スクリーンショット 2020-12-02 17.34.55

スポンサード リンク




関西リーグ代表・FC TIAMO枚方と東海リーグ代表・FC刈谷のJFL昇格で幕を閉じた2020年の全国地域サッカーチャンピオンズリーグ。この大会はJFL昇格クラブを決めるだけの大会ではなく、北海道・東北・関東・北信越・東海道・関西・四国・中国・九州の9地域リーグ間の競技レベルや環境が反映される舞台でもある。「日本で最も過酷な大会」といわれる本大会の取材を続けて15年になる写真家・ノンフィクションライターの宇都宮徹壱氏が、「地域」という視点を軸に各地域の実情を考察する。

(文・撮影=宇都宮徹壱)


リーグ戦中止の決断をした東海リーグ
 
「どこまでも行こう 道はきびしくとも 口笛を吹きながら 走ってゆこう」

小林亜星が1966年に作詞・作曲した、ブリヂストンタイヤのCMソング『どこまでも行こう』。それは、東海リーグ所属のFC刈谷の応援歌でもあった。11月23日に千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアムで開催された、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(以下、地域CL)第3節。第2試合に勝利して今大会2位となり、JFL昇格が決まった時、刈谷の選手たちがサポーターに向かって「どこまでも行こう」と歌い始めたのである。

その歌声を聞いた時、思わず目頭が熱くなるのを覚えた。まず、スタジアムで歌声を聴くのが、2月22日のJリーグ開幕戦以来だったこと。そして、刈谷にとっては12年ぶりのJFL復帰が実現したこと。声を出しての応援は、もちろん地域CLでも禁止事項となっていた。それでもピッチ上の選手たちが、応援してくれたサポーターに向かって応援歌をプレゼントするのであれば、少なくともルール違反とならなかったはずだ。

「日本で最も過酷な大会」といわれる、地域CLを取材してきて今年で15年になる。今年もさまざまなドラマがあったが、そこにエモーショナルな拍車をかけたのが、コロナ禍の影響。全国9地域のチャンピオンが集い、上位2位にJFL昇格の権利が与えられる地域CLだが、今年は多くの地域リーグが半分の日程で順位を決定している。九州リーグは途中で打ち切られ、東海リーグと中国リーグはリーグ戦そのものが行われなかった。

今季の刈谷は、地域CL出場を決めるトーナメントを2試合戦っただけで、出場権を獲得。楽なようにも見えるが「選手の見極めという意味ではウチが最も不利だった」と門田幸二監督は語る。それでも1次ラウンドを2勝1分けで突破し、決勝ラウンドも1勝2分け。無敗でJFL昇格を決めたのは、東海リーグの古豪としての面目躍如というべきか。今年の地域CLについて、本稿では「地域」という視点に軸足を置いて考察することにしたい。


関西リーグに鍛えられた枚方の新人監督

あらためて、今大会の決勝ラウンドに進出した4チームを紹介しよう。FC TIAMO枚方(関西1位)、FC刈谷(東海1位)、栃木シティFC(関東1位)、そして北海道十勝スカイアース(北海道1位)。下馬評では「枚方と栃木が有利」という見方が一般的であった。一番の理由は、彼らの所属する関西と関東のリーグが、他の地域リーグに比べてコンペティティブであるからだ。しかし結果として、枚方と栃木は明暗を分けることとなる。

枚方の地域CL出場は3回目。前回は関西2位に終わり、全社(全国社会人サッカー選手権大会)で優勝して出場権を獲得するも、1次ラウンド敗退に終わっている。今年は関西リーグを初制覇しての出場であったが、上位3チームが同勝ち点で並ぶ大接戦。得失点差でわずかに上回った枚方が、3回目の地域CL出場を果たした。そして1次ラウンドを2勝1分けで突破し、初の決勝ラウンド進出にコマを進めることとなった。

所属選手は、二川孝広、野沢拓也、チョ・ヨンチョルなど、元日本代表や元Jリーガーの豪華な名前が並ぶ。だが、それ以上に注目したいのが、チームを率いる小川佳純監督である。名古屋グランパスで長年10番を背負い、昨シーズンいっぱいでアルビレックス新潟で現役を引退。地縁のない大阪で、しかも地域リーグのクラブで監督業をスタートさせたのは、名古屋で同期だった巻佑樹GMからオファーを受けたことが一番の理由であった。

「もともと枚方は、丁寧にビルドアップするスタイル。僕自身、そういうサッカーを志向していたので、違和感はありませんでした。いくら結果が求められるからといって、地域CLで蹴り合いのサッカーはしたくない。これまでやってきたサッカーを貫くだけです」

決勝ラウンド初戦、十勝に5-0で勝利した時の小川監督のコメントである。しかし、続く刈谷戦では終了間際に先制されるも、アディショナルタイムで同点に追いついて1-1。そして栃木には相手の良さを消す割り切りを見せ、スコアレスドローで首位をキープすることに成功した。理想主義者のように見えて、しっかりと現実的な采配を見せた小川監督。テンションの高い関西リーグでの経験が、地域CLでも生かされたように感じられた。


「地獄の関東リーグ」はいつまで続くのか?

「結果としては(スコアレスドローに終わり)他力になってしまいましたけれど、今日がこれまでで一番いいサッカーができていたと思います。選手にも、そう伝えました。あとは(第2試合で)十勝に頑張ってもらうしかないですね」

必勝を期して臨んだ枚方との決勝ラウンド第3節、結局スコアレスドローに終わったことを受けて、栃木の中村敦監督は苦笑交じりにコメントする。Jリーグファンには馴染みのない名前だろうが、2014年に奈良クラブが地域決勝で優勝した時の指揮官で、タイやブータンでの指導を経て、今季から栃木の監督に就任。将来のJリーグ入りを目指すクラブがひしめく「地獄の関東リーグ」を制し、地域CL出場を決めた。

クラブの前身は、かつてJFLに所属していた栃木ウーヴァFC。関東1部に降格した2018年、日本理化工業所代表取締役社長で日本理化グループ代表の大栗崇司氏がクラブを買い取り、そこから金に糸目を付けない強化が始まる。戦略統括責任者に岸野靖之氏、ヘッドコーチに松田岳夫氏というJクラブ監督経験者を招へい(松田氏は2018年で契約満了)。選手も多数のJリーグ経験者を揃え、5000人収容の専用スタジアム建設プランも発表している。

栃木の場合、潤沢な資金をベースに強化を続けているものの、目指すサッカーの方向性が明確に見えてこないジレンマを抱えている。1次ラウンドは3戦全勝でクリアしたものの、目の超えた地域リーグファンの友人は「この戦力で、このサッカー?」という感想を漏らしていた。中村監督の起用については、おそらく6年前の地域決勝優勝の経験を買ってのものと思われるが、決勝ラウンドではポテンシャルを出し切ることなく3位に終わった。

かくして栃木は、来季も関東リーグを戦うことになった。今季は降格がなかったため、来季は12チームで22節を戦うことになる。しかも、JFL経験のあるブリオベッカ浦安や流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎、そして将来のJリーグ入りを標榜しているVONDS市原FCや東京23FCなど、強豪がひしめく状況は変わらず。栃木の野望が打ち砕かれたことで、上を目指すクラブの悲壮感は、さらに増すことになりそうだ。


課題山積の状況が続く北海道リーグ

今大会、個人的に期待を寄せていたのが、北海道を制した十勝であった。道リーグを全勝で優勝。地域CLの1次ラウンドでも、2勝1敗で栃木に次いで2位となり、ワイルドカード(最も成績の良い2位チーム)として、初の決勝ラウンド進出を果たした。北海道代表が決勝ラウンドに進出するのは、2012年のクラブフィールズ・ノルブリッツ北海道(現ノルブリッツ北海道FC)以来8年ぶり。現JFLになって、初めて北海道のクラブが加わるかもしれない──。そんな期待も当初はあった。

しかし蓋を開けてみると、厳しい現実が待ち受けていた。初戦の枚方には0-5、2戦目の栃木には0-1、そして3戦目の刈谷には0-3。1勝どころか、勝ち点1も1ゴールを挙げられず、決勝ラウンドでの十勝の冒険は終わった。確かに他の3チームと比べて、戦力面や経験値など、足りないものを挙げればきりがない。むしろ一番の課題は、北海道リーグを取り巻く環境にあると言えよう。チームを率いて2年目の高勝竜監督は語る。

「北海道リーグの開幕は5月、外で練習できるのは4月からなんですね。それでも夜の練習では(気温が)マイナスになる日もある。室内練習でもケガのリスクがあって、常に調整の難しさを感じていました。練習試合にしても、周りにチームが少ないので、どうしても紅白戦が多くなる。ケガ人がいると、11人対11人を組むのも難しいんですよ」

昨年、十勝のホームゲームを取材したことがあったが、他の地域リーグでは考えられないような、さまざまな課題を抱えていることを痛感した。厳しい気候以外にも、まず移動距離が尋常でない。帯広から札幌や旭川まで車で3時間以上、函館までは5時間半もかかる。加えて人口減少により、各チームとも人数を揃えるのに一苦労。サブのGKがいない、試合に11人集まらないといったことも、道リーグやその下のブロックリーグではよく聞く話だ。

北海道での十勝のひとり勝ちは、今後もしばらく続くだろう。そして、道リーグと他の地域リーグとのギャップに苦しむ状態も、同様に続くはずだ。実のところ地域CLは、単にJFL昇格を決めるだけの大会ではない。地域リーグ間の競技レベルや環境の違いが、如実に反映される大会でもある。とはいえ、コンペティティブなリーグを勝ち抜いたチームが、必ずしも昇格できるわけでもない。それが、この大会の難しさでもあり奥深さでもある。

<了>

文=宇都宮徹壱
https://news.yahoo.co.jp/articles/0ca9d25a422912624d574af9d87eb0832a0c9fb8?page=1 

 

2020/12/02(水)
、JFL経験のあるブリオベッカ浦安や流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎、そして将来のJリーグ入りを標榜しているVONDS市原FCや東京23FCなど、強豪がひしめく状況は変わらず。



「強豪がひしめく」

なんか1チームだけ強豪じゃないチームが入ってるよ…関東リーグ8位で2部降格争いをする東京23FC(知らない人は「東京23
エルボー」で検索してね)は強豪ではない。

ボンズ市原が東京23エルボーと同列にされて可哀想、、

むしろなんでクリアソン新宿や東京ユナイテッドの名前が出ない?

クリアソン新宿はJ百年構想クラブに申請しているし、東京ユナイテッドもJリーグ入りを狙っている関東リーグの上位チーム。

ともあれ宇都宮さんは東京23とズブズブだから仕方がない…

2020/12/02(水)
課題山積、地区地域のギャップって言っても
グループリーグは突破してるんだから
実際どうなんだろうって気はするけどなぁ。
他との力関係が分からないからそんな言えないけど
決勝リーグの三敗をもって力の差ってんなら
そこにも残れなかった他地区はどうなのかね。

2020/12/02(水) 
ウーヴァはJ3リーグ発足のときにスタジアムをはじめとするおカネの諸問題がしっかりしていればJ3に入れたはず。
北関東のJ未満のクラブはだいたいおカネの問題を抱えているが、栃木シティFCはJ未満のクラブの中ではかなりの資金を得たようなので、おカネが使えるうちにJまで上がってもらいたいところ。しかし地決は全てが揃っていても、運も持ち合わせなければ突破できない地獄だからなあ。

2020/12/02(水) 
VONDSは、場所だけ貸して本選出られなかったのか。地域リーグは、あっさり卒業するかと思ったが、相当厳しいんだな。

2020/12/02(水)
J4の創立とJFLの2部制移行を

2020/12/02(水)
十勝でサッカーなんてやるもんじゃない。チームごと移籍(移動)した方がいい











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ