スクリーンショット 2021-01-21 13.15.08

スポンサード リンク




あまりに早くトップチームに入ってしまったことから伸び悩み…

 紆余曲折の末、ヴィッセル神戸に入団が決まったリンコン。日本では10年に一度の金の卵のような騒がれ方をしているようだが、ちょっと待ってくれと言いたい。それはいつの話だ、と――。

 たしかに、リンコンは有望な選手だった。16歳でトップチームに入ったのはそれに値する実力があったからだ。ブラジルU-17代表でも活躍し、フラメンゴも将来を期待して2023年までの長期契約をし、違約金5000万ドル(約50億円)を設定した。

 しかし、彼の場合は「すごい」という評判があまりにも先行しすぎた。トップチームに加入した頃をピークにそのパフォーマンスは低下してくる。それはスタッツからも明らかだ。

 彼がスタメンとしてプレーしたのは、この4年間で11試合のみ。2018年に2試合、2019年に5試合、2020年に4試合のみだ。途中出場が52試合で、そのうちの33回は後半の30分以降にのみプレーしている。つまり、彼はほとんどの試合で15分以下しかプレーしていない。一昨年のFIFAクラブワールドカップのリバプール戦でも、途中出場しているが、ごく簡単なシュートをミスして、戦犯にあげられている。

 この伸び悩みは、彼があまりにも早くトップチームに入ってしまったからとも言われている。基礎をきちんと固められなかったことで、一軍のプレーについていけず、フィジカル、テクニックの面だけでなく、メンタル面でも準備はできていなかったという指摘もある。

 リンコンには今回3つのチームからのオファーがあった。ヴィッセル神戸、MLS(アメリカ)のシンシナティ、そしてキプロスのパフォスというチームだ。真の逸材であれば、ヨーロッパのビッグクラブが獲得に動くはずだし、そうでなくともブラジルの強豪がオファーしてくるはずだ。

 実際、彼とフラメンゴのU-17チームで一緒だったヴィニシウス・ジュニオールはレアル・マドリーの選手となっている。当時はリンコンの方が多くのゴールを決めていたのだが……。

 そのリンコンの代理人は3人いるのだが、とにかく彼らはことあるごとにチームのやり方に口を出す。なぜリンコンをもっと使わない、と。特に今シーズンの開幕前にいくつかのオファーがあったにもかかわらずフラメンゴが首を縦に振らなかったことで、代理人とチームの関係は険悪になった。代理人があまりにもうるさいので、チームはほとほと嫌気がさし、リンコンを本気で売りたいと思うようになったのだ。

 今年の8月にはヨーロッパのチーム3つからオファーが来て、10月にはウクライナの名門ディナモ・キエフからレンタルの申し出であったが、フラメンゴはこれを断った。フラメンゴは完全移籍での売却を希望していたからだ。

「ヴィッセル以外には行きたくない」と語った理由
 
 11月の半ば、リンコンが酒を飲んでパーティーで騒いでいる動画を元チームメイトがSNSにアップしてしまい、ペナルティとしてベンチからも外されるようになった。これにも代理人が噛みつき、両者の関係は完全に決裂した。フラメンゴは彼が20歳になる前ぎりぎりに(12月16日が誕生日)トップチームから除名し、U-20チームに落とす。3年間トップチームにいた選手にとっては屈辱の他なかったろう。

 リンコンはU-20の初日の練習に行かず、その翌日には普通の顔をしてトップチームの練習に行ったが、そこに彼の名前のロッカーはもうなかった。

 こうして、選手、チーム、代理人、誰もが移籍を望むようになった。リンコン自身は飼い殺しにされているようなものだから別のチームに行ってプレーしたい。フラメンゴは早くリンコン(とその代理人)を厄介払いしたい、代理人は選手がチームを移ればマージンが入るので、移籍は大歓迎だ。

 行先の候補としては、パフォスがまず手をあげ、フラメンゴはこれに乗り気だったが、無名のキプロス・リーグには行きたくないとリンコンがごねてご破算となった。その後ヴィッセル神戸からオファーが来て移籍は決まりかけていたが、MLSのシンシナティが完全移籍の条件でそれより高い金額をつけてきた。チームは売却を望んでいたし、代理人は移籍金が高ければ高いほど嬉しい。

 しかしここでリンコン自身が待ったをかけた。「ヴィッセル以外には行きたくない」と言って来たのだ。その理由はアンドレス・イニエスタだ。
 
 フラメンゴの現在の監督はかつてのサントスの名GKロジェリオ・セニだが、2020年の7月31日から11月9日まではドメネク・トレントが務めていた。トレントが監督の間は、リンコンもほとんどの試合でベンチ入りをし、途中出場でプレーする機会も多かった。指揮官との関係が良好だったのは間違いない。

 トレントは、スペインのカタルーニャ出身で、2008年から2012年まではバルセロナでジョゼップ・グアルディオラのテクニカルアナリストを務めていたこともあり、イニエスタとはかなり仲がいい。彼がスペインの名手のことをリンコンに語ったとしても不思議ではないだろう。

 いずれにしても、リンコンは神戸でイニエスタと一緒にプレーをするというアイデアにかなり惹かれたようだ。神戸が約束してくれた背番号10をつけて世界的プレーヤーとプレーすることになるのだ。

 彼の父親も『グローボTV』のインタビューでこう語っていた。

「イニエスタのそばでプレーすることは、他では得られない貴重な経験だ」

 そこで代理人はヴィッセルにオファーを釣り上げるように、そしてレンタルではなく完全移籍にするように水を向けた。そうでないとアメリカに売ってしまうと。しかし神戸が値をあげるとシンシナティもあげてくる(ブラジルのクラブのやり方をよく知る者としては、本当にシンシナティが値段を釣り上げたかは疑問が残るが)。

 2日間、ヴィッセルとシンシナティの間でリンコンのオークションが繰り広げられ、結局ヴィッセルは300万ドル(約3億円)を支払って、リンコンを完全に買い取ることにした(リンコンがACLに出場権を獲得した場合にフラメンゴにボーナスが渡されることも契約に入っている)。

 これには驚きだ。それは私の周りの記者も同じだ。ブラジルにはセリエA(1部)、B(2部)合わせて1000人近くの選手がいる。トップチームでコンスタントに良いプレーをしていて、彼よりずっと安い選手は山ほどいる。

 300万ドルはトップチームでプレーもしていない選手につける値段ではない。プレーしていないのは代理人のせいもあるかもしれないが、もし彼が本当の逸材ならば、フラメンゴはいくら代理人が厄介でも使っているはずである。つまり彼らはリンコンをその程度の選手としか見ていないのだ。

 その証拠に、かつての契約時に決めた5000万ドルの違約金の話は、今回は全く出てこない。そんな大金を払ってまで、彼を欲しがるチームがあるとはもう思っていないのだ。ブラジルのスポーツ紙『ランス!』は「リンコンが至宝から、違約金の5%に満たない選手になるまで」と銘打って彼のこれまでのストーリーを綴っている。

「もしポテンシャルを十分発揮することができれば、神戸に寄付したようなもの」

 もちろんまだ若い彼が今後どうなるかは未知数だ。もともとポテンシャルはある選手だけに、イニエスタの横でビッグプレーヤーに化ける可能性はある。

 グローボTVの著名な記者であるエリック・ファリアは、「もしポテンシャルを十分発揮することができれば、今回の移籍はフラメンゴがヴィッセルに選手を寄付したのも同然となるだろう」と語っている。

 また「リンコンが出て行ってせいせいする」という論調の多いフラメンゴ・サポーターの中で、ある者はこう述べている。

「リンコンはフラメンゴを出て行った方がいい。もっと秩序ある別天地で、心を入れ替えやり直すべきだ。そうでなければ、彼は早いうちにつぶれてしまうだろう」

 ヴィッセル神戸のためにも、リンコンのためにも、今回の日本行きがすべて良い方に転ぶことを願っている。

文●リカルド・セティオン
翻訳●利根川晶子

【著者プロフィール】
リカルド・セティオン(Ricardo SETYON)/ブラジル・サンパウロ出身のフリージャーナリスト。8か国語を操り、世界のサッカーの生の現場を取材して回る。FIFAの役員も長らく勤め、ジーコ、ドゥンガ、カフーなど元選手の知己も多い。現在はスポーツ運営学、心理学の教授としても大学で教鞭をとる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d41c8322edadc48af173ebef2c800d5a7f1a3bb8?page=1 

 

2021/01/21(木) 
うーむ、聞いてはいたけどポテンシャルは高いという評判があるだけで実績はないし素行にも問題がある、地雷臭が凄い
イニエスタの下で上手く開花すればいいけどそのイニエスタは怪我でしばらくいないし

2021/01/21(木)  
なるほど。ポテンシャルの高さが評価されているのに、ブラジルの名門クラブが手を挙げていないのは、こういう理由ね。

2021/01/21(木) 
この記事はかなり詳しく書いてありますね。
ブラジルから補強した場合、リアルな評価は見えづらいのでこういう記事はありがたいです。それにしても、4年間でスタメンが11試合…。一番試合経験が必要な時期にトップチームに上げるのは、チームの側にも使う覚悟がないとやっぱり良くないですね…。

2021/01/21(木)  
U-20ブラジル代表の超逸材というと、ポジションは違ってボランチだけど昔柏に来たドゥドゥ・セアレンセを思い出す。
彼は素行ではなく日本のサッカースタイルに馴染めず、サヨナラでしたが。
でも出てった後フル代表に呼ばれたりしたから、ブラジルの元神童といえど何処でもフィットする訳でもないし、神戸で意外に値上げできたらいいですね。

2021/01/21(木)  
監督が躾けられるか…にかかっているんじゃないかな。イニエスタの影響力に疑いはないけど、あくまでも選手。選手起用や戦術、ゲームプランを決めるのは監督だから、監督がリンコンを躾けられないと夏頃には姿を見ることは無くなりそう。爆発したら来季は中東かな。

2021/01/21(木) 
神戸は毎年後半になると空中分解して歯止めが効かなくなるけど、今年もリンコンが鍵を握る感じがしますね。

暴走するか秩序を学べるか…

若いし能力あるのだから、神戸で覚醒して欲しいな。

2021/01/21(木) 
若くして台頭する選手で、特にフィジカルに秀でた選手は、注意が必要だと思います。
ユース時代は周りの選手がまだ体ができていないこともあり、フィジカルで圧倒できて勘違い。
でもトップに上ると、フィジカルで圧倒できる相手が少なくなり、戦術理解やメンタルが整わないと戦えない。
そこで謙虚に学べれば花開くのですが、過去の成功体験とプライドが邪魔をする。

他サポには脅威ですが、リンコンがそういう選手じゃないと良いですね。

2021/01/21(木)  
試合に出ていないことや素行不良は神戸も情報としては知っていただろうし
その上で完全移籍させたならかつての逸材に可能性を賭けたとも見れるけど
実際は代理人に上手いこと唆されたという気がしないでもないですね
西の発言などからどうにもフロントに対して不信感が募るばかりです

2021/01/21(木)  
ここまで地雷臭してると、寧ろ宝くじ的要素が強いから結構楽しみ。

柿谷みたく躾出来る人が居れば磨かれるかも。
そういう意味で、試合に出る出ない別として実力名声共にあるイニエスタの存在は大きいな。

2021/01/21(木) 
監督も選手もまた厄介なのを押し付けられたもんだなぁ

Jリーグでポテンシャルが発揮出来たら出来たでうるさい代理人さんたちがすぐに他のチームに売り込むんだろうしね

その前に飲酒トラブルや交通違反で警察のご厄介にならないようにチームはしっかりこの選手を管理する事が大事でしょうね

2021/01/21(木)  
仮に成長してトップリーグでも活躍できる選手になれば若手の才能ある選手もjを選択肢にいれてくれるかもしれん。結構jにとってもターニングポイントになったりして。

2021/01/21(木) 
いくら技術があっても、精神や心が整っていない選手は活躍しないし、潰れていく。
これまでもそんな選手は沢山いたし、リンコンもこのままならそのうちの一人になるだけだろう。
多少の見せ場を作って、すぐに勘違いして落ちていくと予想する。

2021/01/21(木) 
向こうのサポーターが「もらってくれてありがとう」って言ってたくらいだからな。
決して安い買い物じゃないし、かなりの大博打。
ただ、これを目玉補強みたいに仕立ててるのはクラブとしてやばいと思う。

2021/01/21(木)  
札幌の野々村社長がこう言っていた

一億あれば、まずは選手より監督に一億使うってね。
監督は全試合指揮取れるから
果たしてリンコンは何試合出て何点取れるかな

2021/01/21(木)  
基礎を身に付けるのはジュニアとか、せいぜいジュニアユースまで。
そもそも年代別代表の時点で基礎は確実にあるわけだから、普通に早熟だっただけだろって思う。
早熟の選手って同年代の中ではフィジカルに優れてるけど、成長止まるの早いから普通の選手より成長できる期間が短いんだよね。

2021/01/21(木)  
能力発揮するにはまずは素行だな!
本当に魅せて欲しい、期待したい。
だからまずは日本に慣れて、サッカーに打ち込み、オフはしっかり休む。

2021/01/21(木) 
過去にも素行に問題ありとの評判だった選手が
日本ではどういうわけか素行も治りなんならリーダーシップまで
発揮しチーム内でお手本のようなポジションになったケースは
ありけど彼の場合、代理人が神戸でもどこまでちょっかい欠けてくるか

2021/01/21(木)  
まあ、あのオルンガだってスペインや中国では成績残せず、日本でも最初の半年は活躍せずチームは降格。
ポテンシャルをフルに発揮できるようになったのは、監督ネルシーニョになってから。

オルンガには謙虚さや頭の良さがあったので一概には言えないけど、リンコンもまだブレイクする可能性はあるよ。

2021/01/21(木)  
これはかなり具体的な暴露記事だね。現地の記者が痛烈に書いてるから間違いないだろうな。でもどう転ぶかは分からないよね。

2021/01/21(木)  
今回の移籍に対しての疑問はこの記事で晴れたかな? でも若い選手の獲得は将来売却ビジネスの一面も有るから良いのでは?

2021/01/21(木) 
「問題」があることは若干報じられていたが、契約が決まってから露呈。
こりゃ、フラメンゴが釣り上げ作戦をするわけだ。不要な棚卸しに協力させられた。三浦監督は淀みきった玉を磨きなすことができるか。フロントは面倒な代理人をコントロールすることができるか。

2021/01/21(木) 
楽しみな話だな
この代理人の話が本当なら神戸にとって
良いことが全くない
活躍したら移籍金が欲しいからよそに売ると言い出す
活躍出来ないとチームが監督がと騒ぎだす
地雷でしかない
でも若いブラジルの選手が来るのはワクワクする

2021/01/21(木)  
監督よりもイニエスタがしっかりサッカーに対して指導できるかにかかってそう。
この移籍はギャンブルだよね、上手く行けば三億の移籍金にゼロが1つ多くなって売れるかも知れないし、ダメなら三億を捨てる状態かな。でもポテンシャルはあるみたいだから三億は安いかもね。
他サポだけど神戸は毎年羨ましい。

2021/01/21(木)  
怪我のイニエスタはリハビリも兼ねて神戸にいるのかな?それともスペインか。神戸にいるからメンターとして最初から支えれそうね。思ったよりサイズがあって期待したい

2021/01/21(木) 
わざわざ神戸に来るのにワケあり物件じゃなきゃ逆に怪しい
Twitter(300コメ)ではボロくそだけどインスタ(1800コメ)では真逆だった
プレー集見たけど余裕でJ通用するべ
リンコン移籍発表後すぐセネガル代表ディアニェがイングランド1部に移籍したけど
神戸が狙ってる選手格的に期待ハズレって事はまず有り得えないから安心してもええ
それを後押しする10番着用
フロントは無能かもしれんがそこまで終わってない

2021/01/21(木)  
若くしてトップチームに入ったから基礎が身につかなかった?
言い訳が苦しくないか?

基礎なんかもっと前に習得してるはず。
単なる実力と努力不足。

2021/01/21(木) 
そんなイニエスタに期待して
3億も払い掛けにでるなら
同じ3億で既に活躍してる外国人のが良い気がする

まさに掛け

2021/01/21(木) 
この記事の発信源がブラジルで、ブラジルでここまで叩かれてるヤツをユルユルのニッポンのクラブで操縦出来るんかね?
イチから十までイニエスタ頼りにしてもね。
この素性のブラジル人はホンマにタチが悪いよ。日本人じゃ想像つかんこと平気で考えて実行しよるから。
イルファン程度の出場試合数で居なくなるような予感しかせーへんな。

2021/01/21(木) 
たいしたことなさそう

本当に良い選手なら、柏、鹿島、マリノスなどブラジルに強いパイプがあるチームがもっと動くでしょう

2021/01/21(木) 
地雷臭しかしないんだがな…結局代理人とかが口出しし始めて、シーズン途中でチーム全体が上手く行かなくなってそう。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ