スクリーンショット 2021-01-27 11.07.32

スポンサード リンク




2020-21シーズンのブンデスリーガ前半戦が1月20日に終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガ前半戦のベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆ベストイレブン
GK:グラーチ
DF:バク、タプソバ、アラバ、アンヘリーニョ
MF:ヴィルツ、遠藤航、ミュラー
FW:ワマンギドゥカ、レヴァンドフスキ、ハーランド

GKペーテル・グラーチ(30歳/ライプツィヒ)

出場試合数:17(先発回数:17)/失点数:14/出場時間:1530分
前半戦を終えてリーグ最少の14失点に抑えたグラーチを選出。年々安定感を増しているハンガリー代表の守護神は、今季復調を果たしたDFウパメカノと共にライプツィヒの堅守を支えている。

DFリドル・バク(22歳/ヴォルフスブルク)

出場試合数:17(先発回数:16)/ 得点数:2/出場時間:1400分
好調ヴォルフスブルクを支える一人。パリ・サンジェルマンからも興味を持たれていた中、ヴォルフスブルクを新天地に選んだバク。11月にはドイツ代表初招集も受け、充実の時を過ごしている。サイドバックが本職ではあるものの、ヴォルフスブルクでは攻撃センスを買われて1列前での起用が多くなっている。

DFエドモン・タプソバ(21歳/レバークーゼン)

出場試合数:15(先発回数:13)/得点数:0/出場時間:1210分
昨年1月にヴィトーリアから加入したブルキナファソ代表のセンターバックであるタプソバ。21歳と若いながら落ち着いたプレーが特長で戦術理解度も高い。194cmの体格からもわかるようにフィジカルも申し分なく、加入1年でレバークーゼンの守備の要となった。

DFダビド・アラバ(28歳/バイエルン)

出場試合数:16(先発回数:15)/得点数:1/出場時間:1361分
バイエルンとは契約問題で大いに揺れているアラバだが、ピッチ上ではそんな素振りを一切見せず、安定したプレーを続けている。相方のDFジューレ、DFボアテングが負傷の影響もあって不安定なプレーが目立つ中、昨季からセンターバックにポジションを変えたアラバがディフェンスラインを締めている。

DFアンヘリーニョ(24歳/ライプツィヒ)

出場試合数:16(先発回数:16)/ 得点数: 4/出場時間: 1433分
マンチェスター・シティから再レンタルの形で今季もライプツィヒでプレーすることになったアンヘリーニョは、その攻撃性能をさらに高めた。アシストだけでなく得点力も増し、4ゴール4アシストを記録。ライプツィヒで進化を続けている。

MFフロリアン・ヴィルツ(17歳/レバークーゼン)

出場試合数:14(先発回数:13)/得点数:3/出場時間:1142分
昨年1月にケルンからレバークーゼンに加入した17歳の若武者は瞬く間にレバークーゼンの主力に定着した。攻守に奔走するスタイルで、ボス監督の志向するサッカーにフィット。とりわけ攻撃面でアクセントを付けられるだけのテクニックを持ち合わせている点が強みで得点力も併せ持っている。

MF遠藤航(27歳/シュツットガルト)

出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:0/出場時間:1530分
日本人という贔屓目がなくともベストイレブンに選出されておかしくないパフォーマンスを見せた。昨季2部に降格していたシュツットガルトに加入後、飛躍的な成長を遂げている。チームを1部昇格に導いて迎えた今季、中心選手として自信を持ったプレーを続け、前半戦は見事なフルタイム出場を果たした。

MFトーマス・ミュラー(31歳/バイエルン)

出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:7/出場時間:1495分
前半戦は全試合スタメンで7ゴール10アシストと申し分ないスタッツを残した。レヴァンドフスキとの好相性を生かし、トップ下の位置から抜け目なくゴールを陥れている。昨季、フリック監督の下で復活した状態を維持し、レヴァンドフスキと共に攻撃陣を牽引している。

FWサリス・ワマンギトゥカ(21歳/シュツットガルト)

出場試合数:16(先発回数:15)/得点数:9/出場時間: 1217分
遠藤航のチームメート。快足アタッカーのワマンギトゥカはチームの戦術の根幹を成している。圧倒的なスピードでショートカウンターの起点になり、シュツットガルトのストロングポイントとなっている。

FWロベルト・レヴァンドフスキ(32歳/バイエルン)

出場試合数:16(先発回数:15)/得点数:22/出場時間: 1334分
32歳となった今季も衰える気配は微塵もない。コンスタントにゴールを挙げ、相変わらず不調知らずのバイエルンが誇る大エースだ。

FWアーリング・ハーランド(20歳/ドルトムント)

出場試合数:12(先発回数:11)/得点数:12/出場時間:1002分
ケガで5試合を欠場することになった前半戦となったが、それでも出場した試合ではコンスタントにゴールを挙げ続け、その才能にやはり疑いの余地はない。昨季後半から続く圧巻の決定力は不調のドルトムントにおいても関係ない。

超WORLDサッカー!
https://news.yahoo.co.jp/articles/238eb892342a0d229be8956fc5854d64ef2aa479 

 

2021/01/27(水)
個人的に一番期待以上のチームはウニオンなんだけどな
まあ上でフィッシャー入れてるからだろうけど、クラブの規模考えたらあの位置に付けてるのは異常だよ
たしかに新たに入ったメンバーも良いんだけど、それ以上に前からいるメンバーが頑張ってる
3バックは3人とも背が高く、対人戦が強くて固い
そしてそれを活かす右のトリンメルが素晴らしいキック精度を持っているので一度見てほしい

2021/01/27(水)
遠藤頑張ってるね。
守田も活躍してるし、代表選考が難しくなるのは嬉しい悲鳴だね

2021/01/27(水) 
アラバ入ってるってネタですか?
『 ピッチ上ではそんな素振りを一切見せず』?????
明らかに今シーズン安定感欠いてるし、不用意なミス多いじゃん

2021/01/27(水)
アラバはないだろ
昨シーズンは世界屈指のCBだったが、今シーズンは酷いもんよ

2021/01/27(水)
えっ、、、ヴィルツもわかるけど、ヨナス・ホフマンが入らないの?メングラが5位なのは彼のおかげだし攻守両面で活躍してドイツ代表なんだけどなー

2021/01/27(水) 
ノイハウスが入らないのは意外だな

2021/01/27(水)
今シーズンのアラバは無いっしょ。
ヒンターエッガーあたりが妥当。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ