スクリーンショット 2021-01-28 13.34.25

スポンサード リンク




■「2年かけてJ1に」と渡邉新監督

 レノファ山口FCは霜田正浩監督がチームを去り、渡邉晋監督が新たに着任した。2014年から19年までベガルタ仙台を率いた指揮官のもとで、昨シーズン最下位に終わったチームは再建へ乗り出した。

 ボランチとして41試合に出場した高宇洋、9得点のイウリらがチームを去ったが、経験豊富な選手を多数獲得した。渡邉監督指揮下の仙台でプレーしたGK関憲太郎、仙台やヴィッセル神戸でプレーしてきたCB渡部博文、横浜FCでJ1、J2に300試合以上出場してきたセントラルMF佐藤謙介、中盤の様々なポジションをこなす澤井直人(東京ヴェルディから加入)らが加わっている。

 また、18年と19年に在籍したMF高木大輔が、ガンバ大阪から完全移籍で復帰している。昨シーズンは育成型期限付き移籍だったMF川井歩とMF田中陸が、そろって完全移籍に移行したのもプラス材料にあげられる。

【補強充実度】  A 

経験のある選手を中心に、チームに安定感をもたらせる選手を揃えた。渡邉監督を招へいも含めて、クラブの規模を考えれば評価に値する補強だろう。

【J1昇格本気度】  C 

最下位からの再出発ということもあり、渡邉監督は「2年かけてJ1に昇格したい」と話す。いきなり「昇格を目ざす」と言うよりもはるかに現実的で、21年は土台作りの位置づけとして「C」とした。

【J1昇格可能性】  C 

本気度と同じ理由で。16位から2位に躍り出た昨年の福岡のようなケースもあるが、今シーズンはJ2残留争いに巻き込まれないことを、最大のターゲットとするべきだろう。

■長崎、新潟、大宮は主力MFが残留
 
 すでに移籍市場の査定をしてきたなかで、フォローすべきチームが出てきた。

 まずは昨シーズン3位のV・ファーレン長崎が、MF名倉巧との契約を更新した。プロ4年目の昨シーズンは、2列目のファーストチョイスとして27試合出場で5得点をマークした。崩しの局面で違いを生み出す22歳のドリブラーの残留は、長崎にとって頼もしいニュースだろう。

 アルビレックス新潟も、本間至恩との契約更新を発表した。20歳の背番号10は複数クラブからオファーを受けたが、「どこにいても成長できる。このクラブで成長したい」との思いから残留を決めた。

 背番号10を着ける選手では、大宮の黒川淳史も残留する。海外クラブとの移籍交渉を行なっていたが、メディカルチェックを通過できなかったことが明らかになった。昨シーズンのJ2でチーム最多の7得点を記録したMFの残留は、岩瀬健新監督が率いるチームに何よりの”補強”と言えるだろう。

 即戦力の補強が目立つFC町田ゼルビアには、ヴァンフォーレ甲府からブラジル人FWドゥドゥが加入した。18年と昨年のJ2で10得点を記録した30歳の加入により、昨シーズン7得点の安藤瑞季(水戸)の穴を埋めた格好だ。

戸塚啓
https://news.yahoo.co.jp/articles/e33898d2b49407bf3b645d104380297a1100eb21 

 

2021/01/28(木)
仙台以外でどのくらい手腕を発揮するか気になる。最初は?って思ったけど、頭が良い監督だから数年後がすごく楽しみですね。仙台から応援してます。

2021/01/28(木) 
補強も監督も良いね。
今年の山口は期待できる。

2021/01/28(木) 
仙台と山口では、チーム力が大きく違う
監督の手腕が試される

2021/01/28(木)
山口は3年計画くらいでいった方が現実的かな。

2021/01/28(木)
今年の山口はベガルタ並みに応援しようと思います。

2021/01/28(木) 
山口は、全然順位が分からないな〜どっちに転んでも監督頼りなんだよね。

2021/01/28(木) 
普通にイケメンだわ、、、

2021/01/28(木)
オレンジのチーム縛りで草

2021/01/28(木) 
次は木山で

2021/01/28(木)
スタイリッシュだなあ^^











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ