スクリーンショット 2020-11-21 21.51.11

スポンサード リンク




「前半15分からの日本のプレーはすばらしかった。パナマ戦からのシステムの変更が功を奏していた。しかし後半になって、そのよさが跡形もなく消えてしまった」

 スペイン人指導者、ミケル・エチャリは、日本がメキシコに0-2と敗れた試合について端的に指摘している。

 エチャリはハビエル・アギーレ元日本代表監督など、多くのメキシコ人指導者とも親しい。中南米での監督講習にも何度も招かれてきた。レアル・ソシエダの強化部長時代は、メキシコ人選手もスカウティング。戦略分析担当だった時代には、日本戦でもプレーしたDFエクトル・モレノがレアル・ソシエダでプレーしていた。

 そのエチャリは、どのようにメキシコ戦を分析したのか。

「日本はパナマ戦の3-4-2-1から4-4-2(4-2-3-1というより、両サイドの位置が鎌田大地より低いので)にシステムを変え、メキシコに挑んでいる。メキシコの4-3-3とのかみ合わせを考えれば、悪い変更ではなかった。オーソドックスな布陣で構えることで、相手の隙を見つけ、ペースをつかむことができた。

 もっとも、序盤はメキシコが組織として落とし込まれたハイプレスからペースをつかんだ。アンカーのルイス・ロモがバックラインに入って、ビルドアップに参加し、インサイドハーフがパスコースを作り、サイドバックが高い位置を取って、ポゼッションでも優勢だった。熟練したチームの印象を与え、各選手のポジションバランスがよく、日本を苦しめた。

 しかし、日本は10分にボール奪取から鎌田が絶好機を作り(このときは鈴木武蔵の入り方が遅かった)、11分に原口元気がGKのセービングを繰り出させるミドルシュートを放つなど、裏を突く形でペースを奪い始める。15分を過ぎると、日本はそれぞれのラインがいい距離感を保ち、メキシコのプレッシャーを回避。ポゼッションを挽回すると、ボランチの遠藤航がボールを動かし始め、柴崎岳がそれを援護する形になった。

 プレーのカギを握っていたのは、鎌田大地である」

 エチャリは序盤の攻防を如実に説明しつつ、鎌田のプレーセンスのよさについて言及した。

「鎌田はトップから中盤まで幅広く動いている。巧妙にボールを引き出し、中盤に数的優位を与えつつ、攻撃を展開してみせた。前半15分、鎌田が中盤でプレーを作って、原口元気までボールが渡り、横パスを出すと、鈴木はGKと1対1になったが、これはシュートを当ててしまった。

 その後も日本の攻撃はほとんどすべて鎌田が作っていた。特に遠藤との呼吸は合っていた。右サイドでボールを受け、左サイドを走る原口元気に展開したロングパスも極上だった。

 ところが、後半になって日本は再び主導権を譲り渡してしまったのだ」

 日本はメキシコのハイプレスを回避することで、チャンスを作り出していた。だが、メキシコの強度を増した攻守によって、ボールを握れなくなって、ラインが下がってしまう。すると、前線との距離が広がり、鎌田も孤立した。

「日本のプレッシング強度が下がってしまい、メキシコに凌駕された。ゴール前まで何度もボールを運ばれ、何本もシュートを浴びている。後半10分前後になると、失点の気配が濃厚に漂っていた。そして後半18分、ペナルティエリアでボールを運ばれ、ゴールエリアにまで侵入され、ラウル・ヒメネスにシュートを打たれている。守備は崩されており、必然の失点だ。

 その5分後には、あられもない失点を喫している。自陣で奪われたボールから、たった2本のパスで、あろうことかインサイドをイルビング・ロサーノに抜け出られてしまい、完全なGKとの1対1を決められた。一瞬の間に、ディフェンスのミスがいくつも重なっており、検証が必要なシーンだ。

 一番気になったのは、先制点を奪われる前からチームが活気を失い、勝利へのリーダーシップを感じることができなかった点だろう。また失点後、必要な反発力も見せられていない。2失点目は、その結実だったと言える。

 0-2とされて、日本はかろうじてリズムを取り戻したが、そこからの選手交代でまたしても流れを見失っていった。GKシュミット・ダニエルの好セービングがなかったら、瓦解していたかもしれない。交代出場の久保建英は、可能性を感じさせたものの、得点を奪うことはできず、流れを変えるには十分ではなかった」

親日家であるエチャリだが、厳しい指摘をためらわない。今までもそれは核心を突いてきただけに、傾聴に値する。そして、将来に向けて強い戒めの言葉を送った。

「メキシコの選手たちは、ひとつのクラブのようにプレーしていた。連帯感があった。後半になって一丸となって巻き返しに挑み、戦術、技術、体力を向上させていた。

 厳しいようだが、日本は決めるべきところで決められず、ミスから失点を重ね、反発力を見せられなかった。これは必然の敗北である。来年に向けて、検証が急務となるだろう」

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
https://news.yahoo.co.jp/articles/88642061b69ebf82ebc11d8d9f2456c288a4a7ac 

 

2020/11/21(土) 
協会をわが物のようにふるまう会長と自己保身と出世のためにこびへつらう輩。いま日本のフットボールを停滞させてるのは、こうした腐った体質の協会そのもの。
この組織を浄化しないかぎり発展は難しそうだ。

2020/11/21(土)  
互角の試合が後半崩れるのは監督の差。
適切な選手交代が出来ないのは森保の持病。

2020/11/21(土) 
前半上手く行った事で満足し気持ちが緩んだのかもしれない
あの2点先行したにも関わらず逆転負けを喫したベルギー戦の如く…

特に2点目の吉田が裏を突かれたプレーにそれが現れていた様に思う
無論吉田一人の責任ではなく後半の日本代表は前半とは別チームの様にガムシャラさが消えていた

相手の修正に対して修正し返さなかった代償は大きかった
ミケル・エチャリの分析はいつも的確で分かり易い

2020/11/21(土) 
森保がどんなクソ采配をしてもだんまりの日本メディア。
元サッカー選手ユーチューバーも森保の擁護をするだけ
こんなぬるま湯に浸かってる指揮官が成長するはずもない。
そもそも代表監督をする器でもない

2020/11/21(土)  
「決めるべきところで決められず、ミスから失点を重ね、反発力を見せられなかった」
選手のミスは攻められ無い。その部分は反省してもらい、次に活かすしかないと思うが、一番の問題は反発力の部分。選手達が、戦意喪失していたので有れば、選手達の問題。ただそうでは無い。五人の選手交代が、全て意図が不明だった。選手交代する度に、悪くなっていった感じ。だから監督批判の嵐になっている。
それでも、田嶋会長は、いいトライをしてくれたと森保監督を 絶賛されておりました。
メキシコ戦の監督の采配を絶賛出来る方が、日本サッカー協会の会長さんです。
メキシコは、選手交代をする事で流れをよくしたが、日本は選手交代をするたびに流れが悪くしていった。日本は、選手交代では無く、監督交代、会長交代をしなければ、流れが良くならないと思う。そうでなければ、必然の敗北が、続きそうです。

2020/11/21(土)  
エチャリ氏の論評は原因を明記していないが、明確に示しているね。
協会はそれに対して何らの手立ても打つことはないと思われるから今後もその改善は望めないだろうし、これからのW杯予選などでも苦しむことになるんだろうな。

2020/11/21(土)  
これさ、エチャリが語った部分と、記者が書いている部分が、混ざっていて、分かりにくいけど
エチャリのだけ読むと「日本のプレッシング強度が下がって、凌駕された」が、後半悪くなっていった、きっかけだよね
と、いうことは、プレッシング強度でメキシコを下まわらなければ、DFラインが下がる事もなく、良い距離感を保て、好調を維持できた、とエチャリは考えている事になる
だから、何故、強度が下がってしまったのか?が、その理由が原因であり
そして、どうやって強度が高い状態を維持していくのか?
プレッシング強度で上回られた場合はどのように対処したら良いか?
が、今後の課題となる、と思うんだけど、森保監督は今どう考えているのかねぇ

2020/11/21(土)  
監督の力の差でしょ。協会は、主導権争いで 勝負なんか、心配してるフリをしてるだけ。
森保になって、弱いと言われながら、全く抜本策を考えていない。試合は試合感をもとにフィールドの選手に任せるとしてるが、今の選手に戦術感のある選手はいないし、自分達で戦術修正出来る奴はいない。それこそ監督の仕事だろう。国民はとっくに離れてるのに。

2020/11/21(土) 
記事を拝読する度に思うが、エチャリ氏には何らかの形で日本代表に関わっていただきたい。監督は諸事情で無理だろうから、アドバイザーでも。

2020/11/21(土) 
選手交代でチームががらりと変わってしまったのは、監督のせいでもあるが、キャプテンシーの問題も大きいと思う。
長谷部が素晴らしかっただけに、吉田は残念ながらと感じてしまう。

ゲームマネジメントの係わりでキャプテンがプレイヤーもチームにも影響力や一体感を与えてほしい。
CBというポジションでも可能だと思うが、吉田選手はピンチや失点があるとそれで一杯になるように見える(それが自分のせいだと弱さや焦りが伝わってくる)
平常時にはトップレベルのプレイヤーでありキャプテンの役割を十分に果たしているが、危機の時にこそキャプテンシーを発揮し、精神的支柱としてチームに強さを与えられないかと願う。

今のところキャプテンの代わりを務められる選手はいない、頑張ってほしい。

2020/11/21(土) 
代表は未だに「チーム」になっていない
集まる時間が短いからとか言い訳ばかりしているが、短時間にチームを組織しなければならないのが代表チームであり、それをするためのベース作りが監督の仕事
なのにその監督は空虚な言葉を吐く以外なにもしていない
今の代表はこの20年で最低の代表チーム、選手の所属クラブ名にヨーロッパのクラブが増えただけ

2020/11/21(土)  
何が悪かったのか具体的な指摘もないのに
さすがエチャリみたいな称賛コメが多いのはなんなんだろ?

メキシコ戦の鍵は相手の選手交代と戦術変更
相手の前線のキーマンを中盤に落としてポストに使ったことで
最終ラインが浮いたまま中盤だけで球際への対応を強いられ
数的なミスマッチが起きてマークを捉えきれなくなった
特に2失点目は顕著で両センターバックが誰にもついていないので
かたや自分の受け持ちの外のキーパスを慌てて潰そうとして捌かれ
かたや自分の受け持ちの外から斜めに走り込む選手を遅れて追いかけて
1番開いちゃいけない真ん中の門が開いてしまった
思い返せばパナマ戦でも解説の風間八宏が散々
守備の重心が後ろに残りすぎて最終ラインが仕事をしていない
押し上げて中盤と最終ラインでマークを分担しなきゃダメだと指摘していた
風間の方が分析が的確だ

2020/11/21(土) 
リアクションサッカーしかしてないから元気なうちはいいけど誰かスタミナ切れて動き落ちたらそこから対応遅れて段々機能しなくなるよね。
監督は選手の負担を減らすためにある程度の決め事と全体の修正くらいは指示するべき、無観客試合で森保のピッチサイドからの指示が少年サッカーのママさんレベルってバレたw

2020/11/21(土) 
>森保さんは一生懸命やってるんだと思うよ。
>そういう、一生懸命やる人じゃないといくらミシャの遺産ガーっつって>もJで優勝なんかできない。

一生懸命かどうかの問題じゃないでしょ。
能力の問題。
まぁ、コパの試合前日会見で記者に相手選手の特徴と対策を聞かれて、特徴と対策どころか、相手選手の名前も知らないような監督なんだから、一生懸命かどうかも怪しいけどね。

ミシャの選手達がいなくなった途端に優勝できなくなったんだから、遺産って言われても仕方ないでしょ。

2020/11/21(土) 
本筋とは違う話になるが、Jリーグの中継がスカパー!だった頃は、私もサッカーをよく見ていたし、この頃が代表もいい成績を残していた印象がある。だが、スカパー!からDAZNに変わって以降、逆にサッカーに魅力を感じなくなり、それとともに代表も悪い傾向に陥っているような気がする。単なる偶然かもしれないが、今のままでは絶対に日本サッカー全体が良くならないと思うのは私だけだろうか。
サッカーに限らず、今の日本のスポーツ界には「ぬるま湯体質」を排除する厳しさがないとだめだと思う。そういう意味で、ラグビーの元日本代表ヘッドコーチだったエディー・ジョーンズは、日本ラグビーを大きく変革させた大功労者だ。そして、それを受け継いでラグビーワールドカップでベスト8進出を果たしたジェイミー・ジョセフヘッドコーチの功績も改めて高く評価されるべきだ(森保はもう終わり。今が替え時だと思う)。

2020/11/21(土) 
多少の修正をしてるのはよかったんだが、じゃあうまくいかなかったらどうしよう、という推測ができないんだろうな。というか、なぜうまくいってないか見る目がないのかも。なぜ広島時代あんなに勝てたのだろうか。

2020/11/21(土) 
後半相手がやり方やプレー強度をかえたなら、冷静に対抗策を施せるのは監督だけでは?それを森保が出来ないのなら、監督替えるしかないな。

2020/11/21(土) 
一つ言えることは、日本も悪かったんだけど、メキシコは韓国に危うく負けそうになっており、サポーターからも心配の声が多くあがった。ここで更に日本に負けるような事があれば、奴らは自分の国に相当帰り辛くなっていたというのもある。何が何でも勝って帰らなければならなかったと。

メキシコの国技がサッカー、では日本の国技は⁈の違いもあるのでしょう。サッカーに掛ける思いや背負っているものの大きさも違うので、ある意味必然的な負けではあるよね。でもそういう国に今後、勝ちきる力が必要なんだろう。それが得点力なのか、守備力なのか、組織力なのか、精神力なのか、なんなのか知らんが、今の実力ではW杯ベスト8には届かないだろな泣

2020/11/21(土) 
>>日本は決めるべきところで決められず、ミスから失点を重ね、反発力を見せられなかった。これは必然の敗北である。来年に向けて、検証が急務となるだろう

それは何十年も言ってることなんだわ

2020/11/21(土) 
う〜ん、でも田嶋会長と森保監督はかなりいい感触を持ってるようだから。
田嶋会長と森保監督"だけ"はね。
だから、カタールW杯に向けた代表はいいんじゃない。本戦に出られなくても。

2020/11/21(土) 
現協会がやりたくない真反対の人事やれば良い。会長は自分の責任にされたくない、ハビエル・アギーレを代表監督に迎えれば良い。第二候補はハリルホジッチ。これやるには、現体制の総入れ替えが必須。若い体制に刷新すれば、世界との差を縮めることは可能。

2020/11/21(土) 
日本サッカーは、サッカー協会の権力が大き過ぎる。
日本人監督は大失敗で、協会に忖度しない、クレイジーな外国人監督を招聘すべき。

2020/11/21(土) 
結果論とか、試合が終わってからなら何とでも言えるとかそんなコメントがりますが、試合を見てのレポートなので、当たり前だと思いますが…。

試合前にあれこれ言っても仕方ないでしょう。試合を見たうえでの分析なんだから。

2020/11/21(土)  
後半、相手が、2ボランチにシステム変更してきた。森安に、我々が戦術アドバイスできるとしたら、どう対処すればよかったの?
 また、ミケル・エチャリの分析にあるフィールド内のキャプテンシーは、今のメンバーだと誰に期待したらいいの?遠藤かな??
以上2点、どう思います。

2020/11/21(土)  
もちろん競技性もあるがサッカーは成績が出ている他競技と比べると練習量が少ないと他競技のトップ指導者から聞きました。

2020/11/21(土) 
どれだけ厳しい指摘が出ても、森保にこだわる田嶋
まあ、ワールドカップは最終予選敗退でしょう
いいんじゃない、それで田嶋を辞めさせられるなら

2020/11/21(土) 
敗因は前半点が取れなかった事じゃないかな?

強いチームとはそこら辺が違うような気がする。
ヨーロッパ勢限定とは言え鈴木武蔵を使ってたら勝てないよ。
収まらない、機敏じゃない、何しろサッカーを分かってない。

ゴール正面でフリーの場面であんな力んでるシュート久しぶりに見たわ。

2020/11/21(土) 
後半の失速こそエチャリ氏の分析を聞きたいのに、この記事では何らかの力が働いたのではないかと心配になる。分析するまでもないことだと思うが。それとも、エチャリ氏からも見放されたか。

2020/11/21(土) 
大概、ハーフタイムで戦術を授けて修正しるのが、監督の仕事だ。

とりあえず、点が取れそうなやつ出そっとみたいな阿保なやり方で世界に挑む森保を
選手たちか監督として、尊敬するわけがない

すると森保は、じゃあ、呼んでやらないからなと阿保すぎるパワハラにでる

これは、日本企業の縮図ですか?

2020/11/21(土) 
後半、メキシコがシステムを変えて日本がボールを奪えなくなった時間帯に森保監督の「我慢、我慢。」って声が響いてた。高校サッカーを見ているようでほっこりした。ああ、今日は負けだなと思った瞬間だった。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ