スクリーンショット 2021-02-24 5.03.38




1: 2021/02/24(水) 03:49:44.78 _USER9
2月21日、バルセロナは本拠地カンプノウでカディスと対戦し、終盤に追いつかれて1-1の結果に終わった。昇格組にも勝ち切れず、首位アトレティコ・マドリードとの勝ち点差は8で、リーガ・エスパニョーラ優勝は厳しくなってきた。

「果てしなく続く自滅」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』の見出しは強烈だ。チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第1戦、同じく本拠地でのパリ・サンジェルマン(PSG)戦で1-4と大敗したことを揶揄していた。

 ここ数年、バルサはCLの正念場で一敗地にまみれてきた。

 2016-17シーズンにはユベントスに3-0(2試合合計、以下同様)、2017-18シーズンにはローマに3-0、2018-19シーズンにはリバプールに4-0、そして2019-20シーズンはバイエルンに2-8と惨敗しているのだ。

 PSG戦は、"たまたま"大敗したわけではない。

「バルサは老いた。サイクルの終わりだ」

 かつて、デビューしたてのリオネル・メッシとバルサでポジションを争った元フランス代表リュドヴィク・ジュリの言葉は重い。バルサは"自滅のループ"を続けるのか――。

「(ロナルド・)クーマン監督が(ジェラール・)ピケを起用したことを批判する記事を読んだが、そうせざるを得ない状況があった。バルサには十分な戦力がなかったんだ。パリにはケガ人が出ても、代わるだけの選手がいた」

 レジェンドのひとり、リバウドは、PSG戦大敗の理由を簡潔に語っている。

 ジョゼップ・マリア・バルトメウ前会長は、サンドロ・ロセイ元会長に輪をかけて、バルサをいたぶる放漫経営を続けてきた。戦力として稼働していないフィリペ・コウチーニョに1億4500万ユーロ(約180億円)、ウスマン・デンベレに1億4000万ユーロ(約165億円。当初は1億500万ユーロだったが、出場数ごとのインセンティブで増えていった)の移籍金を支払い、金庫を空に。あろうことか有力な若手選手を売却し、1800万ユーロ(約23億円)で獲得したのが"毒にも薬にもならない"FWマルティン・ブライスワイトという茶番だ。

チーム改革は急務だったが、ここ数年、主力の顔ぶれは変わっていない。今シーズン、アヤックスから新たに加入したセルジーニョ・デストはクーマンの秘蔵っ子だが、PSG戦では戦犯に近かった。ラス・パルマスから加入した18歳のペドリは希望の星だが、的外れな補強は多い。強化のずさんさを象徴する選手がいる。

 2020年1月、700万ユーロ(約8億7000万円)でパルメイラスから移籍してきたブラジル人MFマテウス・フェルナンデスは、「幽霊選手」と風刺されている。契約後、すぐにバジャドリードへレンタルされたが、ケガも多く、ほぼ出場機会はなし。今シーズンは入団会見も行なわれず、売りに出されたが、バルサどころか1部レベルの選手ではなく、結局、引き取り手が見つからなかった。

 背番号19の幽霊を作ったのは、昨シーズンまでのスポーツディレクター、エリック・アビダルだ。

 パルメイラスのリザーブチームの練習を見て、アビダルはマテウスにほれ込んだという。交渉力が低いだけでなく、スカウティング力もなかったのだ。昨シーズン途中には突然エルネスト・バルベルデ監督を解任。不振の責任を選手にかぶせ、「自分の仕事をしてほしい」とメッシの怒りを買った。

 もっとも、前任のスポーツディレクター、ロベルト・フェルナンデスも似たようなものかもしれない。実はネイマールが退団後の2017年夏、1億ユーロ(約125億円)でキリアン・エムバペ(PSG)を買い取れる機会があったが、デンベレにそれ以上の大金を費やしたのだ。結果論とは言え、バルサの敗北は自明の理だった。

 クーマンはぜい弱な守備にテコ入れをし、再建を目指した。しかし、堅いディフェンスを実現するだけの選手は存在しなかった。そもそも、バルサというクラブが「攻撃こそ最大の防御なり」を極めることで成立してきた。その点、クーマンもバルサの監督としては限界があるのだろう。

 PSG戦でチームは混乱の極みに達していた。最強時代を戦ってきたピケは誇りが傷つけられたのか、前線の選手にやり場のない怒りをぶつけた。

「もう少しキープもできないのか。もう5分も攻められ続けて、走りっぱなしだぞ、クソったれ」

 怒鳴りつけられたアントワーヌ・グリーズマンも、負けずに返した。

「落ち着けよ。叫ぶのをやめろ。俺たちだって走っているんだ」

(後略)

Sportiva 2/23(火) 17:55
https://news.yahoo.co.jp/articles/902b8bb1709b1379975e6bf872982fc2003b9a24


スポンサード リンク

13: 2021/02/24(水) 04:16:38.35
>>1
「攻撃こそ最大の防御」「監督として限界」
攻撃力ないのにそれに固執する方がいいのか?

23: 2021/02/24(水) 04:42:37.38
>>1
まさか、来年はイニエスタの電撃復帰か?

2: 2021/02/24(水) 03:50:59.75
久保くんさえ居れば…

9: 2021/02/24(水) 04:05:41.09
>>2
レアル「どうぞ、あげます」

20: 2021/02/24(水) 04:34:22.28
>>2
降格したいならな

3: 2021/02/24(水) 03:52:54.50
モウリーニョを監督にすればすぐに優勝できるよ

はい論破

4: 2021/02/24(水) 03:55:50.33
グリーズマンとスアレス見てるとバルサ自体が地雷だとしか思えない
グリーズマンの選択は完全に裏に出たね

10: 2021/02/24(水) 04:07:01.09
>>4
スアレスはバルサ出されて見返すために
やっている、相当絞っている
バルサのままなら去年と同じ結果だったろう

12: 2021/02/24(水) 04:10:45.99
>>10
もちろん見返すモチベーション込みで言ってる
今のバルサは誰が来ても後悔すると思うぐらい崩壊してる

5: 2021/02/24(水) 03:57:50.18
暗黒期の代表格リヴァウド

8: 2021/02/24(水) 04:05:03.15
>>5
97-99に二連覇に貢献しただろニワカが

6: 2021/02/24(水) 04:02:32.03
イニエスタ返そう

7: 2021/02/24(水) 04:02:59.63
メッシがいなくなったらブランド力も失われるから本当の終わりの始まりだな

11: 2021/02/24(水) 04:10:24.73
デンベレは活躍してると聞いてるんだが違うのか?

14: 2021/02/24(水) 04:18:41.59
メッシというすばらしい選手がいるあいだに
大量に金を使って強いチームを作って
たくさんいい思いをする
その後20年ぐらいは、その思い出で生きていく
そういうのも賢いのかもしれない
中途半端なレベルをずっと維持するよりはw

15: 2021/02/24(水) 04:19:24.17
コウチーニョって結局また干されてるの?

16: 2021/02/24(水) 04:21:57.14
当たってないボールが当たって転げ回ったリバウドw

17: 2021/02/24(水) 04:24:03.68
サイクルの終わりなんてもう分かってることでしょ
だからメッシ切って若手にきりかえようとしてた訳で

18: 2021/02/24(水) 04:25:57.37
スペインの時代もそろそろ終わりかな
次はプレミア?ブンデス?

19: 2021/02/24(水) 04:29:33.28
残る希望はシャビ先生が監督として帰還する事だが、
今の状態では、帰って来ないんじゃないかな

21: 2021/02/24(水) 04:38:02.16
流石に降格しないと終わりとは言えないのでは

22: 2021/02/24(水) 04:39:04.08
今の若手が育ったとしても後数年はかかるだろうからな。
まだまだ身体の線が細いのだらけだし

24: 2021/02/24(水) 04:44:49.62
ペドリがもったいないんだよな
もうちょっと洗練されたいいチームでプレーしてるところが見たい

25: 2021/02/24(水) 04:48:11.14
>2016-17シーズンにはユベントスに3-0(2試合合計、以下同様)

2試合合計じゃなくて1試合のスコアでしょ
以下の試合も全部

26: 2021/02/24(水) 04:51:22.38
バルサはなんでアトレティコにスアレス売ったの?

27: 2021/02/24(水) 04:59:41.88
戦力不足なら日本のメッシ久保くんあげるよ

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1614106184/



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ