スクリーンショット 2020-12-08 7.42.02

スポンサード リンク




中東カタールで集中開催されている、ACL東地区の決勝トーナメント1回戦の残り2試合が7日に行われ、上海上港(中国)に2-0で快勝したヴィッセル神戸が日本勢で唯一、10日の準々決勝進出を決めた。
 水原三星(韓国)に2-3で逆転負けを喫した横浜F・マリノスは、前日6日に北京国安(中国)に0-1で敗れたFC東京とともに、ベスト16で大会から姿を消した。

 初出場の神戸をアジアのベスト8へと導いたのは、最高峰の戦いであるUEFAチャンピオンズリーグをバルセロナ時代に4度制した36歳のレジェンド、アンドレス・イニエスタだった。両チームともに無得点で迎えた前半31分に、稀代のプレーメイカーがストライカーへと変貌を遂げた。

 左サイドで得たスローインをDF酒井高徳から受けたMF山口蛍が振り向きざまに、右サイドバックの山川哲史へ大きなサイドチェンジのパスを送る。このとき、イニエスタは敵陣の中央から右タッチライン際へとポジションを移し、山川からのショートパスを呼び込んだ。

 2人のマーカーを引きつけたイニエスタは近づいてきたMF郷家友太にボールを預け、そのまま左斜め前、相手ゴール方向へとポジションを上げていく。その際に右手でさりげなく郷家へ合図を送り、入れ替わるように右タッチライン際に入ってきた山川へパスを送るようにうながした。

 ボールを受けた山川は、すかさず近づいてきた山口へ横パスを出す。サイドチェンジを皮切りに、左右にパスを振られた上海上港の守備網は大きく広げられ、さらに完全にボールウオッチャーになったことで、ペナルティーエリア付近に近づいてきたイニエスタへのマークが甘くなっていた。

 だからこそ山口がワンタッチで放ったイニエスタへの縦パスに、虚を突かれたかのように誰も反応できない。しかも半身の体勢から右足でトラップしたイニエスタは、横方向への滑らかな動きに転じて相手を翻弄。右足で2度ボールに軽く触れ、さらに左足のフェイントを織り交ぜた直後だった。

 左足から放たれた低い弾道のシュートが、GKチェン・ウェイの左手を弾いてゴールへと吸い込まれていく。自身を取り囲んだ3人の選手にブロックすらさせず、なおかつ相手GKのタイミングをも微妙に狂わす完璧な一撃から生まれた先制点に、イニエスタも喜びを隠せなかった。

「ゴールを決めることでチームの勝利と、次のラウンド進出に貢献することができてとても幸せだ」
 後半5分にはACLへ向けて準備してきた新布陣が奏功する。敵陣の左奥でボールをキープしたFW古橋亨梧が、相手の一瞬の隙を突いてゴール前へクロスを供給する。マーカーともつれ合いながらも右足をボールにヒットさせ、巧みにコースを変えてゴールへと流し込んだのは右サイドバックを本職としながら、上海上港戦では[4-3-3]システムの右ウイングに抜擢された西大伍だった。

 鹿島アントラーズ時代の2018シーズンにACLを制した経験をもつ、33歳のベテランを前線で起用したのはなぜなのか。9月から指揮を執る三浦淳寛監督は、5連敗を含めて10試合で1勝1分け8敗と泥沼にあえいだ、カタールへ出発する直前までの明治安田生命J1リーグで
「正直に言えば、このACLで結果を出すために、いろいろな選手の起用法や組み合わせを試した」と打ち明ける。

「リーグ戦で結果は出なかったけど、若い選手たちの成長とチーム全体の底上げを図り、各選手の適正ポジションやユーティリティー性を試してきた結果が、大伍を前線で使う選択に繋がった」

 西の代わりに右サイドバックに入った筑波大学卒のルーキーで、身長186cm体重79kgのサイズをもつ山川の主戦場はセンターバック。初経験の右サイドバックに挑んできた10月以降の日々を、中学・高校年代と神戸の下部組織で育ってきた23歳はポジティブに受け止めている。

「僕だけでなく、いろいろな選手がいろいろなポジションでプレーできれば、戦術や選手起用の幅も広がる。僕は与えられたポジションで常に全力で戦い、チームに貢献したいと思っています」

 センターバックにはベルギー代表のトーマス・フェルマーレンと、今シーズンにレノファ山口から加入した23歳で、身長188cm体重80kgのサイズを誇るファイターの菊池流帆が入った。国内リーグ戦を含めて、データ的に乏しい選手が入れば対戦相手も戸惑う。もっとも、ただ単に若いから、神戸での出場歴が浅いからという理由で起用したわけではないと三浦監督は力を込める。

「彼らの日々の努力が、彼らを使いたいと私に思わせた。イニエスタ、フェルマーレン、山口、酒井といった経験豊富な選手たちが神戸のトレーニングの質を上げてくれて、それに引っ張られる形で若手が意欲的にトレーニングに取り組み、チームの底上げに繋がったと思っている」

 サイドバックでも発揮した攻撃力をフル稼働させてウイング抜擢に応えた西を含めて、ノックアウト方式の決勝トーナメントに入り、周到に準備してきたACL仕様の神戸がいよいよ本格的にベールを脱いだ。対照的にFC東京とマリノスは、無念の思いを残してベスト16で姿を消した。

 FC東京は警戒していた元ブラジル代表MFレナト・アウグストに守備網をこじ開けられ、ブラジル出身のFWアランに決められた後半14分の失点に泣かされた。上海緑地申花(中国)とのグループリーグ第4戦で背後から悪質なファウルを見舞われ、戦線離脱を余儀なくされた大黒柱のFWディエゴ・オリヴェイラの穴を最後まで埋められず、北京国安の「個」の力に屈してしまった。

 前半20分にFWエリキのゴールで先制しながらも、後半に入って立て続けに喫した3失点で逆転されたマリノスのFW仲川輝人は、敗退を「自分たちの力のなさだと思う」と素直に受け止めた。

「前半に2点、3点と決めていれば勝負はついていた。そのへんの甘さが出た。一発勝負のノックアウトステージはひとつのミスが失点に繋がる。そういった甘さが、自分たちの課題だと思っている」

 リードを奪った後もMFマルコス・ジュニオール、エリキ、そして自分自身と3度も迎えた決定機で決め切れなかった。後半に入るとチーム全体の重心が下がり、セカンドボールを拾えない悪循環がさらに顕著になって波状攻撃を食らった。キーパーが前に出るスタイルを逆手に取られて、後半42分にはセンターサークル付近から50m近いロングシュートを決められる屈辱も味わわされた。

 西地区ではすでにペルセポリス(イラン)が19日の決勝進出を決めているなかで、準々決勝の残り2試合に臨む東地区の4チームがようやく出そろった。韓国の蔚山現代と水原三星、中国の北京国安に対する唯一の日本勢となった神戸も、大きな不安を残したまま上海上港戦を終えている。

 後半20分にセンターサークル付近からロングシュートを放ったイニエスタが、右足のつけ根付近を気にし始める。直後にピッチ上に座り込んでしまった背番号8は、キャプテンマークを山口に託して同23分にMF安井拓也と交代。戻ったベンチで患部を厳重にアイシングする応急措置を取った。試合後の会見では、三浦監督も自ら代役のきかない大黒柱について言及している。

「イニエスタの足の状態が少し心配ですけど、次の試合へ向けて、しっかりと準備していきたい」

 本来なら指揮官とともに出席するはずの会見に、ドーピング検査の対象となったために姿を現さなかったイニエスタは、クラブを通じて発表したコメントで準々決勝出場への意欲を見せている。

「まだまだ歴史を作り続けていきたいし、たどり着けるところまで勝ち進んでいけるようにチャレンジし続けていきたい。今後の対戦相手がどこであれ、今日のように自分たちがピッチの上でやるべきプレーをして、準決勝進出をかけて戦いたい」

 ここから先は準々決勝、準決勝とともに中2日の過密日程が続く。「100%でプレーしなければやられる。すべてはプレーする自分たち次第」と位置づけていた、アジアの頂点を決める戦いもいよいよクライマックス。注目される10日の準々決勝の対戦相手は、一夜明けた8日に行われる抽選で決まる。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2a760fcf95df9e7f2d2c01063816789ca3af9f58?page=1 

 

2020/12/08(火)
イニエスタはすごいなあ。
注目度が高い試合ほど、パフォーマンスを発揮する。
さすがだね。

2020/12/08(火)
やっぱり、イニエスタは別格過ぎますね。バルセロナは、手放すのが早過ぎたのでは?

2020/12/08(火)
厳しいと思うけど、鹿島以来の決勝進出、なんなら優勝してくれ!

2020/12/08(火)
イニエスタ のゴール前のスッと半身になって受ける技術、あれで全て決まった。

2020/12/08(火)
残るは神戸だけだ
頼むぞ!

2020/12/08(火) 
西はやっぱ違いを作れるね。

2020/12/08(火)
なんでJ1では優勝争いに加われないの?

2020/12/08(火)
サッカーとは相性なのか不思議だな











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ