スクリーンショット 2020-12-19 21.57.50

スポンサード リンク




 サッカー・J1サガン鳥栖を運営するサガン・ドリームスの竹原稔社長が、社長を退任する意向であることが19日、分かった。鳥栖市の駅前不動産スタジアムで行われた今季最終戦後、報道陣の囲み取材に対し、「来季までの経営の見通しはついた」と語り、退任を表明した。後任には、佐賀県サッカー協会の福岡淳二郎会長が就任する見通し。

 竹原氏は兵庫県伊丹市出身で、1996年に調剤薬局を全国に展開するナチュラルライフを佐賀市で創業した。

 サガン・ドリームスの取締役を経て、J2時代の2011年5月に社長に就任した。クラブの経営を立て直し、12年のJ1昇格後は飛躍的に経営規模を拡大させた。海外の名門クラブとの親善試合や元スペイン代表のスター選手FWフェルナンド・トーレスの獲得など、ファンに夢を与える攻めの戦略を次々に打ち出した。クラブの下部組織を強化し、次世代に向けたチームの土台作りにも尽力した。

 一方で、チーム人件費の高騰や、大口スポンサーの撤退による広告収入の減少が響き、18年度は約5億8千万円、19年度は約20億円と、2期連続の赤字決算となっていた。20年度も新型コロナウイルスの影響で興行収入と広告収入が大幅に減少し、10億円の赤字になる見通しを示していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7939047e0c56fdef60b76ac25e1d368e3c4b187d 



2020/12/19(土)
大口スポンサーの撤退や新型コロナの影響は大きいが、ここまで赤字を拡大させた責任を取るのはトップの仕事だ。
経営に関して色々と良くない話もあったが、万年J2の鳥栖をJ1に定着させ、トーレスを日本で見る機会を作ってくれた功績は評価したい。

2020/12/19(土)
こんな人口の少ない鳥栖市でJ1を戦い続けてくれている。九州の代表的なチームになれたのはこの人の熱意だと思う。感謝します。

2020/12/19(土) 
サポから信用を失う言動もあったし、大赤字で存続の危機を招いた責任は重い。
でも竹原社長じゃなかったらクラブもJ1には定着出来なかったでしょう。色々あったけど感謝してますよ!本当にお疲れ様でした。
次の社長がどうなるのかわからないけど、まずは経営基盤を安定させてほしい。新生サガン鳥栖も楽しみにしてます!

2020/12/19(土)
ユースの育成を進めたことや10年j1に入れたことは評価できるが、やっぱり悪いことが多すぎた
自身の資産を使ってまでサガン鳥栖の存命に協力してくれたのは感謝しかない

2020/12/19(土)
お疲れ様でした。
トーレス獲得のニュースに、そのリスクなんか口にせずひたすらウキウキ踊ってたくせに、いざ成績低迷や赤字拡大となると「やっぱりトーレス獲得がよくなかった」と掌返ししてた人間ばかりだったのは笑ったな。サポとして、Jリーグファンとして楽しむだけ楽しんでおいてその言い方はないだろと。

いろいろあったかもしれないけど、Jリーグを大いに盛り上げてくれたのは間違いない。
ありがとうございました。

2020/12/19(土) 
確かに、トーレスの年俸が経営を圧迫したし、戦力的にもプラスにならなかったのは痛い。

でも、盛り上げようとしてチャレンジした心意気は称賛されるべき。

2020/12/19(土) 
確かに問題もあったけど、
鳥栖のような小さな街で、
J1クラブを維持していくには、
多少突飛なことや攻めの姿勢も
必要かと思う。
ただ、チームのスタイルがしっかりしてる。
それを踏み外さなければ、
経営が保守的になっても大丈夫だと思う。

2020/12/19(土)
お疲れ様でした。
サポにはアンチが多い気がしますが、私は竹原社長を応援しておりました。
アトレティコとの試合組んでくださったり、トーレスを獲得したりとj2時代の弱かく観客も少なくサポーター席もまばらな時代のからのサポーターからしてみたら今の鳥栖の姿が考えられません。
色々よくない噂はありましたが、感謝しかありません。
お疲れ様でした。

2020/12/19(土) 
とりあえず今の現場、サッカーの目指してる路線は間違っていない。そこは引き継いで欲しい。

2020/12/19(土) 
佐賀県サッカー協会会長にお金を引っ張ってくる能力が高いとは思えないけど。

2020/12/19(土)
竹原氏が保有する株式はどうなるのだろうか。

実権を握ったまま院政のようなことになるのではなく、経営を健全化させて放漫経営のイメージを払拭できるような新体制に、完全に移行することを期待したい。

現有戦力の放出や補強のスケールダウンもやむ無しだと思うが、チームがなくなるよりはだいぶ良い。

2020/12/19(土)
清水サポですが、地方クラブは本当に厳しい。清水も昔、Jリーグバブルの沈下と放漫経営のツケで消滅しかけた過去があるから、この社長の事をどうこう言えない。

功罪はあるかもしれないが、ユースを強くなったのは間違いなくこの社長の功績。お疲れ様でした。

2020/12/19(土) 
協会だから恐らく派手な舵取りはできないでしょう。良い時も悪い時も。ただ若手をじっくり育てるという方針のうちは良い方向に働くと思います。

J1とJ2のマネジメントは大きく異なると思うけど、その部分のノウハウを引き継いでる人が残ってたらいいですね。右も左も分からないJ1ステージでの最初の10年を、降格させずに乗り切った功績はかなり大きいと思います。お疲れ様でした。

2020/12/19(土)
松本育夫さんに続き、竹原稔さんは今日のサガンの礎を築いてくれた人。近年の手腕は大胆で賛否あったし、経営は結果責任でこの退任も当然だろう。しかし、破綻回避のメドが立ち、最低限でのバトンタッチはなされたと思う。個人的にはこれまでの多大な貢献について素直に感謝申し上げたい。

2020/12/19(土)
いろいろ意見ありますが、
鳥栖、佐賀には少なからずプラスになったと思います。


サガン サポとしてできること、
できる努力はしていきたいとおもいます!!

13位でもよかて思うよ
選手頑張っていいプレー見させて頂きました!
 
金銭面が一番ですができる限りサポートしたいです!

2020/12/19(土) 
竹原社長が退任なのですね。お疲れ様でした。社長はとても親切な方でした。サガン鳥栖のイベントにも良く顔を出してくれて気さくに話や挨拶をしてくれて鳥栖の試合に来た他のサポーターにも親切でした。とても残念です。

2020/12/19(土)
いつしか馬追いの時出会って助けてもらいました。
とても人がいい人ですのできっとこれからもサガン鳥栖のことを裏から応援してもらいたいです。
また自分もサガン鳥栖を応援します。

2020/12/19(土) 
トーレス呼んだのはこの人自身勝負にでたんだろうね。
色々言われてきたけれどこの人にしかわからない大変さがあったはず。俺は評価するよ。

2020/12/19(土) 
スポンサー確保含め経営難となれば退任は致し方無い。

想いはそれぞれだが、今日参戦もしくは仕事等で参戦できなくても最終節を終えて感じたものが全て。

悲しくてもやりきれなくても好きだったらやる。それだけ。

2020/12/19(土) 
自分で興した会社の経済力で、地域が熱狂するプロスポーツチームを支えてきた。
遺恨はあっても、深く感謝すべき。

2020/12/19(土) 
次のトップがサッカー協会の方のようですが、営利団体の経営経験はあるのでしょうか?経営のプロに任せたほうが良いのではないでしょうか?

2020/12/19(土) 
この人を評価してる人は何を見て評価してるのだろうか?
サガン鳥栖をJ1昇格に導き、築き上げてきたのは井川幸広さん、松本育夫さんであって、竹原社長はその功労者を追い出してチームを私物化し、存続の危機にたたせてる人だぞ
よく知りもしないでこんな人を評価なんかしないでほしい

2020/12/19(土)
経営者ではない人がプロスポーツの経営は無理です!来年はJ1再来年はその先はJ3のお荷物になり熊本と試合すると思う!選手の意見より経営重視!選手はみんな出ようとする!
竹原社長は選手寄りの経営で赤字になってしまったが、ある程度責任はとれたと思う!で選手からの信頼は高くこれからは他チームKら話があれば即応じてくるだろう!残念だか強いサガンは来年は見られない!夏までに降格決定するかもしれないね

2020/12/19(土)
次のフェーズとは借金返済のフェーズですね。20億以上の借金をどう返していくんだろう。来季からはおそらくJ3並みの予算ですね。それで県関係からの派遣でしょうね。選手のほとんどは居なくなるでしょうね。

2020/12/19(土) 
佐賀県庁は6月にコロナ交付金に便乗してサガンを支援した際に、支援は一度きりと県議会で明言していましたので、
「社長退任で県が公的資金投入」はあり得ないと思って良いのでしょうか?

税金の使い方のマズさで有名となった佐賀県庁ですから、若干心配です。



竹原社長お疲れさまでした。(恐らく私財を投じて)経営を何とか支え続けたことは、なかなか出来ないことと思います。
再建半ばでの退任は、さぞ無念でしょう。

2020/12/19(土)
正直何とも言えませんが…

でも竹原社長=サガンのイメージが強すぎて…

地方のクラブをここまで率いて頂いたのは
本当に感謝の一言です…

色々言う方はいらっしゃると思いますが
僕は本当に大好きな社長でした!

2020/12/19(土)
お疲れ様でした。賛否両論あったけど個人的には好きでしたよ。これからもファンとしてサガン鳥栖を応援して下さい。ありがとうございました。

2020/12/19(土)
九州でもダントツ田舎の佐賀県のそれも鳥栖じゃ大手スポンサーメリットは皆無。来年までの資金の目処は立てたなんてかっこいい事言ってるが再来年は破産ですか。あなたが全財産を注ぎ込んだ鳥栖の株を放棄して高額年俸の選手は全部放出して事業規模大幅縮小しするしかないでしょう。ホーム移転前提ならサイゲやメルカリみたいなホワイトナイトが現れて注ぎ込んだ金も多少は戻るかも。

2020/12/19(土) 
いろいろ批判もありましたが、ユース育成の成功もあり今シーズンも残留できたことは賞賛したいと思います。

2020/12/19(土)
結果的には、息の根が止まったということでしょう。

まぁ、任期を全うしたから、退任なんでしょうけど。
引責退任みたいなもんじゃないのかな。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ