スクリーンショット 2021-02-06 13.16.45

スポンサード リンク




■J1個人昇格アタッカーの”目玉”はこの4人

 自らが所属するチームはJ2からJ1への昇格を逃したものの、個人的にステップアップを果たした選手は多い。昨年なら坂元達裕がモンテディオ山形からセレッソ大阪へ引き抜かれ、主力として機能した。さらに、アルビレックス新潟でJ2得点王となったレオナルドは、浦和レッズでチーム最多の11得点を記録した。

 彼ら以外にもFW一美和成(京都サンガF.C.→横浜FC、いずれもガンバ大阪からの期限付き移籍)、MF小屋松知哉(京都→サガン鳥栖)、MF仲間隼斗(ファジアーノ岡山→柏レイソル)らが、J1の舞台で力を示した。

 今シーズンも注目すべき“個人昇格”が多いなかで、以下の4人をピックアップした。

 まずは明本考浩(栃木SC→浦和)だ。

 2019年の20位から10位へと順位を上げた昨年の栃木で、大卒1年目にして中心的な役割を担ったレフティーである。

 開幕当初は4-4-2の右サイドハーフで起用されていたが、2トップの一角へポジションを移すと攻守両面でチームに欠かせない存在となっていく。カウンター発動の担い手としてボールを運んでいき、個人でも局面を打開していった。21節の京都戦ではハーフライン付近でスルーパスを受け、そのままひとりで持ち込んでゴールネットを揺らした。

 利き足の左足はパンチ力と精度を兼ね備えており、直接FKのキッカーも担う。7得点は矢野貴章と並んでチーム最多タイで、8アシストは単独トップだ。栃木の総得点41の3分の1強に関わったことになる。

 ディフェンスの局面でも目が離せない選手だ。最前線からプレスを仕掛け、ゲームの終盤になっても二度追い、三度追いを繰り返す。“走る栃木”の象徴的存在となった。

 新天地の浦和は、前徳島ヴォルティス監督のリカルド・ロドリゲスが率いる。徳島で見せたサッカーをそのまま持ち込むとすれば、複数のシステムを使い分け、戦術には前線からのハイプレスも含まれる。2列目と2トップ、さらにはボランチにも対応する明本は、“リカ将”と呼ばれるスペイン人指揮官のもとで重要な役割を担っていくに違いない。

■6試合連続弾を含む18発のディサロは清水へ

 2人目はディサロ・燦・シルヴァーノ(ギラヴァンツ北九州→清水エスパルス)だ。

 19年に当時J3の北九州に入団したディサロは、チーム2位の7得点を記録した。チームがJ2に昇格した20年は、スーパーサブからスタートする。開幕から7節までは途中出場だったが、その7節から出場した試合で6試合連続ゴールを叩き出すと、好調なチームで2トップの一角をつかみ取る。町野修斗(今季から湘南ベルマーレへ移籍)との2トップは、シーズン前半戦のベストデュオと言っても差し支えなかっただろう。

 シーズン後半戦はチームが不振に陥り、ディサロもケガで先発を外れる時期を経験した。それでも、最終的にランキング2位の18ゴールでフィニッシュした。

 新天地の清水では、ミゲル・アンヘル・ロティーナのもとでプレーする。守備組織の構築に定評のあるスペイン人指揮官のもとには、昨季10得点のカルリーニョス・ジュニオ、新加入のチアゴ・サンタナ、湘南から移籍の指宿洋史らのアタッカー陣が揃った。

 ロティーナ新監野最初の仕事は、昨季70失点を献上したディフェンスの立て直しになるだろう。アタッカー陣にも守備のタスクが明確に課せられていくなかで、ディサロがどんなプレーを見せるのかは興味深い。左利きでありながら右足のシュートも強烈で、的確なポジショニングからヘディングシュートも決めて見せる。相手守備陣との駆け引きから、背後を巧みに突いていく動き出しにも定評がある。

 北九州では途中出場からも結果を残してきた。24歳の愛称レレに注目だ。

戸塚啓
https://news.yahoo.co.jp/articles/5cb8e6f3a91a11bb6ff5cf7b71772ee9d627e1fa?page=1 

 

2021/02/06(土)
J2で中途半端に順位上げると翌年主力引き抜かれて苦労するんだよね。
だからサポとしては複雑な気持ちになるんだよな。

2021/02/06(土) 
ディサロは、かなり活躍しそう。
嗅覚とポジショニングがしっかりしてるし、何より決定力が高い。

2021/02/06(土)
どちらもJ2時代注目して観てたから
とても楽しみ

2021/02/06(土) 
レレ君の大活躍に期待してます!

2021/02/06(土)
川崎の遠野大弥が横浜の仲川輝くらい活躍するよ。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ