スクリーンショット 2021-03-31 21.37.45

スポンサード リンク




W杯アジア2次予選で日本に0-14と大敗したものの、モンゴル代表は最後まで必死に戦った。日本でモンゴルといえば、大相撲力士の活躍が有名だが、サッカーの事情はどうなっているのか?

モンゴルは国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは190位で、「海外組」はハンガリー1部プスカシュ・アカデーミアに所属するFWガンバヤル・ガンボルド(20)だけだった。

同FWは18年8月に同クラブと契約したが、欧州各国の1部リーグクラブに入団したモンゴル人選手はガンボルドが初めて。欧州でプレーする選手を多数抱える日本とは、チームの成熟具合で差があるのは無理もなかった。

モンゴルサッカー協会は1959年設立。98年にFIFAとアジア連盟への加盟が認められた。代表チームがW杯予選に参加するのは02年W杯日韓大会予選が初めてで、2次予選に進んだのは今大会が初。それだけに2次予選を戦えること自体が同国代表にとっては特別で、名誉なこと。だから大差がついても最後まであきらめずにプレーできたといえる。

国内リーグのエルチムに所属するDFツェデンバル・ノルジモー(32)は幼少期にはモンゴルの伝統的スポーツであるレスリングやアーチェリー、乗馬などをたしなみ、学生時代には多くの大会で優勝を経験したという。だが98年にモンゴルがFIFAに加盟して以降、サッカーの魅力に取りつかれ、学校のチームに所属して頭角を現してきた。

同DFは「初めて2次予選に進んだことは素晴らしいこと。モンゴルサッカー界の発展に大きなインパクトを与えると思う」と話す。これまでモンゴルの子どもたちはテレビでプレミアリーグなどを観戦することが多かったそうだが、国内リーグにも注目が集まりだした。競技人口が増え、国内リーグのレベルも上がれば、いつの日か日本と互角の戦いができる日が来るかもしれない。【千葉修宏】

 

2021/03/31(水)
タジキスタンもそうだけど、2010からしっかりサッカーしてて、今回の予選で再戦したらかなり強くなってた。

アグレッシブを暴力と履き違える国と違い、しっかりサッカーする意識でぶつかってきたあたり、10年後は相当強くなってるはず。

ただでさえ、相撲はめちゃくちゃ強いんだから、ポテンシャルは間違いないはずだし。

2021/03/31(水) 
なにかとラフプレーを闘争心と勘違いしている、中韓北との試合や
レフェリーがいつも敵のような中東勢との対戦は見ているだけで
イライラするし各大会の予選以外で試合する意義も感じない!
それ以上に怪我で選手生命をつぶされないかが心配!
モンゴルの選手は力の差を理解した上でフェアプレーを貫きました。
モンゴルにとっては大変勉強になったと感じますし、これから更に
日本のサッカー協会などと協力・強化してアジアの強豪となってほしいです。

2021/03/31(水) 
ただ単に、サッカーに関してはまだ発展途上だということ。
あと数年後、十数年後には、日本と互角の試合が出来るチームになると信じています。

2021/03/31(水)
モンゴルは一生懸命で、イエローカードの無いフェアプレーの姿勢が素晴らしかった。

2021/03/31(水)
どんなに点差がついてもラフプレイに走らず最後までサッカーをしてくれた。これはサッカー選手として以前に国民性と言うか人間性が出ていたと思う。実力差がありワンサイドゲームになると小野伸二の惨劇を知ってるだけに心配になってしまうがモンゴルは素晴らしかったとしか言えない。

2021/03/31(水)
日本代表の強化にはならないかもしれないが、是非ともアウェーで親善試合してあげてほしい

それで、Jリーグ、海外の日本人選手に興味をもってもらえたらええね

2021/03/31(水)
SNSなどで開催そのものに懐疑的な反応が示される東アジアE-1サッカー選手権。知らない人も多いようですが実は予選か行われており、モンゴルも予選に参加しています。毎回決勝に顔を出す4ヵ国はともかく予選に参加する大半のナショナルチームの強化の場として重要な大会となっています。
W杯二次予選進出もそれらの大会での努力の賜物だと思っています。

ミャンマー戦が国内でのクーデターによる延期になったために急遽行った韓国戦ではありますが、対戦相手の選択肢が増えるように東アジアサッカー連盟に所属している国・地域の中でも台湾、グアム、そして今回戦ったモンゴルには是非ともレベルアップしてほしいところです。

2021/03/31(水)
同じワールドカップ出場するチームだから上も下も無い。ただ本戦出場の為に全力を出すと言う事だ。モンゴルはサッカーを初めてまだ浅いから強いチームと戦って色々経験して強くなって行くだろう。韓国の様に相手を痛め付けてその隙に勝つ事だけは覚えて欲しく無いね。

2021/03/31(水)
昭和の頃の日本もこんな感じだったのか?
二次予選を戦えた喜びよりも、日本に大敗した悔しさの方が大きいと、この後の成長速度が速まると思います。

2021/03/31(水)
2次予選自体が初という事で、アジアの強豪国と試合が出来るだけで嬉しいというのはわかる気がする。日本もW杯や久々の五輪(マイアミ)も似た感じだったし。あと、モンゴルのプロリーグの話にも触れて欲しかったな。

2021/03/31(水)
ラフプレーの無い清々しい試合。
どれだけ点差が付いても、最後までやり切るスポーツマンシップ。

何十年か前の日本が、欧州や南米のチームと試合をしてボロ負けしていた頃の気持ちを思い出した。
日本もあの頃よりずっと強くなった。
汚い試合をしないモンゴルも、きっと強くなって行くだろう。
応援します。

2021/03/31(水)
全員髪を短くカットしていて好印象。
特にキーパーはポジショニングも良くかなりの数のシュートを体に当てていた。

2021/03/31(水)
互いにカードなしってのはこの点差だと凄い話なんじゃないかと思う
負けてる方は荒れてラフプレーに走ってもおかしくないし、勝ってる方は怠慢に取られてもおかしくないプレーが出たりするもんだ
実力に差はあれど、最後まで集中し続けたモンゴルは間違いなく強くなる
そう思う

2021/03/31(水)
日本も一次予選でフィリピンに負けたりとかした歴史を積み重ねてここまで来たのですから、モンゴルだって、日本のJリーグ開幕がキートリガーになったのと同様な出来事があれば将来、レベルアップしてアジア強豪に上り詰めたとしても不思議はないでしょうね。

2021/03/31(水)
日本も今の様にアジアの強豪国として認められる様になったのはほんの30年前の話で、その前にはかなり長くにわたり暗黒の時代がありました。

これから新しい時代を築けば良い話なので、『諦めない気持ち』を武器に今後も今回の試合の様にプレーして欲しいです。

がんばれモンゴル!

2021/03/31(水)
今は圧倒的な差だけど20年後は肩を並べる可能性だってある!一方的な展開でもラフプレーはなく繋ごうとする意図は所々で見られた!そこには敬意を払いたい!そう言うところから一歩一歩進んでいけば将来可能性はあると思います。

2021/03/31(水)
朝青龍さんが、強化に取り組んだ柔道やレスリングは形になってきている。今後全面的にのりだしていけば、日本と互角に戦えるようになるし、ワールドカップも少しずつ見えてくるのではないでしょうか。

2021/03/31(水)
10年以上前から、サッカージャーナリストの森本高史氏が私財を投じてモンゴルにクラブチームを創設し、ジュニアやユース世代の育成に尽力してきたことはあまり知られていないかな?
モンゴルサッカー連盟は、実は数年前に会長の不正行為でAFCでも問題になっていたりしたんですが、ピッチ上ではフェアプレーが実践されていたのはとても素晴らしいこと。
日本人プレーヤーや指導者も結構渡モしてますよ。

2021/03/31(水)
モンゴルの何人かのメンバーは、身体能力の高さやテクニックを見せていましたよね。
最後までメンタルは折れず、危ないファウルで止めようとしない姿勢と相まって、良い指導を受ければ、「次」とは言いませんがその次の予選くらいには、手強い相手になっていると感じました。

そう言う意味では、14点は逆に取り過ぎたかも知れません。

2021/03/31(水)
モンゴルの方々はプレミアリーグを見ているということですが、昨日戦った選手達はプレミアリーグの選手と対戦することができた(南野)ので、それだけでも大きな収穫だと思う。目指すべき場所が明確になっただけでもこの試合は価値があると思う。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ