スクリーンショット 2020-12-03 21.09.57




1: 2020/12/03(木) 20:54:38.20 _USER9
[12.3 ACLグループF第6節 パース・グローリー 0-1 FC東京 ドーハ]

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は3日、グループリーグ最終節を行い、F組2位のFC東京はパース・グローリー(豪州)と対戦し、1-0で勝利した。勝ち点7で並んでいた3位上海申花(中国)は蔚山現代(韓国)に1-4で敗れ、勝ち点を10に伸ばしたFC東京の2位通過が決定。ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスに続いて決勝トーナメント進出を決めた。

F組は最終節を残して蔚山現代の首位通過が決定。FC東京は11月27日の上海申花戦でラフプレーを受けたFWディエゴ・オリヴェイラを負傷で欠く中、今大会はアンカーの位置で活躍していたDF森重真人が累積警告で出場停止となり、攻守の要を欠く事態。11月30日の蔚山現代戦から6人を入れ替えながらも、幸先良く試合を動かした。

前半8分、アンカーを務めたMF品田愛斗がロングボールを供給すると、快速を飛ばしたMFアダイウトンがDFラインの裏に抜け出す。アダイウトンは左サイドからカットインしてペナルティエリア内に侵入し、右足シュートを突き刺した。MF三田啓貴のFK、CKからもチャンスを創出し、1-0で前半を折り返した。

FC東京は交代カードを切りながら試合を進め、後半13分にMF安部柊斗とFW原大智を投入。原が起点となってチャンスを創出しつつ、後半24分にはMF高萩洋次郎とMFレアンドロ、後半39分にはMF紺野和也を送り込んだ。次の一点は生まれなかったが、1-0で勝利したFC東京がF組2位でグループリーグを突破。6日に行われる決勝トーナメント1回戦で北京国安(中国)と対戦する。

12/3(木) 20:52配信 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/01e93e8418a01d2995edbe45f1a95d6366f12f58


スポンサード リンク

3: 2020/12/03(木) 20:56:07.32 _USER9
裏カードは4-1で蔚山現代が勝利

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は12月3日、グループステージ・F組の最終節を開催。FC東京とパース・グローリー(オーストラリア)の一戦は1-0でFC東京が勝利を収めた。

また、同時刻にキックオフされていたF組もう一試合の、蔚山現代(韓国)と上海緑地申花(中国)の一戦は4-1で前者が勝利し、この結果、FC東京はグループステージを2位で突破し、決勝トーナメントへ駒を進めた。

FC東京は負傷離脱のディエゴ・オリヴェイラに加え、累積警告で森重真人が出場停止。レアンドロ、永井謙佑がベンチスタートとなり、DF丹羽大輝、MF品田愛斗、FW田川亨介らが今大会初先発を務めた。

試合は、立ち上がりから攻勢に出たFC東京が8分に幸先良く先制に成功する。品田からの浮き球のパスに反応したアダイウトンが、左サイドでディフェンスライン裏に抜け出すと、カットインから右足でシュートを放ち、ゴール右のサイドネットに突き刺した。

先制したFC東京は相手のシュートを0本に抑えるなど、ペースを握り攻め続けるが、追加点は奪えず1-0で前半を折り返した。
 
また、同時刻に行なわれている蔚山現代と上海緑地申花は2-0で蔚山リードで折り返したため、FC東京はこのまま勝ち切ればグループFの2位が確定する。

そんな状況で迎えた後半、パース・グローリーは立ち上がりにMFディエゴ・カストロ、FWデイン・インガム、FWブルーノ・フォルナロリという3枚の攻撃的なカードを切り、反撃に出る。

FC東京は、相手の攻撃を受けてこの日初となるシュートを打たれるが、GK波多野がガッチリとキャッチ。57分に安部柊斗、原大智を、さらに髙萩洋次郎とレアンドロを投入し再び押し返し、膠着した展開となる。

その後も双方の助っ人選手たちを中心にカウンターからゴールを目指す展開となるが、ともに決定力を欠き、追加点は生まれなかった。前半の1点を守り切ったFC東京が1-0のスコアのまま試合終了のホイッスルを迎えた。

また、裏カードの蔚山現代と上海緑地申花は4-1で蔚山が勝利したため、この結果グループFは勝点16で蔚山現代が1位、同10としたFC東京が2位通過を決めた。

12/3(木) 20:51配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ee6abae1d1fe94dd90c4f4aa0d5f0f15a634b06

2: 2020/12/03(木) 20:55:41.26
これで一応ノルマ達成か

4: 2020/12/03(木) 20:56:13.42
自力突破おめでとう、本戦に出場したJクラブ全チーム突破だね。

13: 2020/12/03(木) 20:57:52.81
>>4
得失点勝負なんだから他力でしょ

27: 2020/12/03(木) 21:02:18.73
>>13
得失点差じゃなくて当該チーム間の直接対決だから
東京は勝てば自力突破だったんだよ

30: 2020/12/03(木) 21:03:33.97
>>13
ACLのグループステージは勝ち点で並ぶとまず直接対決の結果で決める

37: 2020/12/03(木) 21:06:02.29
>>30
どっかのチームが八百長で得失点差大逆転突破やらかしたからなw

5: 2020/12/03(木) 20:56:15.35
とりあえずおめでとう

6: 2020/12/03(木) 20:56:27.70
なんかすげーじゃん全チーム通過って

7: 2020/12/03(木) 20:56:44.13
今年はひっそりとマリノス辺りが優勝しそう

8: 2020/12/03(木) 20:57:01.04
と、いうことはJはアジアの中ではトップクラスって事でOK?

9: 2020/12/03(木) 20:57:06.45
なんだよ
瓦斯無駄に頑張ったのか

10: 2020/12/03(木) 20:57:13.32
東慶悟のダブルタッチに感動!

25: 2020/12/03(木) 21:00:26.32
>>10
あれは見事だった

11: 2020/12/03(木) 20:57:32.65
来年はやる気なしクラブが出るから全チーム突破は大きいな

12: 2020/12/03(木) 20:57:35.16
蔚山強すぎるな
北京と蔚山が優勝候補筆頭だな

14: 2020/12/03(木) 20:58:28.09
鹿島のグループはどことどこが決勝T進出?

21: 2020/12/03(木) 20:59:37.13
>>14
北京と京城

16: 2020/12/03(木) 20:58:36.31
上海はディエゴ潰しただけの鉄砲弾だな

17: 2020/12/03(木) 20:58:57.75
鹿島は?

20: 2020/12/03(木) 20:59:14.93
川崎やればできるじゃん

22: 2020/12/03(木) 20:59:55.57
とにかく中国チームのラフプレーに甘い審判団

24: 2020/12/03(木) 21:00:25.68
全チーム突破おめ!

26: 2020/12/03(木) 21:01:23.15
次ペキン×トンキン

28: 2020/12/03(木) 21:03:18.13
ベスト4以降ならしゃーないけど決勝ラウンド早々に同国同士の潰し合いは見たくない

29: 2020/12/03(木) 21:03:20.50
よーやったな瓦斯

31: 2020/12/03(木) 21:03:55.35
Jリーグ全チーム突破か

36: 2020/12/03(木) 21:05:02.29
>>31
やったぜ
優勝は鹿島だな

32: 2020/12/03(木) 21:04:17.88
中国は代表級ブラジル人爆買い出来なくなって昔ほど怖さはない
韓国は何故か若干弱体化した感じ
豪は増々ボーナスステージ化してる

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1606996478/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ