スクリーンショット 2021-01-23 12.45.27

スポンサード リンク




 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材しつづける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富な達人3人が語り合います。今回も2月から始まる欧州チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16を展望します。

――前回はラウンド16の4カードについてお三方にお話いただきましたが、今回も引きつづき残りの4カードを日程順にお願いしたいと思います。

<守備が計算できるアトレティコ。チェルシーは若手の活躍に期待>

倉敷 では、2月23日に行なわれる2カードを見ていきましょう。まずはアトレティコ・マドリード(スペイン)対チェルシー(イングランド)というビッグマッチです。小澤さんからお願いします。

小澤 五分五分と見ています。まずアトレティコは、今シーズンは攻撃的なスタイルで戦うという明確な特徴が出ていて、守備の強度やプレッシングのところは少し落ちた印象はありますが、よい意味でディエゴ・シメオネ監督(アルゼンチン)らしくないチームに変化しています。そんななかで、3バックをベースのシステムにしながら戦い方に変化をつけています。守備時は5枚で重心を低くしつつ、速くて馬車馬のように走れるマルコス・ジョレンテ(スペイン)を生かしながら、ロングカウンターでゴールを襲うかたちもできるようになってきました。

 メンバー的にも、GKにヤン・オブラク(スロベニア)がいて、センターバック(CB)もフェリペ(ブラジル)、ステファン・サビッチ(モンテネグロ)、そしてホセ・ヒメネス(ウルグアイ)も負傷から戻るでしょうし、今季はマリオ・エルモソ(スペイン)が3バックの採用によって抜群によくなってきています。基本的に守備は計算できますね。ベスト8に進めるかどうかは攻撃陣がカギを握っていますが、今季は決定力があります。ただCLのようにレベルの高い相手、強度の高い試合になった時、ジョアン・フェリックス(ポルトガル)やルイス・スアレス(ウルグアイ)といった前線の駒が、低い重心で守備をする時間が長くなる分、あまりチャンスは多くなく、少し不満をためているように見えます。ただ、最終的にはシメオネのマネジメント力によって、大一番に合わせてチームをひとつにまとめるのではないかと思います。

対するチェルシーは、このコロナ禍においても大型補強を行なって十分に戦えるだけの戦力を揃えていて、バランスのよいチームになっていると思います。ただ、もう少しチェルシーらしいサイド攻撃やアグレッシブさは欲しいですね。今季の新加入選手たちがフィットするようになれば、2月までにはチーム力がもっと上がると見ています。

中山 僕は、ややアトレティコ有利と見ています。アトレティコの経験値は、フランク・ランパード監督(イングランド)率いるチェルシーのそれと比べると、明らかに上回っているのがひとつ。それと、アトレティコは攻撃的なスタイルを標ぼうしながらも、昨シーズンのリバプール戦のように、強豪相手の試合では原点に戻れる強みがあります。

これはかつて2015-16シーズンにレアル・マドリード(スペイン)とCLファイナルを戦って敗れて以降、よく見られる傾向なのですが、国内では攻撃的なサッカーに踏み出そうとトライしつつ、CLの決勝トーナメントになると強固な守備を武器とするいつものスタイルに回帰して強豪を破るという、ある種のパターン化されたものだと思います。それに、スアレスという強力なストライカーに加え、ジエゴ・コスタ(スペイン)が抜けた代わりにリヨン(フランス)からムサ・デンベレ(ベルギー)がローン加入しました。勝負強さも倍増するのではないでしょうか。

 逆に、チェルシーはプレッシャーのかからない試合では若手も伸び伸びプレーして強さを発揮しますが、互角以上の相手と戦う時は勝負弱さが出てしまいます。今シーズンの国内の試合でもその傾向があって、いわゆるトップ6のチームにはほとんど勝てていない。個人的には、ランパード監督は予想以上によくやっていると見ていますが、その部分を克服しないと、ベスト8以上を狙えるとはなかなか言えないところがあります。そういう意味では、百戦錬磨のシメオネと対戦する今回の2試合は、ランパード監督を評価するうえで、とても楽しみな一戦になると思います。

倉敷 アトレティコにおいて節目の10シーズン目を迎えたシメオネ監督ですが、今シーズンのプライオリティは、CLにありますか、それともラ・リーガでしょうか?

小澤 まだどっちにある、とは言えないですね。そもそもシメオネはまだタイトルのことを口にしてなくて、いつものように「パルティード・ア・パルティード(試合から試合へ)」という謙虚な姿勢を崩していませんから。ただ、たとえばグループステージのバイエルンとの2戦目などを見てもそうですが、本当にCLベスト8以上を狙うのであれば、守備で5バックの低重心の戦い方ではまだ厳しい印象があります。逆に、ラ・リーガでは2強が序盤に崩れてくれたおかげで優位な戦いができているので、久しぶりにリーグ優勝の可能性は十分にあるのではないでしょうか。

倉敷 チェルシーとの第1戦と第2戦の間にはマドリード・ダービーも組まれています。今季、最初のダービーでアトレティコは敗れていますから、ダブルを食らうわけにはいかない。国内で優勝を争うライバルとの対決と、チェルシーとの2試合をどのようにプランするのか興味深いですね。

 では、同日に行なわれるバイエルン(ドイツ)対ラツィオ(イタリア)に話を移しましょう。戦前の予想では王者バイエルンを推す声が多いと思われますが、いかがでしょうか?

<層の厚さを感じさせるバイエルン。ラツィオは力を出し切れるか>

小澤 このカードはバイエルンでしょうね。昨シーズンからメンバーを大きく変えているわけではありませんし、積み重ねの部分を含めるとラツィオに負けるとは考えにくい。しかもグループステージ突破を決めたあとに大幅にメンバーを入れ替えて、若手中心にしたチームでもしっかり結果を残しました。選手層も厚みを増していますし、ラウンド16で転ぶことはないと思います。

中山 同感ですね。ラツィオは、久しぶりにCLの舞台に戻ってきたなかでラウンド16に駒を進めたのは賞賛に値しますが、組み合わせに恵まれた部分もあります。グループステージ6試合で無敗ですが、3位のクラブ・ブルージュ(ベルギー)には勝てなかった(2分け)。頼みのチーロ・インモービレ(イタリア)に昨シーズンのような爆発力が戻ってくることが、金星を挙げるための条件になりそうです。ただ、6年目を迎えたシモーネ・インザーギ監督(イタリア)のサッカーはチームに浸透しているので、ここはバイエルンの胸を借りて、とにかく思い切り自分たちの力を試してほしいです。

 対するバイエルンは、リバプール(イングランド)、パリ・サンジェルマン(フランス)、レアル・マドリードと同様に、ここまでは負傷者に悩まされて本来の実力を発揮しているとは言えない状態ですが、それにもかかわらずこの強さと安定感ですから、死角は見当たりません。これから戦力も戻ってくるでしょうし、優勝候補筆頭の立場に揺るぎはないと思います。

倉敷 この両チームも、第1戦と第2戦の間にそれぞれ国内でのビッグマッチが予定されていて、ラツィオはユベントスとのアウェーゲーム、バイエルンはホームでのドルトムント戦があります。過密日程のなかで連続するビッグマッチをどう戦うかのプランが重要なカギになりそうです。

 では、つづいて2月24日の試合です。まずアタランタ(イタリア)対レアル・マドリードは小澤さんからコメントをお願いします。

<アタランタはレアル・マドリード相手に金星を挙げるか>

小澤 これは面白いカードですよね。とくにアタランタは、マドリーに対しても間違いなくアグレッシブにプレッシングを仕掛けて、マンマークを当てていくと思うので、戦術的にも見どころが多い試合になると思います。しかもマドリーのようにボールを保持してビルドアップするチームにはうまくハマると思うので、ジャイアントキリングを起こす可能性も十分あるのではないでしょうか。

 逆にマドリーは、どのようにしてプレッシングをはがしていくのかに注目です。昨シーズンの、マンチェスター・シティ(イングランド)戦もそうでしたけど、マドリーはハイプレスをかけてくる相手に対してもGKのディボー・クルトワ(ベルギー)を使って無理やりビルドアップしようとして、そこで引っかかって失点するケースがありました。その反省を生かせるかがカギになるでしょう。

 もっとも、現在は強いマドリーも戻ってきているので、2月までにこの状態を維持できれば、マドリー優位になると思います。最近はソリッドな守備が復活していて、躍動感もある。とくにルカ・モドリッチ(クロアチア)、トニ・クロース(ドイツ)の中盤ふたりの献身性と、カリム・ベンゼマ(フランス)の決定力が戻ってきたのが強みと言えます。ただ、イスコ(スペイン)とマルセロ(ブラジル)が戦力になっていないように、選手層はまったく厚くないのが懸念材料でしょう。前線もあれだけの大金をかけて獲得したルカ・ヨビッチ(セルビア)が、居場所を失ってフランクフルト(ドイツ)にローン移籍で放出されました。ケガから復帰してコンディションが上がって然るべきエデン・アザール(ベルギー)の状態が未だ上がってこない点も不安です。

◆欧州CL出場各クラブの現状を解析! コロナ下の超過密日程の影響は>>

中山 僕も、現在の両チームの状態であればマドリー優位だと思います。ただ、ひとつ歯車がかみ合わなければ、アタランタが金星を挙げる可能性もあると見ています。というのも、アタランタのサッカーはどのチームにとってもじつに対応が難しくて、それは昨シーズンのファイナル8で、ギリギリで勝利したパリを見ても明らかです。3バックの選手や両ウイングバックが、スペースを見つけながら果敢に前進して攻撃に絡んできて、全体がものすごく流動的に動いて次から次へと選手が湧いて出てくる。守る側としては、どうしても受け身になりやすいですよね。しかも、前から激しくプレッシャーを仕掛けてくるので、最終ラインからのビルドアップも工夫をしないと引っかかってしまうでしょう。

 それをイメージすると、小澤さんが言うようにマドリーがいかにしてプレスをはがすか、あるいはカウンターのかたちを準備しておくかがポイントになるでしょうね。その点で今シーズンのマドリーで少し気になっているのが、CBのラファエル・ヴァラン(フランス)のパフォーマンスです。彼はまだ昨シーズンのファイナル8のミスを引きずっているように見えます。いつもよりポジショニングが弱気で、オフサイドをとれる場面でも下がってカバーリングを選択するシーンが目立ち、それが失点につながることもあります。また、ビルドアップ時のパスが引っかかるシーンも目にするので、アタランタのプレスの餌食になってしまわなないか、不安材料を挙げるとしたらそこになります。

 もっとも、アタランタが勝利するためには、やはりアレハンドロ・ゴメス(アルゼンチン)とジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督(イタリア)の和解が条件になるので、もしそれが叶わないとすれば、自慢のチームワークが崩壊して大敗する可能性もあると思います。

倉敷 コンデシションが良く、かつ本気のアレハンドロ・ゴメスがいれば、アタランタは爆発的な攻撃力も、0-0、1-0といったロースコアでも勝ち切れる粘り強さも持っています。すでに大舞台での経験値も蓄えたアタランタは、マドリーにとってやっかいな相手でしょうね。しかもマドリーは、第1戦と第2戦の間に国内リーグを3試合消化しなければなりませんが、そのなかには好調レアル・ソシエダ戦とアトレティコとのダービーマッチが組まれています。小澤さん、マドリーは今季も日程面では悩ましいですね。

小澤 確かに厳しい日程ですよね。でも、マドリーの場合は大きなゲームがつづいているほうが緊張感も持続して、しのげるのではないでしょうか。逆に今シーズンのチームを見ていると、国内リーグ戦で緩んでしまうと調子を崩す傾向がありますし。

倉敷 第2戦の直前には下位に喘ぐエルチェ戦もあります。このゲームでどんな強さ、集中力を見せるか、その戦い方は要チェックですね。

 では最後の1カード、ボルシアMG(ドイツ)対マンチェスター・シティ(イングランド)のプレビューに移ります。下馬評ではシティ優位の声が高いと思われますが、おふたりはどのように予想しますか?

<不安定なマンチェスター・シティにボルシアMGは付け入る隙あり>

小澤 順当にいけばシティなのでしょうけど、国内リーグ戦の不安定な戦いぶりや、ボールを握った時に決めきれない部分がシティの不安材料ですね。ケガ人が多いという台所事情はあるにせよ、ペップ(ジョセップ・グアルディオラ監督/スペイン)のサッカーがマンネリ化しているように見えますし、ボルシアMGが付け入る隙は十分にあるようにも思います。

 しかも、ボルシアMGはグループステージの最終節でマドリーに完敗しながら、インテル(イタリア)がシャフタール(ウクライナ)と引き分けてくれたことで棚ボタ式に2位抜けした背景もあり、失うものがない。マルコ・ローゼ監督(ドイツ)がアグレッシブなスタイルで挑めば、おそらくシティは受けて立たざるを得なくなるはずで、番狂わせが起こる可能性もあると思います。

中山 基本的にはシティがボールを握って、ボルシアMGはマルキュス・テュラム(フランス)やアラサンヌ・プレア(フランス)のスピードを生かしてカウンターを狙う図式になると思います。ただ、シティに勝とうとするなら、格下としてそれなりに工夫しないといけません。昨シーズンのリヨンはシステムを3バックに変更し、選手にシティ戦用の役割を与えて戦術を遂行し金星を挙げました。ボルシアMGもいつもと異なるやり方を用意しておく必要はあるでしょう。ローゼがそれぐらいの大胆な戦略にトライすれば面白いゲームになるでしょうし、ジャイアントキリングの可能性も十分にあると思います。

 それと、小澤さんと同じく、僕も現在のシティについては行き詰まり感を感じていて、それは国内リーグ戦の戦いぶりからも感じます。確かに最近は復調してきましたが、それでも以前と比べて躓きやすいチームになった。これは昨シーズンも感じたことですが、今シーズンはそれがさらに顕著になっている印象です。まだ長期政権とは言えませんが、少なくともペップにとって5シーズン目というのは未知の領域ですしね。

小澤 これだけ不安定なペップのチームってあまり見たことがありませんよね。確かにバルセロナ時代の最後は多少不安定でしたが、あの時は会長が変わって自分は信頼されてないということがあり、クラブを出ていく気満々だった事情がありました。でも今回は、契約を延長したのに低調なシーズンを送っている。これは少し意外でした。

倉敷 シーズン開幕前にリオネル・メッシ(アルゼンチン)の移籍騒動があり、ペップのいるシティがにわかに注目を浴びたわけですが、その時、フロントとどんな突き詰めた話をしたのか、それが今にどうつながってどんな関係でいるのか気になりますね。ペップは彼の望む選手を与えられればしっかりと結果を残す監督なのですが、現在は中盤の強度の問題が解決していない。フェルナンジーニョ(ブラジル)やイルカイ・ギュンドアン(ドイツ)に代われるレベルの駒がほしいのですが、さすがのシティグループもこのコロナ禍において新戦力を買うことには消極的な様子です。得点があまりとれない原因はここにもありそうです。それでも大混戦のプレミアリーグでやや復調の兆しが見えているシティ。創意工夫のペップは解決策を見つけ、しっかり調整してくる気がします。

 以上で8つのカードのプレビューは終わりです。鼎談の冒頭で話したように、今シーズンはいつもと違う環境のなかで行なわれているCLです。コロナウイルス、資金面、などなど。いつ予想外のことが起こっても不思議ではありません。大いに想像力を高めてラウンド16の戦いを楽しみましょう。おふたりとも、ありがとうございました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/688ca375cb6ddf9ce033ee30466660b62fc52b63?page=1 

 

2021/01/23(土) 
アトレティコ、チェルシーは現時点の完成度だとアトレティコが断然有利。ただ、どのリーグも上位が軒並み躓いている。それが今後アトレティコに対して起こらないとも限らない。
アトレティコファンとしてはそれが起こることなくシーズンが終わって欲しいが、試合はやってみないとわからない。

2021/01/23(土)  
一ヶ月以上前の対談だろうな。今のシティはギュンドアンがシルバの役割をこなして全盛期に近い崩しが出来ている上に守備が大幅強化されたから優勝候補筆頭に挙げられてもおかしくない。逆にチェルシーはプレミアで勝てる相手がいなくアトレティコ戦までには監督が交代してる可能性が高い

2021/01/23(土)  
マドリーは調子を落としているが、変にドン引きされるより前から来られた方が点がとれるからね
ただし先制されると厳しいのは間違いない
なんせ複数得点をとれないから

2021/01/23(土) 
ちょっとバイエルンを買い被りすぎだな。
選手層なんて全然厚くないし、特に中盤なんて頭数だけでゴレツカキミッヒが居なきゃ話にならん上に、その二人も過労気味。殆ど毎試合失点してる。
右SBもパヴァールの調子が全然上がらないし、その控えのサールなんて産廃レベル。

2021/01/23(土)  
毎年思うんだがこの御三方はスペイン以外の試合をちゃんと追っているんだろうか
スペインサッカーの事情については精通してるんだろうけど

2021/01/23(土) 
この対談いつしたんだろう
レアルは今安定してないし、逆にシティは安定してる

2021/01/23(土) 
マドリーは主力が30歳オーバーだからコンディション悪ければアタランタにいっぱい食わされる可能性あるな。

2021/01/23(土)  
レアルはベテラン勢がコンディション整えてくれば勝てるだろう。

2021/01/23(土)  
アトレティコはマルコスジョレンテの活躍でチェルシーに勝つよ
トリッピアーの離脱は痛いけど

2021/01/23(土)  
レアルマドリー、アザールより久保を戻した方がまだ使える気が…

アザールをベイルのようにスーパーサブ状態で雇用してても、元どころかマイナスになるだけでは。

2021/01/23(土)  
キャプテンがCL優勝宣言→歴史的大敗w
監督がCL優勝宣言→歴史的大敗w
こんなお笑い道に突き進むクラブがスペインあるらしい笑

2021/01/23(土) 
現状では、行き詰まり感を感じているのがマドリーで

逆にマンCは強いシティにもどっている

チェルシーは、スアレスさえ封じれば

アトレティコに勝つでしょう

2021/01/23(土)  
ムサデンベレにベルギーの血は1ミリも流れていません











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ