1: 2020/12/04(金) 12:47:37.57 _USER9
長崎という街が、ある企業の手によって変わろうとしている。

 昨年6月、ジャパネットグループは2018年から進めている長崎・幸町工場跡地活用事業「長崎スタジアムシティプロジェクト」を遂行するために、株式会社リージョナルクリエーション長崎を設立した。

 2024年にはV・ファーレン長崎のホームスタジアムを諫早市から長崎市へと移し、新スタジアムを中心に、アリーナやオフィス、商業施設、ホテルなどで構成する複合型施設「長崎スタジアムシティ」を開業する。

 この壮大なプロジェクトには、どのような背景があり、どのような未来が描かれているのか。リージョナルクリエーション長崎の取締役を務める岩下英樹氏に話を聞いた。

◆ジャパネットグループ
1986年、髙田明氏が長崎県佐世保市でカメラ販売店「株式会社たかた」を創立。1990年に通信販売事業を開始したのち、2007年には持株会社となる「株式会社ジャパネットホールディングス」を設立した。2015年、長男の髙田旭人氏が二代目・代表取締役社長に就任すると、2017年にV・ファーレン長崎の運営会社を子会社化。翌年、三菱重工長崎造船所幸町工場跡地再開発業務の優先交渉権を獲得し、昨年6月にスポーツ・地域創生事業として「株式会社リージョナルクリエーション長崎」を設立した。

取材・文=近藤七華
写真=ジャパネットホールディングス

プロジェクトの本質は、長崎県全体を盛り上げること

スタジアムコンコース [写真]=Ⓒジャパネットホールディングス

――まずは、「長崎スタジアムシティプロジェクト」を立ち上げた経緯について教えてください。
岩下 三菱重工長崎造船所幸町工場が再編により2018年度末で閉鎖することに伴い、跡地の活用事業者に応募し、選定いただいたことがきっかけです。ジャパネットはV・ファーレン長崎をグループ会社としており、長崎に育ててもらった会社でもあります。そこで、「スポーツを通じてワクワク感を届けられる場所を作りたい」という思いに至り、このプロジェクトが立ち上がりました。我々はこれまでに何度も海外視察を行うなか、日本のスポーツビジネスに課題があることを感じていました。そこで、都市中心部にある長崎駅から徒歩10分という好立地にスタジアムシティを作れば、様々な課題解決につながるのではと思ったんです。もちろん大前提として、私の地元でもあり、会社の創業の地である長崎に恩返ししたいという想いもありました。

――プロジェクトを進めている事業部について教えてください。
岩下 スタジアムシティPJ管理部、スタジアムアリーナ事業企画部、商業飲食事業企画運営部、地域連携部の4部署のすべてが長崎を拠点として進めています。もともとジャパネットホールディングスの中の準備室的な位置づけとして、東京に「スタジアムシティ戦略部」、長崎に「長崎まちづくり部」がありました。しかし、リージョナルクリエーション長崎が昨年に設立され、プロジェクトが本格化していくなかで徐々にこのような形にシフトしていきました。また、現在はリージョナルクリエーション長崎と、今年6月に設立した株式会社ジャパネットリージョナルスタッフィングという2つの会社がこのプロジェクトに関わっています。前者はスポーツ・地域創生事業を担っており、後者はV・ファーレン長崎と連携し、ホームゲーム運営などを担当しており、将来的には昨年12月より指定管理を行っている稲佐山公園(長崎駅から車で約15分)や長崎ロープウェイ、スタジアムシティの商業施設、ホテルなどへの人材派遣やスタッフの教育を行う予定です。

――すべての部署を長崎に集めたのはなぜですか?
岩下 企業理念や考え方はもちろん、ここぞという踏ん張り時でみんなが一丸となる瞬間の空気感や温度感を、その場で共有したかったからです。このプロジェクトに関わる事業内では毎日10分程度の朝礼を実施しています。地域創生には多くの人が関わるので、まずは部署内や部署間でコミュニケーションをしっかり取っておくべきだと考えました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fd409636fb8ea79d3e4accf833350796628d88da
12/4(金) 12:00配信

no title


no title


no title


https://www.fashion-press.net/img/news/56814/eFA.jpg

no title


スポンサード リンク

2: 2020/12/04(金) 12:50:38.45
まさに今が勝負どころ

※構想段階のため今後デザイン含め変更の可能性があります [写真]=Ⓒジャパネットホールディングス

――現在のプロジェクトの進捗状況はいかがですか?
岩下 ビジョンやコンセプトを設定したり、設計会社が提出してくれるさまざまなデザイン案に修正を加えたりしながら、現在はより良い案に絞っていく作業をしているところです。どの施設にも、足を運んでいただいたときに「ワクワクできるか」を最も大事なポイントとしていて、見た目にもかなりこだわっています。スタジアムに関しては観戦するときの一体感や投入感を大事にしたいので、ピッチから観客席までの距離を5~6メートルと、最大限に近く配置する予定です。一方で、施設同士の連携性や連動性、人の動線などについてはこれから詰めていくという状況で、まさに今が勝負どころです。

――デザインの最終決定はいつ頃を予定していますか?
岩下 大枠はほぼ決定しました。設計時に多少の変更はあると思いますが、ビジュアルとして表現できそうなタイミングまで到達しているので、皆さんへのお知らせは、もうまもなくできると思います。

――プロジェクトのPRの一環として、V・ファーレン長崎の公式アプリ内には特設ページを開設しています。これにはどういう意図があるのでしょうか?
岩下 このプロジェクトについて一番認知していただきたいのは、地元の方たちの中でもやはりV・ファーレン長崎のサポーターの方々です。なので、注目してもらいやすい公式アプリ内でPRを行う形にしました。まだ決定ではないですが、将来的にはスタジアムシティ専用のアプリを作り、アプリ内で決済や施設の予約ができるようなサービスを展開していきたいと考えています。

3: 2020/12/04(金) 12:51:01.76
――特設ページの中でも「世界のスタジアム視察紀行」という連載コンテンツを配信しています。世界各国のスタジアムを視察するなかで特に印象的だったスタジアムはありますか?
岩下 それぞれに独特な雰囲気と特徴がありましたね。トッテナム・ホットスパーFCの旧本拠地ホワイト・ハート・レーンに行ったときは、街の人口としては長崎よりも少ないのに約3万6千人収容の客席がすぐに満員になり、試合後には2、3時間かけてぞろぞろと歩きながら帰っていく景色を見てシンプルに「すごい」と思いました。アメリカのボールパーク(野球場)は、エンターテインメントに注力しているということもあり、空間そのものを憩いとして使っている感じが印象的で、スポーツ観戦のあり方が変化していることを実感しました。プロジェクトの参考にする部分も多く、座席の幅にゆとりを持たせたり、試合がない日でも公園のような形で客席を利用できたりするというアイデアは、視察をするなかで着想を得たものです。

――スタジアム以外の施設のポイントは?
岩下 ホテルや商業施設で言うと、観光客の方たちも楽しめるような空間作りを意識しています。スタジアムが見える部屋を設計したり、商業施設内に催事場を作り、試合前の1週間はアウェイチームの地域の名産品などを販売するといった企画を考えています。





が高いんです。なおかつ、Bリーグは2015年の創立当初から現在までの数年でいろんな改革がなされていたり、前チェアマンの大河正明氏や現チェアマンの島田慎二氏から今後の成長戦略を聞くなかで、すごく可能性を感じました。シーズン開幕前には強豪チームとプレシーズンマッチを開催したりして、どんどんアピールしていきたいですね。

――事業のコンセプトの一つに、「平和のメッセージを長崎から世界に広げる施設にする」とあります。これを実現するためには、どのような活動を行っていくのでしょうか?
岩下 平和のメッセージを発信することは、原爆が投下された都市として大きな使命です。V・ファーレン長崎はこれまでにも平和祈念マッチなどを開催してきましたが、できることはもっとあると思います。今年8月には、稲佐山公園で「Japanet presents 被爆75周年 長崎から世界へ平和を -稲佐山音楽祭2020-」という企画を実施し、BS放送で生中継しました。従来なら1万人以上が集まる広場で行ったものの、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客となりましたが、SNSなどでも多くの反応をいただき、平和のメッセージを届けることができました。今後も何かしらの形でメッセージを発信し続けたいと思います。

――スタジアムシティは今後、長崎県民にとってどのような存在になることを期待していますか?
岩下 「試合がない日でも子どもから大人まで一日中楽しめる場所」であることと、県外に出ていった人たちが「帰ってくる理由になる場所」であることですね。私は県外に出ていくことが悪いとは思いません。仕事の面でも、楽しむという面でも、「行った先で誇れる長崎」や「自慢できる長崎」であることが大切だと考えています。とはいえ、現時点ではまだ「新しいサッカースタジアムができるらしい」くらいにしか認知されていないので、まずはしっかりと魅力を伝えていこうと思います。

4: 2020/12/04(金) 12:57:30.25
夢だけじゃ食えんから
なんとかがんばってけれ

5: 2020/12/04(金) 12:58:25.31
すげーなこれ
ガチで作るのか

6: 2020/12/04(金) 13:00:32.08
長崎頑張ってほしい
今年は昇格厳しいが

7: 2020/12/04(金) 13:01:00.17
芝生養生できるんか?これ

8: 2020/12/04(金) 13:01:32.66
勘弁してよ・・・。

こんな出鱈目・・・。

11: 2020/12/04(金) 13:04:22.36
>>8
ビッグNスタジアムとかクソムダだったな
回収出来たのか?

13: 2020/12/04(金) 13:07:57.75
福岡ドームの二の舞な気がする

17: 2020/12/04(金) 13:20:44.72
2023年、北広島ボールパーク「Fビレッジ」
2024年、長崎「長崎スタジアムシティ」

さて、どっちが成功するかな

18: 2020/12/04(金) 13:21:57.37
長崎駅周辺なんかクソボロいからなwそら若者がガンガン逃げて行くわって街だから
保守のアホじじい達が何も動かなかったアホな街だから

26: 2020/12/04(金) 13:41:07.44
>>18
かつてそうだった佐賀駅周辺が
今はすごいからな
ここ10年で完全に佐賀市に突き放された
だからこそ新幹線を通してくれないのかもしれん
長崎のジジイも偉そうにいらんこと言うし

19: 2020/12/04(金) 13:24:33.94
長崎佐賀北九州大分はサッカー頑張ろう
福岡市は知らんw

20: 2020/12/04(金) 13:26:03.48
税金無駄使いの誰も見てない税り~ぐ

21: 2020/12/04(金) 13:27:04.57
地元想いは分かるけど
スタジアムと商業施設の親和性は乏しいと思う
むしろ足を引っ張り合う

30: 2020/12/04(金) 14:08:53.62
>>21
人が集まるタイミングが同じだからな
ウィークデイと週末で補完できるような施設がいい
サンガスタの保育園とか老人ホームとか

32: 2020/12/04(金) 14:37:04.05
>>30
一番問題なのは交通アクセスと駐車場
ショッピングモールに買い物に行ったらサッカー開催日なのを知らなくて大渋滞とか駐車場入れませんとかね、そんな思いしたら行きたくなくなる
あるいは買い物行くのにサッカーの日程を調べなきゃいけないことになる
んでスポーツ観戦のついでに買い物とかそんなに需要ないんだよな、まあ渋滞や混雑が捌けるまでの時間潰しという意味はあるけどね
んでパパと息子はスポーツ観戦、ママと娘は買い物って思うかも知れないけどそれだったら家族連れ立って同じ場所に行く必要がない
だから俺はスタジアムと商業施設の親和性はないと思うしたくさん人が集まるから商機があるってのは安直だと思う
ボールパークなんて絵空事だとね
むしろ大きな公園の中とか隣接地に作れと

23: 2020/12/04(金) 13:30:32.37
長崎に関しては、ほぼ民間企業のジャパネットが主体となって造るから何も言う事は無いわ
ただ、核となるのがJ2J3レベルのVファーレン長崎で、稼働が激低のサッカー
これで複合型施設をどう維持させるのか疑問
でももう退くに退けない

27: 2020/12/04(金) 13:59:12.49
>>23
だからBリーグのチームも用意した

29: 2020/12/04(金) 14:01:07.75
スゲエな。屋根の上歩かせるのかよ。

35: 2020/12/04(金) 15:55:45.65
>>29
横浜の大さん橋もそうだぞ
とはいえ支えられるのかというのはあるが


スポーツ観戦のついでに買い物は需要ないというのは
試合が長くて夜遅くまでやっててカネを使いたがらない野球だろ
他の競技は試合時間も短いし買い物需要はあるよ

31: 2020/12/04(金) 14:28:52.63
TVショッピング
多局で頻繁にそれも長時間流してるけど大丈夫なん?
ロウソクは消える間際に大きく燃えて煙になると言うが・・・

33: 2020/12/04(金) 14:50:38.17
>>31
巣ごもり消費で絶好調らしいよ

34: 2020/12/04(金) 15:22:17.24
友達がジャパネットでダイソンの掃除機を買ったら3年前のモデルだったって言ってたわ。売れ残ってた新品未使用品だったら許せるけどリファビッシュ品だったら最悪だな。

36: 2020/12/04(金) 15:56:35.33
ジャパネットたかたの実演販売

37: 2020/12/04(金) 16:01:29.38
フットボールスタジアムの場合は片持ちじゃない?だから大量に人乗っけても大丈夫な時代になったんだなと。

38: 2020/12/04(金) 16:03:42.88
微妙に駅から遠いからちんちん電車むちゃ混むだろうなあ、、、

39: 2020/12/04(金) 16:05:49.07
一般スポーツ観戦客には長崎観光してもらいたいんだろうよ。
ジャパネットたかたのお客様や長崎駅前に出来る長崎マイスのビジネスマン相手や地元の人達でしょうターゲットは。例えば地方なら当然TOKYOを感じられる店にテナント入ってもらい地元長崎の若い人達が集まる場所を目指すと思うよ。
その中から1人でもV・ファーレン長崎のファンになってもらう戦略性は普通に考えるべきこと。

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1607053657/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ