スクリーンショット 2020-12-08 8.40.52

スポンサード リンク




 ひとつのサイクルが、終焉した。

 スペインで、強いチームが勝てなくなり始めた時、よく使われる表現だ。そして、それはジネディーヌ・ジダン監督が率いる現在のレアル・マドリーに当てはまる。


 2015-16シーズン、2016-17シーズン、2017-18シーズン、マドリーはチャンピオンズリーグで3連覇を達成した。前人未到の偉業を成し遂げ、マドリディスタは勝利の美酒に酔っていた。


■決勝の地キエフで

 ただ、あの決勝の地キエフでの出来事を思い返して欲しい。

 クリスティアーノ・ロナウドが、ガレス・ベイルが、ビッグイヤーを獲得した直後だというのに、移籍を示唆していた。最終的に、C・ロナウドはユヴェントス移籍を決断。それだけではなく、ジダン監督が電撃退任してエースと指揮官が同時にクラブを去った。

 C・ロナウドの退団は長く続いた「BBC」時代の終焉を意味した。「BBC」とはカリム・ベンゼマ、ベイル、C・ロナウドの頭文字を取ったマドリーの3トップの総称だ。ビッグタイトル獲得後の一幕は、その序列にある種の限界がきている証だったのだ。

 ジダン監督の退任はフロレンティーノ・ペレス会長にとって想定外だったに違いない。ペレス会長はロシア・ワールドカップの真っ只中にスペイン代表を率いていたフレン・ロペテギ監督と接触して、彼の就任を発表した。その時、ペレス会長には少なからず焦りがあった。それがスペイン・フットボール連盟のルイス・ルビアレス会長の逆鱗に触れ、スペインは実質上指揮官不在で2018年のW杯を戦う羽目になった。

 残った「BB」において、新たなエースとして期待されていたのがベイルだ。2013年夏に移籍金1億100万ユーロ(約121億円)で獲得したベイルをペレス会長は高く評価していた。だがC・ロナウドが不在となったチームで輝いたのはベイルではなくベンゼマだった。ベンゼマが2シーズン連続でチーム内得点王になる一方で、ベイルは負傷離脱を繰り返す日々から脱け出せなかった。

 監督人事に関しては、ペレス会長はひと悶着あった末に招聘したロペテギを成績不振を理由にあっさりと解任。サンティアゴ・ソラーリ監督をカスティージャ(Bチーム)から昇任させた。それによりヴィニシウス・ジュニオール、セルヒオ・レギロン、フェデリコ・バルベルデが台頭。だが、そのソラーリでさえ、数カ月を経て指揮官ポストを「剥奪」された。

 ペレス会長が打った最後の一手が、ジダン監督の帰還だった。しかしながら第一次ジダン政権とは状況がまったく異なっていた。C・ロナウドを頂点としたヒエラルキーは存在せず、一人の得点力を頼りにチーム作りを進めるのは最早不可能だった。

 そして、攻撃の選手においては補強が当たらなかった。エデン・アザール(前所属チェルシー/移籍金1億ユーロ)、ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト/6000万ユーロ)の獲得に失敗した影響は少なくない。1億6000万ユーロ(約172億円)を投じたもののC・ロナウドの穴を埋めるには至らなかった。

 「私はアンタッチャブルな存在ではない」とは、先の公式会見におけるジダン監督の言葉だ。選手として、監督として長くマドリーに在籍したジダン監督はビッグクラブの何たるかを深く理解している。そう、ジズーですら安泰ではない。チャンピオンズリーグでグループステージ敗退に終われば、再びペレスがドラスティックな決断を下す可能性がある。

森田泰史
https://news.yahoo.co.jp/articles/3942ceddcba756ad284b4baad7edbe9d743209ff?page=1 

 

2020/12/08(火)
バルベルデや、メンディとか若手の台頭もあるけど、やっぱ圧倒的なゴールゲッターがいない事が大きいと思う。2018年のW杯の後レヴァンドフスキを獲っていたら、こうはならなかった。

2020/12/08(火) 
マドリーや3連覇の偉業はゆっくり腐っていったわけでは全然ない。ロナウドが移籍したことで一気に崩壊したのをシダンが守備を徹底させることにより一時はなんとかある程度持ち直したのであって、何なら3連覇のうち17-18はロナウドがいてさえも組織のないチームの限界がくっきりと示されたシーズンでもあった。
一番の問題は、組織のないチームはこれからはヨーロッパでは生き残っていけないということ。今でも全てのポジションにワールドクラスの選手を揃えたら組織的なチームにも勝てるだろう。たとえばデブライネやブルーノフェルナンデス、エンパペなどの選手を一気に補強できればマドリーはすぐさま世界の頂点に復帰するかもしれないが、そういった選手の市場価格は1億ユーロを優に超えており、もはや現実的ではない(モドリッチ、クロースの移籍金と比べるとよい)

2020/12/08(火)
ジダンには補強の才能は無いから仕方ない。
ブンデス産のヨビッチを数字のみで判断し獲得チェルシー時代から得点を取る選手では無いアザールを獲得。右ウイングを補強せず。メンディは良かったが約300億円ドブに捨てた。

2020/12/08(火) 
でもなんだかんだ言ってどうせCLのGLも突破して続投なんでしょ。
リーガもバルサほど不調じゃないし今年のリーガのタイトルはアトレティコで難しいかもしれないけど落ち着くところに落ち着くんでしょ。

2020/12/08(火)
徐々に成績下がってたとかじゃなくジダンロナウドいなくなって一気に成績残せなくなったと思うのだが

2020/12/08(火)
ジダンが存在自体を否定したハメス ベイルよりもアザール ヨビッチが使えないと言うのは大チョンボ。

2020/12/08(火)
酔っぱらいすぎて普通とは違う感覚になってしまったよ。

2020/12/08(火)
クリスティアーノロナウドを売る意味がわからん。アザールに代わりがつとまるわけないとおもう

2020/12/08(火)
ペレスが本気出せば必ずベスト4に進出するし
リーガも無人VARを使って獲得出来る
コロナ関連で収入は見込めないし出費を抑えている印象

2020/12/08(火) 
というかリーガ自体終わってる定期











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ