スクリーンショット 2021-01-17 14.57.20

スポンサード リンク




 C大阪のDFマテイヨニッチ(29)が、今オフに退団する可能性が急浮上した。複数の関係者によると、昨季にチームの副主将を務めたセンターバックに対し、資金力のある中国のクラブから獲得オファーが届いていることが判明。必要不可欠な戦力としてC大阪側も全力で慰留に努めているが、提示している条件面は現状で中国のクラブが上回っているという。

 クロアチア出身で17年にKリーグ1部仁川から完全移籍で加わったヨニッチは、加入1年目に2冠に貢献すると、一昨年と昨年はフルタイム出場を果たした。DFリーダーとして堅守を支え、この4年間のリーグ戦で欠場したのは1試合のみという鉄人ぶりも発揮。17、19~20年にはJリーグの優秀選手賞を受賞するなど、J1屈指の助っ人として絶大な存在感を誇ってきた。

 レヴィー・クルピ監督が復帰するなど、体制が刷新される今季のC大阪にとっても欠かせない選手だけに、移籍が決まれば大きな痛手となることは必至。昨季に「このクラブは自分の家のような場所。今後もセレッソから出るつもりはない」と強い愛着を語っていたヨニッチだが、中国のクラブから破格の条件を提示されているとみられる。この日にC大阪から発表された今季の背番号で「22」は空白だった。

 ◆マテイヨニッチ 1991年1月29日生まれ、クロアチア出身の29歳。ハイデュク・スプリト、NKRUMAHザダル、オシエクを経て15年にKリーグ1部仁川へ加入し、主将も務める。17年に完全移籍でC大阪に加入。過去にU―19クロアチア代表などで出場歴を誇る。1メートル87、83キロ。利き足は右。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca246c0cf0b6ebc82ddc4cb41b6f7fee89fd11ff 

 

2021/01/17(日)
守備は、組織的に連動して守るのが基本ですが、試合ではそれが当てはまらないシーンが出てきます。その際、対人や空中戦の強さ、カバーのうまさ等々、個の高い能力が要求されます。ヨニッチ選手は、一昨年のチアゴ・マルチンス選手(横浜FM)や昨年のジェジェウ選手(川崎)のように個の強さを持つ、守備の要です。

セレッソが一昨年、Jリーグ最少失点で戦えたのは、彼の存在なしでは語れないでしょう。清武選手が「彼がいることで、より攻撃に力を発揮できている」と語るように攻撃面にもプラスに作用しています。
また、4年間で退場ゼロ、欠場が1試合。監督からするとこれほど頼りになるセンターバックはいません。さらに瀬古歩夢ら若い選手の成長に大きな影響を与えています。

クルピ監督の復帰にともない攻守に大きな影響を与える選手が流出するとなれば、これからのチーム作りはもちろん、優勝を狙うために相当な痛手になりますね。

2021/01/17(日) 
今年からサラリーキャップの導入された中国リーグからすると、Jの有料外国人はいいターゲットなんだろう。今後もこういうケースが増えていくのかもしれない。

2021/01/17(日) 
Jクラブも韓国より高年俸で引き抜き、有能なら上回る報酬でアジア他国が奪っていく。お金が選手の評価とも言えるので流れとしては仕方ないんだけれど…

2021/01/17(日) 
ビジネスとして割り切って
しっかり移籍金もらえるように
するしかないんじゃない?
若手が欧州に移籍するにしても
安過ぎるの多いし

2021/01/17(日) 
尹・ロティーナの4年間で堅守を構築したと言っても、実際にそれを達成できたのはヨニッチという超々優良CBがいたからということが大きい。

入ってきた移籍金で同等の選手を取ればという意見もあるけど、仮にお金があっても現実的にヨニッチと同等のパフォーマンスと安定感を発揮できる選手なんてそうそう見つからないと思っているセレサポは多いはず。
4年間で欠場1試合というケガをしないタフネスさ、いざというときのセットプレーからの得点力、チームに対する愛情などまで込みで考えれば、尚更、ここまでの選手は居ない。
ジンヒョンに次ぐ長期在籍外国籍選手となっただけのことはあり、ヨニッチがいるかいないかでシーズン失点数±10〜15も覚悟しなければいけないレベルの存在だと思っている。

2021/01/17(日) 
「愛」より「金」
綺麗事言ってもダメならすぐ切られるし
怪我したら終わりの世界。
稼げる時には稼がないと。
ある程度稼いだ晩年になれば
環境優先もあるけど。

2021/01/17(日) 
日本のプロ野球、阪神が昨年、韓国プロ野球のMVPなど、二人を獲得したのがなにかと話題になった。台湾・韓国より資金力のある日本プロ野球、そしてメジャー。サッカーも日本・中国、ヨーロッパリーグ。資金があるリーグに流れるのは必須。本人の為だと思うしかない。

2021/01/17(日) 
ヨニッチいないならセレッソかなり厳しくなる。どのチームも編成決まっているし、海外からとるといつ来るかわからない

2021/01/17(日)
移籍されたらもうJ2だと思う
残念だが柿谷移籍とは比較にならないくらい、ヨニッチは重要な選手

2021/01/17(日) 
力のある外国人選手は次々に中東・中国に刈られ、これから主力になるであろう日本人若手選手は欧州転売クラブからの青田買い。それでいてステップアップできる選手はごくわずか、25歳前に成長を止めてしまう選手も多い。
日本代表にとってもJリーグにとってもあまり良い未来が見えてこない。

2021/01/17(日) 
これはなんとしてでも流出は避けたいが…

チャイナリーグのサラリーキャップ制の影響で世界的ビックスターからアジアの各国リーグで活躍した選手やACLで結果出した選手がターゲットになりつつある

今の給与よりも多分、相当高い金額を提示されて悩んでるんだろうなぁ…

コロナウイルスの影響で今後の見通しが立たず悩むと思うけど、是非残留してほしい

2021/01/17(日)
オルンガもそうだけど、中東や中国の存在がある限りアジアは本当に難しい。
今まで中東や中国のメガオファーを断った外国人ってどのくらいいるのだろうか。
韓国などから連れてくる外国人もJには多いが、Jでブレイクした外国人は100パーセント中東や中国に狙われると思った方がいいね。
残念な話だけど、Jクラブも移籍金を上手く設定して、あとはガッポリ稼げれば御の字というドライな考えでいいんじゃないかな。
徹底したビジネスライクで。

2021/01/17(日)
セレッソ大丈夫?
他クラブの新体制が発表されてる中、新たな選手を今から獲得するのは困難な状況に近い。
四位に導いてくれた名監督を解雇、柿谷選手を慰留出来ず、香川選手に復帰のオファーを掛けるも拒絶され、柿谷選手に代わる選手も獲得出来ず、エッ︎と思う様なFW選手の獲得しか出来ていない。
今季はセレッソ迷走し過ぎじゃない、資金があるのかないのか、本当に今季ヤバいです。

2021/01/17(日)
高額移籍金が入るからいいんじゃないかなという意見もあるけど、チーム事情とあれだけの替えの効かない選手を考えたら絶対に無理してでも残ってもらわないと
ただ、ヨニッチが今オフのフロントのゴタゴタに嫌気がさしてたら何も言えない

2021/01/17(日) 
金額の大小がある意味でプロ選手の指標なので、あとは本人が決めるだけ。
引き抜く相手とのフロント交渉でしっかり移籍金を確保して次の補強に使えば問題ない。

2021/01/17(日) 
Jリーグは東西アジア、東南アジア、オセアニア、アフリカなどの代表レベルの選手を受け入れて、海外に市場を広げるべき
自国の代表選手がJリーグに挑戦すれば、中継を観る人が増える
DAZNのアジア進出と歩調を合わせれば良い
その中から欧州に移籍する選手が出れば、日本経由欧州行きを目指す優秀若手選手がさらにJリーグに集まる
リーグのレベルが上がり、日本人選手の強化にも繋がる
欧州のクラブもJリーグをチェックする事でアジア圏での選手発掘効率が上がるので、本場からのJリーグへの関心も高まる
また、経済成長著しい国からの選手獲得で、その国の企業からスポンサードを期待出来る
Jクラブを支える国内企業も、逆に所属外国人選手の母国市場参入のキッカケにすれば良い
カズのイタリア挑戦をアジア圏で再現する必要がある
鹿島の株価の衝撃的な安さを見る限り、クラブやリーグの経済的価値を上げていく方策が喫緊の課題だ

2021/01/17(日)
これセレッソ移籍されたらほんとにやばいシーズンになるよ。
補強もまともにやってないしフロント側が迷走してる。

2021/01/17(日) 
新体制発表まで交渉続いてるということは、セレッソもそれなりに太刀打ちできるオファー提示してると言うことなのかな?なんにせよ絶対残して欲しい

2021/01/17(日) 
どこのチームも新体制が発表されているこの時期に移籍となれば、編成を考え直さないとならないのでイタイどころではないです
加えてこのご時世で新外国人を運良く獲得できても合流が遅れコンビネーションに支障をきたすのは必定
ヨニッチ選手に対しては金銭面以外に日本での生活面おいても今まで以上のフォローをしてなんとか残留に漕ぎ着けてもらいたいですね

2021/01/17(日) 
これは厳しいな。 香川、乾に払うって言うてたお金がプールされてるなら、全額をヨニッチに支払ってでもセレッソに残して欲しい。

2021/01/17(日) 
守備の堅いロティ―ナ監督と昨年の主力DFがいなくなると、振れ幅が大きくなると思う。さすがに残留争いはしないと思うが、ACLを考えると、真ん中より下であがくこともあり得ると思う。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ