スクリーンショット 2021-01-18 19.41.31

スポンサード リンク




J2ジュビロ磐田の中山雅史コーチ(53)が、トップチームの指導者としてデビューした。18日は磐田市内で新チームが始動。2009年以来12シーズンぶりとなる古巣へ、コーチとして戻ってきた。

初日は約2時間半のメニューを消化。体幹トレーニングでは身ぶり手ぶりを交えて指導すると、パス回しでもボールを出す役として選手をサポート。練習中には「いいぞ」「すばらしい」などと声を出して雰囲気を盛り上げ、積極的に選手とコミュニケーションを図った。取材対応はなかったものの、磐田のレジェンドは充実した表情でグラウンドを後にした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2d158c89b55dc49acfa7632c40aa06a72c554831 

 

2021/01/18(月)
ゴン、、、大好きだ。

2002年日韓W杯の時から、ゴンはコーチのような役回りをしていた。

ゴンのインタビュー記事で2002年当時のことを語っていたけれど、
選手だから出れるなら試合に絶対に出たい。出たいけど、呼んでくれた監督の意向を感じ取って、実行することの方が大事だと。
ゴンが買って出たのは【サブ組】のメンタルコントロール。レギュラー組はケアなんていらない。試合に出ているうちはなんも問題はない。
ただ問題はサブ組のメンタルケアで、若い子たちが腐らないように盛り上げた。
と話していた。
2002年のドキュメンタリーを見ても思ったけどその通りだった。

現役時代からそんなことができていた人です。素晴らしい指導者になることは間違いないと思います。

2021/01/18(月)
ゴンちゃん、福西、名波、藤田、ドゥンガ、高原、前田、時期は違うし、確かに黄金期とその残り香のある時代だったかもしれないけど、勝ちにいく姿勢は今とは雲泥の差があると感じる。

そういった姿勢もなんとか取り戻せたらいいな。

2021/01/18(月) 
惜しい!じゃなくて、ゴールにねじ込むスピリッツだって。結果がほしい。残念って天を仰ぐヒマがあるなら、スライディングで押し込むシュートやダイビングヘッドだってできるはず。

2021/01/18(月) 
ようやくジュビロにゴン中山が帰ってきた。
それだけでジュビロの試合を見るのが楽しみ。

今いる選手でゴン中山と練習したことあるのは八田選手と大井選手、山本康裕選手くらいかな。

決して技術がある方ではないと思うけれど、DFとの駆け引きなど、点を取るために必要なことを、これまでの経験からチームに還元してくれると思う。
J1リーグ得点数歴代3位は伊達じゃない。

小川航基がゴン中山のように、、、は想像つかないな。

2021/01/18(月)
雰囲気作り担当コーチ?
Jハットトリック記録FWのゴール嗅覚を若手に伝承していって欲しいですね。

2021/01/18(月)
今年はジュビロがJ2を盛りあげるはず。雰囲気を爆発的に上げることが出来るごんちゃんがいれば、チームは必ず上昇すると信じてます。頑張れ!ジュビロ!待ってろ。エスパルス

2021/01/18(月) 
練習見てたら一緒にやりたくはならないのだろうか?

意外とと言ったら失礼かもしれないがいいコーチになるかもね

2021/01/18(月)
相手チームの、ホーム磐田戦の観客動員にも貢献できそうですね。(^o^)

2021/01/18(月) 
小川がこのまま終わるか、中山コーチにかかってるな。小川よ、見た目を気にするのは二の次。心を燃やせ。

2021/01/18(月)
コーチがやたら注目されるのはどうかなと思うけど、ゴンさんやったら当面はしょうがないね(笑)期待してます!

2021/01/18(月)
もー遅いよー!
ようやく。
多くの日本人FWに、点のとり方やコツをどんどん教えてあげてください。
早急に!!

2021/01/18(月) 
小川選手にプロ意識の植え付けて、育てられるか。

2021/01/18(月) 
一番失敗しそうなゴン中山が指導者として大成しそうである

2021/01/18(月)
小川を頼みます!

2021/01/18(月) 
巨人の元木ヘッドみたいにムードメーカーにもなってくれる人大事だよね!

2021/01/18(月) 
モチベーターとしてはこれほど適した人もいないよな

2021/01/18(月) 
できれば10年前にして欲しかった

2021/01/18(月)
指導者としてはどうなのか。。

2021/01/18(月)
奇声と奇妙な顔芸で
逆にチームの士気を盛り下げそうだ

2021/01/18(月) 
隊長が戻って来た! (^^)v











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ