スクリーンショット 2021-03-31 21.45.17

スポンサード リンク




 前半を5-0で折り返した段階で勝負はついた。それでも、森保ジャパンの選手たちは競い合うように、モンゴル代表のゴールを目指し続けた。後半には何と9ゴールを、そのうち3つをアディショナルタイムに奪う歴史的なゴールラッシュを、無観客のフクダ電子アリーナで完遂させた。
 
 敵地ウランバートルで予定されていた一戦が、新型コロナウイルスの影響でモンゴルのホーム戦扱いのまま、日本国内での開催が特例で認められた30日のカタールワールドカップ・アジア2次予選。日本代表が最終予選進出へ王手をかけた90分間で、24年ぶりに「ある記録」が塗り替えられた。
 
 日本が戦ってきたワールドカップ予選における最多得点記録は、フランス大会進出をかけた1997年3月と6月に、ともにマカオ代表との1次予選であげた10ゴール。加茂周監督時代の記録をトータル14ゴールで大幅に更新しただけでなく、国際Aマッチ全体でもフィリピン代表を15-0で破った、1967年9月のメキシコ五輪アジア予選に次ぐ歴代単独2位のゴール数となった。
 
 キックオフ前の時点のFIFAランキングを比べれば、日本の27位に対してモンゴルは190位。新型コロナウイルス禍で2次予選が長期中断を余儀なくされる前の、2019年10月に埼玉スタジアムで行われた日本のホーム戦でも森保ジャパンが6-0で圧勝していた。
 
「あまりにも力の差がありすぎたので難しい部分はあります。点差が開きすぎると『相手が弱かった』と言われるし、点を取れなかったら『大丈夫なのか』と言われるので」
 
 センターバックとして先発出場し、6点差で迎えた後半19分にフル代表デビュー戦となったDF中谷進之介(名古屋グランパス)と交代したキャプテンの吉田麻也(サンプドリア)は苦笑いを浮かべながら、その後はベンチで見届けたゴールラッシュの意義をこう指摘した。
 
「いろいろな選手が満遍なく、最後まで緩めずに点を取ったのがよかったと思っています。新しい選手もそうですし、もちろん取るべき選手もしっかりとゴールしたのが一番よかったですね」
 
 2018年7月に森保ジャパンが発足してしばらくは、2列目は左から中島翔哉、南野拓実、堂安律で固定されてきた。しかし、いまやヨーロッパの舞台で結果を残す鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)がトップ下の、伊東純也(ヘンク)が右サイドのファーストチョイスになった。
 
 左サイドに回った南野が決めた前半13分の先制点、同26分に鎌田が決めた3点目、後半28分と34分に伊東が決めた8点目と10点目が、吉田を喜ばせた「満遍なく」に含まれている。今シーズンのヘンクでキャリア初の2桁ゴールをマークしている伊東は、しかし、味方の3ゴールもアシストした結果にも「チャンスの数からすれば、最低限かなと思います」と貪欲な視線を前へ向けた。
 
「相手が強くなればチャンスそのものも少なくなると思うので、そこを決め切る部分が大事になる。自分の役割は、そのチャンスをより多く作っていくことだと思っているので」
 
 吉田が言及した「新しい選手」が、前半33分に4点目を決めた代表5試合目のMF守田英正(サンタ・クララ)、後半23分に7点目、アディショナルタイム3分には14点目を決めた代表デビュー戦のMF稲垣祥(名古屋)、同33分の9点目と42分のワールドカップ予選新記録となる11点目を決めた代表3試合目のFW古橋亨梧(ヴィッセル神戸)となる。そろって代表初ゴールとなった。

 特に稲垣は鎌田との交代でピッチに送り出されてからわずか5分後に、大迫が後方へ落としたボールに右足を一閃。ペナルティーエリアに入ったあたりから強烈な一撃を叩き込むと、最後は伊東からの短いパスに左足を合わせて、同じような位置からゴール右上のネットを揺らした。
 
 当初招集されていたMF原川力(セレッソ大阪)の故障辞退に伴い、29歳にして念願の代表初招集を射止めた稲垣は、直近のJ1リーグ戦でも豊富な運動量で開幕6連勝中の名古屋の攻守を支え、ミドルレンジから強烈なシュートを決めていた。名古屋での好調ぶりをそのまま代表に持ち込んだ結果に「僕自身は、代表で海外組、国内組と分けるのは好きじゃない」とこう続けた。
 
「それぞれがストロングポイントを持って代表に入ってきているので。僕を含めて初招集の選手が多くて、最初は遠慮していた部分というか、硬さが少しありましたけど、日がたつにつれていろいろな会話をするようになったなかで、誰が出てもいいパフォーマンスを出せる準備はできていました」
 
 そして、吉田が言う「取るべき選手」が1トップで先発した大迫勇也となる。所属するヴェルダー・ブレーメンでは2列目が主戦場となり、なおかつ今シーズンの先発はわずか6回と思うように出場機会を得られず、ノーゴールのまま今回の3月シリーズに招集されていた。
 
「代表とクラブは違うので、個人的には頭のなかで切り替えていました。クラブで難しい時期はありましたけど、個人的には常にトレーニングを重ねるなかでコンディションを維持し、さらに上げていくことを考えるようにしていました。代表ではゴールに近い、自分がやり慣れたポジションでもあるので、あまり考えることなくプレーできている感じですかね」
 
 23分に決めた自身の約1年半ぶりの代表通算16ゴール目となる2点目を含めて、前半だけで5ゴールを奪って迎えたハーフタイム。自身が抱く思いと周囲のそれとが一致していると大迫は感じていた。
 
「後半も45分間あるわけであって(このまま終わらせるのは)もったいない、と。やるからには前からしっかりと、もう一回点を取りにいこうと全員で話していたので」
 
 10分にチームとしての後半最初のゴールを奪うと、アディショナルタイム2分にはチームの13点目をゲット。フル代表戦では初めて、個人的には鹿島アントラーズ時代の2013年8月に行われた、サンパウロ(ブラジル)とのスルガ銀行チャンピオンシップ以来となる、プロ2度目のハットトリック達成に「やっぱり前線の選手として、点を取りたいので」と笑顔を浮かべた。

「一人じゃ点数は決められないので、チームメイトに感謝しなきゃいけないですね。今日はいい時間帯に点が取れて、その後も緩めずに前からいけたところが大きかった。いままではどちらかと言うと、時間を上手く使うとか、そういうプレーが多かったんですけど」
 
 何とか一矢を報いるゴールを奪おうと最後まで必死に、サッカーに対して真摯な姿勢で臨んできたモンゴルの闘志に対するリスペクトの思いも込めたゴールラッシュ。歴史的なスコアの背景にあった原動力を、モンゴルを率いるラスティスラブ・ボジク監督はピッチサイドでひしひしと感じていた。
 
「私たちはあきらめなかったが、日本も非常にモチベーションが高かった。それは一人ひとりがワールドカップへ向けて、ポジションを得たいという意欲があったからだと思う」
 
 セルビアリーグで16ゴールをあげ、得点王も射程距離にすえる好調ぶりとともに代表に招集され、後半アディショナルタイム1分に約1年5ヵ月ぶりとなるゴールを決めたFW浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード)を含めて、フクダ電子アリーナのピッチに立った16人全員がモンゴルと全力でぶつかった先に待つアジア最終予選、そして来秋に迫ったカタールワールドカップを見すえていた。
 
 もっと言えば3-0で快勝した25日の韓国代表戦を含めて、森保一監督はフィールドプレーヤーに関しては招集した20人全員をピッチに送り出している。国内組だけで8人を数えた初招集勢を含めて層が厚くなっただけでなく、24歳以下の東京五輪世代も虎視眈々と参戦を狙っている。
 
「チャンスをモノにしたら、簡単にはポジションを分け与えてはいけない。その意味では全員にとって競争になるし、これから4月、5月のJリーグであるとか、海外各国の自チームでのパフォーマンスにつながってくる。そこで高い意識とパフォーマンスを維持して、次の招集に備えるのが大事になる」
 
 チーム全員の思いを吉田が代弁した。次の活動となる6月にはミャンマー、タジキスタン、キルギス各代表との2次予選の残り3試合が再び日本国内で開催される予定だ。3月シリーズで火ぶたが切られた、チーム力を底上げする効果を伴う熾烈な競争は6月シリーズと東京五輪を経て9月に幕を開ける予定のアジア最終予選へつながっていく。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)

 


2021/03/31(水)
ライターさん、タイトルの弱小国って、あまりよろしくない表現ではないですか?
やはり勝ち負けに関係なく、相手に気をつかうのは礼儀でしょう。

2021/03/31(水) 
大差がついても手を抜かず、そしてストレスも溜まるだろうにラフプレーに走ることもなく、最後までボールに食らい付いてきたモンゴルチームに対して「弱小モンゴルチーム」とは…。この記者はこういう表現をする人なのだと思うだけで嫌気がさしてしまったので記事は読んでいません。モンゴル代表にも日本代表にも失礼でしかないと思います。

2021/03/31(水)
弱小って…
このライターさんどんな神経してるんだろうね
まず最初に対戦してくれたモンゴルにリスペクトすべきでしょ?

2021/03/31(水) 
弱小呼ばわりとは何か勘違いをしてないか?

ご立派な記事を書いたのかもしれないが気分が悪すぎて読むにも値しない。

2021/03/31(水)
記者さんみたいに弱小なんて思っていたら、近い将来に足元掬われる結果になりますよ。
日本代表は最後まで手抜きせずに攻め続けた。
モンゴル代表も最後まで諦めず攻め続けた。
結果以上にサッカーの本質が見れた好試合。
おそらくモンゴル代表は近い将来、強くなる。

2021/03/31(水)
私は1993年のワールドカップ予選、日本対バングラデシュを国立に観に行きましたが、その時のバングラデシュは11人が完全に下がってただ守るだけという試合でした。それに対して、モンゴルは自分たちのサッカーを最後まで貫いていたと思います。もしモンゴルが完全に引いて徹底的に守ったら、4〜5点しか入っていなかったのでは‥
最後まで攻撃もしようとしていたモンゴルを弱小国とは失礼だと思います。

2021/03/31(水)
相手との実力差があるとはいえ、しっかり最後まで全力プレーすることは素晴らしいこと。

そのスポーツマンシップをこれからも発揮してください。

2021/03/31(水)
「弱小」はあまり見ませんが、サッカーにしてもテニスにしても「格下」とかそういう表現が平然と使われてるのが不思議です。厳格な意味では失礼ではないのかもしれませんが、やはり相手を下に見るというのは違和感があります。競技種目で順位をつける以上は仕方ないかもしれませんが、第3者が平然と使うのはあまり良い気がしません。

2021/03/31(水)
ランキングを見るだけでも力の差は歴然。勝敗やスコアにで騒ぐ必要はない。
意味があったのは、両チームとも最初から最後まで集中して戦っていたこと。
この点では全ての選手が良かった。

2021/03/31(水)
手を抜かずにゲームを進めた結果として積み上がった得点数であり、相手をリスペクトした証拠なのでは?
相手国も真剣にゲームに臨んでいたのであって互いに称え合ってよい試合だったと思いますよ。

2021/03/31(水)
相手国に対する儀礼が感じられない。ライターの神経を疑うが、これを採用しているYahoo!に責任があると思う。試合を見ていたが、素晴らしい精神を持ったチームであった。決して弱小などではなかったと思う。

2021/03/31(水)
そうですね。

皆さまもおっしゃっていますが、対戦相手国のモンゴルチーム、最後まで正々堂々とプレーされましたし、きのうの結果だけを見て「弱小」と表現するのはよくないと思いますね。

試合というのは、相手チームあってこそできるものですしね。

モンゴルチームの皆さん、ありがとうございました。

2021/03/31(水)
これだけの点差になってもあきらめず最後まで戦い抜き更にはイエローカードゼロのモンゴルには「チームにフェアプレー賞」を与えてほしいですね。綺麗な試合はこういうものだという事を全世界に発信してほしい。

2021/03/31(水)
日本だって、ひと昔前まではレベルは高くなかったのに…対戦相手には、敬意をはらう様に記事を書いて欲しかった。

2021/03/31(水)
1995年のラグビーワールドカップの1次リーグで
日本はニュージーランドに17-145と歴史的な大敗をしました。

しかし24年後の日本で行われたワールドカップでは
1次リーグを無敗で勝ち上がり
多くの国民に感動を与えました

価値があったのはモンゴルの方だったと
何年か後にはわかると思います

2021/03/31(水)
このライターは相手へのリスペクトを知らない頭の弱小な方ですね。

試合が出来るのは相手が居るから、このコロナ禍にも関わらず感染リスクが有るなか試合をしてくれてありがとうと思えないのが信じられない。

ライターとしてもう少し成長して欲しいです。

2021/03/31(水)
弱小はひどい。
たしかに強いチームではないかもしれないが、それでもモンゴルの選手は最後まで全力で戦ってくれた。

弱小という表現を使うのは間違っている。

2021/03/31(水)
モンゴル代表チームは、せめて1点、取りたくて
最後まで頑張ってました。力の差こそあれ、素晴らしい試合でした。モンゴル代表チームは、3週間もの合宿をしたと放送時、聞きました。もちろん、それでもモンゴル代表の選手達は、日本に勝てるとは、思ってはいなかったでしょう。懸命にプレイして、悪質なファウルもしない、モンゴル代表チームを私は、日本代表チームと同じ位尊敬します。

2021/03/31(水)
こういった試合を報道する時はスコアのみを伝えて内容について事細かに書く必要はない。
日本代表が最後まで手を抜く事なく攻め続けた事は十分伝わる。かと言って素晴らしいプレーがあったとは思えない。
ましてや相手の事を弱者と断言するのは思い上がりも甚だしい。日本も欧米、南米チームから見れば弱小なのを記者は知らないらしい。

2021/03/31(水)
弱小なんてことは試合が終わって初めてわかることですし、そもそも選手は試合中そんな事を考えていないです。
代表生き残りをかけての自分のアピールもあるから一生懸命やるだけ。点を取れるなら取れるだけ取りたいのは当然だと思う。
最後まで点を取りに行く意思が全員に浸透していた結果が14点だと思います。
公式戦である以上価値に優劣は無いと思います。それは廻りが勝手に決める話で選手はそんな余裕は無いと思います。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ