スクリーンショット 2020-11-28 20.55.49

スポンサード リンク




【AFP=時事】サッカー元アルゼンチン代表のレジェンド、ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)氏の死亡当時の状況について、アルゼンチン検察が医療過失の可能性があったかどうか捜査していることが司法筋によって27日に明らかになった。同氏の親戚筋はAFPの取材に対し、「すでに不審な点がある」と話している。

 これに先立ち、マラドーナ氏の代理人を務めるマティアス・モルラ(Matias Morla)氏は、死亡当日の状況に関して、通報を受けた救急車がマラドーナ氏の家に到着するのに30分以上もかかっていたことから捜査を要求していた。

 予備の検視では、マラドーナ氏は「急性肺水腫と慢性心臓疾患」により、25日の正午(日本時間26日午前0時)に眠ったまま亡くなったと結論づけられた。司法筋は匿名を条件に、「彼(マラドーナ氏)は自宅で死亡し、死亡診断書には誰もサインしていなかったため、捜査が開始された。それは何か疑問点や不審点があったというわけではない」と明かした。

 60歳だったマラドーナ氏は今月上旬に脳血腫の除去手術を受け、ブエノスアイレス北部ティグレ(Tigre)にあるゲーティッド・コミュニティー(門やフェンスで囲われた居住区)内の住居で療養しながら、24時間態勢の看護を受けていた。

 親戚筋は「ディエゴが亡くなった日に検察が来て、女性看護師が供述を行った。供述が続けられた後、最終的に彼女は話の内容は強要されたとテレビで語っている。だから、供述にはいくつか矛盾点がある」と述べている。

 この日検察が発表したコメント文によると、25日早朝にマラドーナ氏が生きている姿を最後に確認したのは別の男性看護師で、夜のシフトを終える際の話として、「彼の供述からすれば、午前6時半頃に(マラドーナ氏が)生きている姿を最後に見たのは彼の可能性が高いと結論づけられる」という。

 この看護師は26日に受けた検察の聴取で、「彼(マラドーナ氏)がベッドに横たわっている姿を見たとき、眠っていて正常に呼吸していたのを確認した」と供述したとされている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb3f1ae7ffd137a21a9f6f6cbbcbfb928f2058f5 

 

2020/11/28(土)
正直マラドーナはいつどんな理由で死んでもおかしくないと思ってたから、今亡くなった事に驚きはしたが、死んだ事自体、また死因については驚くこともない。
まだ事件じゃなくて良かった、と思うくらい。

2020/11/28(土)
亡くなったのは残念だけど、よく60歳まで生きられたなというのが本音。医療過誤についてはあってはならないが、必要以上に医療従事者の責任を問うべきではない。

2020/11/28(土) 
こんなの、やってらんないよ!
医療過失を疑いだしたら、今後(?これまでも?)政府の要人や著名人の医療は、ダレがやるんだ?
医療関係者も、精一杯やったんだと思うよ。
医者が、過失を責められるんじゃないかと、震えてメスを握れないような世の中にしてはダメだよ!

2020/11/28(土)
アルゼンチンの人にしかわからない感情があるのかもしれないが、誰かが悪いことにしないと気が済まないのか、という気もする。

2020/11/28(土) 
ないない。

50歳で心臓発作で倒れてるし。普段の食生活や生活習慣がかなり派手だったから、50で倒れた時「5年もたないだろうな」と思った。

あの生活習慣で60歳まで生きられたなら長かった方だよ。

2020/11/28(土)
薬物を愛用してきたから心疾患で亡くなって何の違和感も感じなかった。報道ではいくつかの疑問点があるようだが、いわば死にかけている国民の英雄をあえて殺害する理由にはならないだろう。わずかに何らかのミスがあったかもしれない可能性があるだけと思われるが。

2020/11/28(土) 
心不全ー肺水腫か。自分の祖父が90歳で大往生したときと同じ、典型的な老衰死だなぁ。もし発見が早くても助からないよ。

無茶な生活でやっぱり身体に無理がかかっていたのかな。

2020/11/28(土)
これまでも大変に不健康な状態であったことが知られており
難手術後に亡くなったということは、誰も不審には思わない。
医療過誤と言っても、これだけの有名人、責められるような過誤は
考えられない。

それとの、何かの陰謀で故意に?

いやいや、陰謀論はもうたくさんである。

2020/11/28(土) 
マイケルジャクソンも亡くなった後に色々言われてましたけど、太く短くマラドーナの人生を全うしたんじゃないですか?
正直言って薬物に手を出したのは残念でしたけど、プレッシャーや金目当てに寄ってくる輩など、我々一般市民には想像もつかないような人生を歩んだわけですから
それでも、現役時代の神懸かったプレーは色褪せませんから
安らかにお眠り下さい
御冥福をお祈りします

2020/11/28(土) 
マラドーナさんの手術が成功したと言うニュースを視た時は、手術が成功した事自体は良かったと思ったのですが、正直言いまして、もうそんなに長くはないのでは?と思いました。
マラドーナさんが亡くなったと言うニュースを視た時、ショックだったし、ご冥福をお祈りしましたが、やはり、もうそんなに長くはないのでは?と言うのは当たってしまったと思いました。
こう言う例は、僕だけかな?

2020/11/28(土) 
マラドーナって言っても、今の若い人にはピンとこないかな?
コメントが少ないのもそのせいかな?
今からちょうど35年くらい前、メキシコワールドカップの頃、世界のスーパースターだったからね。母国も優勝したしね。
ただ、引退後は本当どうしようもないニュースばっかりだったなあ。
クスリもやってたし、あの体型だし、亡くなったのは残念だけど、それほど驚かない自分がいます。

2020/11/28(土) 
アルゼンチン人にとって、マラドーナは救世主(メシア)だと言われている。
国民的英雄なんて生易しい存在ではない。
彼らにとってマラドーナは、宗教であり象徴であり価値観と言える。
キリスト教徒にとって、再臨したキリストが死んでしまったようなものだ。

バティストゥータという往年の名ストライカーがいる。
アルゼンチン代表歴代2位の得点記録保持者だが、国民にはその実力ほどは愛されなかった。彼は188cmの偉丈夫で、マラドーナには似ていなかったからだ。
メッシにもアグエロにも、もしかしたらサビオラにも人気では負けているかも知れない。彼らは救世主と背格好が似ており、アルゼンチン人は彼らを愛した。と同時に救世主のように至高に導けない彼らを憎んだ。

マラドーナの死を国民は受け入れられない。それが世情が安定しているとは言えないアルゼンチンを混乱に陥らせないよう、政府は何かアクションを取るしかないのだろう。

2020/11/28(土) 
やはり亡くなったことが残念でならないんでしょうアスリートとして頂点を極めた人はずっと元気でいて欲しいものです。当たり前に年とってもその貫禄にすらあこがれますから引退してからも健康管理しっかりお願いします。

2020/11/28(土)
いくら現役中は、まれにみる健康体そのものであっても、引退後に薬物やアルコール依存症、肥満に心臓疾患、呼吸困難で入退院を繰り返していたというから身が持たなくなるというものでしょう。
サッカーは相手の強力なボールをヘルメット無しの「頭」を使って受けたりするから、ある意味、危険なスポーツといえるかもしれない。
少年サッカーでもヘッデング練習をやり過ぎると脳にダメージを受ける心配があるかもしれないので指導者は注意すべきかもしれない。
一流のサッカー選手になったマラドーナでも脳のどこかに損傷の痕跡があるかもしれないので、世界のサッカー選手のためにも脳を解剖し研究すべきでしょう。
体幹や四肢は健康体であったにもかかわらず、脳機能の部位に異変があったために過度の薬物やアルコール依存の一因になったとは考えられないだろうか。
医療過失ではなく脳神経機能の面から脳外科医や脳科学者の見解を知りたいものです。

2020/11/28(土) 
医療では過失が重大な結果につながる。
でも人は必ずミスをする生き物である。

どうすればミスで重大な結果を招かないようになるか。。。


リスクの高い診療を回避すれば良い。


そのような安易な考えに流されず、リスクを承知で診療している人がいる。
「故意」なら当然とがめられるべきだが、「過失」を責めすぎると萎縮を招く。
もちろん、過失を繰り返す人には、退いてもらった方が良いが。。。

2020/11/28(土)
> 通報を受けた救急車がマラドーナ氏の家に到着するのに30分以上もかかっていたことから捜査を要求していた。

日本だと救急車の到着に30分かかるのは長いと感じるけど、世界的に見たら数分で駆けつけてくれる国の方が珍しいと聞きます。アルゼンチンはどうなんでしょうか。

2020/11/28(土) 
高齢だったし健康上あまり具合がよくない状態が続いていたということと、医療過誤の問題は分けて考えるべきである。
いつ死んでもおかしくない状態だったとしても、きちんとした医療は提供されるべきなのだから。
まだ「疑い」の段階であるし、アルゼンチンの医療水準(そこに携わる方の意識も)がどんなものか知らないので、何とも言えない状態ではあるけれど。

2020/11/28(土) 
故人を悪く言うつもりはないけれど、ドラッグに食生活などなど、心不全で亡くならないわけがないなと思うので、これで医療過誤と言われてしまうとなかなかドクターはつらいのではないかなと思う。もちろんカルテを見ないことにはなんとも言えないので、必要なら捜査すべきだとは思うけど、遺族は納得しないし、これほど大物の死ならうわさを食い止めるためにも捜査は必要なのかなと思う。陰謀説とか流れても故人も浮かばれないだろう。

2020/11/28(土)
TVでみた体形みると糖尿や高血圧などの疾患もってそうだしこれまでも健康状態がよくないのは伝えられていたのだからいつ亡くなってもおかしくはないと思う。遺族が医療過誤にしたいのかもね。

2020/11/28(土)
確か「マイケル・ジャクソン」さんが亡くなったときも医療過失が疑われたはずでしたよね。
 国民的・世界的トップスターですから、ある意味仕方ないのかもしれませんが、検察が動くんですか。いかに偉大な国民的英雄的存在であったことがわかりますね。

2020/11/28(土) 
何か現地では神格化してるような様子だったし、本人の病死が認められず誰かの責任にしないと気が済まない的な感じになってるのかと思ってしまう。勿論本当に故意での医療ミスがあったのなら問題ですけどね

サポーターの一部が暴徒化してるとも報道されてたしサッカーは恐ろしい

2020/11/28(土)
2018年のW杯の興奮しすぎてダウンの映像を見てると,あの体型だし,我を忘れてめちゃくちゃ身を乗り出してお付きの人がやっとこ防いでたし。

感情のエネルギーが半端ないからよく60まで生きてたとも言える。
刑務所でフットサル楽しむロナウジーニョといい、文化の違いかしらね?

なんだか破天荒だけど,思い通りに生きてて,まーその人が楽しければいいんじゃない?って思わせる人も多い。

2020/11/28(土) 
マラドーナ氏は、正式な「司法解剖」がなされないまま埋葬されたのですから、今更検察が捜査を開始したところで、「医療過誤」が立証できる可能性はまずありません。遺族を納得させるため、一応「捜査はしましたよ」という体裁を整えるための捜査開始だと思います。それとも遺族は、同氏の遺体を掘り起こしてでも「司法解剖」に付してくれと求めるつもりなのでしょうか。そんなことをすれば、徒に「死体に鞭打つ」ことにならないでしょうか。同氏のファンであった私も「切り刻まれたマラドーナ」の解剖写真など見たくもありません。

2020/11/28(土)
開頭手術成功後に、、
 
同国メディアによると心不全を起こしたという。
左頭部に硬膜下血腫が見つかり、11月3日に手術を受けていた。

現役時代から薬物使用などの問題も起こした。
 
 ナポリ(イタリア)時代の91年にコカイン使用が発覚。再起を懸けた94年W杯米国大会は衝撃的なドーピング違反を犯し、いずれも長期間の出場停止処分を受けた。
 97年に現役を引退。2000年に心臓発作を起こし、キューバで薬物中毒の治療を受けた。04年春にも重体となったが、極度の肥満を胃の縮小手術で解消

2020/11/28(土) 
薬物の使用もあったし、体型も長生きできる様子ではありませんでした。
現役時代は大好きな選手でしたので、薬物は残念でしたけど、数々のサッカー少年に夢を与えた功績は色褪せるものではありません。
ナポリ市民もショックを受けている事と思います。
安らかにお眠り下さい。

2020/11/28(土) 
マラドーナさんには申し訳ないが、もういいのでは。
長年の不摂生によるダメージの蓄積が減るわけじゃないから、仮に今回助かったとしてもおそらく先は短かったでしょう。
むしろこれだけの不摂生を重ねて60歳まで生きられたのは長生きできた方ではないかと思います。

2020/11/28(土) 
30分以上 …生死を分けるには十分な時間だと思います。日本でも、間違いなく新聞沙汰ですよね…。 お国柄を考慮すれば許容範囲という意見もありましたが、本来は命の尊厳やその感情は国境で分断されるものではありません。ファンも含む、遺族の心情は至極当然です。納得がいくまで究明しても良いと思います。 誤診も含め、医療ミスを体験した人にとっては 「 医療従事者を疑っては…責めてはいけない」という安易な言葉が流布された世の中は恐怖しかありません。 或いは、いつ自分がその立場に立たされるかも分からないのです。 …一生懸命やったから失敗も見逃す、という言い分は他の職業においても通用しません。 趣味や学問は自分の為であっても、仕事は相手が居て成り立っているのですから。 少なくとも、頑張ったからいいじゃない? と言うような人に仕事を任せたくないですよね…

2020/11/28(土)
マラドーナは大好き、少年時代のアイドルでした。
しかし医療過誤はわからないがどう見て不摂生だよね。
心配してました。
リネカーやジダンや中田が引退してもスリムなのと対照的。
誰かの責任にしないで欲しい。

2020/11/28(土) 
日本でも稀はあるけれど、外国の医師、看護師は信用に欠けるというか
細かい担当が沢山あって
申し送りもいい加減で何人もの人に
何回も同じこと言ったりしなければならない。
お金で心に嘘つけるしね。ホント怖い。
疑いで過失だと騒ぐのは良くないけど
きちんとした説明は必要です。

2020/11/28(土) 
〉通報を受けた救急車がマラドーナ氏の家に到着するのに30分以上もかかっていたことから捜査を要求していた。

これでは医療過失とまでは言えないんじゃないの?
医師が処方を間違い、そこに重大な過失があれば話は別だが、
なんにせよ、マラドーナは生活が不摂生だったな。
もう少し気を付けるべきだった。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ