スクリーンショット 2020-12-04 10.26.11

スポンサード リンク




 華麗なドリブラーとして活躍し、日本代表がベスト16進出を果たした2010年の南アフリカワールドカップでは主軸を担った39歳のMF松井大輔が、ベトナム1部リーグ(Vリーグ1)のサイゴンFCへ完全移籍することが3日、所属するJ1の横浜FCから発表された。
 
 京都市で生まれ育った松井は高校サッカー界の強豪・鹿児島実業から、2000シーズンに故郷のクラブである京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)へ加入。アテネ五輪出場直後の2004年9月に移籍したフランス2部のル・マンを皮切りに、ロシア、ブルガリア、ポーランドでプレー。Jリーグのジュビロ磐田と横浜FCを含めて、これまでに延べ12ものクラブに所属してきた。

 来年5月には40歳になるなかで再び海外へ、それも日本人選手にとってほとんど馴染みのない東南アジアのベトナムへ挑むことを決意。波乱万丈に富んだ22年目のプロサッカー人生を、延べ13番目の所属クラブとなるサイゴンの一員としてスタートさせることになった。
 
 ベテランの域に達して久しい39歳での海外挑戦は、28年目を迎えたJリーグの歴史のなかでも稀有と言っていい。何が松井を駆りたてて、背中を押しているのか。松井本人がこれまでに残してきた言葉を振り返ってみると、おのずと答えが浮かび上がってくる。

 松井はポーランド1部リーグのレヒア・グダニスクから、2014シーズンにJ2を戦う磐田へ加入。3年目の2016シーズンにはJ1へ昇格したもののレギュラーをつかめず、続く2017シーズンのリーグ戦も夏場まで2度の先発を含めた7試合、わずか169分のプレー時間にとどまっていた。
 
 日本から再びポーランドへ、それも2部のオドラ・オーポレへの完全移籍が決まったのは8月2日だった。当時の名波浩監督やフロントから「磐田で引退を」と慰留されながら、36歳での海外再挑戦を決めた理由を「厳しい環境に身を置きたい」と語った松井は、さらにこんな言葉を紡いでいる。

「この年齢での海外移籍は無謀と言われるかもしれませんが、挑戦すること、そして挫折することは自分の財産になると思っています。自分の道は誰も歩めない。前進あるのみです」

 同じ構図が3年間所属した横浜FCから、サイゴンへの移籍を決めた今回にもあてはまる。横浜FCが13年ぶりにJ1へ挑んだ今シーズン。新型コロナウイルスによる長期中断から再開された、7月4日の北海道コンサドーレ札幌戦でけがを負ったことで戦線離脱を強いられた松井は、若手選手の台頭もあってここまでリーグ戦で先発1度を含めた3試合、83分のプレー時間に甘んじていた。

 新型コロナウイルス禍が考慮された特例で、今シーズンはJ2への降格がない。引き続きJ1の舞台で戦えるチャンスがあるなかで、自身のここまでの軌跡は「毎試合しっかり出て、結果を残すことがプロのサッカー選手」という哲学に相反するものだったのだろう。

 もちろん逃げるわけではない。これからも求め続けていく「厳しい環境」が、完全移籍のオファーが届いたサイゴンが戦う、ほとんど未知の舞台でもあるベトナムにあると信じて再び海を渡る。

 近年のベトナムはタイとともに、代表チームの躍進にけん引される形で老若男女がサッカーに熱狂している東南アジアの国となる。代表戦のテレビ視聴率は70%を大きく超え、試合終了後は国旗を握りしめたファンやサポーターが町中にあふれ返り、狂喜乱舞する光景が常態化している。

 記憶に新しい戦いでは昨年1月のアジアカップ準々決勝で対戦した日本代表が、後半に獲得したPKの1点だけで辛勝した。カタールワールドカップ・アジア2次予選では、UAE(アラブ首長国連邦)代表や西野朗監督率いるタイ代表を抑えて、3勝2分けの無敗でグループGの首位に立っている。

 国内に目を向ければ、1980年に創設されたセミプロリーグが2000年からプロ化され、最上位のVリーグ1には14チームが所属している。国際大会におけるクラブチームの成績に基づいて算出される、AFC(アジアサッカー連盟)クラブコンペティションランキングを見ると、ベトナムは2018年の23位から最新の2019年では16位へ急浮上。代表効果が国内クラブチームにも波及している真っ只中にある。

 一方で選手の平均年俸は日本円で約160万円と、周辺の東南アジア諸国と比べて著しく低い。これは収入の大半を契約時に受け取る契約金が占める、ベトナム独自の形態が取られているためで、例えばポルトガルのチームや札幌でプレーしたベトナムサッカー界の英雄、FWレ・コン・ビンはハノイFCに在籍した2011シーズン以降の2年間で、同じく約7500万円を受け取ったとされる。

 松井が移籍するサイゴンは2011年に創設された新興チームで、2016シーズンにVリーグ1へ昇格。開幕直後の4月にホームタウンを、北部のハノイ市から南部のホーチミン市へと移転した。約2万5000人収容のトンニャット・スタジアムを本拠地としている。
 
 Vリーグ1は14チームがまず1回戦総当たりで戦い、上位8チームが同じく1回戦総当たりのチャンピオンシップグループで覇権を争う。サイゴンは前者を6勝6分け1敗でトップ通過したものの、後者では3勝1分け3敗と失速。それでもトータルの成績で争われる最終順位ではクラブ史上最高の3位に食い込み、来シーズンのAFCカップ出場権を獲得している。

 外国人枠は「3」と定められているが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、それに次ぐ大会となるAFCカップの出場権を得たクラブは、AFC加盟国の選手を1人だけ追加登録できる。4月にはFC東京と業務提携を結ぶなど、かねてから日本人選手に注目していたサイゴンは、最終的に日本代表およびヨーロッパで濃密な経験をもつ松井に白羽の矢を立てたようだ。

 横浜FCでの3年間で松井は長く主戦場とし、ル・マンが1部に昇格した後にはチームの「太陽」とまで称賛されたサイドハーフだけでなく、昨シーズンの序盤は3バックの真ん中や4バックの右サイドバックでプレー。昨年5月に就任した下平隆宏監督のもとでは初体験のボランチに固定され、巧みなボールキープと的確なビルドアップを駆使しながら新たな武器に磨きをかけてきた。

 移籍発表から数時間後の3日深夜に、松井は自身のインスタグラム(@matsuidaisuke_official)を更新。J1昇格を決めた昨シーズンの最終節直後に小野寺裕司会長、小学生時代から憧れの存在だったFW三浦知良、磐田時代に続いてチームメイトになったMF中村俊輔とともに収まった写真を投稿した上で、ファン・サポーターを含めた、横浜FCへ関わるすべての人々へ感謝の思いを綴っている。

「僕のサッカー人生において貴重な思い出、新しい出会いをたくさん頂きました。まだこのユニフォームを着ていたい気持ちも正直あります。ですが、僕は新しい挑戦に向かうことにします」(原文ママ)

 横浜FCでの3年間で大きく広げたプレースタイルも含めて、これまでのサッカー人生で得たすべてを新天地への手土産にして旅立つ松井は4日に記者会見に臨み、ホームのニッパツ三ツ沢球技場で行われる5日のサガン鳥栖戦後に開催されるセレモニーで、ファン・サポーターへ思いの丈を語る。
(文責・藤江直人/スポーツライター)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3eadd7a0623264985859b7a4aeca9f7e1ea77381?page=1 

 

2020/12/04(金)
ベトナムは、ホントにサッカー人気です。
世界的に有名な(過去にベッカムがやっていた)飲料水のポスターにも差し替えで、ベトナムの選手がやってました。
スタジアムも大きくて、当時芝はイマイチでしたが…

サンガでの天皇杯優勝の時の松井も鮮明です。
松井大輔には頑張って欲しいです、期待しています。

奥様も行くのかなあ…

2020/12/04(金) 
イングランドスペインみたいなリーグでの経験はないけど凄い経験値だよね
フィンランドに行けば活躍する田中亜土夢と一緒で海外の方が合ってるのかもね

2020/12/04(金)
ベトナムにとって、かつてのJリーグに来たジーコみないな存在になってくれないかなー。
まだまだ年齢関係なく、スーパーゴールを決めて欲しい。

2020/12/04(金) 
大久保嘉人、松井大輔アテネ世代がんばれ!!場所が変わってもチャレンジし続ける彼らには本当に感銘を受けます。まだまだやれる!!応援してます!!

2020/12/04(金)
松井クラスが行く事でベトナムサッカーのレベルが上がるのは良い事だし、期待したい。
ベトナム国民の親日度が上がるなら、もちろん良いし。

2020/12/04(金) 
やっぱり自分が必要とされている環境でプレーしたいんだろうね。
頑張ってほしい。

2020/12/04(金)
ベトナム、タイはサッカー熱が熱いからね。aclもタイ人関連の動画の視聴数が凄いよ。

2020/12/04(金)
ビッグクラブだけが選択肢ではない。
自分がチャレンジできるステージでサッカーができる。これが、1番じゃないかな?

2020/12/04(金)
他のベテラン選手にもこういう話は来てるんだろうね。

2020/12/04(金)
こういうのって自分で(代理人が?)売り込みに行くのかな?
向こうが探し出してオファーをくれる訳じゃないよね。

2020/12/04(金) 
なぜ?でもないけどなぁ〜
松井らしい決断でしょ!

2020/12/04(金)
ベトナムはある程度フランス語も通じるのかな?

2020/12/04(金) 
今の若手に見習ってほしいチャレンジ精神。

2020/12/04(金)
嫁はどうするんだ???
欧州あたりならまだしも…

2020/12/04(金) 
最後に一花咲かせてください。

2020/12/04(金) 
キャガーも、見習って欲しいな
( ´ ∀` )

2020/12/04(金)
ベトナム個人技あるな

2020/12/04(金)
ベトナム飯、美味しそう。

2020/12/04(金)
冷静に見ると40歳で半ズボン、ハイソックスって
違和感ある











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ