スクリーンショット 2020-12-03 15.46.46

スポンサード リンク





 Bブロックの本命になりそうなのは、激戦区・大阪を制した履正社だ。J1湘南内定のMF平岡大陽と主将のMF赤井瞭太が組むダブルボランチの守備力は、大会屈指。MF井谷洸一郎やFW李晃輝など強烈な個性を持つアタッカー陣の存在も心強い。今年は誰が出てもチーム力が落ちない選手層の厚みも連戦を勝ち抜く力になるはずだ。ただ、厳しい対戦相手が待ち受けるのが履正社の難しさだ。初戦の2回戦で対戦するのは前年度4強の帝京長岡。魅力的な攻撃力が売りだった昨年ほどの技術力はないが、主将のMF川上航立を中心に見せる走力と粘り強さは技術を補う以上の魅力を持っている。DF松村晟怜やMF廣井蘭人といったブレーク候補もおり、履正社との一戦は必見だ。

 その勝者と3回戦で対戦するチームも実力校がズラリと並ぶ。注目のサイドアタッカーMF類家暁とFW笠井佳祐を擁する関東一は、初出場の山辺と対戦。山辺は予選で見せた我慢強い守備から、1年生主将のFW太田凱翔を活かせるかが勝敗の行方を左右しそうだ。もう一つの遠野と神戸弘陵も面白い組み合わせだ。J3今治内定のMF松井治輝と田中魁人を中心に繰り出す神戸弘陵の攻撃力は大会でも上位。仕上げ役にもFW徳弘匠、MF田中祉同といった実力者が揃う。予選決勝同様に彼らを食い止め、エースのFW平賢心がチャンスを活かす形が遠野の描くシナリオになりそうだ。

 反対側の山には、5度の優勝経験を誇る市立船橋が待つ。今年も伝統の堅守は健在で、主将のDF石田侑資、GK細江彦太を中心に大崩れの心配がない。FW小屋諒征、MF吉田陣平ら攻撃にタレントを擁する佐賀東との初戦でも、堅い守りからMF佐久間賢飛らが素早く攻撃を繰り出したい。常連校の仙台育英は、U-17日本代表候補のMF島野怜を筆頭に主将のMF豊倉博斗、MF明石海月と中盤に注目選手が並ぶ。対する宮崎日大も、MF日野昴と山口哲平のダブルボランチなど初出場とは思えぬ実力者が揃っており、見ごたえのある試合になりそうだ。27年ぶりの選手権出場を果たした明桜は、DF長江慶次郎とMF内藤蒼空の2年生コンビに注目。MF山川樹を中心としたパスワークが売りの那覇西相手にどれだけ力を発揮できるか見ものだ。

(文・写真=森田将義)
https://news.yahoo.co.jp/articles/757421ce6d9807a5195ee0f52792fc8d3e47d9b8 

 

2020/12/03(木)
子供らが必死になって戦うのに大人がやる前から本命だなんだといちいち言わなくていい。

2020/12/03(木)
今年の市船は大したチームではないです。千葉決勝も流経の決定力不足に助けられた面がある。今年の市船が勝つなら1-0もしくは2-1でないと厳しい。下手したら初戦の佐賀東にやられてもおかしくない。イメージだけで語れば市船を過大評価することになりますよ。

2020/12/03(木)
Bブロックが実力校揃いなら、他ブロックは超実力校揃い?市船一強で他に強豪校のいないBブロックですよ。履正社と関東第一が波に乗れば面白いくらいかな。










スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ