スクリーンショット 2021-02-14 21.41.01

スポンサード リンク




 レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は将来的にフランス代表の指揮官を視野に入れている。15日、英『ESPN』が伝えた。

 2018年ロシアワールドカップを制したフランス代表は、12年から現在までディディエ・デシャン監督が指揮を続けている。19年にはその契約期間が延長され、22年のカタールワールドカップまで担当することになった。

 そんな中、次期指揮官として名前が挙がったのがジダンだ。フランスサッカー連盟(FFF)のノエル・ル・グラエ会長はラジオ局に出演し、ジダンのフランス代表監督に言及。「ディディエが去り、そのとき私がまだ会長職に就いているならば、最初に候補に挙がるのはジダンだろう。彼とは本当にいい関係を保っている」と語っている。

 ジダン監督は13日、翌日のバレンシア戦の前日会見に出席。ル・グラエ会長のコメントに対し、「98年以来、ル・グラエ会長とは互いに関係を築いてきた。10年前に監督業をスタートさせたとき、いつかは可能性はあると伝えている」と否定はしなかった。

「だが、いま私はレアルにいる。レアルで楽しんでいる。将来はわからないが、いま私の心はレアル・マドリーにあるよ」

「私がいまやることは、持っているすべての時間を最大限に活用することだ。その先の未来のことは話さないよ」

 現役時代もレアルでプレーしたジダンは、06年のドイツ・ワールドカップを最後に引退。その後はレアルの育成組織で指導者キャリアを始め、15年1月からレアルの指揮官に就任した。就任初年度からUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇を成し遂げると、3連覇を達成。18年5月に一時退任するが、19年3月には再び指揮官となり、22シーズン末まで契約を残している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/79955d6d487f453c4d5d23cab934d409b6948a0e 

 

2021/02/14(日)
フランス代表はチームの結束さえ高まれば強いチーム
弱い時期とか負ける時は大体チーム内で内乱が起こった時とか
そういう意味ではカリスマ性があって選手から慕われるジダンはいいかもね
ただメンバーを固定化しすぎる癖は改善すべきとは思う
フランス代表はメンバー層の豊かさも強さの秘訣だし

2021/02/14(日) 
ジダンのフランス代表に就任するのは
何れ観たい。
嫌でもフランス代表を指揮する姿は観れると思う。
ジダンには
ベッケンバウワー以来の
選手&監督で全ての栄冠を勝ち取って欲しい。

2021/02/14(日) 
#10ジダンはフランスを世界王者と欧州王者にした英雄
クラブでもユベントス マドリーというメガクラブでレジェンドになった

監督としての実績もマドリーでチャンピオンズ三連覇

近い将来フランス代表監督になるはずだ

2021/02/14(日)
ベンゼマが代表に復帰する唯一の道だけど、その頃には年齢的にアウトかな

2021/02/14(日) 
前回W杯で優勝した現監督のデジャン体制が続いても何の問題も無いけどね
だって失敗が無いし

2021/02/14(日) 
ジダンのフランス代表
ペップのスペイン代表
シメオネのアルゼンチン代表はいずれ見てみたい

2021/02/14(日) 
フランスはジダン、ドイツはクロップが既定路線だな。

2021/02/14(日)
まあ、そうなっても何の不思議もないね。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ