スクリーンショット 2021-02-09 22.16.58

スポンサード リンク




「ピピ(中井卓大)とタケ(久保建英)の日本人コンビがレアル・マドリードで実現する日は来るのか? その答えはまだ誰にもわからない」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』は、意味深長な表現をしている。期待感は漂っているが、「そんなに甘い世界ではない」という厳しさも滲(にじ)む。ひとつ言えるのは、ふたりともマドリードが所有権を持った日本人選手ということだ。つまり、少なくとも夢の話ではない。

 17歳でレアル・マドリード・ユースに所属するピピこと中井卓大と、19歳でヘタフェに貸し出され、今日9日(現地時間)にはレアル・マドリードと対戦する久保建英。世界に冠たるマドリードの白いユニフォームを纏い、ふたりがピッチに立つ。はたして、その日は――。

 まず、マドリードの契約選手であること自体、"才能の保証書"である。

 マドリードの下部組織はエリート中のエリート。マドリード・ユースは昨シーズンの欧州ユースリーグ(ユース年代のチャンピオンズリーグ)でも優勝している。カスティージャと呼ばれるセカンドチームまでたどり着いた選手は大半が、どこであれ、トップリーグでプレーする実力を持つ。厳しい目で選ばれ、激しく鍛えられた選手たちは剛直で勝負強く、引く手あまただ。

 例えば、セルヒオ・レギロンはトッテナム・ホットスパー、ボルハ・マジョラルはローマ、アクラフ・ハキミはインテル、マルコス・ジョレンテはアトレティコ・マドリードなど、いずれもトップクラブで堂々とレギュラーを張っている。ラウール・デ・トマス(エスパニョール)、オスカル・ロドリゲス(セビージャ)、なども市場価値は非常に高い。

 その点、今年に入ってユースBからAに飛び級でプレーするようになった中井は、世界中から注目される逸材と言える。いわゆるセンターハーフで、トップチームでいえばトニ・クロースに近いか。プレースキッカーも任され、精度の高いボールを蹴ることができる。高度なボールキープと大胆なサイドチェンジはひとつの特長だろう。

とりわけ、攻撃面の創造性は同年代では傑出している。今後はひとつ前のポジションで試される可能性もある。今年2月のアトレティコ・マドリードとのダービーマッチでは、3点目を右サイドからのピンポイントクロスでアシスト。カスティージャのラウル・ゴンサレス監督は、トップ下や左サイドのアタッカーなど攻撃的ポジションでの起用も考えているとも言われる。

 ジネディーヌ・ジダン監督もそのポテンシャルを高く評価しており、トップチームの練習に招集している。

 もっとも、現時点の中井の目標は、ユース年代で確実に結果を残し、カスティージャに昇格することだろう。才能は才能であって、いきなりレアル・マドリードのトップでプレーする状況ではない。

 レアル・ソシエダでエース級の奮闘を見せてレンタルから戻ってきたノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールでさえ、出場機会を求めて再びアーセナルへの移籍を決断した。中井はチャンスを待ちながらも、力をつけることに専念すべきだ。

◆連載「レアル・マドリード王者の品格」>>

 一方、久保は「マドリードでプレーする」という"距離"では、当然ながら中井よりも近くにいる。昨シーズンは、1部マジョルカで主力としてプレー。今シーズンはビジャレアルを経て、ヘタフェに移籍し、レギュラーを張る。守備のハードワークなど適応力も見せ、実績も積み上げている。

 しかし久保にも、レアル・マドリードでの活躍には越えるべきハードルがある。

「レアル・マドリードは、各チームの"チャンピオン"を集めたチーム。(チャンピオンとは)勝負をつけられる選手のことだよ。さらに、その中で違いを示せるか。その重圧に耐えられる勝者の精神が必要なのさ」

 かつてレアル」・マドリードの背番号7をつけたアマンシオは、マドリディスモ(マドリード主義)の流儀をそう語っていた。所属先で主力としてプレーができたとしても、マドリードでは十分ではない。

 セルビア代表FWルカ・ヨビッチはヨーロッパリーグでゴールを量産してレアル・マドリードに入団するも、鳴かず飛ばず。ところがレンタルでフランクフルトに戻ると、交代出場でいきなり2得点している。

一方で、プレミアリーグ時代は颯爽とゴールを量産していたベルギー代表FWエデン・アザールも、レアル・マドリードでは足かせをつけられたように思うようなプレーができず、期待を裏切ったままだ。

 久保にとっては、リーガ中位のヘタフェで試合を決められる選手になることが、まずは先決になる。献身的な守備はできつつあるが、それだけでは足りない。攻撃面でも、才能の片鱗を見せるだけでなく、勝負の決着をつける得点、もしくはそれに関わるプレーが求められる。トップチームのマルコ・アセンシオ、ルカ・モドリッチと比較すると、まだ及ばないだろう。

 中井、久保とふたりの前途は明るい。しかし、マドリードで主力になるのは別の話。真のチャンピオン・プレーヤーであることを、天下に証明しなければならないのだ。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
https://news.yahoo.co.jp/articles/edb0de1a3cee1c0b51bfac3157a46c02786f3674?page=1 


 
2021/02/09(火)
久保の主戦場とするサイドアタッカーは若くて勢いのある選手が求められることが多くてスター候補がどんどん出てくるから代謝も激しいが、中井のセントラルハーフは堅実性や思慮深さが必要でチームでもベテランがやることが多い。
一度立場を築けば重宝されるポジションだから、中井には焦らずじっくり実力上げて立場を築いてほしいし、周りもいまは見守ってあげてほしい。
 
2021/02/09(火)
久保に関してはあれだけの技術がありながら、ゴールに遠い。。ファンならずとも、ちょっとジリジリしますよね。。中井君はまだ同じ土俵に立ってないので、期待は膨らみますが、何とも言えないですね。どちらも怪我無く成長してほしいです。
 
2021/02/09(火)
9歳でマドリーの下部組織に入りハイレベルな競争を
勝ち抜いてここまで来たのだこら並の選手じゃないのは確かだ、こころざし半ばで振るいにかけられ去っていった数多の選手の夢も背負ってトップチームに昇格する為戦っているピッピには期待しかない!
 
2021/02/09(火) 
タイミングやポジションもあるし、競争じゃない。
ここまで立派に成長してきた彼らのこれからを見守って応援していくだけ。
 
2021/02/09(火)
久保君はやはり必要なのは足元・テクニック「プラスα」のところ。サッカーはやはり点をとってなんぼ。「足元披露競技」ではないんだから。ロナウドやメッシ・スアレスらがなぜ得点を量産できるのか考えないと。よくそんな連中と比べても云々、って意見もあるがそう言う世界に入ったのだから比べないと。とにかく頑張るしかない。
 
2021/02/09(火) 
レアルがすべてじゃない!
南野だってレギュラー奪取は叶わなかったもののリバプールも十分すぎるほどすごい。
ただマルセイユの酒井のように数シーズン、レギュラーはってる方が価値はあると思うんだけど?
皆さんどーですか?ww
 
2021/02/09(火)
バルサとレアルの下部組織出身者を比べるとカスティージャ出身の選手の方が戦術的に幅があるから、様々なクラブで花開く可能性があるってのを昔サッカー雑誌のレポートで見た。あとアヤックスやアタランタなんかも良いらしい。
 
2021/02/09(火) 
ユースとトップチームは全くの別物

中井もマドリートップチームは直ぐプレーは厳しい

久保みたいに数年武者修行してどうかというところ
 
2021/02/09(火) 
トップにたどり着くか?の解釈によると思う。
1試合でも白いユニをリーグ戦で着る可能性があるか、ならyes
モドリッチ、クロース、ベンゼマのような不動のレギュラーか、ならno
 
2021/02/09(火) 
もしかしたら、ピピの方が登録は早いかもしれない。

ただ久保の方が、よりスタメンを脅かす位置にいるだろう。
 
2021/02/09(火) 
久保はフィジカルとスピードが劣るからターゲットとしての動きが求められるウィングは厳しいよ
逆に起点としての動きが求められる中盤を担ってる中井の方が可能性は高いと思う
 
2021/02/09(火)
この二人では無理。そんなに甘くない。トップチーム所属へ20の年、レギュラークラスまでには30年かかると思う。clのベスト8に日本人のが最低十人いる。そんなのが普通になってからかな。
 
2021/02/09(火)
先にたどり着いたからなんなんだよ。
じゃあその後は?選手としての行き着く先は?
本人たちは絶え間なく努力してるよ。
表立ってサッカーに携わってる記者自身が、
才能あふれる若者使って煽るような記事書いてんじゃないよ。
匿名掲示板でやるような事だこんな事は。本当に心底くだらない。
 
2021/02/09(火)
ようするに雲上人の世界だと。久保はまだまだ地上人だし、しかもよちよち歩きだ。道は遠く果てしない。
 
2021/02/09(火)
久保にしても中井にしてもやたらメディアに取り上げられるが、今のところ大した実績やインパクトを残せてないのに、信者が多いのが理解できない。確かに上手いけど、中田ヒデや中村、小野のようなインパクトや存在感は感じられない。彼らはゲームを決定付ける力があった。時代も違うし、比べたら久保の方が上手いのかもしれないが、先ずはチームで圧倒的な存在感を見せないと、レアルのレギュラーなんて夢のまた夢じゃないか?久保には頑張って欲しいけど、メディアにはしょうもないヨイショ記事はやめてもらいたい。
 
2021/02/09(火)
どっちかはたどり着けると思ってるのがね
マドリーはちゃんと補強しないと本気でまずいと思う
 
2021/02/09(火)
もう昔のレアルではないから、あまり魅力はないでしょ。
ミランにホンダが入ったのと一緒で、今1番強いチームに入れれば本当に凄いと思う。
活躍さえしてくれればどこでもいいけど。
 
2021/02/09(火)
あまりニュースになってないけど昨年バルセロナのカンテラに日本人サイドバックが加わった
日本とアルゼンチンのハーフ
 
2021/02/09(火)
ピッピのプレーは見た事ないからわからんけど、久保はフィジカル無い、スピード無い、身長無い、シュート下手。あるのはドリブルが上手いってぐらいやのに、なんでここまで持ち上げられとんやろ?って思ってた人も多いはず。
 
2021/02/09(火)
問うまでもない…ピピ中井に決まってます!!
外様の久保は、Rマドリーに戻れず、ラリーガ漂流人生でしょう〜
 
2021/02/09(火)
それよりもラ・リーガのクラブに留まることを目指すべき。
 
2021/02/09(火)
久保はもっとゴリゴリにゴールを押し込むエゴイスト差が欲しい。
 
2021/02/09(火)
中井選手にはスター性があると思う。期待したいですね!!

マスコミにチヤホヤされて潰されないように!!
 
2021/02/09(火)
どっち?じゃなくて、その答えを書いてくださいよ。
こんな書き方なら大体誰でも書ける。
 
2021/02/09(火)
中井の方が先やね!久保君はBチームにいたほうが正解やった。
 
2021/02/09(火)
マスコミは久保と中井を取り上げたがるが、個人的にはAZの菅原の方が将来有望だと思う。サイズとスピードとテクニックがあって性格も明るそうだ。
 
2021/02/09(火)
まだ話題にあげるのは早いです。
 
2021/02/09(火)
どっちが先も何も、ピピはどうかわからんが久保はちょっと無理やろ。厳しいわ。
 
2021/02/09(火)
意外と冨安
 
2021/02/09(火)
どっちも無理。
世界のフットボールをなめすぎ。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ