スクリーンショット 2021-02-07 11.03.08

スポンサード リンク




 利き足とは逆の左足を迷わずに振り抜いた。出場機会に、そして結果に飢えていた南野拓実の視界に入っていたのは、ニューカッスル・ユナイテッドのゴールマウスだけだった。
 
 冷たい雨が降り続く敵地セント・ジェームズ・パークで、日本時間7日未明に行われたイングランド・プレミアリーグ第23節。新天地サウサンプトンへ電撃的に加入した日本代表の「10番」が、左サイドハーフとしてデビューした一戦であいさつ代わりの豪快なゴールを叩き込んだ。
 
 ニューカッスルに2点のリードを奪われて迎えた前半30分だった。左サイドを攻め上がった元イングランド代表の左サイドバック、ライアン・バートランドが斜め右前方へ、グラウンダーの速いパスを通す。反応したのは中央寄りにポジションを取っていた南野だった。
 
 スピードに乗った体勢で右足を伸ばし、タッチしたボールを前方へ押し出しながらペナルティーエリア内の左側へ侵入していく。一瞬の出来事にMFアイザック・ヘイデン、DFエミル・クラフトはまったく反応できないまま、自分たちの間をすり抜けていった南野を見送るしかなかった。
 
 もっとも、雨水が溜まりかけていたピッチも影響したのか。直後に南野もバランスを崩しかけたが必死にこらえ、シュートの体勢に入る。次の瞬間、左足から放たれた強烈な一撃がニューカッスルの守護神、カール・ダーロウの右側の肩口とゴールポストのわずかな間を射抜いていった。
 
 ゴールネットの上部に突き刺さる追撃の一発を見届けた南野は、両方の拳を小さく握り締めながら雄叫びをあげた。アシストしたバートランドが、チーム得点王のイングランド代表FWダニー・イングスが駆け寄ってくる。顔を合わせてまもない仲間たちからの信頼をも勝ち取った瞬間だった。
 
 プレミアリーグの今冬の移籍期間の最終日となった今月1日に、突然届いたサウサンプトンからのオファーを即決で受け入れた。ヨーロッパを代表するビッグクラブ、リバプールの一員になって1年あまり。昨シーズンのプレミアリーグ制覇を経験しても、ハイレベルな仲間たちとの練習でさまざまなものを吸収しても、出場機会を得られなかった南野の脳裏には常に危機感が駆け巡っていた。
 
「正直、いまの自分の立場といったものに、まったく満足していません」

 今シーズン終了までの期限付き移籍での獲得を誰よりも望んだのは、サウサンプトンを率いて3シーズン目となるラルフ・ハーゼンヒュットル監督だった。オーストリア出身の指揮官は、母国の強豪ザルツブルクでプレーしていた南野の獲得をひそかに望んでいたと、ニューカッスル戦を翌日に控えた記者会見で明かした。リバプールの地元紙『LIVERPOOL ECHO』は同監督の言葉をこう報じている。
 
「昨年冬にタクミがリバプールへ移籍したときは本当に落胆した。タクミは私たちが求めているスタイルを熟知しているので、すぐにフィットして私たちを助けてくれると確信している」
 
 サウサンプトンが求めるスタイルとは[4-4-2]のシステムのもとで、ハイラインとハイプレスを仕掛ける戦い方であり、ザルツブルクにも共通するものだった。そして、1月に入ってからのリーグ戦5試合でわずか1度、それも6分間の出場にとどまりながらも決して腐らず、日々の練習に全力で打ち込んできたからこそ、3日間だけの練習をへて臨んだデビュー戦で期待に応えられた。
 
 リバプール時代の昨年12月19日のクリスタル・パレス戦以来となる、まるで閃光のようなプレミアリーグ通算2ゴール目へ、サウサンプトンの地元紙『SOUTHERN Daily Echo』の電子版は、ニューカッスル戦の試合経過を伝える速報のなかで最大級の賛辞を送っている。
 
「日本代表選手による、光り輝くようなファーストタッチから強烈な一撃がもたらされた。相手のゴールを打ち砕くまでの動きにまったくミスのない、完璧なゴールをデビュー戦のミナミノが決めた」
 
 ゴールを決めただけではない。前半を1-3で折り返したサウサンプトンは、後半3分にMFジェームズ・ウォード=プラウズが鮮やかな直接フリーキックを決めて再び1点差に迫る。2分後にはぬかるんだピッチをものともしない南野の力強いドリブル突破が、MFジェフリー・ヘンドリックのファウルを誘発。前半11分に続くイエローカードを提示されたヘンドリックに退場が宣告された。
 
 しかし、数的不利に陥り、引き気味になったニューカッスルを逆に攻めあぐねる。交代枠を使い切っていた34分にはDFファアビン・シェアが負傷退場。9人での戦いを余儀なくされたニューカッスルがさらに守備を固めたなかでゴールネットを揺らせないまま、試合終了を迎えてしまった。

 6分が表示された後半アディショナルタイムの終わりを告げる、主審のホイッスルが鳴り響いた瞬間に、フル出場を果たしていた南野は悔しそうに上から下へ、右腕を大きく振り下ろした。
 
「移籍してから高いレベルの選手たちと練習から一緒にプレーしていますけど、試合で結果を出してこそ成長を実感できるので。レベルアップしているのか、と言われると現時点ではわかりません」
 
 リバプール時代にこう語っていた南野は、サウサンプトンでの初陣で個人的には結果を出した。しかし、日本代表でも常に追い求めている、チームに勝利をもたらすという結果は手にできなかった。だからこそ心の底から喜べない。負けた瞬間に見せたしぐさに、悔しさが凝縮されていた。
 
 スコア上では惜敗ながら、数的優位を生かせなかったサウサンプトンはリーグ戦で5連敗を喫した。加入が決まりながら南野の選手登録が間に合わなかった、日本時間3日未明のマンチェスター・ユナイテッド戦では、2人の一発退場者を出した末に0-9の歴史的大敗を喫している。
 
 サイドハーフの選手を中心にけが人も続出している、負の連鎖を断ち切れなかった。それでも、イギリスのタブロイド紙で2位の発行部数を誇る『Daily Mail』の電子版は、試合結果を速報する記事のなかで「デビュー戦で決めた素晴らしいゴールが、セインツに希望を与えた」と伝えた。
 
 セインツとはサウサンプトンの愛称であり、ポジティブな英文の主語はもちろん新天地で「19番」を託された南野となる。息つく間もなく14日には、ホームのセント・メリーズ・スタジアムにウルヴァーハンプトン・ワンダラーズを迎える第24節が待つ。デビュー戦で放ったまばゆい存在感とともに、捲土重来を期す26歳が自らの意思で選んだ新天地での戦いがいよいよ本格化していく。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0cd1d87b676addd9ba0e0833ce3fd7ed03b696d7?page=1 

 

2021/02/07(日)
何故、リバプールに選ばれたのかを1発で証明しましたね!

2021/02/07(日) 
結果が出て何よりです。
インパクトをしっかり残す事が重要でゴールという目に見える形で結果が残せたのは良かったと思います。
南野がすごいのは頭の上をボールが越える様な展開でも消えない事です。
どうしても下位のチームはビルドアップに難があるのでリスクを減らすためロングを蹴る形が多いので、移籍した久保も結果が残せていません。
その中でしっかりボールに絡める南野は戦術眼が高いのだと思います。
プレミアでも実力を発揮して頑張って欲しいです。

2021/02/07(日)
素晴らしいゴールでした
リバプールで試合に出れなくても
しっかり練習、コンディショニングを
してきた成果ですね
次の試合も期待してます。

2021/02/07(日) 
正直言ってこのレベルで結果を出し続けた日本人はいない。
まずはこのチームで安定的に結果を出し続けて欲しい。
リバプールはちょっと早かったわ。

2021/02/07(日) 
凄いなぁ、試合が終わってからそれほど時間が経っていないのに、なかなか濃密な文章。ありがとうございます!

2021/02/07(日) 
出場機会とゴール数は増えそう
頑張れ!

2021/02/07(日) 
南野よかったね。それにしてもセント・ジェームズ・パークやセント・メリーズ・スタジアム等かっこいいなあ。

2021/02/07(日) 
何が凄いって、
ここはプレミア!
世界最高峰のリーグ!
この場で活躍すること。

2021/02/07(日) 
日本のエースだ!
実力あるFWはゴール決める!言い訳はしない!

2021/02/07(日)
サッカーなんとかとか、〇〇サカとかサッカー専門系よりよっぽど読み応えがある記事
誰でも書ける時系列書いてるだけの全く面白くない記事多過ぎ

2021/02/07(日)
チームは酷かったな…

2021/02/07(日) 
プレミアでダメだった武藤と比べると必死になってやっているのが伝わる

2021/02/07(日) 
ミナミーニョみたいな動きだったな

2021/02/07(日) 
南野らしい得点!嬉しい!!

2021/02/07(日)
トラップで二人を抜き去り難しい角度のシュートコースをズドン!と一発。完璧なゴール!!

2021/02/07(日) 
これは凄い「ご挨拶」🏻

2021/02/07(日) 
世界レベルのプレイ️











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ