スクリーンショット 2021-01-23 14.36.05

スポンサード リンク




 ヨーロッパや日本代表の戦いで数多くの伝説的な場面を生み出した「黄金の左足」を武器に、正確無比な直接フリーキックからJ1リーグで歴代最多の「24」のゴールを決めているMF中村俊輔(42)が、プロになって四半世紀目となる2021シーズンへ不退転の決意を抱いて臨む。
 
 ジュビロ磐田から加入して3年目を迎えている、横浜FCの和歌山キャンプ3日目の22日にオンライン形式の取材に応じた俊輔は、出場10試合、プレー時間240分とともに自己ワーストに甘んじ、2年ぶり2度目のノーゴールに終わった昨シーズンをバッサリと斬り捨てた。
 
「自分に苛立つ毎日でしたけど、そうした状態でも何かを見出ださなきゃと、ずっともがいていました。ただ、努力しても結果を出せなかったので、プロとして自分のなかで評価は低いですよね。無得点だったことが情けないし、試合に出ないと忘れられてしまうので」
 
 昨シーズンの船出は順調だった。敵地に乗り込んだ2月23日のヴィッセル神戸との開幕戦で慣れ親しんだトップ下として先発し、アンドレス・イニエスタと対峙した。試合は1-1で引き分けたが、俊輔は充実した表情を浮かべながらスペインの至宝との競演を喜んでいる。
 
「サッカーが身体に染みついている。こういうところで、まさか一緒にできるとは思わなかった」
 
 しかし、直後に突入した新型コロナウイルス禍による長期中断が状況を大きく変えた。再開へ向けてカテゴリー間の降格をなしとする特例が設けられ、交代枠も従来の「3」から「5」に増えた。結果を恐れる必要がなくなった影響で、各チームとも若手選手をより積極的に起用した。
 
 中断中にシステムを[4-2-3-1]から[3-5-2]へ、夏場以降にはさらに[4-4-2]へと変えた横浜FCも例外ではない。主戦場を2019シーズンのボランチへ戻した俊輔も途中出場が続き、時間の経過とともにベンチ入りメンバーから外れる試合も目立ち始めた。
 
 最終的にボランチでは24歳の手塚康平、右サイドバックでも重用された23歳のルーキー瀬古樹(明治大卒)、20歳の安永玲央が多くの出場機会を得た。ホームのニッパツ三ツ沢球技場での試合時に、メインスタンドの上段から戦況を見守る時間が増えた俊輔は、当時の胸中をこう振り返っている。
 
「いつかはこういう時期も来るんだ、とかみしめながら見ている感じでしたけど、もちろん悔しいし、もっとプレー時間をもらえればもっとできるのに、という思いもありました」

 俊輔が言及した「こういう時期」とは、ベテランや中堅がいつかは若手に取って代わられる、勝負の世界における世代交代の掟を指している。神奈川・桐光学園から横浜マリノスに加入した1997シーズン以降の俊輔自身も、日本代表を含めて先輩たちからポジションを奪ってきた。
 
 しかし、新型コロナウイルス禍という特異な状況にあらためて思いを馳せ、今年6月には43歳になる自らの年齢も照らし合わせたときに、世代交代を必然だと受け入れられない自分に気がついた。
 
「フィジカル的な動きのスピード感、といった部分が衰えることはありますけど、そういったものに逆らってやらなきゃいけない。所属させてもらっているチームに必要とされるために、多少はプレースタイルを変えなきゃいけないと思ってきたけど、去年の時間をすごしてちょっと吹っ切れたというか。自分のプレー、自分にしかできないプレーをどんどん出していこう、と」
 
 シーズン途中に加入したこともあり、横浜FCでの俊輔は自分の色を前面に押し出すプレーを自重してきた。視野の広さと正確無比なキックを生かした大きなサイドチェンジを原則的に封印し、中盤の底から短いパスを前後左右に、例えるならば各駅停車のようにつなぐ約束事がビルドアップ時に求められたなかで、俊輔はこんな言葉を残したことがある。
 
「急に移籍してきた選手が、チームを自分の色に染めることが許されるのは強烈なストライカーだけ。中盤の選手、しかもこんなおっさんだったら、自分がこのチームの色に染まることをまず考えないと」
 
 昨シーズンも考え方を変えなかった。2019シーズンの途中から指揮を執る下平隆宏監督が掲げる、最終ラインから丁寧にパスをつないでいくスタイルを、トライ&エラーを繰り返しながら実践する若手たちに、スタンドから見つめながら気がついた点を伝えてチームに貢献した。
 
「ああしろ、こうしろと何か言うんじゃなくて、例えばワールドカップやチャンピオンズリーグのプレッシャーのなかでもあのプレーができていたのか、と考えてもらえるような話をしました」
 
 J2への降格がないからプレッシャーもない、という図式のもとでプレーしていては、成功してもミスを犯しても進歩はない。ドイツ、南アフリカと2度のワールドカップに出場し、セルティック時代にはチャンピオンズリーグに爪痕を残したレジェンドは濃密な経験を惜しげもなく還元してきた。
 
 日本国内では3つ目の所属チームとなる、横浜FCに注ぐ熱い思いはもちろん今シ-ズンも変わらない。それでも自分の思考回路における、チームの約束事を守る姿勢と自分の色を出す作業の割合を初めて逆転させ、後者を上回らせると心に決めて俊輔は和歌山キャンプに臨んでいる。

「もちろんチームとしてのやり方はありますけど、そういうのを忘れちゃうとサッカーをやっている意味がないというか、自分のなかで価値が下がっちゃうというか。自分のプレーをもっと出していけば見ている人も納得して楽しんでくれるはずだし、勝ち点も増えていくと思うので」
 
 俊輔が口にした「そういうの」とは、言うまでもなく自分らしいプレーとなる。そして、今シーズンにかける覚悟と決意は背中に反映される。十の位と一の位を足して「10」になる「46番」をあらため、今シーズンからマリノスや磐田、日本代表で象徴としてきた「10番」を背負う。
 
 昨年8月にFWイバが大宮アルディージャへ完全移籍した後は空き番となっていたエースナンバーの「10番」を、このオフに強化部から勧められた俊輔は即答を控えている。マリノスで3年目を迎えた1999シーズンから「10番」を託された、21歳当時の心境を思い出したからだ。
 
「1年目はいろいろとプレッシャーがあったけど、責任をもちながらプレーしたことはすごくいい経験になった。若い選手や下部組織から上がってきた選手がつけてはどうかとクラブには話しましたけど、最後は自分の意思でつけたい、と。もう覚悟ですね」
 
 今シーズンもボランチが主戦場になる。15位で終えた昨シーズンの戦いで瀬古と安永が成長し、左利きの手塚が柏レイソルからの期限付き移籍を完全移籍に切り替えた陣容へ、センターバックとの二刀流でプレーする日本代表経験者の33歳、高橋秀人も加わった。
 
「今年は番号も番号だし、去年より長くプレーするなかで自分の色を出したいというか、自分にしかできないものを出せるかなという感触はあります。そうじゃないと自分が面白くないので」
 
 俊輔が出せる色の代表格に直接フリーキックがある。2017年9月を最後に遠ざかっている伝家の宝刀が抜かれれば、神様ジーコがもつ41歳3ヵ月12日のJ1最年長ゴール記録が更新される。
 
動画投稿サイトYouTube内のクラブ公式チャンネルで開催されたイベントで、自分が先にジーコを超えてちょっとだけ余韻に浸った後に、今シーズンを54歳で迎えるFW三浦知良に更新してほしいと語っていた俊輔は、苦笑しながら「あれはサービスというか……」と本心を明かした。
 
「そもそも1点を取るだけじゃ、というのがカズさんのなかにもあると思う。もっと点を取らなきゃいけないし、アシストもしたい。そういう欲はあります」
 
 昨シーズンに自身がピッチに立ったリーグ戦は、実は2分け8敗とひとつも勝てていない。ただ単にJ1へ残留するだけではなく、10位以内に入る目標を手繰り寄せるゴールやアシスト、そして勝利を求めて、俊輔は封印してきたエゴイスティックな一面をポジティブに進化させていく。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/363266796e07f197372e9789e00590c0c878a6f8?page=1 

 

2021/01/23(土)
42歳でまだJリーガーとして契約出来ること、プレーできること自体が凄まじい。色々な怪我や葛藤がある中、現役を続けるメンタリティとコンディショニングを整えることは大変だと思いますが、そう考えるとこの年代のレジェンドたちはみな素晴らしいし、カズはそのさらに一回り上を行く凄まじさがある。共通点はみんなただただサッカーが大好きでサッカーを楽しんでいる。

2021/01/23(土) 
素晴らしい記事
横浜FCのこともよくわかっている

2021/01/23(土) 
俊さん頑張れ!!!!!

2021/01/23(土) 
チーム最年長の方とは大違いだな…











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ