スクリーンショット 2021-02-01 13.59.07

スポンサード リンク




【2020年シーズンの成績】
3位 (勝ち点63) 19勝6分9敗  45得点28失点 得失点差17


■チーム内得点ランキング■

1位=マテウス(9得点)、2位=前田直輝(7得点)、3位=金崎夢生(6得点)、4位=ガブリエル・シャビエル、阿部浩之(4得点)

■チーム内最長時間出場者■

1位=ランゲラック、丸山祐市、中谷進之介(3060分)、4位=稲垣祥(3036分)、5位=マテウス(2912分)、6位=吉田豊(2491分)、7位=米本拓司(2102分)、8位=金崎夢生(1909分)、9位=前田直輝(1767分)、10位=阿部浩之(1757分)、11位=相馬勇紀(1720分)、12位=成瀬竣平(1682分)、13位=オ・ジェソク(1446分)、14位=ガブリエル・シャビエル(1224分)、15位=ジョアン・シミッチ(897分)

 2014年から連続してJ1で指揮を執ってきたマッシモ・フィッカデンティ監督にとって、名古屋2年目の昨季は、自身最高の順位となる3位でフィニッシュすることができた。そして、クラブとしては2012年以来、4度目となるACL出場権を獲得した。

 2位のG大阪とは勝ち点差がわずか「2」で、惜しくも天皇杯の出場権を得ることができなかったが、1年間を通しての失点数は「28」とリーグ最少。G大阪の「42」と比べれば、その守備の固さは圧倒的だ(失点の少なさで2位の川崎は「31」)。

 フィッカデンティ監督のイタリア仕込みの守備戦術がその根底にあるが、ディフェンシブなポジションの中央の選手を完全に固定していた。異常な過密日程で、各チームが選手の疲労を軽減すべく積極的な交代や起用を図った中で、名古屋ではGKランゲラック、DF丸山祐市、DF中谷進之介の3人が全試合フル出場を果たし、ボランチの稲垣祥もほぼフル出場といえる3036分出場した。絶対的に固定されたこの4人が、名古屋の堅守を支えてみせた。

 来季はACLに出場するため、今季以上に選手の負担が大きくなる。その中で、この4選手をいかに起用していくかが、名古屋の成績を左右する大きな要素といえそうだ。

 そのACLに向けて、クラブは大型補強を敢行。前線に柿谷曜一朗(←C大阪)と齋藤学(←川崎)、中盤に長澤和輝(←浦和)、最終ラインに木本恭生(←C大阪)と森下龍矢(←鳥栖)と、各ポジションに実力者を迎え入れた。木本と長澤は、先述した絶対固定メンバーのうち、丸山、中谷、稲垣の代わりを務めることができる選手であり、早い段階でチーム戦術を理解できるかは、重要なポイントいなってくる。

 また、前線の選手層は分厚くなっており、金崎、柿谷、山崎、シャビエル、阿部、マテウス、齊藤、前田、相馬という代表レベルの実力者9人が4つのポジションを争う。リーグとACLを両立するにしても、かなり豪華な陣容だ。リーグとACLの2冠を本気で狙うクラブの本気度が感じられる。

 昨季でいえば、攻撃陣で最長出場時間となったのは左右のサイドをこなすマテウスで(2912分)、2番目に長かった金崎(1909分)、3番目の前田(1767分)に大きな差をつけている。以下、阿部(1757分)、相馬(1720分)、ガブリエル・シャビエル(1224分)と続く。

 この出場時間の長短に得点数も比例しており、マテウス(9得点)、前田直輝(7得点)、金崎夢生(6得点)、ガブリエル・シャビエルと阿部浩之が4得点となっている。2ケタ得点者がいないのはリーグ3位のチームとしてはやや寂しいだけに、今季は堅守をそのままに得点力を上げることが期待される。

 柿谷は2013年にリーグ戦で21得点、金崎は2017年にリーグ戦で12得点を記録。最前線で起用されるであろう2人がその得点力を発揮すれば、非常に怖いチームとなる。

 国内制覇とアジアをにらんで、コロナ禍にかかわらず大型補強を敢行した名古屋。栄光を掴むのか、それともやりくりに苦しむのか、勝負の2021シーズンとなる。

サッカー批評編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/94c31bb5dbb434b3db9818f107be7ebf45f36a88?page=1 



2021/02/01(月) 
開幕に出れる人は限られるが、長いシーズンだし過密にACL。必ず全員出るでしょう。層は厚い方が絶対良いに決まってます。楽しみ。まずは打倒川崎!で良いのでは?申し分ないメンバー

2021/02/01(月)  
攻撃の選手を充実させていくのはいいけど
それでも調子が上がらず結果が出ないタイミングがあったらバッサリとDF陣をリストラしてチームのバランスを崩壊させたことが過去に複数回あったので不安です。
補強も放出も先を見通して計画的にお願いします。

2021/02/01(月) 
昨年の交代のしなささには「マッシモ、交代枠って単語知ってる?」とサポ仲間で交わしたほど。
交代できる満足できる人員、ならうれしいが、どうなる今年。
ただ、どうしても年齢が上がっているのであくまでも『今年仕様』なんだろうなと未来を思うと不安になる。若手が出られないクラブ、それが名古屋。

2021/02/01(月)  
2位のガンバを捉えていたよ!
あの瑞穂での横浜FC戦の意味不明なジャッジで!3位になった…怒

2021/02/01(月)  
ただ代わりになる控えが居なかっただけだと思います。
さすがに、ACLも全部フル出場はさせないと思いますけどね。

2021/02/01(月) 
出て行った選手の移籍先がほとんどJ2という事は
選手を固定せざるを得なかったんだというのがわかる。

2021/02/01(月)  
例えばベルギーのシントロみたいに、名古屋がタイの企業がスポンサーなって選手がタイ人ばっかりなったらどう思う?

2021/02/01(月)  
名古屋と広島にとっては稲垣の移籍は順位を入れ替えるくらいの効果はあったよな。稲垣が移籍した時には、稲垣はシミッチの上位互換だからシミッチは要らなくなると予言して不興を買ったが、実際そうだった。守備が出来るだけじゃなく、攻撃にも絡むし思い切りのいいシュートにも決定力がある。ユニフォームの売り上げ2位と聞いたけど、それくらいの仕事はしたと思うし、名古屋でも愛されてて良かった。でも、しばらくは広島から獲るのはやめてくれたまえw

2021/02/01(月)  
3位のチームの稼ぎ頭が9得点ってどういう事やねん、これがカテナチオサッカーなんか?

2021/02/01(月)  
開幕スタメンに斎藤は無いでしょ

2021/02/01(月) 
名古屋って補強が多いよね。
神戸を見てみなよ。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ