スクリーンショット 2020-11-22 16.22.14

スポンサード リンク




すべて西日本勢で形成される上位集団が最終コーナーを回り、フィニッユへ向けていよいよラストスパートに入ったJ1昇格をめぐる争いが大混戦と化してきた。

 21日に行われた明治安田生命J2リーグ第35節で、首位の徳島ヴォルティスが0-2で京都サンガに完敗。2位のアビスパ福岡が1-1でモンテディオ山形と引き分け、3位のV・ファーレン長崎が1-0でジェフ千葉を下したことで、順位こそ変動しなかったものの、上位2チームが来シーズンのJ1へ昇格する戦いは、残り7試合で3チームが勝ち点5ポイント差にひしめき合う状況になった。

 連勝を今シーズン最長の「5」に伸ばして敵地サンガスタジアムに乗り込んだ徳島は、ミスから献上した先制点とともに京都にペースを握られた。ともに無得点で迎えた前半30分。GK上福元直人の縦へのフィードを、自陣の中央でMF清武功暉がワンタッチではたこうとした直後だった。

 右足に当たり損ねたボールは味方には渡らず、こぼれ球をすかさずMF庄司悦大がワンタッチで前線へスルーパス。ペナルティーエリア内でトラップから素早く反転したMF仙頭啓矢が左足を振り抜き、強烈なシュートをゴール右隅に突き刺してショートカウンターを完結させた。

「立ち上がりからいい形でボールを動かせていたが、失点したことで相手のペースになってしまった。後半にこじ開けたかったが、京都がいい守りをしていたので難しくなってしまった」

 2017シーズンから指揮を執り、GKを含めた最終ラインからボールを繋ぐスタイルを浸透させたスペイン出身の46歳、リカルド・ロドリゲス監督が6試合ぶりに喫した黒星を振り返った。後半12分には得点王争いのトップを独走する、J1得点王経験者のFWピーター・ウタカに21ゴール目となる追加点を決められ、その後に次々と交代のカードを切るもゴールネットを揺らせなかった。

 ホームのベスト電器スタジアムに山形を迎えた福岡も、まさかのミスから前半12分に先制された。左サイドを突破したMF松本怜大のクロスを、GK村上昌謙が痛恨のファンブル。後方にこぼれたボールを、詰めていたFWヴィニシウス・アラウージョに押し込まれた。
「試合への入り方があまりよくなく、ミスから失点してしまったが、ここで負けるわけにはいかないとメンタリティー、テクニック、戦術のところを合わせて追いつくことができた」

 今シーズンから指揮を執る長谷部茂利監督が振り返ったように、後半22分にチームが一体となって同点ゴールが生まれた。敵陣でボールを奪ってから仕掛けたカウンター。ゴール前で山形のブロックに遭いながらもボールを繋ぎ、10月に山形から移籍したばかりのMF山岸祐也が左足を振り抜く。

 再びブロックに遭ったシュートは、山形の別の選手に当たってペナルティーエリア内の左側に弾む。自分の前にこぼれて来ることがわかっていたかのように、誰よりも早く反応したのはFW木戸皓貴。わずか1分前に投入され、ファーストタッチで同点弾を叩き込んだ25歳が声を弾ませた。
「途中で入った僕たちが勢いを出していかないと、そのままズルズル負けてしまう状況だったので、何としても結果を残すという気持ちでした。前半から見ていてああいうシーンが多くなると思っていたので、信じて走っていった結果、いいところにこぼれてきました」

 前節でFC琉球に0-1と苦杯をなめ、連勝を4で止められた長崎の手倉森誠監督は試合前のミーティングで檄を飛ばし、敵地フクダ電子アリーナへ乗り込む千葉戦への士気を高めた。

「スパートをかけるために勝負の際にいる、と。際の力を出すために前節に悔しい思いをした、と。残り試合を全部勝たなければいけない気持ちで力を注げば何かを起こせる、と話しました」

 地力のある千葉に押し込まれ、シュート数でも5対11と後塵を拝し続けた。それでも千葉が攻勢に出ている時間帯に生じると分析していた、最終ラインの裏のスペースに狙いを定めさせた。迎えた後半6分。コーナーキックからの仕切り直しで、千葉がロングボールを前線へ入れた直後だった。

 こぼれ球を拾ったMFカイオ・セザールから、自陣中央のMF氣田亮真へ縦パスが入る。全員が思いを共有させたカウンターは氣田の右側をフォローしながら加速し、オフサイドぎりぎりのタイミングで最終ラインの裏へ抜け出したMF名倉巧が決めた決勝ゴールへと結びついた。
「千葉の選手がどんどん前へ来ていたので、ボランチとセンターバックの間で上手くボールを受けて、前を向くことができればチャンスに作れるとずっと話していた。結果に繋がってよかった」

 殊勲の名倉が声を弾ませれば、ベガルタ仙台とリオ五輪男子代表の監督、日本代表コーチをへて、昨シーズンから長崎の指揮を執る手倉森監督も価値ある白星だと力を込めた。

「起こりうることを想定していたなかで、実際に起こったときにしっかり仕事をした選手たちを褒めてあげたい。アウェイでのしたたかな勝ち逃げというか、これからもこういうゲームが必要だと思う」

 第35節を終えて徳島が勝ち点71で首位を守り、2ポイント差の69で福岡、さらに3ポイント差の66で長崎が続く。4位のギラヴァンツ北九州の勝ち点が57だから、残り7試合という状況を踏まえても、上位2チームが自動的に昇格するJ1切符争いは四国・九州の3チームにほぼ絞られた。

 総得点を見れば徳島と長崎が55得点でリーグ2位に並び、総失点で徳島はリーグで2番目に少ない27失点、長崎は同じく4番目の34失点と攻守のバランスも取れている。福岡は総得点こそリーグ13位の41得点に甘んじるものの、リーグ最少の25失点を誇る堅守で勝利をもぎ取ってきた。
 残り試合における3チームによる直接対決は、福岡がホームに徳島を迎える一戦だけ。しかもまるで今シーズンの昇格争いを見越していたかのように、12月20日の最終節に組まれている。

 対戦相手を見ていくと、7シーズンぶりのJ1昇格を目指す徳島は、前半戦で勝てなかった第37節のツエーゲン金沢、第38節の北九州、第39節の水戸ホーリーホックを含めてしっかりと勝ち点3を積み重ねて、ホームで0-1と苦杯をなめさせられた福岡との最終節に臨みたい。

 同じ図式は5年ぶりのJ1復帰を目指す福岡にも当てはまる。残り試合では前半戦で勝てなかった東京ヴェルディ、京都、愛媛FCと対戦するが、中盤戦以降は堅守と豊富な運動量をベースとした愚直な戦い方が成熟。8度のクリーンシートを含めた12連勝を達成し、一気に昇格争い戦線に食い込んできた自信も礎になっているだけに、いかにして先制点を奪うかがカギを握ってくる。

 2強との直接対決をすべて終えている長崎だが、残り試合では松本山雅FC、アルビレックス新潟、山形、ヴェルディ、ヴァンフォーレ甲府と前半戦で勝てなかった相手が続く。それでも手倉森監督はホームのトランスコスモススタジアムで5試合と、徳島と福岡の4試合よりひとつ多く戦えるスケジュールを見すえながら、最後にはメンタルの強さが3年ぶりのJ1復帰を手繰り寄せると力を込めた。

「昇格へのドラマは自分たちが主役になると、その気になって戦っていきたい。今日も長崎から400人ものファン・サポーターが来てくれたし、今度はホームで何千人ものファン・サポーターがいる前で勝利の喜びを分かち合いながら、昇格へ向けてまい進していきたい」
 最終節の直接対決で雌雄が決まる状況になれば、勝ち点差をさらに詰めていけば長崎にもどちらかを逆転する可能性も生まれる。開幕ダッシュに成功した長崎を、9連勝をマークした北九州が追随。昨シーズンのJ1昇格プレーオフ決定戦に臨んだ徳島が地力を発揮し始め、右肩上がりに転じた福岡と執念で食い下がる長崎が紡ぐJ2劇場は、予測不能のクライマックスへと突入していく。
(文責・藤江直人/スポーツライター)

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd8eff42daf837f74034c7c3a7e3acb0311a501e?page=1 

 

2020/11/22(日)
長崎的には福岡と勝ち点差2縮めた。
福岡的にはギリ徳島と勝ち点差1縮めた。
1試合で順位をひっくり返せる可能性が出て来たと思える。

徳島はどう思えるか。

面白くなってきた。
次節の結果が重要になってくるな。

2020/11/22(日) 
大枚叩いて終盤のブースター的な補強をかけた長崎が捲るかな?
福岡は得点数が伸びないと消耗する試合が続くのが厳しいね。
サッカーは点を取らないと勝てないスポーツだし、耐える時間が長いと心身共に回復に時間が掛かる。

2020/11/22(日)
この物凄い緊張感の中でプレーできる選手もサポーターも大変だが
最後に笑えるのはどのチームか?・・・。最終戦まで分らないかもね・・。

2020/11/22(日) 
気になるのは今シーズンのJ2リーグ戦が大会成立要件を満たしていること。
長崎ファンとしては3位のままコロナウイルスの影響が広がって、途中で今季終了ってならないことを祈ります。

2020/11/22(日) 
この時期のJ2で一番気をつけなければいけないのはチームの相性かもしれませんね。苦手の克服というものになぜか苦心する時期で、それがそのまま昇格の障害になったりします。なぜこういうものが生まれるのか未だ謎ですが、その観点から注目するとより複眼的なJ2を楽しめること請け合いです。
って当事者にはたまったもんじゃないですがね。

2020/11/22(日) 
3チームの対戦相手を見ても楽なところは1つもなく、どこが抜けるか全く読めない状況。
徳島と福岡は最終節の直接対決までにはなんとかして昇格したいだろうが両チームとも先制されると綻びが出てる傾向があり、特に福岡は逆転勝ちが1度もない

この2チームにおいて逆転勝ちできる試合が出てくれば勢いが出てくると思う

2020/11/22(日)
3チームだけの争い、とは言いにくいのが「J2沼」の怖い所。

特に今年は3枠目がないので、中位~下位に沈んだチームがプレッシャーのかかる上位チームに一泡吹かせようと狙ってくる。
3チームだけの話ではないが、終盤戦での引き分けは負けに等しい。
勝ち抜けるチームは少なくとも7戦5勝はしないとまずいでしょうね。

日程君もやってくれてるみたいだし、もう一波乱ありそうな気がしないでもない。

サポの胃は痛いまんまである。

2020/11/22(日) 
プレーオフも無し、降格も無しのシーズンなので、どこかのチームが独走してしまうより混戦になった方が面白いですし、消化試合のようなゆるーい試合も減ると思うので、良いと思います。

選手やサポの方々は大変だと思いますが…。

2020/11/22(日) 
シーズン終盤の勢いは昇格に向けて不可欠。
ここで結果を出せるかどうかが最後の試練。
ここからはプレッシャーのかかり方も変わってくる。
簡単な勝ち点計算は出来なくなるかもね。

2020/11/22(日) 
徳島は10年前に最後に札幌に抜かされ、3年前も最終戦で負けてプレーオフ参加枠から押し出され、去年は入れ替え戦で引き分け敗退…。
ヤケ酒ならぬ、ヤケポカリは飲みたくたい!
最終節に至るまでに勝ちを積み重ねることは勿論、最終節で敗北、3位が勝って徳島が3位に転落…などという悪夢は見たくない!
徳島にもう一度夢と希望、勇気を与えてくれ!ファイト!リベンジヴォルティス!!

2020/11/22(日)
川崎が独走し,残留争いも無いJ1より,白熱するJ2の方が面白い。
福岡を応援している身としては,勝ち点が並んだ際に効いてくる得失点差が気になる。
並んだら負け,突き抜けるしかない。
鉄壁の守備に磨きをかけ,勝ち点3をしっかりとつかむ。
その意味でも,昨日のドローは痛過ぎると言わざるを得ない。

2020/11/22(日)
3チームとも現状、絶対的強さでないので、わからなくなって来たね。対戦相手によると思うが、若干、徳島は有利な気がする。福岡と長崎はどちらが上がるか、わからないね。

2020/11/22(日)
福岡サポは、昨年の今頃は今季の躍進なんて想像できなかった。今のメンバーはサブまで含めて過去最強とも言える。来季もこのメンバーでの躍進を見たいから、是非とも昇格して欲しい!

2020/11/22(日) 
長崎の独走かと思われた今シーズンのJ2リーグも、終盤戦になってみると首位徳島、福岡、そして長崎の3クラブチームが2つのイスをかけての、まさに三つ巴。テグさん、力を振り絞りラストスパート!大分から応援してます!

2020/11/22(日) 
得失点差で長崎が優位なので福岡は勝ち点並ばれると順位が入れ替わる。最終節での徳島もある。一番きつい立場は福岡かもな

2020/11/22(日) 
得失点差で言えば福岡は厳しいが、
J1で戦うためには他会場の結果関係なく
勝利し続けて勝ち点を伸ばすしかない!
そして早い段階で昇格を決めて、最後の徳島戦で優勝決戦という展開でいきたい!

2020/11/22(日) 
福岡の得点力不足が気になる
逆を言えば、リーグの13位の得点で2位に位置しているのはすごい
ここがどう響いてくるか

2020/11/22(日)
四国にはプロスポーツの1部リーグで戦うチームが無いので徳島には頑張ってほしい!J1昇格、そして定着!

2020/11/22(日)
頑張れ徳島ヴォルティス!そごう閉店や阿波踊り、徳島駅伝の開催中止など最近マイナスなニュースしかない徳島に希望をもたらしてくれ

2020/11/22(日) 
福岡、長崎に昇格してもらいたい。史上初の九州にj1チームが4クラブを実現して欲しい。

2020/11/22(日)
自分の応援しているチームだけではなく、他の2チームの結果を見るのも毎回ドキドキです。

2020/11/22(日) 
最終戦までもつれて徳島が福岡に負けて!福岡と長崎九州2チームが昇格する結果になることを願ってます。最後の最後で波乱宜しくお願いします!福岡長崎応援してます。

2020/11/22(日)
福岡さんいい加減J1復帰したらどうですかね。エレベータークラブと言われてもいいから。あと、千葉・東京V・京都も同様。10年以上もJ2にいるんだよね。やる気あるの?

2020/11/22(日) 
J3の方がJ2昇格枠1の中に5チーム位可能性残っている争いだから大混戦だよな。

2020/11/22(日)
福岡って何度も昇格しているけど、J2優勝して上がったケースはないんだよね

2020/11/22(日) 
今年の誤算は松本と磐田が早々に諦めていたこと。
そして千葉、新潟、大宮、甲府もエンジンがかからず低迷。混戦を作る要因となった。今年は降格が無かったけど残留争いがあることで、あえてそこに入って観客動員を狙うスタイルのチームが出てきてしまうのが問題でもある。

2020/11/22(日)
高田明会長がスポンサーの長崎は面白い存在。

2020/11/22(日) 
今年は降格の無いJ1よりも、J2の方が昇格争いでヒートアップして面白い。

2020/11/22(日)
とにかく3チームはひとつも落とせないと言うこと

2020/11/22(日)
ヴィファーレン長崎を応援しています
頑張ってくれ











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ