スクリーンショット 2020-11-21 22.23.11

スポンサード リンク




フォーメーションは4-2-3-1を採用

 2022年のカタール・ワールドカップで、日本代表は一体どんなメンバー構成になっているのだろうか?

 仏メディア『90min』は、森保ジャパンについて、「長年にわたってアジアの強豪国のひとつとして活躍してきた日本は、今後も話題になるに違いない。ヨーロッパで腕を磨き、進化しているいくつかの偉大な才能を含めた日本代表は、2022年のワールドカップで大きな成果を上げることを期待されている」と紹介。「2022年W杯のポテンシャルを秘めた先発11人」という特集を組み、スティーブン・オッチピンティ記者がカタールW杯で先発が予想されるプレーヤーを発表している。

 フォーメーションは4-2-3-1。GKにはシュミット・ダニエルを据えた。選出の理由は、「この代表ウィーク中も、権田修一との激しいポジション争いをしているが、彼はライバルよりも2歳年下であり、ベルギーで修業中だ。次回のメジャーな大会でポジションを獲得する要素を備えている」としている。

 4バックは、右から菅原由勢、冨安健洋、吉田麻也、酒井宏樹というメンバーになっている。

「不動の主将」の吉田、「22歳で文句をつけようがない」と評された冨安のCBコンビは不動だが、目を引くのは両SBだろう。右には「日本を代表するタレントのひとり」とした菅原の抜擢を大胆予想。「弱冠20歳ながらもすでにエールディビジで2年目を迎えた。オランダのクラブでどうすれば勝利するのかを学び、それは日本代表での居場所を保証することにもつながる」と、期待を寄せている。
 
 そして菅原が右SBに定着することで、マルセイユでも左SBを経験している酒井が逆サイドにコンバートされると予想。普段から酒井のプレーをよくチェックしているフランス・メディアならではの見立てと言えるかもしれない。

「菅原が右サイドに定着することで、酒井はその場所を変える可能性がある。普段は右SBとして名を馳せているが、マルセイユの選手はクラブで何度も進化を遂げてきた。日本代表はその恩恵を受けることができるはずだ。30歳の酒井が、日本代表として最後の試合を経験するにはまだ早い」

 ボランチに選んだのは柴崎岳と橋本拳人のコンビ。「柴崎は日本代表の仕掛けには不可欠なようだ。代表ウィークで4試合すべてに出場し、今後もその居場所を失う可能性は低い」と予測。また、橋本は「ヨーロッパに上陸したばかり」としながらも、「チームで非常に重要な存在となっている。もちろんこれからの出来に左右されるが、成功するための条件を備えていると言えるだろう」と評した。

人材豊富なアタッカー陣はどう予想した?

 激戦区の攻撃陣はこうだ。2列目は右が久保建英、左が中島翔哉、中央は鎌田大地で、CFは南野拓実となっている。

 鎌田は「世界でも屈指の目まぐるしい想像力と細かなテクニックを駆使したプレーを得意としており、若き才能はフランクフルトでその才覚を示している」とその能力を高く評価。リバプールに所属する南野拓実のCF起用については、「パナマ戦でのパフォーマンスで、可能性を示した」という。「彼は非常にスピードに優れ、最前線で勝つための十分なの能力がある。ユルゲン・クロップがこの位置で起用することもしばしばある」としている。

 11人のうち、ただひとり2020年の日本代表に招集されていない中島翔哉の選出の理由は、このように綴られた。

「彼は2019年11月以来、代表チームに招集されていないが、迅速にチームに復帰するためのすべてがある。ポルトで2年目をスタートさせた今、すでに調子は良いようだ。今後、ポルトで議論の余地のないくらいプレーヤーになるための条件を整えたとき、代表で文句なしのスターティングイレブンになるといえるだろう」

 そして、19歳の久保については「将来の大スターになるためのすべてを備えている」とし、「これから代表で何年もプレーし続けるだろう」と太鼓判を押した。

「ヨーロッパリーグで3試合に出場し、1ゴール・3アシストを記録した彼は、プレー時間さえあれば輝けることを証明している。すでに日本代表でも10試合に出場した。これは、彼にとって長い物語の始まりに過ぎないことは間違いない」

 あくまでひとつのメディアの予想であり、もちろん実現するとは限らない。だが、オッチピンティ記者は、2年後の日本代表は、大きな可能性を秘めていると感じているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b3479360977d355571e420908cc71063af7fa32?page=1 

 


2020/11/21(土)
今、一番代表に欠かせない遠藤が入ってない以外は納得
あとは久保とか菅原とか若手が今後どれだけ成長できるか

2020/11/21(土)
森保監督はとても真面目でコミュニケーション能力も高く、相対的にみると勝率も良い。これでは解任にはあたらないと思われる。しかし、アジアカップ決勝、南米選手権、オリンピック予選と勝負どころの試合では、今回のメキシコ戦同様に、一旦相手にペースを握られると修正が出来ず、ずるずると負けてしまう。マスコミや評論家は選手が勇気を振り絞って言った「いつも同じ光景」の意味に答えなければならない。日本サッカー協会はサッカーを通じた利権団体ではないのだ。サッカーに対する日本最高の知見を持ち、サッカーを愛する人々の夢を叶えるため、冷静かつ最善の判断ができる良識ある集団であってほしい。解任する勇気がないのなら、ベンゲル氏やオシム氏を短期的でもよいのでアドバイザー契約を締結し、セカンドオピニオンを求めるべきである。代表への関心は年々薄れ、代表戦も空席が目立ってきた。タレントの浪費を続ける先は更なる衰退しかない。

2020/11/21(土)
遠藤航より橋本の伸びしろに期待したのかな
まあフランスメディアの一個人の考察だから
それに2年後のことなど誰にもわからないよ

2020/11/21(土)
いくら素材が素晴らしくても、活かす料理人が森保ではグループリーグ敗退が関の山だとメキシコ戦を観てて思った。早急に更迭すべきだとオリンピック監督に専念させるべきだと思う

2020/11/21(土) 
今日でちょうどあと2年を切りました。サバイバルは激化していくでしょう。
大迫に変わる新たな頼れるCFが出てくれることを願ってます。

2020/11/21(土)
遠藤外してて「おいおい」と思いきや中島選出で「やるやん」となったw
GKは中村・大迫に期待、シュミットの足元は魅力的だが身長の割にセービング範囲が広くない、現時点では権田の方がマシ
SBはどうだろう?菅原か中山か…どちらも現時点では少し頼りない、今後に期待
ボランチは遠藤は絶対、柴崎は大島あたりと入れ替わる可能性もなくはない
前線は納得

2020/11/21(土)
ただただ伸び代だけがあって結果が全然出てない攻撃陣に対して、激戦区って。。。
チャンスメイクの数で試合の勝敗が決まるのなら別ですが!

悲しい国内評価ですね
まぁ確かに国内外含めて横並びで激戦区なのかも︎


期待するならば、それぞれ自分のチームで結果を出している川崎の攻撃陣達の代表での活躍くらいですね!


海外組も活躍する試合もあるのでその機会を増やし、コンスタントに試合の中心になれるようになって欲しいですね!
それが出来るくらいの能力はある選手達だと思ってます。

あとはその選手達をどう組み合わせてどう結果に結びつけるかは監督陣にかかってます

2020/11/21(土)
このメンバーだから勝てるほどW杯は甘くないし、日本に足りないのは海外で活躍する選手の量 層が薄いから、選手の選択肢が少ない 大迫もいいけど、得点が取れるポストプレイヤーの方がいいに決まってる

2020/11/21(土) 
2列目の選択は人それぞれだけど、遠藤は絶対的になるだろう。遠藤、橋本のセットも見たい。
遠藤アンカー、橋本、鎌田?辺りにインサイドやってもらう感じも見たい。
あの監督は4-3-3はやらないか。

2020/11/21(土)
そもそも今のままじゃWカップ予選勝ち上がれるかすら怪しいとおもう。

最終予選なんかはほぼ選手のレベルが拮抗してくるから最後は監督の采配勝負。ここが今の日本の最大の弱点では? 
せっかくヨーロッパを経験してるいい選手が増えてきてるのに監督が欧州レベルの力がないのはもったいないよ

2020/11/21(土)
いやもはやW杯出場すら危うく感じます。
指揮官がまだ試行錯誤ですからね..
ハッキリ言ってつまらないから、時間帯が遅かったり、早朝の試合だったら観る気がまったくおきない。
まぁ森保さんが監督を続けるなら、期待せずに応援していきます。
W杯逃しても悔しくないように。

2020/11/21(土) 
橋本か柴崎どちらかがアウトで遠藤が入れば納得。

特に2列目とCFは最終的にこうなると自分も思う。

2020/11/21(土)
この予想より結構変わってくると思うけどな。
冨安と酒井以外は誰にでもチャンスはある。
吉田は2年後衰えがなければ冨安とのコンビは固いだろうけど。

2020/11/21(土)
カマダは世界レベルの選手に成長した。
素晴らしい。
ボールロスが少ない。
ドリブルで曲面打開できる。
トップ下で使って欲しい。
右に久保、スーパーサブで伊藤。
左は乾かバルサの阿部か川崎の三苫がいい。
中島も左でいいかも。
原口を左SBにコンバートして長友と競わせても面白い。
ボランチは遠藤、柴崎、川崎の田中。
中山と板倉は要らない。
右SBに酒井と室屋。
CBは吉田と冨安。
CFは南野、大迫、岡崎、浅野(控え)
GKはベンフィカの小久保でいい。
監督はペケルマンもしくはアギーレ

2020/11/21(土)
強豪でもライバルでもない遠い日本の2年後を予想するという
これが伝統国のサッカー情報量の多さかって感じ。
多分日本のメディアでさえ、まだやっていないんじゃない?
もっとも、今やるのは早いだろって内容ではあるけども。

2020/11/21(土)
遠藤は意外とパスミスあるからね。
まあ今の調子を見てたらそこも修正してくるだろうね。
山口蛍が選ばれたらいいポジション争いしてレベル上がりそう。

2020/11/21(土) 
ロシアW杯から二年。
若手が様々なチームで活躍してきている。
Jリーグにもまだまだ将来楽しみな選手もいるなかで問題なのが監督だと思う。
森保になってからザッケローニやアギーレ、ハリルの時のような代表での選手の成長があまり見られていない。
チームでの個々の成長はもちろん
代表での成長なくしてW杯は挑めない。
頑張ってほしい。

2020/11/21(土)
前線は戦術や好みの部分もあるからなぁ。三浦カズや中村俊輔がワールドカップメンバーから外れたみたいに。ディフェンスやバランス陣は吉田、冨安、酒井が今のところ確定で、左SBとバックアップメンバー。本来なら冨安との争いに昌子なんだろうけど、怪我もあってようやく復活してきた感じだし、左SBに安西とかが出てきてほしいが、定着しきれていないし。

2020/11/21(土)
この布陣だとハイボールとかは多用できなくなりませんかね?
流れのなかで点を取るためにもクロスボールからヘッドとかは必要なんじゃないかなと思うんですけれど。
どうなんでしょう?

2020/11/21(土)
ベンゲルやオシム にVTR送ってアドバイスもらうのはダメなのかな?

例えばベンゲルなら若手発掘が得意だし、おすすめ選手をピックアップしてもらうとか。

あと森保はとにかく戦術のお勉強しないと話にならない。やる気はあってもどうしたらいいか分からないという場面が試合中に多々ある。

2020/11/21(土)
まぁ攻撃陣に限ればドングリの背比べ。誰を選ぶかというより新しい誰かが出て来ないと世界では闘えない。

2020/11/21(土) 
そもそも今の監督でW杯本戦出場できるかどうかも疑わしいと思います。激戦区?の攻撃陣は点が入らないし。

2020/11/21(土)
まずは本当に監督を変えるべき 監督を変えれば 選ぶ選手も変わってくると思うし フリーキッカーの選手が入る可能性だってある

2020/11/21(土)
これまで、一番の課題と思われていたセンターバックがやっとそろった。
問題はCF。一発で仕留める選手がぜひ欲しい。CFが南野では不足だ。
あとはキーパー。ここが世界標準から一番遅れている。
ノイアーとまでは行かないが、せめて欧州主要リーグでレギュラーを張れる選手が出てほしい。

2020/11/21(土)
森保だめだろ。交代だよ。
とはいえ、代表監督引き受けてくれる人なかなかいないだろうね。誰がいいだろう。

2020/11/21(土)
遠藤がファーストチョイスだと思うが、あれだけのパフォーマンスをしていて入ってないのがおかしい。

2020/11/21(土) 
橋本が遠藤に置き換わったら、ほぼこれがスタメンな気がする。

その前に予選突破できるかどうか…。

2020/11/21(土) 
予選を突破することがまずは大事!
今回は今までと違って危ないきがする。

2020/11/21(土) 
そうそう。頼むからもう一度中島を入れて見てくれ。
個の力で相手を翻弄でき、味方を活かすのも俺が知ってる限り出来ていた。
今の代表イマイチ攻撃がつまらない。中島を入れればおもしろくなる。

2020/11/21(土)
どの選手とは言わんが、仮に代わりが見つかっても、協会が「◯◯はスポンサー受けが良いから外すなよ」の一声で内定しそう
残念だけど、それくらい今の協会と監督は信用できない











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ