラウンドに進出可能なチーム数より多く存在する状態を指す”(Wikipedia)
のであって、日本が入ったグループを自ら死の組と表現するのはおかしいです。
さすがにブラジル、ドイツ、フランス、スペインなどの伝統的な強豪国であればまだしも、まだ国際大会で華々しい結果を残していない日本が自らを強豪国と擬した表現をするのは噴飯ものです。
記者はまず、言葉の定義を調べてから使うべきでしょう。

2021/04/22(木)
オリンピックはワールドカップと違って出場国が少ないから強豪と当たりやすいけど、流石に死の組は言いすぎかと思う。
楽観視出来ない相手ではあるが、CDに比べたらまだマシ。
OAについては24才以下でも海外組がどれだけ招集出来るかにもよると思う。このコロナの蔓延してる中でクラブとしては日本に行かせたいとは思っていないだろうし。

2021/04/22(木)
良いグループと思いました。

正直メキシコとフランス相手は分が悪いでしょうし、南アフリカは失礼ながらよくわかりませんが、勝てる勝てると浮かれる相手ではないですし、純粋にこのレベルの相手とやれるのは将来プラスになります。

木っ端微塵にやられても、それはそれで苦い経験でいかすことはできるかと(負けて良いとは言ってないです)

2021/04/22(木)
死の組かどうかは別にして(どうでもいい)、メキシコやフランスにとっても、日本は楽に勝てる相手ではないし、そう認識しているはず。ロンドンで4位、アンダー世代ではそこそこ成果を出しているのと、ワールドカップベスト16だって、偶然の成績じゃない。
チャレンジする立場であるのは変わりないが、卑下する必要もない。自信を持って戦って欲しい。
OAについて。
吉田の存在がフル代表で精神的支柱になっていると感じる。冨安とのCBコンビはホントに心強いので、出場してくれたら有り難い。もちろん遠藤、大迫も異論はない。
JFA欧州事務所頑張ってください。

2021/04/22(木)
死の組って書いてるけど、ブラジルとドイツのD組やアルゼンチンとスペインのいるC組の方がA組よりキツイと思う。
安易に死の組という表現を使うのは違和感があるね。

2021/04/22(木)
けして中傷などではなく、本当に正直なことを言わせていただくと、森保さんでは勝ち抜くとか敗退とか以前に選手のポテンシャルを全く引き出せないと思います。

贔屓目ありきで言えば、ワンチャンを狙えるくらいのポテンシャルが今の日本代表、五輪代表にはあると思うんです。そのポテンシャルを森保さんが塞いでるようにしか思えないんです。
試合じゃないところで、もしかしたら表には見えない何かを選手に与えてるのかも知れませんが、選手交代のタイミングを見誤る監督は、はっきり言って無能です。

2021/04/22(木)
日本から見てどうする?どこに入っても死の組だし、そもそも死の組の使い方が違う。
フランス、メキシコから見たら、楽な組、であり決して死の組ではない。
いつから日本は強豪国になった?
マスコミがそんなんだから、強くなれない。

2021/04/22(木)
ロンドン五輪では初戦に優勝候補と思われたスペインと対戦したが完勝、
結果的にスペインはグループ最下位だった
年齢制限のある大会はどこが強いか全く読めない。特に欧州は直前にユーロがあるから五輪に力を入れない傾向が強い。
死のグループかどうかはわからないよ

2021/04/22(木)
どのグループに入ったとしても、決勝トーナメントに上がるまで、熾烈な戦いがあって当然だから、死の組などと簡単に言わない方が良いと思う。
決勝トーナメントの決勝や準決勝まで行かないと戦えない相手と予選で戦えることを運が良かった、と捉えて欲しい。

2021/04/22(木)
問題はグループ、相手国、選出メンバー・・・そんなものではない。
森保が指揮してやりたい事が分からない事、勝てない事が問題。
良いメンバーが集まっても、どのように相手と対するか?
選手たちの意識、戦術を纏められない森保が指揮すべきではない。

2021/04/22(木) 
オーバーエイジの3枠は吉田、遠藤、大迫がベストだという意見は的確だと思う。

センターラインを任せられる選手がいれば、監督が具体的なプランを用意出来なくても選手の力量で何とかなる。
逆に言えばこの3人が所属クラブとの交渉や怪我で招集出来なくなると厳しい。

2021/04/22(木)
OA枠の人選については異論無いが、本当にカギを握るほど重要かには異論あり。
過去のオリンピックでOA枠のおかげで『勝ち抜いた』かと言われると疑問であり、OA枠で敗れた試合もある。
結局は世代の総合力、特に守備力で大きく勝負が分かれたと思う。
OA枠は精神的よりどころの他には大きく期待すべきではないと思う。

2021/04/22(木)
グループBに比べたらややしんどい
グループに入ったかなと率直な感想です。 
相性的にメキシコとは当たりたくなかった
というのが日本側の本音ではないでしょうか。

逆を言えば、グループステージを突破できれば、メダルは見えて来そうかと思います。
このグループは絶対的な強豪チームがいないので純粋に2枠を争うので確率は50%なので、悪くもないグループとも思えます。

OA枠に関しては協会は大迫、遠藤航(または柴崎岳)が確実で、
残り1人は吉田か酒井宏が濃厚かと思いますが、個人的には最終ラインに入れた際、連携面で
吉と出た大会、凶と出た大会がありますので、
かつ日本が1番避けたいシナリオは追いかける展開です。若さが出て大迫頼みになるかもしれないので、攻撃カードに南野か浅野を
入れておいた方がビハインドを追っても落ち着いてゲーム運びができると思っています。

2021/04/22(木)
死の組・・・まずはオリンピックが開催されなくては
参加もないし、今のままでは頑張っていた選手がかわいそう
選手のために国民ができる事一つ
コロナをかからないために不要不急の自粛を
一人一人の心がけで選手をサポートしよう
この事態を乗り越えて協力することでこそ日本人だと思う
そうすれば選手も頑張ってくれると思います
金メダルも夢ではないと思います











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ