スクリーンショット 2020-12-07 11.01.52

スポンサード リンク




 7シーズンぶりのJ1昇格へ王手をかけていた首位の徳島ヴォルティスが、6日に行われた明治安田生命J2リーグ第39節で水戸ホーリーホックに0-1で敗れて足踏みを強いられた。

 2位のアビスパ福岡は2-2でツエーゲン金沢と引き分け、3位のV・ファーレン長崎は1-0でモンテディオ山形を撃破。勝ち点80の徳島を同75で福岡が、さらに同73で長崎が追い、4位以下のチームの可能性がすべて消滅した状況で、2枠を争うJ1昇格争いは胸突き八丁の残り3試合へ突入する。

 敵地ケーズデンキスタジアム水戸で4連勝を狙った徳島は、後半17分にMF平塚悠知に決められた直接FKを挽回できないままタイムアップを迎えた。同24分にはPKを獲得したが、チーム最多の16得点をあげているFW垣田裕暉の一撃は、水戸のGK牲川歩見に完璧にセーブされた。

 勝てば福岡や長崎の結果に関係なく昇格を決められた大一番。新型コロナウイルスによる長期中断と過密日程を余儀なくされたなかで、水戸戦を含めて全試合に出場しているキャプテン、32歳のボランチ岩尾憲は特に前半において、全体に気負いや硬さがあったと認めながらも前を向いた。

「これまでの試合内容と比べれば、全体的に少しバラつきがあったのは事実です。ただ、それも昇格がかかった立ち位置にいるからこその緊張感だったと思っています」

 前半5分に右サイドバック岸本武流の、後半アディショナルタイムには途中出場のFW河田篤秀のシュートが左ポストに弾かれる不運もあった。それでも後半はシュート数で9対3と押し込んだ試合展開に、徳島を率いて4年目になる46歳のスペイン人指揮官、リカルド・ロドリゲス監督も「やるべきことは変わらない」と残り3試合には尾を引かないと強調した。

 徳島は敗れたが、同時間帯に戦っている長崎が山形に敗れれば徳島のJ1昇格が決まる。果たして、リーグ戦再開後で最多となる6833人のファン・サポーターが詰めかけたホームのトランスコスモススタジアム長崎で、前節に京都サンガF.C.に痛恨の黒星を喫していた長崎は我慢比べを強いられる。

 山形の激しいプレッシャーの前にゴールを奪えず、守備陣も踏ん張って山形を無得点に封じる。焦れるような展開で迎えた後半41分に、待望の先制点が生まれた。セットプレーに勝機を求めた状況で獲得した左CKを、ニアサイドにポジションを取ったFW富樫敬真が豪快に頭で叩き込んだ。

 チームで2番目となる7ゴール目。自身がネットを揺らした6試合はすべて勝利してきた軌跡に、今シーズンにFC町田ゼルビアから加入した27歳は「(全勝は)たまたまだと思います」と謙遜する。
「でも、最近はFWの選手が点を取ったときに、チームに勢いみたいなものが出ると肌で感じていた。その意味でも、自分が点を取る責任というものをよりいっそう感じていた」

 同時間帯にホームのベスト電器スタジアムで金沢と対峙していた福岡は、2点のビハインドを挽回できないまま追い詰められていた。迎えた後半39分。途中出場のMF田邉草民が右CKの流れから決めた今シーズン初ゴールがチームを蘇らせ、わずか3分後に21歳のFW遠野大弥が続いた。

 自陣の右サイドの深い位置でボールを奪取してから発動されたカウンター。4本のパスをワンタッチで繋ぎ、センターサークルの後方でボールを受けた遠野がドリブルを開始。左サイドに開いた田邉へ一度ボールを預け、ペナルティーエリア内へ侵入した刹那に田邉からの折り返しに左足を一閃する。起死回生の同点弾に、チーム最多の9得点をあげた21歳が声を弾ませた。
「最近は点を取れなくて悔しい思いをしていた。理想的な形で決められました」

 今節でJ1昇格チームが決まらず、逆に首位・徳島と3位・長崎の勝ち点差が「10」から「7」に縮まった。それでも、残り3試合で1勝すれば2位以内が決まる点で、徳島の優位は変わらない。

 ただ、今月20日の最終節に福岡との直接対決が敵地で待つ日程を考えれば、13日にジェフ千葉、16日には大宮アルディージャをホームに迎える今後の連戦で昇格を決めたい。
 水戸のGK牲川が「自分たちの目の前で昇格を決めさせない、という強い気持ちで戦った」と明かしたように、今後の相手も目の色を変えて臨んでくる。すべてを受け止めた上で岩尾は決意を新たにした。

「待っていても何もやって来ない。自分たちから手を伸ばしてつかみ取りにいかないと、何試合を戦おうが、勝ち点がいくつあろうが、つかめるものもつかめない。次は力強くつかみにいきたい」

 福岡との勝ち点差を「4」から「2」に縮めた長崎は、手倉森誠監督が「満身創痍ですよ」と苦笑するほど故障者が続出している。
 山形戦ではボランチが本職の磯村亮太が左サイドバックを務め、37歳のDF角田誠と足に違和感を訴えたFWエジガル・ジュニオがともに前半で交代した。

 しかし、苦境に陥ってもチームが一丸となって離脱者の穴を埋め、昇格の可能性を繋ぎ止めてきた戦いの軌跡に、富樫は「こういうチームが昇格すべきだ、と感じています」と心を震わせている。

「全員が毎日、最善を尽くしている。自分も昇格するチームのひとつの駒として、何かしら役に立ちたいと常に思ってきた。今日の試合に関しては、それがゴールに繋がりました」

 今後は13日に敵地で東京ヴェルディと戦った後は、16日にヴァンフォーレ甲府を、最終節には金沢をともにホームに迎える。山形戦を上回るホームの熱狂ぶりが力になると感謝しながら、手倉森監督は「可能性を信じて集まってくれるファン・サポーターと、歓喜を味わいたい」と力を込める。

「しぶとく、泥臭く勝てたからこそ、他会場の結果も我々にとっていい方向に動いたと思っている。残り3試合も一丸となって、じわじわと食い下がって戦っていきたい」

 劇的な同点ゴールが決まった直後に、逆転ゴール奪取へ向けてもっと、もっと選手たちを煽ってほしいとメインスタンドへ向けてジェスチャーを見せた福岡の長谷部茂利監督は、引き分けに終わった金沢戦を「大事な勝ち点1になる」とポジティブに受け止めながら、チームの原点を見つめ直した。
「厳しい試合になるのは予想通りだったが、簡単に許してしまった失点は余分だった」

 総得点46はリーグ2位の徳島の66、同3位の長崎の60の後塵を大きく拝しているものの、総失点29は徳島の32を抑えてリーグ最少となる。22勝のうち実に「17」が完封であり、そのうち14試合を1-0のスコアでもぎ取ってきた。だからこそ9試合ぶりに喫した複数失点の原因を洗い直し、徳島との最終節を前にホームで京都、アウェイで愛媛FCと続く次節以降の連戦へ決意を新たにする。

 長崎に象徴されるように、失うものがないチームは強い。ただ、福岡のように立ち返れる戦い方があるチームも簡単には崩れない。金沢戦のラストワンプレーではあわや相手の勝ち越し弾となる決定的なシュートを、スペイン出身の守護神セランテスがビッグセーブ。引き分けの価値を倍増させた。

「残り3試合。まずは先制点を取って、自分たちの形にもっていきたい。この(昇格争いの)プレッシャーを楽しみながら、サッカーがしたい」

 試合後に遠野が声を弾ませた。最終的な決着はおそらく最終節にもつれ込みそうなJ1昇格争いは、3チームともに次節まで空く6日間で、オフを介してどのように疲労を取り除いていくのかも含めて、積み重ねられてきたそれぞれの総合力が問われる展開になってきた。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0908dbf3429374ee2b43b031c4ad34c509b0080a?page=1 

 

2020/12/07(月)
3チームのサポーターは胃が痛かろう。
早く楽になりたいはず。
優勝昇格争いできるのは喜ばしいことには間違いないんだが。

2020/12/07(月)
福岡は1勝1分1負、長崎は2勝1負の79が昇格に必要な勝ち点になりそう。
長崎は中位以上のチームと連戦。
福岡の最終節は徳島。
これは面白い

2020/12/07(月)
ここからは1試合の勝敗、1点の得失点でハラハラドキドキする。けどもそれが昇格争いの醍醐味。両方を楽しみたい。

2020/12/07(月) 
福岡は劇的な形でつかんだ勝ち点1だが,そもそも試合の入りが悪過ぎた。
長崎に迫られたと言う感覚。
勝ち点で並ばれたら負けという状況である以上,とにかく先制して勝ち点3を積み上げていかないと。
残り3試合,本当に厳しい戦いだが,試合開始からフルパワーで一気呵成で先制点を取って,先行逃げ切りを図るしかない。
ここまで来て昇格を逃す訳にはいかない。
本当に頑張ってほしい。

2020/12/07(月)
毎節NHKでJリーグを見ているが、この段階だとJ1のカードよりもJ2の昇格争いを扱ってくれないものかと思っている。毎年TVでも扱われる昇格POが無い以上、残り2節や最終節でやってくれたら嬉しいなと、3チームに縁もゆかりもない立場ながら願っている。

2020/12/07(月)
しかしこの変則的なシーズンでも最終節に福岡ホームの徳島戦を組み込んでくる日程君は凄いね。しかも首位徳島の対戦相手は開幕前の上位候補が並ぶ。仮に徳島が2連敗でもしようものなら他サポ的には激アツ。

2020/12/07(月)
ドラマだなぁ。どんな結果になったとしても3位のチームの悔しさは半端じゃないだろうし、昇格決めたチームのサポは盛り上がらずにはいられないよな。

2020/12/07(月) 
昨日の福岡は負け試合でもおかしくない状態だった。この勝ち点1は大きいと思う。

2020/12/07(月) 
福岡は得失点で負けてる分、長崎より不利に思う。もちろん、三連勝できれば文句なしだが。

2020/12/07(月) 
これ凄いな。徳島が昇格できない可能性もあるという。

2020/12/07(月) 
上がったところで来年は4チーム降格するわけで、徳島は一年で降格の経験しているわけだし、一喜一憂している場合じゃないよ。

2020/12/07(月)
選手には申し訳ないが、徳島にJ1は早い。
一部サポーターの質が悪すぎる。昨日もゴール裏から野次の挙句、酒や水を撒いて抗議し、警備員や球団スタッフが制止していた。
サッカーだけでなく、サポーターも含めてJ1レベルになってから上がっていただきたい。

というわけで、福岡、長崎頑張れ!

2020/12/07(月)
J1はフロンターレの独走だったけど
J2は熱いことになってんな

2020/12/07(月)
ホームで金沢ごときに分けるようでは
J1行っても最下位争いだと思うよアビスパ福岡

2020/12/07(月)
優勝は徳島だろう。けど2位はヴァンフォーレ甲府が頂きますわ!福岡長崎は来年もJ2で頑張れや

2020/12/07(月)
ここまで来たら3チーム共に昇格してほしい・・・

2020/12/07(月)
J2の盛り上がり半端ない!笑
最終節までもつれてきそうだ!!

2020/12/07(月)
これは最後まで分からない。

2020/12/07(月)
千葉が徳島を倒します。
楽には昇格させない。

2020/12/07(月)
毎年Jリーグの日程くんの優秀さには驚く(笑)

2020/12/07(月) 
信じてるよ長崎。
来年は2度目のJ1だ!











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ