スクリーンショット 2021-02-25 17.58.07

スポンサード リンク




過去から現在を含めた日本人サッカー選手で、各ポジションでナンバーワンと言える選手は誰なのか。これを同じトップレベルを経験した目線で、元選手に語ってもらう。今回はセンターバックの分野で、かつて浦和レッズや湘南ベルマーレ、レノファ山口でプレーした坪井慶介さんに、これはという10人を選んでもらった。

◆ ◆ ◆

10位 山口智(元ガンバ大阪ほか)

 ガンバ大阪の黄金期を支えた山口さんは、対戦して本当に嫌なセンターバックでした。宮本恒靖さんとシジクレイと3バックを組むことが多かったと思いますが、3人のなかでは目立たないタイプだったかもしれない。でも僕は、山口さんがいちばん効いているといつも思っていました。

 嫌なところで潰してくるし、そうかと思えばクリーンにボールを奪うこともできる。試合のなかで僕は山口さんのマークについていて、点を取られたこともあります。DFとして対峙して改めて「やっぱりこの人は強いな」と感じましたね。

 それから遠藤保仁やフェルナンジーニョ、二川孝広など、攻撃的なガンバのなかで、チームのバランスをうまく取る山口さんを見て「渋いなぁ」と、いつも参考にしていました。僕にはない足元の技術も持っていたので、嫉妬も含めて10位で(笑)。

9位 吉田麻也(サンプドリア)

 日本人のセンターバックとして、これだけ長く海外のトップレベルでプレーできるのは、ただただ"すごい"の一言に尽きます。攻守にわたるセットプレーの強さやディフェンスラインの統率力、チーム全体でのリーダーシップなど、田中マルクス闘莉王と似ているタイプのDFという印象ですね。

 日本人のセンターバックが海外で長くプレーして成功するのは、コミュニケーションの部分や体格差の面で、僕は難しいと思っていましたが、彼はそれが可能なことを証明してくれました。パイオニアとしても尊敬に値する選手だと思っています。

 もちろん、代表でも100キャップ以上というのは並大抵の数字ではない。監督が代わっても評価されて、選ばれつづけるのは彼の能力の高さを物語っていますね。

8位 森重真人(FC東京)

 森重はDFとしての能力がトータルで高く、なんでもできる選手というイメージ。そのなかでもとくに評価しているのが、攻撃面での足元の技術です。

 今年頭に行なわれたルヴァンカップ決勝ではボランチで出場していましたが、センターバックの前にもうひとりセンターバックがいるような存在感がありました。足元のテクニックも存分に発揮していて、改めて良い選手だと感じましたね。

 それから判断力も非常に優れていて、個人レベルでもそうですけど、チームとしても(ボールを取りに)行くか、行かないのかの判断が抜群。それはセンターバックとして大事な能力の一つだと思います。

7位 冨安健洋(ボローニャ)

 デカくて、速くて、強い。それに加えて足元もうまい。もうすごいとしか言いようがないです。周りの人が「冨安がすごい」と言い出してから彼のプレーを初めてちゃんと見た時は、噂に違わぬすごいパフォーマンスでびっくりしたのを覚えています。

 彼のプレーで僕が好きなのは、状況判断もしっかりしているところですね。あれだけのスピードがあれば、ちょっと遅れても対応はできてしまうんです。それゆえポジショニングが雑になる選手もいたりしますが、彼は細かな修正をサボることがありません。

 インターセプトを狙えるポジションだったり、相手のボール保持者の状況によってカバーリングに入れる位置を取ったり。そういったことをしっかりと判断しているので、まだまだ伸びしろはたくさんあると思います。

 僕にはクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)やズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン)と対戦するなんて想像もできないですが、そうした一流選手たちとの対戦経験は貴重だと思うし、羨ましいかぎり。これからもっと成長すると思うので、期待して見守りたいと思います。

6位 松田直樹(元横浜F・マリノスほか)

 マツさんはセンターバックとしての守備能力やフィード能力は、歴代のなかでもトップクラスの選手だったと思います。

 でも何より印象に残っているのは、マツさんがピッチにいるのといないのとでは全然違ったということ。DFはあのポジションで存在感によって違いを出せるかがすごく大事で、マツさんはその点においてもずば抜けた選手でした。

 僕は若い頃、ピッチのなかで声を出すことが少ない選手でした。でもマツさんのコーチングだったり、味方を鼓舞する声だったりを目の当たりにして、必要なことなのだと思い知らされましたね。しかも常に声を出すのではなくて、チームが必要とする時に必要な声を出せるのがマツさんでした。

 DFとして自分の仕事を粛々とこなすのも大事ですが、プロとしてピッチに立つ以上、それだけではダメなんだとマツさんは教えてくれました。

5位 田中マルクス闘莉王(元浦和レッズほか)

 浦和レッズで長く共にプレーした、闘莉王を入れないわけにはいかないですね。僕は現役の頃、DFは点なんて取れなくていいと言っていましたが、じつは闘莉王のことを「お前はいつも上がって、点取れていいよな」と羨ましく思っていました。

 彼はDFとしてスピードがあったわけではないけれど、そのぶん判断が抜群に良いんですよ。レッズの試合をよく見てきた人は「闘莉王また上がってるよ」とか、「あいついつも前線にいるよな」とか、そう思っていたかもしれない(笑)。

 でも彼が上がるタイミングを間違えることはなく、周りの選手もしっかりカバーする意識を共有できていたから、守備に穴が開くことはありませんでした。「いま自分が上がることでチャンスになる」という、ゲームの流れを読む力は彼の秀でた能力の一つです。

 自分も攻撃に参加しようと、試合のなかで1、2度上がる時がありましたが、いつも「ツボ、今は行くな!」と止められていましたね(笑)。でも僕が彼を止めることは一度もありませんでした。

 それから彼の足元の技術も、レッズや日本代表にとって間違いなく強みでした。チームとしても個人としても彼のフィード能力には大いに頼っていました。隣にいて、そうした彼のストロングをどう生かすかをいつも考えていましたね。

◆2006年の浦和レッズ、戦力充実で必然の優勝。ダイナミズムが魅力だった>>

4位 中澤佑二(元横浜F・マリノスほか)

 佑二さんも、言わずと知れた日本を代表するセンターバック。フィジカルやヘディングの強さは歴代の代表DFのなかでも最高クラスだと思います。守備ではドシッと構えて跳ね返し、対人の強さは抜群。攻撃でもセットプレーで何度も点を取り、攻守において並外れた存在感がありました。

 やはり代名詞の"ボンバーヘッド"は強く印象に残っています。驚異的な跳躍力からあの長い髪を振りかざして叩くヘディングはとにかく強烈。そうした派手さだけではなく、ヘディングのセンスや飛ぶタイミングも本当に巧みでしたね。

 現役の頃は口にはしませんでしたけど、自分にはないものをたくさん持っていたので、闘莉王と同様に佑二さんのことも羨ましいと思っていました。代表ではお互いのストロングが違うので役割がはっきりとしていて、佑二さんと組むのは本当にやりやすかったですね。

3位 薩川了洋(元横浜フリューゲルスほか)

 横浜フリューゲルスや柏レイソルで活躍された薩川了洋さんも、とくに印象に残っている選手のひとりです。僕よりも身長が低い選手ではありましたけど、そんなことは関係なく、当たりの強さは人並み外れたものがありました。とにかく速くて屈強で、対人での守備では桁違いの強さを持つDFでした。

 僕自身もスピードや地上戦での対人守備をストロングにしていましたが、薩川さんを見た時は「ちょっとこの人はレベルが違うな」と面食らってしまいましたね。

 同タイプのセンターバックということで、薩川さんから参考にするプレーは本当にたくさんあり、いつかお会いして一度話を聞いてみたいと思っている先輩です。

2位 鈴木秀人(元ジュビロ磐田)

 スピードタイプのDFでいちばん憧れていたのが鈴木秀人さんでした。僕はデビュー当時から、Jリーグのなかでかなりスピードには自信がありましたが、初めてジュビロでの秀人さんのプレーを見て「こんなに速いセンターバックがいるのか!」と衝撃を受けたのを覚えています。新人だった僕はその時に、プロのレベルの高さ、世界の広さを思い知らされました。

 秀人さんはタックルも本当に優れていましたが、とにかく速いので(相手の前に)身体を入れて奪うことができるDFでした。そうした時の間合いの取り方など、駆け引きはすごく参考にしていたプレーです。3位の薩川さんと秀人さんは、僕と同タイプのセンターバックの先輩として尊敬する方で、ランキングを考えるうえで外せないふたりですね。

1位 井原正巳(元横浜F・マリノスほか)

 幼い頃からプレーを見て育ったこともあり、ランキングを考える時に真っ先に頭に浮かんだのが井原正巳さんでした。日本代表のキャップ数を見ても122試合というのは本当に偉大な数字で、間違いなく日本サッカー界を代表するレジェンドです。

 僕が新人で浦和レッズに入団した2002年は、井原さんの現役最後の年でもありました。たった1年だったけれど、井原さんの姿からプロとはなんたるものかを学ばせていただきました。一緒にプレーできたのは大きな財産です。

 井原さんは普段物静かな人でしたが、試合になると必要な時に必要な声がけができる人で、背中からリーダーシップを感じる本当に頼れるセンターバックでしたね。

 若い頃の井原さんは守備の能力が高く、クレバーでありながら強いセンターバックというイメージ。でもレッズで一緒にプレーした時は35歳で、身体能力を生かすよりは優れた判断力や周りを的確に動かして、守備陣に安定感をもたらす存在でした。

 新人の僕にとっては学ぶことだらけで、井原さんが隣にいるだけでこんなにも安心して自分のプレーに専念できるのかと、いつも感じていました。僕のなかで不動のセンターバック1位です。

坪井慶介つぼい・けいすけ/1979年9月16日生まれ。東京都出身。四日市中央工業高校、福岡大学を経て、2002年に浦和レッズ入り。俊足を生かしたDFとしてチームの数々のタイトル獲得に貢献した日本代表としても国際Aマッチ40試合出場。その後、湘南ベルマーレ、レノファ山口でプレーし、2019シーズンを最後に現役引退。現在はタレントとして活躍中。

篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
https://news.yahoo.co.jp/articles/071fb44ee64c10898e2c50a6e341cac7864a9a32?page=1 

 

2021/02/25(木)
小さい頃の憧れが井原だったので、嬉しい選出でした。
当時タレント軍団だったヴェルディを何度も完封した、井原、松永の砦。
今でこそ長谷部の代名詞ですが、当時はリベロと言えば井原でした。

2021/02/25(木) 
なかなか良いランキング。
当たり前のランキングではなくて、こういった完全なる独自目線の評価は改めて見直せるから面白いよね。

2021/02/25(木)
2位に鈴木秀、3位に薩川を持ってくるのは、やはり速さが武器だった坪井ならではかな。
ジュビロのN-BOXは中盤の5人に注目が集まりがちだけど、鈴木が右サイドの広範囲をカバーできる守備力が相当利いていた。
薩川はとにかく相手に食らいついていくような激しさが印象に残っている。

2021/02/25(木)
22歳だけど冨安が選ばれるのは皆納得。
守備面は万能な上安定感があるし、スピードや身長もある上攻撃センスまで高水準、あとは経験を積むのみの状態。
今後大怪我さえなければ世界トップレベルのクラブでもやれる。

2021/02/25(木) 
ディフェンダー出身なので面白い記事でしたし、坪井さんの的確な解説が良かった。井原さんや直樹は、私のアイドルでした!サイドバック編もお願いします。

2021/02/25(木)
薩川さんや秀人さん、中西永輔さんあたりは、あれだけ身体能力の高い選手がDFで出てきたのがまだ珍しい感じでしたよね。
その前のドーハ世代で選手層の薄さに泣いたのがDFでしたから。

アトランタ五輪の秀人さんや、フランスW杯でCBに入った中西さんが、ワールドクラスのFWを相手に個人戦で仕事をさせていないのを見て、ドーハからの時代の変わり目を感じました。

2021/02/25(木) 
伝わる人がいるかはわからないけど秋田豊のDFが印象深い
20数年前だったと思うがワールドカップでバティストゥータのマンマーク試合なんてまさに職人だった。

2021/02/25(木)
何かの番組でヤットも薩川をベストイレブンに選んでたな。他の選手に比べて知名度は低いかもしれないけどすごい選手なんだな。

2021/02/25(木) 
こういうランキングは身体的能力しか見られないけど、やはりDFの特にCBはコミュニケーション能力がかなり重要
ランキングでは下だけど、語学や外国人とのやり取りが円滑にやれてる吉田麻也は身体的な能力以上に評価されても良いと思う
CBは一人身体的能力が凄くても守れたり勝てるかって言われたらそうでもないし、周りと協力したり特に頭も使わなきゃいけないポジション
だからこそ人によって評価のわかれるポジションなのかなと思います

2021/02/25(木) 
坪井が選ぶ歴代CBランキングではなく、坪井が選ぶ坪井の好きなCBランキングって感じだな。
自分より年上だと憧れも入るし、一緒にプレーすればなおさら。
プレースタイルが似てると同じポジションの選手として良いところが目につくってところだろう。

2021/02/25(木)
自分は、吉田まやと富安が低すぎるように思いました。
昔のJリーグや主にアジアでしか戦えなかった日本代表で活躍した選手もリスペクトはしていますが、現在の苛烈なヨーロッパリーグで、先人にはなし得なかった実績をすでに有する選手は、明らかに実力面でもすでに上位だと思います。

2021/02/25(木) 
やっぱ坪井の順位予想やこのランキングも頭おかしいとしか言いようがない。

ランキングの意味をよく考えた方がいい。独自目線で面白くしたいなら10選とかにして濁せば良かった。

自分はそういう視点からこのランキングには納得出来ない。

2021/02/25(木) 
薩川選手は代表に縁がなかったけど、スピードのある「半袖仕事人」でした。
同じくスピードが持ち味の坪井選手に通じるところがあったと思うと、選出にも納得です。

2021/02/25(木) 
井原は全盛期に日本代表でリベロをやっていたけど、攻撃陣の構成や全体のバランスもあって攻撃面での関与は少なかった。使い方によっては元FWの能力を活かしてよりザマー的にも振舞えたのかも。

2021/02/25(木)
坪井は他の選手に対するリスペクトがすごく、それでいて客観的な視点がある人なんだなと思った。

たとえば代表で一緒にプレイした宮本恒靖、田中誠の名前がないのはすごい。いや妥当なんだけど普通なら忖度でいれてしまうでしょ。

2021/02/25(木) 
坪井で思い出すのはオーストラリア戦かな、見事でしたが途中怪我で・・
闘莉王は打点高いヘディングも良かった。

2021/02/25(木) 
現在25歳で現役時のプレーは観たことありませんが、井原さんの凄さはよく耳にします。
世代的には中澤や闘莉王、吉田や冨安がやはりすぐに浮かびますね。
特に後者2人は欧州でスタメン張ってるので凄さを実感します。

2021/02/25(木) 
独自色があふれて面白いランキングだった。
だけど、個性的で良い選手だけど、さすがに鈴木秀人が2位で薩川が3位はどうかと思う。
代表1試合の前者と、代表に縁が無かった後者・・・。
松田や中澤より上だなんて・・・。

2021/02/25(木) 
「周りの人が「冨安がすごい」と言い出してから彼のプレーを初めてちゃんと見た時は、噂に違わぬすごいパフォーマンスでびっくりしたのを覚えています。」

冨安を最初見た時まさにこれと同じ感想だった。若いのにこんなすごいDFが出てきたのか、と。
自分は坪井さんも本当に良い選手だったと思う。スピードがストロングポイントで、特に大型のセンターバックと組んだ時にリカバリーがきいてて巧い印象。サッカーゲームなんかじゃ日本代表チームのセンターバックに必ず坪井さんを入れるぐらい好きな選手です(笑)

2021/02/25(木)
智ええ選手やったなぁ~
今でも鮮明に思い出す
ヤット ー 智 のホットライン
178cmしかないのにドンピシャで
ヘッドでゴールするの凄いなぁって
思いながら見てましたわ。
ハイライトはACLレッズ戦の同点弾!
ヤットからドンピシャ!倒れながらの
ガッツポーズ

2021/02/25(木)
森重が好きですね。

代表戦で右サイドをゴール近くまで
上がって行って、反転しながら
敵を抜いた時は痺れました。

2021/02/25(木)
冨安はクリスティアーノ相手に二連圧勝だからな。

それでも7位というのは冨安のキャリアが未だこれから、それかクリスティアーノの突破力はワールドクラスじゃないから参考にならないと見られたのかもな

2021/02/25(木)
個人的に歴代1位は松田だな。
読みや対人戦の強さや元々FWからのコンバートだったからボールの扱いも上手い、ボランチやっても『CBの前にCBがいる』と称された。
プレーもそうだしでも何より人として魅力もあった。
経歴は優等生なんだけどタダ真面目なだけのつまらんタイプではなくヤンチャででも熱く仲間思いのアニキ肌。
未だに日本人DFで彼以上は見たことない。

2021/02/25(木)
宮本が選外になってるけど日韓W杯ロシア戦とアジアカップ2004ヨルダン戦は彼の機転が無かったら勝てなかったと思う。

2021/02/25(木)
薩川が3位に入ってるのが嬉しい。
代表に呼ばれたことないけど日本を代表する名センターバック。

2021/02/25(木)
吉田、富安、闘莉王、中澤よりも薩川、鈴木秀を上に挙げるのは渋いと言うか、自分と同じ背が高くないCBとしての目線なのかな。
井原は納得の一位。

2021/02/25(木)
薩川、鈴木秀人が入るあたりがいいですね。
田中誠は違うタイプだから、入らなかったか、気をつかったか。

2021/02/25(木)
これは面白いランキング!薩川、鈴木秀人、井原というトップ3はとても良い。
人によっては田中誠や秋田、森岡、宮本ツネ..と入るんだろう。

2021/02/25(木)
プロらしい意外な人選なんですね。
秋田が入ってない、宮本、田中誠、小村、柱谷、まだまだいますよね。

2021/02/25(木)
選手からは絶対選ばれない宮本恒靖
当然といえば当然なんだが
代表同僚はキャプテンやってたんだし1人くらい名前だしてあげてもとかガンバ勢は名前あげてやれよとこういうの見るたび思ってまう











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ