スクリーンショット 2021-01-23 20.54.36

スポンサード リンク




今年、サッカーのペナルティキック(以下PK)は生誕130年の節目の年を迎える。1891年6月2日に行われたサッカーの国際会議で現行方式のPKが競技規則の中に取り入れられて以来、12ヤード(約10.97m)の距離を挟んだキーパーとキッカーの攻防は数々の名勝負を生み、サッカーを代表するシーンの一つとしてスポーツ科学の分野でもホットな研究対象であり続けている。今回、このPKについて長年研究を行っているドイツのケルン体育大学ダニエル・メメット教授に、これまでの研究結果から得られたPKに関するさまざまな話を聞かせてもらった。

(インタビュー・構成=土佐堅志、トップ写真=Getty Images)

ゴールの上隅に飛んできたPKのストップ率は0%。だが…

スクリーンショット 2021-01-23 20.58.36

審判が笛を吹いてペナルティスポットを指さした瞬間、ペナルティキック(以下PK)を得たチームの選手たちは抱き合って喜び、逆に相手側の選手たちは審判を追いかけまわし、必死の形相で判定に対して抗議する――。PKが宣告された瞬間によくある光景だ。キッカーが至近距離から相手に邪魔されることなくシュートを打てるので、「ほぼ間違いなく点が入る」あるいは「ほぼ間違いなく失点する」とそれぞれが確信し、それによって非常に対照的な2つの感情がピッチ上に表出される。

実際、PKについて長年研究を行っているドイツのケルン体育大学ダニエル・メメット教授によると、過去のさまざまな先行研究では競技レベルや性別、あるいは社会人や高校生といった種別に関係なくPKの成功率は75%前後として報告されている。さらに、ベングリオン大学(イスラエル)のバル・エリ教授らが2009年に過去の欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)と南米(ブラジル、アルゼンチン)のトップリーグおよび国際大会(ワールドカップ、欧州選手権)でのPK計286本を元に算出した研究発表によると、ゴールの上隅にシュートが飛んだ場合のキーパーのPKストップ率は0%だった(別表1参照)。確率的にはおよそ5本中4本は成功し、そこにボールが飛べば間違いなく点が入るというコースも存在する。PKにおいてはキッカーがキーパーに対して非常に有利な立場にあるといえるが、メメット教授はこうした確率論や統計を元にしてPKを論じるべきではないと主張する。

監督はキッカーの精神的な特徴を考慮して指名するべき
「データ上はキッカーが有利なのは明らかだが、こうしたことがキッカーにとっては逆に相当なプレッシャーになる。『決めて当然』と周りから思われている中でシュートを打たなければならないわけだからね。だから心理的な観点から見れば、むしろキーパーのほうが優位な立場にあるといえるし、監督はPKのキッカーを指名する際には選手の精神的な特徴を考慮するべきだろう。キッカーの性格とPKの成功率の関係性に関する研究を私も過去に行ったことがあるが、そこでは責任感が強く、『絶対に決めてやる』というように自分自身の義務をしっかりと果たそうという意識の強い選手ほど、『決められたらいいな』という楽観的思考の選手よりも高いPKの成功率を示した。同様の実験結果は他の研究者からも報告されている。選手のメンタルもPKの成功率に関わってくる重要なファクターだ」

メメット教授の研究以外にも、アムステルダム自由大学(オランダ)のエディ・バッカー教授らが2009年に発表した研究によると、「外すなよ」といった言葉をPKの前に指導者からかけられた場合、キッカーのPK成功率が逆に低下したという研究結果もある。ボールを扱う技術や力強いシュートを打つための筋力の他に、メンタルもPKにおいてカギとなってくることは多くの研究例によって指摘されている。

一方、スポーツ科学の分野ではキーパー目線での研究、つまり「どうやったらPKを止められるのか」ということが長年議論されてきた。PKストップのために必要不可欠となってくるのは、シュートコースの予測。プロサッカー選手の場合、シュートの平均速度は時速50~100km。この速度でシュートがペナルティスポットから放たれた場合、ボールは約0.6秒でゴールに達する。これに対して、ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)のイアン・フランクス教授らが1997年に行った研究では、キーパーが放たれたシュートに反応して同じ方向に跳ぶまでに要する時間は0.5~0.7秒だった。これらのことを踏まえれば、シュートの軌道を完璧に読み、キッカーがボールを蹴った瞬間に正しい方向に跳ぶことでようやくシュートを止めるチャンスが出てくるということであり、PKストップは予測の精度にかかっているといってもいいだろう。

「キッカーは、ボールをセットして顔を上げた瞬間、無意識のうちに蹴ろうとしている方向を見てしまうものなんだ。私はそれを観察して、キッカーがどこに蹴ろうとしているのかを予測していた」(元西ドイツ代表GKトニ・シューマッハ)といった意見もあるが、メメット教授いわくキッカーの目線とシュートコースの関係性を証明した研究はまだなく、むしろキッカーの軸足(ボールを蹴らないほうの足)のつま先の方向、胴体の向き、軸足とボールの位置関係、さらにはボールに対する助走の角度がシュートコースを読むための要素になり得ると過去の先行研究では報告されているという。しかし、インタビュー中にPKストップについて尋ねていた際に、メメット教授はシュートコースの予測とは別の方法を教えてくれた。

「キーパーはキッカーを操ることができる」

スクリーンショット 2021-01-23 20.57.45

「キーパーはキッカーを操れるんだ。PKの際にゴールの中心より10cmほど左右どちからに寄ることで、キーパーはキッカーのシュートコースを操作できる」

メメット教授の主張の根拠は、昨年発表した自身の研究にある。教授は、ゴールの中心からキーパーが左右どちらかにそれぞれ0.73cm、1.46cm、2.92cm、5.85cm、11.71cm、23.42cm、46.84cmずれている写真をパソコンのスクリーン上にランダムに提示していき、その後「キーパーがゴール正面に立っていると思う時だけ左右どちらに蹴るか答えてください。キーパーがずれて立っているように見えたらキャンセルしてください」という指示を出して別表2のような結果を得た。

この実験結果からいえることは、2つ。1つ目は、誤差が23.42cm以上であれば被験者はキーパーのずれをしっかりと認識できるということ。そして2つ目は、誤差11.73cmでは被験者はキーパーがゴールの中心に立っていると感じているが実際には無意識のうちに大きく空いているほうのスペースを正しく認識し、80.9%の確率でより大きく空いているほうのスペースをシュートコースとして選択したということである。人間がある対象物のフレーム(周辺)ではなく対象物そのものに意識を集中させることで起きるこの有意識と無意識のずれは「オフセンターエフェクト」と呼ばれ、メメット教授の研究以外でも同様の結果が多数報告されている。

「オフセンターエフェクトを使うことで、キーパーはキッカーに気づかれることなく狙った方向にシュートを蹴るように仕向けることができるんだ。これは美しいトリックだよ。それから、キッカーがボールを蹴る前にキーパーが手を叩いたり左右に細かく動いているのを見たことがあると思うが、あれらもオフセンターエフェクトの効果を高める上で効果的だ。キッカーの意識を自分に引き付けることができるからね」

測定機器などのテクノロジーの進歩によって、今回取り上げたPKにおけるメンタリティの重要性や人の認知機能に関係したPKストップの方法以外の驚くべき研究報告も今後さらに増えていくと予想されている。例えば、「『イングランド人はPKが苦手』、『ドイツは人はPKに強い』といったサッカー界でPK関連のジンクスとして長年いわれ続けていたことに対する客観的な裏付けはない」という主張の論文をメメット教授は昨年学術『ネイチャー』で発表したが、この研究は欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、フランス、イタリア)と国際大会(ワールドカップ、欧州選手権)に関する過去の膨大なデータを最新の統計解析ソフトを駆使して検証し、キッカーの国籍別のPK成功率を割り出したことで導き出された結論だという。

いずれにせよ、一見シンプルに見えるPKには実際のところ非常に奥深い一面があり、生誕から130年を経た今日もなおスポーツ科学者をはじめとした多くの人々を魅了し、興味を駆り立てる存在であり続けていることは、今回のインタビューを通して十分に理解することができた。メメット教授が予想する今後出てくるであろうPKに関する新たな発見についても、引き続き注視していきたい。

<了>


ダニエル・メメット(Daniel. Memmert)

[PROFILE]
ダニエル・メメット(Daniel. Memmert)
1971年8月10日生まれ、ドイツ・ニュルンベルク出身。ケルン体育大学トレーニング理論・スポーツ情報科学研究所長。専門分野は運動力学、スポーツ心理学、スポーツ情報科学で、「THE PENALTY KICK - THE PSYCHOLOGY OF SUCCESS」(2020)などPKに関する著書もこれまでに多数出版している。

インタビュー・構成=土佐堅志
https://news.yahoo.co.jp/articles/da25b37aea277335ef217599ebf959e6a5433f96 

 

2021/01/23(土)
PKは、実際にキッカーを経験した人間にしかわからない凄い空気がある。見てるだけなら、簡単に見えるのに… 学生時代の試合であの空気だから、ワールドカップなどの舞台の PKは地獄の空気だろうね…

2021/01/23(土)
PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ
PKと言えばこの名言

2021/01/23(土) 
とはいえ上を狙いすぎてクロスバーを越えるのも怖いからな。結局低めで勝負する人が多いわな。

2021/01/23(土)
印象に残っているPKは2006ドイツW杯の決勝、イタリアvsフランス。

キッカーはジダンでギーパーはブッフォン。ジダンって大概左に蹴るんですよね。それで相手は元チームメイトのブッフォンだから、これブッフォン分かってるんじゃないの?左に蹴ったら多分止められるんじゃない?と思いながら当時観てました。

そしてジダンが選択したのはまさかのパネンカ。意表を突かれたブッフォンの頭上をやまなりのボールが通過しました。案の定、ブッフォンは左に飛ぼうとしてましたね。後にジダンが、「相手がブッフォンだから普通に蹴ったら止められると思った」と言っていのが印象的でした。

ワールドカップの決勝でパネンカ蹴るメンタルは常軌を逸していると思いました。普通思いついてもやるか︎と。だからこそ、ブッフォンの裏をかけた訳ですが・・・。

2021/01/23(土)
面白い記事ですね。今後PKのシーンを見るときはこちらの内容を思い出してより楽しめそうです。
センシング技術の進歩は凄いのでどのスポーツでもこういう科学的な目線での議論が増えてくるでしょうね。

2021/01/23(土)
キーパーやってましたが、キッカーは決めて当たり前のように見られるからかわいそうだなと思ってました笑。キーパーは一本でも止めればビッグプレーだから寧ろ緊張感を楽しんでましたね。まあ決められたらこれで終わり時は違いましたが

2021/01/23(土) 
真ん中はGKの足が残らないよう少し遅く蹴れば、ほぼ入る。
視線と爪先を見て決めるGKは多いので、学生の時に視線と爪先は左向きにして、真ん中にハーフスピードで蹴る練習をして、実際に試合でも成功した。
だけど次の試合でもPK蹴る機会があって、スポットに立った途端「前の試合見られてたらどうしよう?」と急に怖くなり普通にサイドに蹴ってしまった(入ったけど)
学生でもそんな事考えてプレッシャー感じたので、プロは誰にでも何度でも自分のキックを見られて大変と思います。
この記事で昔を思い出し、PKキッカーに少し優しくなれる気がします。

2021/01/23(土)
現在3級審判員です。主に小学生の大会で笛を吹いています。
とても興味深い記事でした。6年生だと割と正確にボールを蹴れますので,サイドに速いボールを蹴れる選手が成功するイメージです。
4•5年生だと,GKもそこまで上達していなく動かないため,真ん中に蹴ってしまった選手や枠を外してしまった選手以外は成功しているイメージです。
狙って上部に蹴り込む選手は小学生だとあまり見たことはありません。
このデータを頭に置いて,これから担当する試合で自分自身で楽しみながら見ていきたいと思います。

2021/01/23(土) 
大舞台になればなるほど、キッカーのプレッシャーは尋常じゃないしな。上を狙うとそもそも枠外す可能性高いから、枠に行けば入ると分かってても狙うのが怖い。PKの分析がもっと進むと、心理戦が面白いだろうな。

2021/01/23(土) 
強いボールで左右の上スミを狙って、きっちり蹴れば確実に入る。

けど、失敗すると…
昨シーズンのゼロックスみたいに上に外しまくる。

PK戦は延長後で疲れてるし、ピッチも荒れてるしね。

2021/01/23(土)
心理的な判断の基準は大体似たり寄ったり。PKはフレームが比較的シンプルだから研究対象にもなるし、聞いてる側も分かりやすい。

この記事のネタも面白いし、気付きにくい事実というのもあると思うが、まだまだスゴイ事実はいくらでも眠ってるのだろう。

2021/01/23(土) 
PKは大きな大会などで勝って上に行けば行くほどキーパーに有利になる。キーパーよりキッカーの方が有利なのは間違いないけど決勝のPK戦とかのキッカー達は体力的にもメンタル的にもタフだと思う

2021/01/23(土)
キーパーやってた立場から言えば、上のコースは枠に来たら諦め。外れるのを祈るしかない。

ただ、低いコースの甘いところ行って止められるくらいなら、上狙って豪快に外した方が良いとは思う。キーパーに止められるのが一番ダメージでかいし、キーパーもノる。

2021/01/23(土)
PKのキッカーの場合はあまり考えずに全力でコーナー掛けて蹴ってましたね。
その方が決まる確率高かったですね。
キーパーの場合は逆に駆け引きをしてある程度絞ったコースに蹴らせるようにしていました。
あとは色々テクニックがあるので最大限に活かしてました。
ストップ率は結構高かったです。

2021/01/23(土) 
推測だけどキッカーから見て右の方がセーブ率が高い理由は、①右利きのキッカーが多い。②右隅を狙うときも左隅を狙うときも右利きのキッカーの場合、基本的には軸足は右方向を向いている。③故にキーパーはキッカーから見て右側に飛ぶことが多いため(キッカーの軸足を見ているから)セーブ率が高い。というロジックだと思う。
パソコンでの研究結果に関しては、おそらく実際の試合では10センチもズレてたらほとんどのキッカーが認識出来ると思う。ちなみにゴールの高さが1センチ低いだけでもゴールが低いことに気づくキーパーはそこそこいると思う。

2021/01/23(土)
面白い研究ですね

キッカーからすると上を狙うと外す危険性があるから下を狙うことが多い
GKは必然的にそれを狙って下に山を張る
だから上に蹴られると止められない

キッカーとGKが右利きか左利きかでも調査してほしい

2021/01/23(土) 
ということは、PKは故意に10cm程ずれて構えて、反対側に飛べば、ストップ率が驚異的に上がることになりますね。微妙にずらした時の感触が良くて、何となく採用していてストップ率が高いGKがいるのが証明されたのかもしれません。無意識的というのがGK圧倒的優位ですね。

2021/01/23(土) 
キーパー経験者ですが、キッカーはキーパーと目を合わせない確率が高いです。
なぜなら、元西ドイツの選手が言ったように、キッカーはボールをセットする時から遅くても蹴る瞬間までに、かなりの確率で蹴る方向をチラ見します。
先日の高校サッカー決勝のPK戦は画面越しでも、8割以上蹴る方向が分かりました。
ただ、分かりづらいのは「ど真ん中に蹴る」場合だけです。

2021/01/23(土)
PKはキッカーが絶対に有利だけれど、100%得点出来るわけではないからね。
スアレスもワールドカップで1発レッドのハンドをペナルティエリアで故意にかましましたしね。

2021/01/23(土)
中学時代からハンドボールでGKやってました。そのため中学とかの球技大会ですサッカーの時は、GKばっかりやらされてました。記事の内容は感覚的に分かります。手で投げてコントロールのつきやすいハンドボールでもペナルティスローである7メートルスローでは下を打つ方が多かったですね。理由はゴール何下ニュースあるからで上を打つ時はふかせば終わりで、下打ってればリバウンドもあるし、チャンスがあるからね。

2021/01/23(土) 
PKの生誕130周年という表現が何か面白い。ちなみに去年はベートーヴェンの生誕250周年だったのに、コロナ禍で関連した演奏会など中止になったりして、残念でした。

昨日日程が発表されましたが、今年のJリーグが無事に日程通りに開催されると良いですね。

2021/01/23(土) 
自分もサッカーやってて、昔から思ってた事が論理的に書かれてて面白い。
キーパーが敢えて片方に少し寄る事で(重心だけでも)、キッカーは空いている方に蹴る確率が上がるのでは?と。
そしたらそちらに跳べばかなりの確率で同じ方向に飛べるはずだと。だからって防げるかどうかは別問題だけど、けど逆に飛ぶよりは明らかに防げる率は上がると思ってた。

2021/01/23(土) 
元GKですが、自分の微妙な立ち位置でキッカーのボールを蹴る方向をコントロールするのは、普通にやってましたよ。
7割くらいは、コントロールできていました。
ただ、だからと言ってセーブできるとも限らないんですよね。
高低もあるし、ボールスピードもあるし、自分の反射速度や身体のコーディネーション力も関係するし。
なかなか難しいです。

2021/01/23(土)
学生時代サッカー部でキーパーやってたけど、PKで上隅に蹴られたら絶対に入る。
だから初めからそこは捨てて守ってる。
試合中のPKとPK戦はキーパーの心理からすれば別物。PK戦は5本あるから、1本ないし2本止まればヒーロー。
試合中はもう少し緊張感高いけど、逆にそれは蹴る方も同じで、特に決めて当たり前と思われてる節があるから、上に外す可能性の高いコースはまず狙わない。プロでも外すんだから笑笑

2021/01/23(土)
自分は右で蹴るんですが、
自分はシュートモーション中までは左下に蹴るつもりで、モーション中にキーパーが同コースを潰しにきたら、右下に変更します。
試合中でもコースかえやすいし、コースがブレにくい印象。
逆に右から左にかえるとキックミスしやすい印象があるなー。身体がねじれる感じで

2021/01/23(土)
PKって簡単そうに見えてかなりキッカーは難しいんだよな。最近はブルーノフェルナンデスやジョルジーニョがやる、蹴る直前にジャンプするキックはキーパーからしたら止めるのかなり難しいと思う。

2021/01/23(土) 
2011年女子W杯決勝PK戦で熊谷が上のコース狙って優勝決めたのはメンタル含めて凄いと思う

2021/01/23(土) 
面白いね

メッシは今期のPKで上隅みに決めているので蹴り方(目標)を変えたと思う
2,3発なので絶対とは言い切れないが上狙いが続くなら
PKの蹴り方に新しい流れができると思う

2021/01/23(土) 
真っ先にキッカーでは遠藤保仁選手、キーパーではオランダのクルル選手を思い浮かべてしまいました。
にわかファンで何がソースだったのかすら覚えていないのですが、メキシコ国内ではワールドカップの今までの結果から試合の後にPK戦を行う仕組みがあるみたいですね。
素人考えですが、遠藤保仁選手のPKは練習すれば身に付くものなのでしょうか?
先発だと120分以上走り回ってからでテクニック、体力ももちろんですがメンタルが安定していないとやはり厳しいのでしょうね。
また個人的にPK職人なキーパーも
そんなキーパーがメンバーに入っているチームも大好きです。

2021/01/23(土) 
真ん中に蹴るときはGKが先に動いたのを見た上で蹴ることが多いから、ストップ率が低めなのでは?
単純に決まりやすいコースというものではないと思われる。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ