スクリーンショット 2021-01-16 11.29.30

スポンサード リンク




現地紙が「スコットランドで決まった最高の一撃」を特集

 スーパーゴールの誕生が、かつてのスーパーゴールの記憶を呼び起こしている。スコットランドで生まれた一つのゴールをきっかけに、セルティックの元日本代表MF中村俊輔がマンチェスター・ユナイテッド戦で決めた伝説のFKが、スコットランド紙「デイリー・レコード」が選出する「スコットランドで決まった最高の一撃」の一つに選ばれ、再び脚光を浴びている。

 新たなスーパーゴールが生まれたのは、12日に行われたスコットランド1部リーグ第23節のダンディー・ユナイテッド対セントジョンストン戦の後半8分だった。1-2と1点を追うダンディー・ユナイテッドは、ハーフウェーライン付近で相手のパスをカット。右サイドのスペースにボールを出すと、そこにスコットランド代表FWローレンス・シャンクランドが走り込み、右足を一閃する。ハーフウェーラインをわずかに越えたところから放たれたボールは、美しい弧を描き、前進していた相手GKの頭上を抜けてゴールに決まった。

 このゴールを受けて、「デイリー・レコード」は「スコットランドで決まった最高の一撃はどれだ?」と特集。シャンクランドによるゴラッソのほか、同紙に執筆する7人のライター陣がそれぞれの印象に残ったゴールを挙げている。

 キース・ジャクソン氏がピックアップしたのは、2002年5月にグラスゴーで行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、レアル・マドリードの元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンが決めた超有名なボレーシュートだ。ジャクソン氏は「素晴らしい瞬間を目撃する時、ゆっくりと目に映ることがある。ロベルト・カルロスがハムデンパークの上空にクロスを上げた時から、次に起こる輝かしいことはスローモーションのようだった」「まるで詩のように、彼は左足を回すように振り抜いて、CL決勝史上最高のゴールの一つをレバークーゼンのゴールに突き刺した」と振り返っている。

 7人の記者がそれぞれのゴールを挙げるなか、グレーム・ヤング氏は2006-07シーズンのCLグループステージ第5節で、セルティックMF中村俊輔がユナイテッド相手に決めた直接FKを選出した。

当時の世界最高GKファン・デル・サールが「呆然と取り残されていた」
 
「日本のアイコンがグラスゴーにいた4年間は、輝かしい瞬間に溢れていた。だが、その最高傑作は、CLでマンチェスター・ユナイテッドを相手に決めた一撃だ。30ヤードの距離から決めた完璧なFKは、サー・アレックス・ファーガソン監督のチームを撃破し、セルティックを史上初の16強に導くものだった。歓喜したゴードン・ストラカン監督が、クリスティアーノ・ロナウドや仲間たちを置き去りに、あれだけのスピードでタッチライン際を走ったことはなかった。

 人々は、中村はFKを蹴ることを楽しんでいただけだと言うかもしれない。だが、最大の舞台で彼のトレードマークであるスキルを示したことが、何よりも特別なものにしている。エドウィン・ファン・デル・サールはこの時、世界最高のGKだった。しかし、プレーメーカーが喜び、走り去った時も、彼は呆然と取り残されていた」

 15年の時を経て、改めて脚光を浴びた中村の直接FK。セルティックのファンは、スーパーゴールが生まれるたびに、この瞬間を思い出しているかもしれない。

Football ZONE web編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/56af29937b08a70fde9875991d6d56ad673156ab?page=1 

 

2021/01/16(土) 
あのFKはホントすごかった。
ファン・デル・サールが触ることすら出来なかったね。

2021/01/16(土) 
中村のシュートは記憶に残るものが多いんですよね。未だに忘れられないゴールシーンが
いくつもあります。
少しでも長く現役生活を楽しんでください。

2021/01/16(土) 
ユナイテッドサポとしてわくわくする試合はたくさんあったけれど、このセルティック戦は特別だったな。あんなに敵チームを応援したことはない。

2021/01/16(土)  
このFKが美しく素晴らしいのは相手GKがファン・デル・サールだった事が全て。
あの大きな身体が飛び、目一杯腕を伸ばしても届かない。

そして静寂から割れんばかりの歓喜の大歓声に変わる瞬間。
有り体に言うなれば映画のクライマックスでのワンシーンになるのだろうけど、
そんな例えを遥かに超えるリアルな一撃だった。
何度同じVTRを見ても鳥肌が立つ。

グラスゴーに行くと中村俊輔が生ける伝説になっているという記事を数年前に読んだけど、
向こう100年は語られ続けるんだろうなと本当に思う。

2021/01/16(土)  
しかも1発では無い。ホーム&アウェーの両方で同じような位置から決めているのだ!最高に警戒された状態でも決めているのだから文句はあるまい。

2021/01/16(土) 
フリーキックじゃないけど、レンジャーズ戦のミドルも捨てがたい・・

2021/01/16(土)  
同じ相手にマークも苦にせず2回決めたってのがまた凄いんだよな。
ちなみにファン・デル・サールは、主要な試合でやたら日本人選手に決められていて、のちの取材で笑いながらもだいぶ気にしてたな。それだけマンU、ファン・デル・サールが偉大な存在だった証左だけど。

2021/01/16(土)  
コース、スピード、カーブ、そして舞台。全てが揃った美しいFK。久しぶりに見たけど、また鳥肌が立った。

2021/01/16(土)  
俊輔セルティック時代の関連記事や映像を目にする度につくづく思うのは、リーグの世界レベルやFIFA国ランキングではなく、何処だろうと置かれたその環境で必要とされ活躍するのかが重要で幸福なのかも。選手にとってもサポーターにとっても。

2021/01/16(土) 
ラグビーのスコットランド戦のときふと思ったんだけど、スコットランドの人は中村俊輔のおかげで親日家が多いだろうなと思った。今でも伝説で、当時のスコットランドの子供たちはみんな中村俊輔に憧れていて、アーセナルのティアニーなど、ずっとシュンスケナカムラを目指していたと言っているが、俊輔を目標に練習して現在活躍している。

2021/01/16(土)  
俊輔はスコットランドじゃ空港でも顔パス。
スタジアムに招待されればスタンディングオベーション。
一生そんな感じなんだと思うよ。凄いなあ。

2021/01/16(土)  
あの静まり返ったスタジアムでネットの「パサッ」って音何回聞いても鳥肌が立ちます。

2021/01/16(土) 
この距離でのフリーキックが決まる時は、常にここしかない!と感じるものだが、この俊輔のフリーキックほど、それを感じたことはない。
しかし今でもこの一撃が現地の人に愛されているのは、本当に嬉しい。

2021/01/16(土) 
中村俊輔、小野伸二、中田英寿が揃っていた稀な時代。
サッカーが面白かったですね。
上手い選手は増えていても、飛び抜けたオリジナリティがある選手が出てこないですね。
日本の社会変化と関係しているかもしれないですね。ブラジルでも日本よりはるかに高度なレベルで同じ事が起きている気がします。

2021/01/16(土) 
ホームアウェイ両方で同じ選手にFK。
単なる芸術点の高いFKというだけではなくてスコットランドを代表するセルティックからするとイングランドプレミアを象徴するマンチェスターU相手に大舞台で決めたゴール、現行のCLに変わって唯一スコットランドのチームがベスト8進出、それを導いたゴールだから、そういうストーリー性からも格別な思いがこもってるよね。

2021/01/16(土)  
CLのマンU戦も凄かったけど、俊輔のセルティックでのプレーはどの試合も本当に輝いていた。
YouTubeでもプレー集があがっているので見た事ない人は是非見てほしい。

2021/01/16(土) 
第一レグでの壁頭上鋭いやつで反応できなかったファンデルサールが、それより距離のある第二レグでは、中村の助走前からシュートスピードもコースもここしか狙ってこないと誰もがわかるやつで、構えてる段階から目が違ってた。
世界最高のGKの一人が全力斜め横っ飛び、それでも触れられず沈められた瞬間、下半身から頭のてっぺんにかけて一気に激震、出たことのない量の涙が溢れ出て困った。
WBC決勝タイムリーのイチローがイキかけましたって言ってたアレだったのかも。
ほんとにイキそうだった。

2021/01/16(土) 
伝説の瞬間
あの舞台、あの距離、あの相手、そしてあの時間帯で..
様々なシチュエーションの中で神がかりなFKを決めた。
まさに奇跡だけど その裏にある凄まじい努力と練習の賜物かもかもしれない。
そしてまた多くの人々に誇りと勇気をくれたのも事実。

2021/01/16(土) 
このフリーキックは決めた相手やシチュエーションも含めて最高だったね。
対戦相手は忘れたがミドルレンジから左足でめっちゃ左カーブかけて決めたボレー気味のシュートも凄かった。

2021/01/16(土)  
中村がグラスゴーで活躍した数年後に出版された書籍を読んだが、本当に伝説になっていた。タクシーに乗れば必ず話を振られ、ある人は神の奇跡を初めて体感したと言っていた。私達の感覚とはまるで違うレベルの功績として受け止められているようだ。

2021/01/16(土)  
うろ覚えで今もにわかファンですが
確かあの試合セルティックのキーパーが後半の終盤にPKをストップしてくれてましたよね。
もちろん中村選手のあの美しいフリーキックのみでもスゴいですが、チームメート達も文字通り体をはりマンチェスターユナイテッド相手に勝ったのは当時のチームとしての戦力差をみても普通にジャイアントキリングですよね。セルティックの熱狂的なホーム戦の雰囲気が伝わる日がはやく戻ってくると良いですね。

2021/01/16(土)  
国やサッカーの歴史として、色々とあるイングランドとスコットランド。リーグレベルも戦力も劣り、相手は当時は世界最強格のユナイテッド。試合内容も当然劣勢。

これだけの条件がある上で、アジアの端から来た助っ人が、CLで、2戦連続でFK打ち込んで、撃破。

伝説になる要素が盛りだくさんだから、そりゃ語り継がれるよね。

2021/01/16(土)  
セルティックのような名門クラブでレジェンドになっているキャリアが本当に同じ日本人として誇らしいなあ。
ナカムラに憧れた、っていうセルティックの若手も出てきてるくらいですし。
これってサッカーの枠を越えて、本当に凄いことだと思います。

2021/01/16(土) 
あのゴールの前にホームで決められてたからマンUは俊輔のFK無茶苦茶警戒していたんだよね
だからファールしてしまったことにファーガソンぶち切れ、マンU選手も落胆という感じだった
ファンデルサールも最大限警戒した中であの完璧なFKはすごかった。あれは感動したな

2021/01/16(土)  
この中村推しの記者のゴール後の描写が臨場感が溢れていてそれでいて詩的でもあって実にいいな。それほどインパクトを残し愛された存在であったことがすごく伝わってくる。

2021/01/16(土) 
日本人選手がヨーロッパで決めた2大ゴールは、
ユベントス戦の中田のゴールと
ユナイテッド戦の俊輔のゴール。
どちらのゴールもキーパーはファン・デル・サール

2021/01/16(土)  
あれは本当にすごかった。期待はしてたけど、2試合連続。
初戦のリプレイを流してるのかと思うほど、二本とも完璧だった。もっと他の強豪から呼ばれても良かった気がする。

2021/01/16(土)  
中村の2009年5月のセルティックでの最終戦をセルティックパークで観戦しました。

セルティックが勝って、レンジャースが引き分け以下なら逆転優勝という試合でしたが、スタンドの上の方から観てて中村へのスコットランドのファンの声援、思い入れや尊敬がものすごいのが分かりました。

試合終了後駐車場で選手の出待ちをして、駐車場に普通に歩いて出てくる当時のメンバー達(サマラスやヘッセリンクとか)と写真撮ったりサインもらいました。

中村と水野は全選手が帰った後も2時間くらい出てこない中、大勢のスコットランド人がずっと待っていて、車が出口に横付けされて、中村が運転席に座ると大勢で周りを取り囲み、声援を送っていたのがこのFKをはじめ、Nakaのセルティックでの偉大な功績を称えていたんだなぁと印象的でした。

2021/01/16(土) 
現地の実況が入った瞬間に
ナカムラー!!!って絶叫してたのを
思い出すな。

あのフリーキックはスコットランドのみならず
CLの歴史においても語り継がれるゴールだろ。

2021/01/16(土)  
この記事を見るたび、ずいぶんこするな、と思うのだけど、
初のCL16強となれば、それも仕方ないのだろうな。

今はセルティックってどうなっているのだろう。中村がいなくなってからあまり気にしなくなってしまった。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ