スクリーンショット 2021-02-28 21.04.46

スポンサード リンク




 バスケットボールとサッカーのスーパースターが海を越えて舌戦を展開した。政治や社会問題に関して積極的な発信を行うNBAレーカーズのレブロン・ジェームズ(36)に対し、セリエA・ACミランのFWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が26日に突然の猛批判。「彼はとても好き。(選手として)驚異的だと思うけど、高い立場の人間が政治を語るのは好きじゃない。得意なことだけやればいい」と発言。米MLSギャラクシーでプレーした経験もある元スウェーデン代表の怪物ストライカーは「俺がサッカーをするのは一番得意だから。(政治に口出しするのは)人が有名になって一番最初にするミス」などと訴えた。

 これには過去にトランプ前米大統領とも舌戦を繰り広げ「キング」ともあだ名されるジェームズが黙っているはずもなく、27日の試合後に反論した。「間違ったことに口は閉ざさない。平等や社会正義、人種差別に関して考えを説く。米国や世界での出来事を光で照らし続けるために自分の立場を活用する」と宣言。自身の信念を貫く姿勢を示した。

 元NBAのスーパースターであるマイケル・ジョーダン氏(58)も騒動に参戦した。イブラヒモビッチに対し「君は本当にサッカーが得意なんだから、レブロンに関して意見するべきではない」とツイート。国際的にも注目を集める異種競技の“場外乱闘”となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e3cbac4401bb2098ccddaa054d9257c666037ba8 

 

2021/02/28(日)
イブラの言葉は「猛批判」ってほどじゃないし、レブロンの反論も冷静で互いに考えを明かしただけだと思うけどなぁ。むしろ無関係のMJの言葉がいちばん挑発的。

2021/02/28(日) 
アメリカの場合、一般人でも「私は共和党支持者だ」とか公言している人は結構いるし、そのことが受け入れられている社会なので、有名人でも政治について語ることに違和感はない。
欧州だとその辺が国によってやや微妙だし、まして日本だと大分ハードルが上がると思う。国民性や文化的なこともあるし、二大政党制と複数の政党が乱立する国の違いなどもあると思う。

2021/02/28(日)
そもそも「場外乱闘」とか意味不明な表現を使って、実際には大したことでもないことを一々誇張しようとする日本のアホ記者が"場外"でしょwww

海外では有名人やスポーツ選手がSNS使って政治・人種などの問題について発言して、時には互いに熱い議論を交わすことは「ごく日常のこと」であって、まったくもって「場外乱闘」とは程遠い。

日本メディアの記者がいかに国際文化について無知であるということに、日本国民は呆れながら失笑するばかりです。

2021/02/28(日)
受け取る側としても考えるべき問題。
レブロンのような著名人が言っているから正しいと無条件で共感するのではなく、それを個々で考える機会とすれば良い。それが民主主義を作っていくのだと思う。

2021/02/28(日)
技術の進歩で情報発信が容易かつ広範に行うことが可能になりましたからね。

発言がクロスオーバーに広がる中、地域や国によってベースが異なることによる軋轢は避けられない世の中になっています。

これまで以上に相手の主義主張を認め尊重することを意識しないと、国粋主義や排他性が進み、言葉行動問わず攻撃がエスカレートするでしょう。

なので、面白おかしく取り上げず、そういう考えもあるよね、で留め、騒ぎに加担しないことが肝要だと思います。

2021/02/28(日)
有名人が政治に関する発言する事その物より、間違った事を平然と発信する事に問題がある。

2021/02/28(日)
2人の話はたいした内容では無い。アメリカには国と戦った偉大な黒人でありスポーツ選手でありチャンピオンが過去にいたのだから・・・。イブラの意見もブロンの意見もこの人には良い意味でも悪い意味でも当てはまるからどちらが良いとは言い切れないが、最終的に世をスポーツを人種を押し上げた男はずっと前に存在した。

2021/02/28(日)
投票権を持った、主権者たる国民、有権者として、政治に参加する権利がある以上、政治について発言するのは当たり前。スポーツ選手は必ずノンポリで居続ける義務など無い。

古代ギリシャ時代から人間は「政治的・社会的存在」である、ゾーン・ポリティコーンであるという格言がある。市民社会に生きる存在である以上、スポーツ選手であろうと、芸術家であろうと、主婦、宗教者、学生であろうと、みな政治的な意見は持って当たり前で、それに基づいて投票をする。高校生だって投票権がある時代なんだから。

黒人のレブロンがアメリカで立たされている立場は非常に厳しい。イブラもアメリカサッカーリーグで活躍してきて、BLMやレブロンのスタンスについて知らないわけは無かろう。

2021/02/28(日)
社会貢献活動に積極的で、自ら貧しくかつ黒人としての差別もあるなかで、ここまでのし上がったレブロンには政治的な発言はむしろ求められてると思う。彼が将来的に大統領目指しても私は違和感ないけどな。

2021/02/28(日)
イブラの発言もごもっともと思う部分もあるし、レブロンの返しにも納得する部分もあります。日本に置き換えると、タレントなどの有名人が、よく調べるでもなく複雑な政治の話しをして世論を左右することもあります。発言や発信は自由であると思う反面、危うさも感じるので、思い付きやその場での感情をぐっと抑えることも必要なのかな?と感じます。レブロンのコメントは政治信条をしっかり持っていると思います。

2021/02/28(日)
イブラヒモビッチ選手のインタビュー動画を見ましたが、レブロン選手の名前を口にしていないっぽいんですよね。。

でも字幕ではきっちり入っているし、インタビューの別の場面とかですかね。

イブラ選手は傲慢キャラを生かして?、ユーモアまじえて煙に巻いた受け答えをすることが多い印象です。
自分から相手を特定した形で、しかも真面目に批判するってこと自体に違和感があります。

2021/02/28(日)
誰しも個人的な見解や政治信条を表明することは悪いことでもない。
ただスポーツや各分野で活躍し多くのファンを抱える有名人の発言は個人の一意見に留まらず
その発言の正しい正しくないに関係なくメディアやファンやアンチを巻き込み社会に大きく影響を与えてしまうものだから、影響力の行使については慎重であるべきだと思う。

2021/02/28(日)
>> アメリカの場合、一般人でも「私は共和党支持者だ」とか公言している人は結構いるし、そのことが受け入れられている社会なので、有名人でも政治について語ることに違和感はない

こんな意見があったけど、そのアメリカでトランプ支持を表明したカート・シリングがただそれだけで殿堂入り出来なくなっているんだよな。

2021/02/28(日)
有名人の発言は良くも悪くも劇薬になりかねない。

発信する際に生じ得るミスリードや失言の責任を自身で取れるなら、個人の思想や価値観を発信するのは別に良いんじゃ無いのかな。
ただ、イブラが言う事も勿論一理ある。

2021/02/28(日)
双方とも何とも思ってないと思うよ。
大切なのは意見を出し合うということ
日本だとそれがトラブルという扱いになる。
煮詰まると馬鹿でも権力者に意見を出すだけで、反対したという扱いになる。
日本人が世界に劣る原因だね

2021/02/28(日)
まぁ正解は無いと思う
ただ、影響力が強い個人にはファンや大衆を変な方向に誘導してしまう可能性があるので、そこだけは気になる

2021/02/28(日)
的外れだったり、フェイクだったりと内容により許容範囲を超えるものがあることも事実ですが、基本的に言論は自由であるべきです。それが自由主義の国々の基本です。自由が他者の自由とぶつかる場合だけ調整が必要になるのです。専門外は黙ってるというなら、政治的な話がしにくくなります。開かれた言論を押しつぶそうとするのは論外です。

2021/02/28(日)
多分レブロンが集まれつったらトランプが選挙の時にやったのと同じことが起こせるよな。もう立場としてはその域にいる。トランプと同じ釈明をしなきゃいけない時が来るかもしれない。イブラはスターが偏るデメリットを考えている。

スターじゃないと発言出来ないこともあるだろうが、スターだからこそ引かなきゃいけない線引きもあると思うよ。人によってどこを重視するかだ。

2021/02/28(日)
バスケットボールがメチャクチャ上手いだけのお兄ちゃんの意見だと、受けとる方がそう思えばいいんだけど、実際はレブロンそのものが崇拝されてしまっている。盲目的に従う人間が多いからうれいているのだろう。
レブロンに限らず、スポーツの才能に恵まれただけで、教祖みたいに振る舞うなって事だろう。

2021/02/28(日)
正反対の考えなのにどちらも気持ちが分かる。芸能人などで政治に対して的外れな発言している人がいるとイブラヒモビッチの気持ちになるし、自分の好きな人とかがいいこと言ってたらさすがと思う。

2021/02/28(日)
有名人の発言だと影響力があるといっても
賛成の人もいれば、反対の人もいる。

むしろ議論をオープンにできる文化があれば
一部の声がうるさい人に影響されるという事はない。

2021/02/28(日)
出自も環境も目標も違う2人の人間だからどちらのスタンスも間違いではないと思う。

それにしてもジョーダンが発言するとは思っていなかった。コメントを求められたのかな。
ズラタンに対する批判に見えるけど、これはズラタンの「俺はサッカーが一番得意だからサッカーやってるんだ」ってコメントに対するジョーク。きっとジョーク100%で正直どうでもいいと思っていそう。

2021/02/28(日)
サッカーやテニス・ゴルフ・陸上競技などプレーヤーの母国が世界各国にまたがるスポーツにおいては選手はプレーヤーでいる間は政治や社会問題に対する発言は控えるべきだと思う。
例えどんなに道徳的に正しいと思われる主張であっても真逆の文化を持つ国を母国とする選手との対戦や交流もあるわけで、トッププレーヤーが唱える主張によって自分の国籍に対して引け目を感じる選手が出てくるとしたらそれはフェアではない。政治や社会問題に関しては出来るだけフラットであるべきだと思う。

2021/02/28(日)
発言をすることは重箱のだと思う。
ただ、影響力のある人は発言に対する責任も大きいと認識するべき。
自分が正しいと思うことを伝えることも大事だけど、その認識が適切かどうか?影響力があるということは色んな人をミスリードする可能性もあるからな。
そこら辺を考えると専門家ではない人間で影響力のある人間が意見すべきではない。と思ってるんだろうなぁ。イブラの考えもわかる。

2021/02/28(日)
海外でどうなのかは海外旅行すらない自分には良くわからないが、
父親が学校・職場では宗教や政治の話をするは止しておけって言われたが
日本では公共の場であまりそう言うことをしないですよね。

2021/02/28(日)
人種差別批判が政治に言及することになるのか?
虐げられ続けてきた人間には発言する権利がある
地位や知名度の高い人が意識して発信するのもね
一番悪いのは「場外乱闘」と煽るメディアですよ

2021/02/28(日)
大変もっともな意見。
専門家でなくても高い位置にいる人の発言は同調圧力と言うか反対意見の封殺につながりやすいよね。

2021/02/28(日)
レブロンはバスケ界の現役最強選手であり、そんな選手の発言と、イブラのようなかつてもいまも、最強とは程遠い選手とは、意味が違う。中途半端なランクでは黙ってればいい。レブロンは違う。

2021/02/28(日)
バスケの事はレブロンに聞くし、サッカーの事はイブラに聞く。政治の事は政治家や学者に聞いた方が良い

言論の自由だから別に言ってもいいんだけれど、専門性の高さよりも影響力が上回ると国民をミスリードしてしまうことがある。

2021/02/28(日)
スポーツ選手自身は政治対立に対して分別できても、その言動にふれた人やファンたちが分別できるわけではないことに、もっと焦点を当てるべきだ
よってスポーツ選手は政治的主張をおこなうなら、その方法と場を慎重に考えてから行動に移してほしい
スポーツを、政治や思想の代理戦争の場にしてはいけない











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ